11/07/16 02:42

句集「初花集」より

 私の旧友で俳人の朝吹英和氏と文人の前田巍氏に、若手の男女を交えた9人で構成された句会を続けておりましたが、先日、私の手元に昨年1年間の作品を纏めた小句集が送られてきました。名は「初花集」(朝吹英和編)です。20歳代から70歳代の9名の作品から1句づつご紹介します。(朝吹英和選) なお、この中で「粋酔」は朝吹氏、「山鬼」は前田氏、「無為」は山村です。

 

 晩鐘に凌霄の花散りにけり    山鬼

 乳白の峰嫋やかな初筑波    カンタロウ

 書き初めや滴る墨も嫋やかに    句縁

 白き手で生き埋めにする漬茄子    柚鼓

 夢の国南瓜で弾むねずみたち    蓮水

 蓑虫や見えぬ世界にぶら下がる    白花

 音を立て焼塩香る秋刀魚かな    若芽

 老松の瘤にひそむか法師蝉    無為

 夏銀河ショパンの闇に沈みけり    粋酔

 

 以上。句集を編集、作成していただいた、句縁さんに感謝。

 最後に、この句集に向けた粋酔さんの一句。 

  ありがとうございました。

 

    初花や一期一会の傘開く    粋酔

 

 坂城町長    山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=22755

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません