17/08/02 16:36

サンルーム増設工事。

8月に入りました。
弊社のある佐久地域では、8月1日はお墓参りの日。
他地域から移り住んだ私などは、
最初にこの風習を知った時に、
ちょっとしたカルチャーショックを受けました。
これにはちゃんとした理由があるのです。

1742年(寛保2年・壬戌みずのえいぬの年)
旧暦の8月1日頃に、大雨によって千曲川が氾濫し、
多くの人が流されて犠牲になったという歴史があります。
(戌の満水というそうな…)

今から275年前のことですが、
いまだにこの地域では、その犠牲者を供養するために、
8月1日にお墓参りをしているとのこと。

佐久の人たちは、信心深いのです。

地元に根差した企業などは、お休みになるところもあるそうで、
弊社も昨日はお休みをいただいておりました。

お墓参り、行かれましたか?


話は変わりますが。
弊社では小さな工事・リフォームなども承ります…という話を、
前々回のブログに書かせていただきました。

 

また、小さな工事が完了しましたので、
このブログをご覧の皆様に参考にしていただけるよう、
その現場の様子をご紹介します。

サンルームの増設工事です。


リビングの南側にあたる庭にサンルームを増設します。
リビングから続くサンルームが出来上がる予定です。


きちんと基礎工事から行って、
丈夫な支柱を四方に建てます。
この後は、床張りと三方へ窓を取付けます。


完成!
三方が窓になっていますので、窓を全て開けて、
半屋外の空間を作り出すことができるようになっています。

雨の日は中に洗濯物を干せますし、
テーブルと椅子を置いて、カフェ空間として利用することも
できますし…
いろいろな使い方ができるのが、サンルームです。

サンルームといえば、夏は暑い…
というイメージですが、
UVカットガラスを入れたり、写真のお宅のように、
カーテンを取付けて、日光を遮断する対策を取るなどすれば、
リビングから来るエアコンの冷気を取り入れることができます。
サンルームが二重サッシのような役割を果たしますので、
リビングルームでの暖房・冷房の熱効率が向上するなどの
メリットもあるんですよ。

今回のサンルームは、一部特注品がありますので、
工事期間は丸々1週間。
既製のもので工事すれば、3〜4日程度で完成します。

家の中とは、少し違った雰囲気を味わえて、
いろいろに活用できる、サンルーム工事のご用命も
承ります。
お気軽にご相談ください。

ブログ担当 N

カテゴリ[ 住宅に関する情報]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません