16/08/11 18:22

『山の日』なので


長野市の飯縄山に登ってきました。

飯縄山は長野市の小学生が登山する山と聞いていました。
私は長野市出身ではないので飯縄山に登ったことはありませんでした。
そこで、今日は初めての「山の日」でもあるので、ここを登ってみることに。

飯縄山へは4方向から登ることができますが、今回は「南登山道」から登ります。
まずは車を停めに「一の鳥居駐車場」へ。

朝8:30なのに、満車に近い状態です。

この後、支度をしていたら高校生の一団がバスで到着。
体力差は明白なので、先に出発してもらいます。

8:55 駐車場出発
しばらくの間、別荘地というか住宅地の中を歩きます。

9:10 登山口到着
高校生の一団はここに留まっていたので、先に鳥居をくぐります。

9:15 奥宮一の鳥居
登山道入り口よりも大きな鳥居がありました。

歩きはじめは木の根をまたぐようななだらかな道が続きましたが、次第に道幅が狭くなり、石が目立つ登山道になってきました。

登山道脇には、13体の石仏があります。
それを一体一体写真に収めながら、ゆっくり登ります。
そして、登山口で追い越した高校生の一団に早々に道を譲りました。

9:25 石仏:第一 不動明王

10:10 石仏・第十一 馬頭観音

ここを過ぎたあたりから麓が見えるようになりますが、登山道もつづら折りに。
そして、小さいですが、鎖場もあります。(大人なら岩の脇を廻れば鎖は不要)

11:15 分岐(一の鳥居方面・戸隠中社方面)

景色がいいのと、登山道が若干混雑気味なので、しばし休憩します。
 

11:30 前山(?)手前の石碑

11:35 前山(?通称、偽山頂)通過

山頂にも見えますが、飯縄山山頂はこれより先、約10分。

ちょっと下って、奥に見える山頂へ向かいます。

11:50 飯縄山登頂

山頂は賑やかです。腰を下ろす場所が見当たらない...。

登頂時点では、長野市側は雲が上がっていて見晴らしは良くありませんでした。
山頂が静かになる頃には長野市方向も見渡せるようになりました。

山頂も、人が居なくなると広く感じます。

私はというと、お昼ご飯を食べた後、山頂から少し離れたところで無線運用してました。

CB機、デジタル簡易無線、アマチュア無線機を持ってきました。
アマ機は登山時のラジオ替わり。運用はCBとデジ簡です。
時間帯が良くなかったのか、交信は2局のみ。
デジ簡:新潟市(約140km)、山形県酒田市(約304km)
CB:山形県酒田市(約304km)(デジ簡と同じ局)
それでもCBでの交信距離更新もでき、楽しめました。

14:10 下山開始
下りは淡々と。ペースは速くありませんが、ほぼノンストップ。
15:45 登山口到着
16:00 一の鳥居駐車場到着

登りも下りもマイペースで歩きましたが、夏の登山はきついですね。
登山道の半分近くは木陰の中を歩けるのですが、風が抜けにくい為、予想以上に汗をかきました。当然、水分もたくさん必要となりました。
持って行った飲み物は、ハイドレーションの水1.5Lとペットボトルのジュース(600ml)とボトル缶のコーヒー。
途中から飲み物はセーブしましたが、駐車場に戻ったとき、ペットボトルの飲み物が1/3程度残っているだけでした。
夏山登山は明け方等、気温が上がる前に登るのが楽なのかも。

<今回の登山ルート>

カテゴリ[ その他]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=43454

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません