13/05/19 20:03

仙台写真

先週の仙台国際ハーフマラソン、会社の応援団の方が写真を撮って送ってくれたので、ここにアップしておきます。
ありがとうございました。

カテゴリ[ 1.マラソン大会参加記]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/05/12 22:16

仙台国際ハーフマラソン

昨年に引き続き、今年も会社マラソン部活動として仙台国際ハーフマラソンに参加。
我が社がメインスポンサーになっている事に加え、仙台に深い縁があるメンバーが多いことが、その理由。

このレースはハーフマラソンでスタートが10時過ぎなのに受付は前日のみという、如何にも復興支援的なので、我々も前日の夜にも関わらずしっかりと現地で飲(^^;;

そして今日はレース当日。
天気が予報と違って冷たい風が吹く寒い中、自分はBブロック最後尾からスタート。

スタートラインを通過するまでのロスは45秒位だったけどその後も詰まってスムーズに流れず、広い道に出て自分のペースに乗れるまで1分以上のロスがあったと思う。

今度は陸連登録で出れるので改善されると思うが、、、

走りはだいたい4:06/km程度のペースを刻んで安定してた。

今日の意識ポイントは膝運びと着地の時の感覚だったけど、それが終盤まで維持できたのが収穫かな?
そのおかげか、終盤も若干ペースが落ちたけど大きく乱れる事なくゴール!

タイムはベストとほぼ一緒のような?錯覚を覚えたけど、恐らく40秒程届かなかった模様で残念。

でも時計が分単位のストップウォッチしか無い中で自分のペースが乱れなかった事は大きな自信になる!

これを糧に秋以降の計画を立てなきゃ!

カテゴリ[ 1.マラソン大会参加記]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/04/21 16:57

長野マラソン

昨晩から天気予報はどんどん悪くなる一方。。。
で、朝起きたら意外と静かだったので雨が止んだかな?と期待してカーテンを開けてみたら、、、何と雪景色(-.-;

思わず欠場(DNS)しちゃおうか?と思ったけど、気を取り直して防寒準備。

走るウェアはファイントラックの上に勝田マラソンの参加賞のロングシャツを着て、更にその上に会社マラソン部のTシャツ。下は先日たまたまD2で買った980円の撥水加工の薄手のウィンドブレーカーパンツ。手袋はミズノの軍手。走れているうちはこれで十分、、、むしろ暑いかも?でも昨晩喉が痛かったので寒いよりは暑い方がいいかな?と安全サイドでチョイス。

走った後については、パンツやらアンダーウェア含めて着替え一式と重ね着できるウェア類を2式、そしてベンチコートまでを準備し、それらが入る大きめのリュックに詰め込んだ。替えのシューズにはゴアのトレランシューズをチョイスし、雨が降り続いていても大丈夫なようにしてみた。

そして、いざ出陣!

雪の中走りだしてみたものの、ところどころの水たまりがある度に流れがストップし、なかなか流れが作れなかったけど3km過ぎた辺りからちょっとづつペースが上がってきた。

中央通りで、いつもお世話になっている美容室の声援を受け、末広町交差点過ぎで家族の応援を受け、順調にペースを上げていく。

この辺りで、どこまでペースを上げて良いものか悩み始める。
今回は走り込みが絶対的に足りないので、前回の勝田のような走りは無理にしても、でもどこまで走れるのかが全然分からない。
そこで、とりあえず勝田の前のつくばの時くらいのペースで走ってみて行ける所まで行ってみることにした。

I藤さん、shimoさん、ミッチャン、と何人かと挨拶しながらパスさせて頂いたが、後半になると一気にガクッと足が終わった。

そこからは足が動かずペースも落ちて5分/kmを維持することもままならず、先ほどパスさせて頂いた方々に逆にパスされ、M浦さんにもパスされて、記録を見ると、最後には弐号さんにもパスされていた模様。

とにかく後半はスピードが出せず風は強いし、苦行の世界になってしまった。

まぁ走り込んでなかったら、こんなものなのかな?と思いながら、しかしここで立ち止まったら凍えてしまうだろうから意地でも走り続けなきゃと応援を頂きながら頑張ってなんとかゴール。サブ3.5はギリギリ維持。

しかし、今日は自分の実力を思い知らされた格好。
なかなか難しいなぁ。。。

カテゴリ[ 1.マラソン大会参加記]   コメント[]   トラックバック[0] 

13/03/09 20:35

立川シティマラソン

3月3日は立川シティマラソンに出走してきた。

会社マラソン部の仲間で出ようとエントリーしていたもので今回は以前箱根駅伝選手だったというツワモノも参加しての盛り上がりも個人的には期待していたけど、左脹脛の調子が悪く走れるかどうかも怪しい状況だったので、直前まで様子を見てて悩んだ末に2時間ペースランナーとして走ることにした。

以前は何回か家族で参加していた懐かしい大会だけど、最近は名前も変わってちょっと今どきの市民マラソン色が打ち出されている感じだった。

全員集合後にスタートの自衛隊立川駐屯地飛行場にスタート時間10分前に到着。だいぶ後ろの方に並ぶのかな?と思っていたけど、さすが滑走路は幅広い!スタートロスは10秒程度だった。

そこから仲間でゆっくり流れに乗りながら走りだし、自分は写真撮影したり動画を撮ったりしながら足の様子見ラン


広い滑走路を走っていると、先頭集団の学連選手の集団が反対側を走って行くのが見えた。

滑走路を二周してから一般道に出ていく約5kmの間に市民ランナーの後ろの方は周回遅れになっていたので、さすが3min/kmくらいで走るランナーは速い。

そこからも流れに乗って淡々と足の様子を確認しながら走り、そのままイーブンペースで1:57程度でゴール

最後まで足に違和感は出なかった!

天気はちょっと風が強く寒かったけど、その後の温泉と慰労会ビールで癒されて最高の一日だった!

カテゴリ[ 1.マラソン大会参加記]   コメント[]   トラックバック[0] 

12/12/02 10:50

ツール・ド・NAGANO参戦記

朝4時半起床、天気予報を確認すると雨雪予報だったけど雲の流れが北に寄ってたので、長野市南部は降らないと予想し、日が暮れるころには店に戻るつもりの自分は走りやすさを優先しシューズはグリセリン9、ウェアも防風タイプで(というか、それ以外は持ってない)準備、念のため雪用のオーバーグローブをザックに入れて5時過ぎに自宅出発。

25分程走って店に到着する頃には汗が噴き出ていたので、今日は比較的暖かいのかも?と思いつつ近所のコンビニでおにぎりを買って腹に詰め込み、いよいよスタート!

スタート後に電鉄の踏切では対向車のライトに幻惑された途端につまづき転倒、膝を強打(-.-;
この辺りから今日の辛さを暗示していたのかもしれない。

今回のコースのうち頼朝山辺りから茶臼山辺りまでは全然道を知らないので、知っていそうな人に付いて行くしかないと思っていたところ、前方にW田さん発見、早速ロックオンし他の人たちとの大集団で地附山通過、W田さんは止まることなく淡々を進み自分も付いていく。
頼朝山では長野が朝日に包まれて綺麗に見えた。天気は良さそう。。。(とこの時は気楽に考えていた)


W田さんに先導されて旭山手前の第一エイド着。ここでいろいろ食べているうちに後続部隊到着。W田さんを探すも見当たらず、仕方なく後続部隊にいたI藤さんについていくことに。
しかしI藤さんと自分の間にいた選手が若干遅れ気味で抜かせずにいるうちにI藤さんと離れてしまい団体で道に迷ってしまったがGAKUさんが後続からきて正しい道に誘導してくれて無事に富士の塔までの登り道に出た。

そこではT武さんと一緒にゆっくり走るうちに先行している団体に追い付き第二エイドで一緒に。

そこからは再びW田さん先頭で下りを走って行ったらどんどん先行する形になり、地元W田さんの地の利を生かした的確な誘導で最短距離で中の山温泉を経由し茶臼山を越えてエイドに到着。

そこからもW田さんと一緒に、あと名古屋からの2名と一緒に尼飾手前のエイド到着。後ろからT田さんが追い付いてきた。ここまではW田さんに引っ張ってもらったお陰で、自分の予想よりもだいぶ早く到着。

で、尼飾に向かうも金網で通せんぼされてたので、それをよじ登り登山道を進むが、この頃からだんだん足が重くなってきて一人遅れ始めた。奇妙山への稜線に出ると、そこからは極寒の世界、速く脱出したいが山頂までなかなか辿りつけない。
やっと到着し下り始めるが延々と続く下りに大腿四頭筋が終わってしまい、なかなか踏ん張りが利かず逆に滑りながらの下降が楽だったので、そんな降り方をしていたら転ばずに最後まで降りれた。
体が後傾にならない方法としては新たな発見だったかも?

ただ、踏ん張りの効かない状態で次の雪山にチャレンジするのはちょっと危険かな?とこの時点で判断。それ以上に寒さが辛かった。時間的には、もう一区間走って井上からの帰還も可能だったかもしれないけど。。。

農業大学校のエイドで暫く待って、そこからはI藤さんの名ガイドのもと、KUMIさん、U敷さんと一緒に太郎山登り口臨時エイドまで行き、太郎山に登るところでお見送りし、U敷さんと一緒に店に帰還開始。

大腿四頭筋はじめ、結構足が終わり始めてたのにも関わらず、最近意識しているフォームで走ると、そこそこのスピードで結構走れた。やっぱり無理のない省エネ走法になっているのかな?
疲労がかなり進んだ状態でも今意識している走り方であれば問題無く走り続けられることが確認でき、それももう一つの収穫だった。

店の前ではO田さんとすれ違い、店の中で長老Mさんが一人で待ってるので誘ってあげて(謎)とのことだったので、急いで店に入り一人ポツンと椅子に座って待ってたMさんと準備開始、買いだしてきて早速慰労会開始!

寒いし足が冷たかったけど、暖かく美味しいカレーと疲れた体に染み渡るアルコールで心身ともに癒され、だんだん本調子に?
追加で買い出してきていろんな人を巻き込みながら2時間ほど慰労させて頂き、その後は寒さに走って帰る気力も湧かずに車で迎えに来てもらい、Mさんと一緒に帰宅。
(缶のゴミをそのままにしてきてしまい、すみません>店長、YUKIさん)

辛かったけど楽しかった一日でした。

寒い中、応援して頂いた方々やサポートして下さったスタッフの方々には本当に頭が下がります。ありがとうございました。

カテゴリ[ 1.マラソン大会参加記]   コメント[]   トラックバック[1]