10/07/19 18:25

GPS ログ比較 ( モーターランド野沢 )

モーターランド野沢で採取したログの比較です。
端末は TripMate 852 と digspice です。

先日開催された、からまつダートトライアルでオフィシャルをしてきました。
そこに、計時担当の方が digspice を持って来られていました。それをコースクリア車に乗せると行う事で、急遽私の TripMate も相乗りさせてもらい、ログ比較をしてみる事にしました。

設置場所は、
・TripMate 852 / Aピラー付近
・digspice / 助手席ダッシュボード付近
です。

軌跡の色は
・青:TripMate(コースクリア2回,4本)
・茶:digspice(コースクリア1回,2本)

ダートラ場は見晴らしというか、空が開けているせいか、機種依存の軌跡の乱れはみあたりません。
林道走行時との違いは一目了然です。また、地形図との位置関係もとても良いです。


同じ周回での軌跡のズレもこの程度です。


小さなロガーでもこれだけ安定した軌跡を採れるのなら、digspice 等の解析ソフトを使って走りを研究するのも良いかもしれません。
digspice が高価と思われる方は同様のフリーソフトもありますので、NMEA 形式のログが出せる GPSロガーがあれば楽しめると思います。
データはこちらの LAP+View.net というソフトで軌跡と速度変化をみる事が出来ます。

ソフトの細かい説明は割愛しますが、複数の軌跡を重ねて表示したり、同じタイミングでどれくらい車両の位置がずれているか(遅れているか)も見る事が出来ます。
とはいえ、digspice の方が使い勝手やロガーの応用という点では優れていると思います。

このソフト(LAP+View)のサイトでは、TripMate 852 は未検証のようですが、ちゃんと使えています。
上記画面も TripMate 852 (5Hz記録)のログを使用したものです。

それと TripMate の 5Hz ログは、ちゃんと 0.2 sec 刻みで記録されていました。
林道など、受信状態が悪い場合に軌跡が間引かれる様です。
ただし、受信状態に関わらず、本体にかかる振動が少ないとスリープ状態に移行する仕様の為、5Hz 設定にしていても数秒間記録されないという事もあります。
ラリーの場合は受信条件は良くない方だと思うので、GPSロガーの選択は悩むところですね。

カテゴリ[ Handy GPS]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=18257

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません