11/07/23 22:42

土砂災害・全国統一防災訓練(上平地区)

 近年、「ゲリラ豪雨」と言われる集中豪雨や台風、梅雨前線などにより全国各地で土砂災害が発生しております。  

 本日(7月23日) 、平成22年度の土砂災害防止法に基づき土砂災害警戒区域に指定された上平地区での防災訓練が実施されました。

(公民館に設置された「災害対策本部」)

 

(状況報告と本部長指示)

 

 今回の訓練には、長野県千曲建設事務所、警察署、消防署、消防団、自主防災会、坂城町の各機関が参加し、上平の小野沢、島地区から約100名の方にご協力いただき、実施されました。

 防災訓練は午前8:15からスタートしましたが、本番さながらに各機関が連絡を取り合い、避難される方々を上平公民館に収容するほか、実際に消防団が出動し被災者を救出するなどした後、10時過ぎには土石流などの危険も無くなったことを確認したうえで、避難勧告、避難指示解除を発令して訓練は無事終了いたしました。

(避難される地元の方々)

 

  (消防団による救出)

 

  (山村本部長挨拶)

 

  

 (竹内自主防災会長と地元の皆さん)

 

 100人を超す、上平地区の方々の実に整然とした避難行動には誠に心打たれました。 日頃の地域連携力の強さ、防災意識の高さを伺わせていただきました。

 近年、坂城町では幸いにして、大災害には遭遇しておりませんが、想定外は無いといわれる状況下において常に防災、減災についての対応準備が求められております。 その意味では、今回の防災訓練は非常に大きな成果を収めたものと思っております。

 関係各機関、地元の皆様の大変なご協力に感謝申し上げます。

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=22848

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません