16/05/22 20:21

地附山トレッキング(長野市)

今シーズンの初トレッキング

 

向かった先は長野市の北側にある地附山。
長野駅から善光寺方向を見て、その背後にある山です。

ここのトレッキングコースは幾つかルートがありますが、今回は地附山公園(1985年に起きた地滑り災害現場を防災工事し公園として整備したところ)の奥にある「地附山北口」からトレッキングを開始。

山自体が低いので、コースはこんな感じで木陰を歩けます。そのせいでしょうか、飲み物も持たず、タオルを持ってお散歩する年配の方々もいらっしゃいます。
そんな中、私はザックにいろいろ詰め込み、登山靴を履いて挑みます。晴天だったので、さすがに雨具は持ちませんでしたが。

コース内は丁寧に標識が立てられているので、初めてでも安心して歩けます。

ただ、コースの大半は木に囲まれているので視界が開けているところは少ないです。爽快に歩ける反面、景色を楽しみながら歩けないのがちょっと残念です。

そして、あっという間に山頂到着。
トレッキングコース入口から標高差約100mですからね。所要時間も40分程度でした。

山頂も木に囲まれているので景色が見えるのは写真に映っている方角のみ。
標高733m、地附山山頂です。

 

予想以上にあっという間の到着だったので、しばらく休憩して景色を観てからザックから荷物を取り出しました。

ザックに詰め込んできた無線機たちです。
左から、CB機(27MHz AM)、デジタル簡易無線(351MHz)、アマチュア無線機(50MHz,144MHz,430MHz FM)。
電波のコンディションが上がることを期待して色々と持って来ました。
でも期待通りには運ばず。50MHz SSB は多く入感していましたが、CB, 50MHz FM は静かな状態。結局、デジタル機での交信のみで撤収しました。

 

帰路は、残りのトレッキングコースを、スキー場跡、動物園跡、ロープウェイ跡、山城跡、古墳(山の中に古墳があるとは知りませんでした)を辿りながら下山しました。
無線運用を除けば、のんびり歩いても2〜3時間でほぼコースは全制覇できます。
今度は山頂を目指さず、気軽に散歩にでも来てみよう。

カテゴリ[ その他]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=42941

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません