14/04/13 05:05

坂城テクノセンター設立20周年記念行事

 昨日(4月12日)、坂城テクノセンターで、昨年から公益財団に移行した(公財)坂城テクノセンターの20周年事業の一環として記念講演会・パネルディスカッションが開催されました。

 ゲストスピーカーとして坂城町出身のセブン&アイホールディングス会長の鈴木敏文さんにご挨拶もお願いいたしました。

 鈴木さんからは大変素晴らしいお話をいただきましたが、中でも消費税導入後の状況、さらには「いかに消費者の求めるものを売るか、いまのお客様は少しでも良いものを求めている。したがって安ければ良いというものではない。」などいかにPB(自主ブランド)を開拓していくかなど時宜にかなう素晴らしいお話をしていただき大変感銘を受けました。

 そのほかに来賓として、長野県産業労働部長石原秀樹氏、坂城町議会議長柳澤澄氏にご挨拶をいただきました。

             

ご挨拶する山村

        

 以下、坂城町ホームページよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月12日(土)テクノセンター20周年記念行事

テクノセンター20周年01

▲セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長  鈴木敏文さん

                              

  4月12日(土)、坂城テクノセンターで、「坂城テクノセンター設立20周年記念行事」が開催されました。

  坂城テクノセンターは、平成5年に開設され、坂城町の工業の中核として、産学官の連携を図りつつ、技術開発の支援、人材育成、企業間交流、情報提供など町の工業の発展に努め、昨年11月に設立20周年を迎えました。本日は、その記念行事として、坂城町の名誉町民であり、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長の鈴木敏文さんにご挨拶をいただき、その後町内企業5社の社長の皆さんによるパネルディスカッションが行われました。


  鈴木会長は、消費税増税による小売業界の動きや、消費者の嗜好の変化について話され、「以前は安価で同じ商品でも売れ続けたが、現代は生活レベルが上がったことで、新しい商品や良い商品でないと売れなくなった。売り手は、過去の経験を元に次の商品を考えがちだが、消費者の嗜好が変わってきていることを認識し、常に世の中の変化を頭において物事にあたらなければならない」とおっしゃられました。

 

  パネルディスカッションは、「坂城町工業の今後の発展を考える」をテーマに行われ、山村町長がコーディネーターを務めました。

パネリスト

  • 竹内明雄さん  (株)竹内製作所 代表取締役社長
  • 宮後睦雄さん  宮後工業(株) 代表取締役社長
  • 佐藤洋子さん  力石化工(株)代表取締役社長
  • 依田穂積さん  日精樹脂工業(株) 代表取締役社長
  • 桜井雅史さん  (株)桜井製作所 代表取締役社長

  パネリストの皆さんは、山村町長の進行のもと、自社の現状や業績、後継者の育成などについてそれぞれ話されました。また、坂城町の工業が今後さらに発展するためにはどうしたらよいか聞くと、「住工が一体化する町として内外にアピールすること」「企業の誘致を図ること」「消費者の要望に応えて質の良い物をつくること」「テクノセンターを中心に働きがいのある町になるよう挑戦すること」「常に先取りできるよう意識改革し一団となること」が重要とお答えいただき、会場一杯に集まった聴講者の皆さんも今後の町の工業の発展に期待を寄せられました。

▼パネルディスカッション

テクノセンター20周年03-09 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/03/16 21:58

169&ろくもん講演会

 本日(3月16日)、しなの鉄道のかつての名車両「169系」と7月から運用が開始される観光列車「ろくもん」に関する講演会が坂城町中心市街地コミュニティセンターで開催されました。 

 坂城町内外から多くの列車ファンが来られました。

                                                 

開演の挨拶をする山村

 

右:しなの鉄道山田隆専務

               

講演後開催された「169系電車ファンクラブ」の皆さんと

              

 以下、坂城町ホームページからご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

169&ろくもん講演会

169&ろくもん講演会01

▲しなの鉄道(株)専務取締役  山田 隆さん

  3月16日(日)、中心市街地コミュニティセンターで、「169&ろくもん講演会」が開催されました。

  第1部では、しなの鉄道(株)専務取締役の山田 隆さんに「しなの鉄道観光列車『ろくもん』による地域振興」と題してご講演をいただきました。しなの鉄道では、今年の7月から「ろくもん」という名の観光列車を走らせます。これは、「県産の木材を使った快適でぬくもりのあるラウンジ風の空間で、軽井沢から長野に至るしなの鉄道沿線地域の特色ある景観、歴史・文化、食などを満喫できる旅を提供すること」をコンセプトとした列車です。デザインは、JR九州の観光列車「ななつ星」をデザインした水戸岡鋭治氏によるものです。山田さんは、「ろくもん」の魅力を紹介し、地域振興のためにも様々なサービスを行い、「みんながワクワクした気分で乗りたくなるような列車にしたい」と話されました。

  第2部では、169系電車に様々な形で携わってきた方々から169系電車についての思い出話などを話していただきました。パネリストは、JR東日本(株)金子万文さん、JROBの柳澤敏明さん、国鉄OBの竹内 剛さん、しなの鉄道?戸倉駅長の酒井彦弥さんです。現場の方にしかわからない貴重なお話や169系に対する深い思いなど盛りだくさんの内容で、会場の皆さんは興味津々で聴いていらっしゃいました。

▼左から、金子万文さん、柳澤敏明さん、竹内 剛さん、酒井彦弥さん

169&ろくもん講演会02 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

14/03/08 06:54

企業人権同和教育推進講演会

 昨日(3月7日)、「企業人権同和教育推進講演会」で中央大学ビジネススクール教授の中島豊先生をお招きして 「グローバル化に向けた人事管理の潮流と課題」 というテーマでお話を伺いました。

 中島先生は私が富士通時代に人事・教育部門で一緒に仕事をさせていただいた方ですが、富士通で10年ほど人事部門に属されたのちに、リーバイ・ストラウスジャパン、ゼネラルモーターズ、GAP、楽天、シティグループ、ジブラルタル生命など錚々たる会社で素晴らしい業績を残され、今や日本を代表する人事問題のエキスパートです。

 また、現在は中央大学ビジネススクールの教授職の他、ジブラルタル生命の執行役員をも務められています。

 会場には海外に拠点をお持ちの会社の人事・総務担当者も多く参加され活発な質疑も行われました。

 坂城町企業人権同和教育推進協議会(会長:山村弘)では今年度4回にわたり研修会・講演会を開催してきましたが、今講演会はその総括講演ともいうべきものです。

               

講演中の中島豊先生

                         

 坂城町長 山村ひろし                     

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/03/05 16:00

3Dプリンター実践セミナー(最終日)

 2月12日から、さかきテクノセンターで4回に分けて開催されました、「3Dプリンタ実践セミナー」(主催 坂城町中小企業能力開発学院、学長:山村弘)が本日終了しました。

 本日は、さかきテクノセンターに、先月、導入された3Dプリンターの実機を使っていよいよ造形の実習です。 (3Dプリンターの機種はStratasys社製の ”FORTUS 360mc-S” です。)

                   

中央:指導中の藤岡潤一さん

                     

 講師の藤岡潤一さん(トレソル社)の指導で参加者全員がそれぞれ、3DCADでデザインした作品を3Dプリンターを使って製作しました。

                 

動作中のプリンターヘッド

                 

作品の一部

             

 さかきテクノセンターにようやく、3Dプリンターの高級機種が入りました。

 坂城町のエンジニア達に存分に使いこなしていただければと思います。

                               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

14/02/23 12:59

金沢工業大学 石川憲一学長の講演会

 昨日(2月22日)、金沢工業大学学長の石川憲一先生を講師として 「新春経済フォーラム」 がテクノセンターで開催されました。

 テーマは「近年の大学改革の概要と金沢工業大学における教育改革」〜ヒトづくりとモノづくり〜 です。

 石川 憲一

石川憲一学長

                  

 石川学長は50歳で金沢工業大学の学長に就任され(当時は日本で一番若い学長と言われました。)その後、20年間学長職を務められておられます。

 私とは長い間、(公社)日本工学教育協会の理事として一緒にエンジニアの育成について取り組んできたことから、大変ご多忙の中、今回、坂城町での講演を引き受けていただきました。

 金沢工業大学では入学する学生を基礎から鍛え上げ、100%就職させるという取り組みを長い間継続されています。

 また、学生の総合力向上について 「学力×人間力=総合力」 と定義して基本的な「人間力」の向上に取り組まれていることでも有名です。 

 今回のお話では最近の日本における教育改革と将来に向けた展望、金沢工業大学の取り組みについて具体的にお話しいただきました。

 北陸新幹線の延伸にともない、金沢との交流も活発になるものと思われます。

 多くの優秀な卒業生に坂城町へも来ていただきたいと思います。

 金沢工業大学の教育についての詳細は以下のサイトをご覧ください。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai7/siryou5-2.pdf

                                             

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[0 ]   トラックバック[0]