07/09/30 19:11

ハンディGPSの車載方法

ハンディGPS持ってる人って車内ではどうやって設置してるんでしょう。
専用のマウントで固定するのが一般的なんでしょうが、車内・車外の持ち運びも簡単にしたいと思ってました。

安全にハンディGPSを車内で使うのであればちゃんと固定しておかなければいけないんですが、
車にはカーナビもあるのでハンディGPSは車内ではログ取りにしか使っていません。
でも、気圧,標高の変化など付加情報も記録されるのでふと見た時にへぇ〜と思わせてくれます。
だからちょっと見えるところにはおいておきたいなと。

ちゃんとつけるためのホルダーとして、RAMマウントも持っているのですが、これは別の車に使う予定なので、今回あはあくまでも簡易設置を考えています。

・ハンディGPSの大きさ
GPS本体の大きさですが、個人的には小さいもんだなという印象です。
携帯電話と比べても厚みは仕方ないとしてもジャマになるような大きさではありません。
高さ(GPSのアンテナを除く)を DoCoMo D902i と比べても単3電池一本分程度の違いしかありません。

液晶画面の大きさもほぼ同じなので、液晶保護カバーも D902i のものを貼っています。
まぁできれば幅がもう 2mm 広いといいのですが。

・ドリンクホルダー
簡易設置なので「置くだけ」を考えています。私の車はダッシュボード上に平な面がないので、カップホルダーに置く事にしました。
大きさが携帯電話に近いこともあり、携帯ホルダーで探していましたが、重さが問題になり別のものを物色。
たまたま目に止まったのが iPod 関連商品。自分では持っていないから見向きもしなかった商品群です。
検討したのはこの二つ。でも、正直最初に買った方は失敗でした。

右:商品名等忘れました。全体がウレタンでできたものです。
左:株式会社セイワ M101 iカップホルダー。
どちらも iPod 用のホルダーです。

まずはウレタン製のもの。
買ったままだと本体を入れる部分の厚みがちょっと狭く不安定だったので、中の仕切りに切れ目を入れ自由度を上げてみた。

本体のおさまり具合はいい感じ。
でも、大失敗なのが一つ。車のカップホルダーに入らない!...これってカップホルダーに置くやつじゃなかったっけ?

それで、今度はこっちを購入。これは無加工でこうなります。

深さもちょうどいい感じです。

・設置状態

運転席から見ても、本体の傾き具合がちょうど自分の方に(上方に)向いているで視認性もいい感じです。
ちょっとガタつきとかありますが、それはなにか詰め物をすればいいでしょう。
今度の連休はこれで長距離移動してみようかな。

カテゴリ[ Handy GPS]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3924

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません