10/04/05 21:49

PTC-300

最近、Xperia とか iPad とかの話題が多いですが...


私は WILLCOM HYBRID W-ZERO3 ユーザです。
Windows Mobile 7 や Android 端末が増えるのは分かっていましたが、発売に合わせて機種変更したのです。

これとは別に、いわゆる PDA なんかも幾つか使っていました。

ふと昔の端末を引っ張り出してみたところ、大変なことになっていました。



SONY の PTC-300 という機種です。1991年製なので、約20年前のものですね。
今では当たり前かも知れませんが、液晶パネルから漢字の手書き入力・認識やインクワープロ等の機能があったり、赤外線通信でつながるプリンタもありました。

当然、主電源やバックアップ用の電池も切れているので使えない事は分かっていたのですが、残念な事に筺体表面が劣化していてベタベタになっていました。



元は、つや消し黒でラバーっぽくなっていて、滑りにくい持ち易い筺体でした。
これでは電池を変えて電源を入れて見ようという気になりません。
このベタベタ、拭いても取れ無いので、もう一度電源入れるなら思い切って表面を削らないとって感じです。


他の機種はどうなってるんだろうと心配になり、ゴソゴソと引っ張りだしてみました。
SHARP ZAURUS MI-E21, DoCoMo sigmarionIII, FUJITSU POCKET LOOX の運命は...。


どれも無事でした。
まぁどれも充電しないと動かないし動かす予定はないので、また元の置き場に逆戻りです。
でも PTC-300 は隔離しないと。
あ、プリンタはどうなっているんだろう...材質は違ったと思うから大丈夫だと思いたい。

カテゴリ[ 携帯端末]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=17034

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません