18/12/14 12:30

平成30年第4回議会定例会閉会あいさつ

 本日(12月14日)、平成30年第4回坂城町議会定例会が閉会しました。

 閉会のあいさつを、以下、掲載させていただきます。

・・・・・・・・

平成30年第4回坂城町議会定例会の閉会にあたり一言あいさつ申し上げます。

123日に開会されました本定例会は、本日までの12日間ご審議をいただきました。一般質問で数多く、南条小学校建設工事会計検査による返還金について、質問をいただきましたが、引き続き、機会を捉えご説明を申し上げてまいりたいと存じます。

提案をいたしました、専決報告、規約の変更、一般会計補正予算及び特別会計補正予算、そして追加上程させていただきました特別職の職員等の給与に関する条例の全部改正、道路改良工事請負契約の締結と、すべての議案につきまして原案どおりご決定を賜り、誠にありがとうございました。

町道A01号線 道路改良事業 酒玉工区の若草橋架替え工事につきましては、地域の皆さんには長い間、ご迷惑をおかけいたしましたが、明日15日夕方から普通車であれば対面通行が可能となります。

また、本日、契約締結の議決をいただきました、右岸側の橋台及び橋梁本体工事についても、引き続き安全確保を図るなかで、一日も早い竣工を目指し工事を実施してまいります。

124日夕方、坂城駅前のイルミネーション点灯式が行われました。まちづくり坂城の皆様が飾り付けたイルミネーションが色鮮やかに点灯し、また、ライトアップされた169系電車の車内で、坂城中学校吹奏楽部のみなさんによるミニコンサートが開催されました。

イルミネーションは来年1月末まで点灯されていますので、大勢の皆さんにご覧いただきたいと思います。

鉄の展示館での特別展「男谷燕斎の書〜幕府祐筆の手跡〜」が1211日から始まっておりますが、明日、15の午後2時より、「男谷燕斎とその時代」と題した記念講演会を開催いたします。

講師に、男谷燕斎の末裔でおられ、東洋思想研究家の「田口佳史」先生をお迎えし、幕府の表祐筆を務め、当町中之条の名代官としても知られる「男谷燕斎」について、坂城町の歴史に関わることでもありますので、大勢の皆さんにお越しいただきたいと思います。

坂城消防署に災害対応特殊消防ポンプ自動車が新たに配備されました。このポンプ車は、600リットルの水槽を装備し、消防水利が不足した場合においても、少量の水で高い消火性能を有する「圧縮空気泡消火装置」を備えており、また、コンパクト化された車両は、現場での活動性にも優れ、消防力の大きな強化につながるものと考えております。

さて、これから、新年度に向けての当初予算編成作業が本格化してまいりますが、31年度は、統一地方選挙を控えておりますので、「骨格予算」となります。

31年度の歳入の見通しにつきましては、国の地方財政計画や消費税率引上げに伴う影響など不透明な中、総務省の概算要求ベースにおける地方交付税は、30年度と比べ約0.5%の減額となっており、また、基幹収入である町税は、ここ数年の実績からも堅調な推移が見込まれるところですが、経済情勢や為替状況により大きく左右されるため、今後の貿易摩擦など先行き不安を踏まえると一般財源の増収を期待することは厳しい状況です。

一方、歳出につきましては、骨格編成となりますので、義務的経費や経常的経費など、必要最小限度の経費を計上する予算編成となり、絞られた当初予算総額になろうかと考えています。

何かと慌しい季節でもあります。

12月1日から31日までの1か月間は、年末特別警戒期間として、警察、防犯指導員、千曲交通安全協会、交通指導員などの皆様と連携し、防犯・交通安全の啓発を強化しております。

年末年始は、犯罪や交通事故の増加する時期でもあります。引き続き、犯罪被害や交通事故、飲酒運転の防止に向け、さらなる啓発活動に取り組んでまいります。町民の皆様には、特殊詐欺など犯罪や交通事故の被害に遭わぬよう、一層のご注意をお願い申し上げます。

また、1227日からは、町消防団による歳末特別警戒が行われます。消防団員には夜間の警戒に対し感謝を申し上げるとともに、住民の皆様におかれましては、年の瀬の寒い時期でもあり、先月は2件の火災も発生し、大切な生命、財産も失われていますので、火の取り扱いには十分注意されますよう重ねてお願い申し上げます。

さて、来年、平成31年は、「己亥(つちのとい・きがい)」の年であります。

中国の古い思想によれば、「己」は「きまり」、「みちすじ」といった意味があり、「わがままにならず規律を守ること」、「亥」は、「何事かを生もうとしている」、「いろいろのエネルギー・問題をはらんでいる」といわれており、自らの思いを筋道を通して着実に実行し、その中から、大爆発・大飛躍の可能性を期待したいと思います。

元旦には1年間の健康を願う元旦マラソン、1月4日には、新年の願いを込めて書初めを行う席書大会、新春賀詞交歓会が開催されます。

また、1月12日には、「ライフ・ステージエコー2019」が坂城テクノセンターにて開催されます。今回は25回目の記念公演とし

て、バイオリン、ヴィオラ、チェロなど、14名の合奏団をお迎えし、新しい年の幕開けにふさわしい演奏を期待しております。

また、1月27日には、町消防団の出初式が挙行されます。街頭行進等、大勢の皆様のご観覧をお願いいたします。

そして、新春経済講演会は、28日に坂城テクノセンターにおいて、長野県「太田 寛」副知事をお招きし、「長野県が取り組むSDGs」について、ご講演をいただきます。

SDGsとは、20159の国連サミットで採択された2030までに取り組む経済・社会・環境に関する17項目の世界共通の持続可能な開発目標で、長野県は、今年6に「SDGs未来都市」として、内閣府から北海道や神奈川県など国内の28自治体とともに、全国で初めて選定されました。世界的な課題への県の取組みについて、ご講演いただきますので、大勢の皆さんにご聴講いただきたいと思います。

年末、年始から、盛りだくさんの行事がございます。

議員各位におかれましても健康に十分留意され、新しい年をお迎えいただきますようお祈り申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。

 

・・・・・・・・・

 

坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/11 05:53

坂城消防署に「災害対応特殊消防ポンプ自動車」が配備されました

 昨日(12月10日)、 坂城消防署に新たに「災害対応特殊消防ポンプ自動車」が配備されました。
 この消防ポンプ自動車はCAFS(圧縮空気泡消火装置)を備えた新型の特殊消防ポンプです。 少量の水に液剤を加え、高圧ポンプで泡として放水ができるもので消防水利が不足した現場でも高い消火性能を有します。

 山間部、道路の狭隘な箇所での活躍が期待されます。

   

 坂城町では今年の火災発生件数が18件にのぼっています。 (1月から11月末現在。)

 昨年は年間で12件でしたので、11月現在で大幅に上回っております。

 これから何かと火を使うことが多くなります。 くれぐれも火の用心を宜しくお願いいたします。

 

 

 

新車両を使って噴射をしていただきました。 泡がしっかりと壁面にもこびりつき消火効果が大きいとのことです。

実演の後、署内で荒井坂城署長他から種々の説明を受けました。

 

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂城消防署に「災害対応特殊消防ポンプ自動車」が配備されました

 坂城消防署新車両

 

 この度、坂城消防署に新たに「災害対応特殊消防ポンプ自動車」が配備されました。
 このポンプ自動車は、600リットルの水槽を装備し、震災等の消防水利が不足した現場においても、少量の水で高い消火性能を有するCAFS(圧縮空気泡消火装置)を備えたほか、低床式4輪駆動3トンシャーシをベースに、車体のコンパクト化を図ることにより、震災等の状況下においても有効かつ活動性に優れ、減災につながる車両となっています。

 坂城町では今年、例年よりも多く火災が発生しています。気温の低い季節となり、暖房器具等の使用が多くなりますので、火の取り扱いに十分注意しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/10 07:11

村上会(村上小学校への図書寄贈)

 先週(12月7日)、坂城町村上地区の会社経営者の会「村上会」(代表:大橋房夫さん)から今年も村上小学校へ図書の寄贈をいただきました。

 贈呈式には会員の皆さんにお集まりいただき、村上小学校長 塚田校長先生、牛越教頭先生にもご出席いただきました。

 今年も、環境、情報、技術、食品、自然災害、社会、職業、スポーツ、戦争、学習一般などのテーマで約10万円相当の図書をご寄贈いただきました。

 これらの図書はすでに村上小学校の図書室に置かれ、子供たちが利用しています。

 「村上会」からの図書の寄贈は今年で28年目になるそうです。 すごいですね。 誠にありがたく思います。

 

左から:塚田校長、山村、大橋会長

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/05 07:22

坂城甚句

 先日、坂城町四ツ屋区長の宮嶋徳一郎さんが、「坂城甚句」の収録されたCDを持ってこられました。

 暫く前に、レコードプレイヤーを持ってないかとのお問い合わせがあり、プレイヤーをお貸ししたところ、早速、LPから収録されCDに入れてお持ちいただきました。

 坂城甚句は全部で33小節(曲)あるようなのですが、LPに収録されていたのは5曲で、多分代表的なものをピックアップしたものと思われます。

 「坂城甚句」についての解説が坂城町「ふるさと探訪」(平成14年5月)に出ていましたので以下、ご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 《坂城甚句について》 坂城小学校 剣持泰典

(ふるさと探訪 PART 38  平成14年5月27日)

          

 「坂城甚句」は、北国街道の宿場町であった坂木宿で旅人を相手に酒席で歌ってきた唄でした。

 二上がり調子の三味線に転がすような太鼓の伴奏に乗って歌われます。

 かつて、こういう宿場では、同様の唄が歌われてきました。県内では、本調子甚句の 「長久保甚句」(小県郡長門町) や 「塩尻甚句」(塩尻市) の系統と、二上がり甚句の 「塩田甚句」(北佐久郡浅科村) の系統の伝承があります。

 この「坂城甚句」は後者の二上がり甚句の系統にあたります。

 そもそも甚句とは、七七七五調の詞形を持つ日本民謡の代表的なもので、酒宴での唄やや盆踊り唄等、広く歌われてきたものでありました。

 一方、「坂木甚句」 の源流である二上がり甚句は、日光街道最初の宿場であった千住(東京都足立区千住)で歌われていた甚句で 「千住節」 とか 「千住甚句」 等と呼ばれたものでした。これが中仙道から各地へ大流行したものであると思われます。

 寡聞では前述の宿場唄以外に 「見沼通船堀唄」(埼玉県) 「越名の舟唄」(栃木県) 「新潟二上り甚句」(新潟県)  「郡上踊り」(岐阜県)等があります。

 

 「坂城甚句」は、

 〜坂木よいとこ 何時来て見ても

    三味や太鼓の 音ばかり

 〜坂木よいとこ 御天領育ち

    昔ゃお品で 長羽織

 

 というような坂木宿らしい歌詞で唄われてきました。

 また、三味線の手は軽快なリズムですが、唄のメロディーになぞるように即興的に変化させて弾かれるもので、決して楽な手付けではありません。独特なアクセントの付け方によって、大変面白いアンサンブルになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 さて、宮嶋徳一郎さんに頂いたCDの5小節(曲)は以下の通りです。

 (歌い手は、坂木甚句保存会の関鶴吉さん)

 

・ハアー 坂木よいとこ (ヨーヨ) 御天領育ち (サッサーイ)

      昔やお品で 長羽織 (キタサッサ ヨイサッサ)

・ハアー 北に聳ゆる 葛尾山は 昔村上 お城跡

・ハアー ここは御天領 宿場の町よ 加賀のお槍の 通り道

・ハアー 北に葛尾 西には千曲 中に栄ゆる 坂木里

・ハアー 送りましょうか 送らせましょか せめて四ツ屋の 清水まで 

 

 なお、この 「清水まで」 とは、四ツ屋にある、「甘泉」 のことで、男谷燕斎が揮毫した石碑も有名です。

 かつてはここから素晴らしい名水が湧き出ていました。

  今年7月に、四ツ屋区の皆さんのご尽力で、もとの場所から少し南へ移動した交差点部分に設置し、屋根もつけ誰からも見やすい位置に整えていただきました。 感謝です。

 

「甘泉」 の状況と由来

 

 さて、 以下のサイトをクリックしていただくと 「坂城甚句」 が始まります。 お楽しみください。


http://www.town.sakaki.nagano.jp/databox/ssakaki-jinku.mp3

 

 尚、坂木甚句の全曲は以下の通りです。

 

○ハァー 坂木よいとこ(ヨーヨー)  御天領育ち(サッサーイ)
    
 昔ゃお品で 長羽織 (キタサッサ ヨイサッサ)
                           ※以下、掛け声同様


○ハァー 坂木よいとこ いつ来てみて  三味線や太鼓の 音ばかり

○ハァ
浅い川なら 膝までまくる  深くなるほど 股を出す

○ハァー あなた百まで わしゃ九十九まで  ともに白髪の 生えるまで

○ハァー 惚れて通えば 千里も一里  会わずに帰れば また千里
 
○ハァー お嬶とってくれよ 朝草刈りに  一駄ン刈る草 二駄ン刈る
 
○ハァー この家屋形は 目出度い屋形  鶴と亀とが 舞い遊ぶ
 
○ハァー さあさ皆さま お歌いなされ  唄で御器量が 下がりゃせぬ
 
○ハァー この家座敷で 歌わぬ人は  男よいのか 気取るのか
 
○ハァー 一夜一夜に 枕が変わる  枕変わらぬ 床欲しや
 
○ハァー 昨夜したせいか 頭が痛い  二度とやるまい 箱枕

○ハァー 無銭客(おけら)返せば また来るおけら  今年ゃおけらの 大当り
 
○ハァー 烏鳴け鳴け あの町の屋根で  嫁に行かずに 婿にしず

○ハァー 坂木照る照る 追分曇る 花のお江戸は 雨が降る

○ハァー わたしの心と 横吹山は  外に木(気)はない 松(待つ)ばかり

○ハァー 送りましょうか 送らせましょか  せめて四ツ屋の 清水まで

○ハァー 坂木出抜けて 四ツ屋の清水  飲んで別れた こともある

○ハァー 千曲川さえ 竿さしゃ届く  なぜに届かぬ 我が思い

○ハァー 坂木坂木と 来てみれば 西も東も 山ばかり

○ハァー 坂木よいとこ 昔は宿場  加賀のお槍の 通り道

○ハァー 坂木よいとこ 汽車さえ停まる  若い衆泊まるも 無理はない
 
○ハァー ここは御天領 宿場の町よ  加賀のお槍の 通り道
 
○ハァー 葛尾山見りゃ 恋してならぬ  ことにあの娘が いるじゃもの

○ハァー 坂木遊郭 なれどやでも あの娘ひとりは 残したい
 
○ハァー 北に葛尾 西には千曲 中に栄ゆる 坂木里
 
○ハァー 北に聳ゆる 葛尾山は  昔村上 お城跡

○ハァー 昔御天領で 栄えた宿は  今も甚句で 賑わしや

○ハァー 昔御天領 坂木の里は  肩で風切る 長羽織

○ハァー 山じゃ葛尾 川では千曲  里の坂木は 蚕処
 
○ハァー 坂木よいとこ お蚕処 娘やりたい 桑摘みに

○ハァー 遊郭の 梯子段をば ストトントンと  登る心地で 暮らしたい

○ハァー あの声で とかげ食うかや 山時鳥  人は見かけに よらぬもの

○ハァー ひやかしが 雨に降られて 梯子に座り  煙草つけろと ぬかしゃがる

 



 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/12/05 07:00

イルミネーション点灯と坂城中学校吹奏楽部169ミニコンサート

 今年も恒例の 「坂城駅前イルミネーション点灯と坂城中学校吹奏楽部169ミニコンサート」 が開催されました。

 昨日(12月4日)は、開会式の午後5時半でも温度が、”19度” というびっくりするような暑さでした。 生憎の小雨でしたが、「にぎわい坂城」 の皆さん、商工会の大勢の皆さんの参加のもと盛大に開催されました。

 また、坂城中学校吹奏楽部の皆さんの演奏も日頃の練習の成果を大いに見せていただき素晴らしいものでした。

 

 

左:雨の中、ねずこん と一緒に開会のごあいさつ

 

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

坂城駅前イルミネーション点灯と坂城中学校吹奏楽部169ミニコンサート

 

ミニコンサート01

ミニコンサート02  ミニコンサート03

▲坂城中学校吹奏楽部169ミニコンサート

 

 12月4日(火)、坂城駅前商店街にぎわい坂城の皆さんによる駅前イルミネーションの点灯式と、169系電車内で坂城中学校吹奏楽部によるミニコンサートが開催されました。
 坂城駅前のイルミネーションは、今年も長野県信用組合坂城支店様のご協力により、坂城駅を出て正面にある同支店駐車場の壁を青と黄色のLED電球で装飾しました。昨年同様、ハートを形どったイルミネーションもあります。また、169系電車もライトアップされていますので、駅周辺へお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

  169系電車内では、坂城中学校吹奏楽部の皆さんによるミニコンサートが行われ、演奏を見ようと集まった皆さんで車内はいっぱいになりました。金管四重奏やサクソフォン三重奏など、楽器ごとのアンサンブルが披露され、美しい音色が電車内に響き渡り、演奏が終わるたびに盛大な拍手が送られました。

 

イルミネーション01

イルミネーション02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]