13/12/07 13:58

ツール・ド・NAGANO参戦記

11月30日〜12月1日と開催されたツール・ド・NAGANO、今年もなんとか参戦してきた。

前日金曜日の24時頃に自宅に戻り、それから食事入浴荷造りなどして寝たのが1時過ぎ、4時には起きて出発というスケジュールだったけど、なんとか寝坊せずに間に合った。

まずは自宅からトレマンショップまで4kmほどを走る。公共交通手段が無いし家族に無理言う訳にもいかないのでウォーミングアップ兼ねて軽く30分ほど。

そして店舗で受付していろいろな方々と挨拶を交わし6時にいざ出発。
今回も最後尾からスタート。隣にはW田さん。途中で朝ラン途中?のかぽやん親子にパスされる

だんだん明るくなってきて青空が見えてきた。今日は天気が期待できそうでワクワク感が高まってくる。そのせいか全体的にペースが速い気がしたので、意識的に流れを無視してマイペースでのんびりと。

三登山から髻山に向かう途中で、これから向かう小布施方面の景色がとても幻想的に見えて癒された。


この辺りで前後にいた若者グループの会話を聞いていると、どうも県外から来たトレラン経験者の模様だが冬の経験は無い様で山々の雪景色に感嘆の声を上げていた。

その脇をパスし進むと髻ではみっちゃんに応援をもらう!
そして1A到着、gomiちゃん他に迎えられ朝ごはん。

次は丹花郷を経由して小布施へ。途中M野親子と歓談しながら進む。M野お父さんのマラソン馴れ初めを聞いたら自分とほとんど同じ事がわかり妙に意気投合、盛り上がる!A井さんも途中から合流しワイワイしながらあっという間に18号線横断。そこからははるか前方に見えていたU井さんグループを追いかけるも追い付く寸前に踏み切りで足止めされ見失う。
踏切ではつくば市から来たという人とお話。どうも前週も試走に来ていたらしく、そこまで気合を入れての参加に敬服しきり。
小布施町内を走ろうとしていた経路が違ったので、その先で分かれてしばし一人旅してたら、すでにTシャツで暑い暑いと言いながら走る若者?と一緒に。確かに日が出てきてその辺りから暑かった。

岩松院手前のトイレで朝のお勤めを済ませ2A到着。kiriさん、イイヤマさん他が迎えてくれたが、霜に覆われた寒い場所で大変だったかと思う。

そこからは雁田山登坂。岩場もあったりで結構急な道を登って行くと先行していたグループに追い付く。最後尾にいたのはM隊長。顔と名前が一致しているか怪しかったので声を掛けさせて頂きご本人確認し、そこからいろいろ会話が盛り上がる。
そうこうしているうちに展望台到着。今度は今まで走ってきた三登山方面を見ると北アルプスまで綺麗に見渡せ、またまた癒された!


そこからアップダウンを経て下りはW田さんが一気に駆け下りM隊長、私と続く。何人かパスしていくと前方に集団発見。パスできずにそのまま隊列になって下まで降りてみるとU井さんグループだった。

そこからのロード区間はU井さんたちとご一緒させて頂いた。途中GAKUさんをパス。かなりお疲れの模様。
須坂は相変わらず分かりにくく地図と睨めっこしながら進み、最後はU井さんたちは分かりやすい大通りを、私はショートカットルートを通ってみたら私の方が3Aにかなり速く着いた。地図読み重要!
3Aではgomiちゃん、虻蜂先生が迎えてくれた。


そこからは明覚山ピストンの旅。
途中M隊長からは、初回のM尾さん遭難事件の現場を教えてもらったりで、ここでもいろいろ話が盛り上がり疲れが癒されつつ進む。W田さん他何人かのパックに途中追い付き一緒になった。偽ピークに何度も騙されながらもいろいろな人たちとすれ違いで声を掛け合いながら進む。この区間は多くの人たちとすれ違えるので元気をもらえるのが嬉しい。
そしてやっと山頂。ここは景色も無いので休憩せずそのまま下ることに。鎖場も鎖をツタって一気に下り、まだまだ足は元気で楽しめた。
最後左側迂回にコースアウト(本当はこれが正しいらしいけど)してから3Aに戻ったらW田さんが既に到着してた。ロスタイムは5分くらいか。

休憩後、次の井上山方面に再びロードを走る。臥龍山を通るところで道を勘違いし臥龍山を無駄に一周してしまった。ロスタイムは10分くらい?
コンビニに寄ってたW田さんと再び合流し井上山へ向かうが自分がコンビニに寄ってからは、その後は同行場面無し。

井上山登山口の4Aでは暖かなミネストローフがあり、美味しくて2杯頂いた!

でも直前のコンビニで水分を摂りすぎてた体には、これが逆効果だったみたいで、その後気持ち悪くなってまともに動けなくなってしまった。
T野お父さんと一緒になり、思った以上に遠く感じる井上山を目指す。
そして林道を走り太郎山を目指す。
この辺りではShigeさんと一緒になり、ログハウスの話やらで楽しく会話していたら気持ち悪さも消えて行ったので助かった。
暗くなってきたのでライト点灯し太郎山を目指す。太郎山入口ではShigeさんたちに先にいってもらい、入口を見つけられるか心配していたT野お父さんを待ってみたがなかなか現れなかったので、道路に木を並べて目印を作り、そこで一緒になった方と一緒に太郎山を目指す。
その人、どこかで見たような記憶があるなぁ。。。と思って会話していたら、第二回に尼飾で一緒になり松代大橋までご一緒したI藤さんだった!
当時の懐かしい思い出話に花を咲かせながら太郎山をクリア。


綺麗な夜景に癒され、そこから下る。
I藤さんは前回道に迷って変な方に下ってしまったらしいので自分が先頭で下って行くと前方にライトが2つ。
あれ?と思って近づいていくと先行していたShigeさんたちが迷っていたので先導で先行させて頂いた。
ここのロープ場は相変わらず夜の下りには危険過ぎる気がする。今回も一回落ちそうになった(^^;

そして無事に5A到着。ここではU木さん他が迎えてくれた。
暖かい豚汁うどん(だっけな?)を頂き、元気も充填し、尼飾を目指して出発。
shigeさんたちは既に出発してしまっていたのでI藤さんと一緒に出発。しかしI藤さんが遅れだしたので先に行かせて頂いたが、この頃から体調がおかしいと思い始めた。いろいろ食べているけど何かが足りない。。。炭水化物でガソリンは補給できているけど何かを体が欲している。。。
何を欲しているのか分からなかったけど、とりあえずコンビニに寄ってスイーツ系を買って食べてみたら、ちょっと落ち着いた気がするので、油脂系かな?

そして走り続けて尼飾登山口手前でスペシャルエイドに招き入れられた!


gomiちゃん実家?の一角を解放して頂いての豪華な野営スポットのような感じ?
北澤ぶどう園のぶどうの他に柿もあり、フルーツ系をたくさん頂いた。
加えて梅酒もあったりで「自己責任」で一杯頂いたが、これが超美味かった!!
お代わりしたかったけど、ここで足止めになってしまいそうだったのでグッと我慢し登山口に向かったら4人パックになってた。

登山口からはテープを目印に登って迷うことなく進んでいくと丘のような広場に出た。暗いので周りが良く分からず目視確認ができないので、ここでも地図とコンパスと睨めっこし方向を確認し進む。そしてやっと稜線に出たので一安心。あとは奇妙山を目指すと、下ってくる人たちとすれ違う。
その中にW田さんやShigeさんの姿も。山頂折り返してからはT野お父さんとすれ違う。だいぶ復活してきた感じ。
I藤さんとも擦れ違うが、かなり消耗している感じ。
そして尼飾到着。

そこからはO塚さん、K林さんと3人で岩沢方面に。そのまま岩沢方面に下ればよい、と思いこんでしまい、池の??という分岐看板があったけど岩沢に向かってしまい、岩沢集落に出てしまった。
3人で地図を見ながらウロウロ彷徨い、やっと6Aに到着。下りで擦れ違った人たちが既に到着していて、ロスタイムは30分くらい?
6Aでは以前M尾さん私と一緒に飲んだ事があるというT澤さんという方に声を掛けられる。薄らとしか記憶になく、だいぶ酔っ払っていたのか?変なことを言ってないか、今更ながらちょっと心配に(^^;

ゆっくり休憩・歓談してから6Aを出発。ロードをひたすら走る長い区間だけど最近イメージしている走り方を試してみたら疲れていても結構走れて意外とあっさり茶臼山到着。
途中追い付いてきて一緒になったI葉さん(だったと思う)とCPを探すも見つからない。駐車場界隈をウロウロあっちこっち探しても分からず店長に電話。2回目の電話でやっと探すことができ時間記入と若干補給。タイムロスは20分くらい?
他のグループも探してて場所を教えてあげた。

この頃は12時を過ぎててかなり冷えてきてたのでウィンドブレーカーを羽織り足早に山頂に向かう。山頂往復しそこから駆け下りると7A。ここでも道を間違えて砂防ダム工事現場の方に降りてしまい、しかもエイドの場所も良く分からず、やっぱりここでもウロウロ。タイムロスは10分くらい?

7AではK津さん、他が迎えてくれ、最後の雑炊うどんを頂いた。
かなり冷えてきていたのでじっとしていると寒く、ここでは比較的手短に休憩を済ませて出発。
ここも長いロード区間だったけど、ずっと走り続けて小市西の信号からは歩いて登る。
無言で登り続ける先行者に追い付き、満天の星空を見上げたりしながらまったり後ろをついて進んでいくと後方からI葉さんが追い付いてきて若干会話しながら登り続け、富士の塔山頂到着、展望デッキからの夜景と星空に癒された。


その直下に設営されていた8Aでは、K上さん、虻蜂先生が迎えてくれた。
しかも、もう追い付けないだろうと思っていたM尾さんグループがいてビックリ!

でも、この時点で時間は4時50分くらい。
ここから最後まで走ると、恐らく店に着くのは早くても9時頃かな?
今日は午後からは家の事に時間を割こうと思っていたので休む時間等を差し引くと7時には店に戻らねば、と考えていたため、ちょっと継続困難と判断し、帰還メールを店に送信。

8Aを先に出発していたM尾さんグループに追い付いて旭山分岐まで道を探しながら一緒に走り、分岐からは最後一人旅となった。

あとは戻るだけ、と決めてからは急に足が重くなってきて、最後新幹線側道を走っているときには時折歩き混じりとなってしまったが、何とか無事に7時前に店に到着。

店では先着していた多くの方々に交じってgomiちゃんが梅酒を持ってきててくれたので、喜んで飲ませて頂いた。今回は安心して2杯(^^;

そして店長のカレーも美味しく頂き、とても満足、癒された。

ちょうど北長野駅まで送りの車が出る、とのことで、gomiちゃんカーに乗せてもらい北長野駅まで。

一緒に行ったO澤さんと待合室で電車を待っている間にいろいろ会話してみたら、この方、今年のUTMFとUTMBに出走・完走されたとのこと!
特に自分にとって夢のUTMBについては、いろいろ話を聞かせて頂いたが、羨ましい限り!!

そして自宅までJRで戻り、今年のツールドは終わった。
余計な迷いランを除けば、恐らく114km。迷いランの分を加算すれば約120kmくらい?

その後かなり後遺症が長引いたりで大変だったけど、とても記憶に残る楽しい有意義な旅だった。

カテゴリ[ 1.マラソン大会参加記]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません