16/01/02 10:02

初日の出


年末年始の天気予報を参考に、今年は近くの太平洋岸を目的地に決めましました。

 

今年の年越しは静岡県の御前崎に。
当初予定していた目的地に比べ半分くらいの距離なので、移動開始は大晦日のお昼頃。
現地についてから場所を探す時間は十分あるので、下道でのんびりと移動です。

移動経路は長野を出発し、清里高原,身延町を経由して太平洋に抜けます。
身延に通りかかった際、まだ富士山に陽があたっているのが見えました。
今なら夕日に間に合うか?と、急きょ本栖湖へ進路を変更。

一応間に合いましたが、富士山の撮影スポットには車がいっぱい。ちょっと外れたところに車を停めて撮影開始。
雲が掛かっていましたが、夕日で赤く染まった富士山を鑑賞できました。

ちょっと寄り道をしましたが、22時頃には目的地に到着。
灯台の麓にある駐車場はまだガラガラだったので、好きな場所を選んで駐車し就寝です。

 

翌朝、暖冬とは言え海沿いで風があるので防寒対策をしていざ車外へ。

外は天気予報通りに晴れ。霞もなく伊豆半島も見えるほど。
しかし、目の前には雲の塊が。

 

この雲があるのは日の出の方角。
これなら三保の松原で伊豆半島越しの初日の出を待った方が良かったかも...と。

当然、雲にはばまれて日の出時刻を過ぎても景色が変わりません。
日の出予想時刻から約30分遅れて 7:15頃に雲の上に初日の出が登ってきました。

太陽が完全に雲の上に出るのを待って駐車場へ下りました。
前日の富士山と今日の初日の出。共に雲は多めでしたが目的の景色を観れたので満足です。

今年も良い一年でありますように。

 

その後、渥美半島へ足を延ばした後、豊川稲荷で初詣をしてから帰宅しました。

年末年始、約900kmのドライブでした。

カテゴリ[ 旅の一コマ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=41967

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません