12/02/26 07:41

小川マキさん ミニライブ in 坂城

 昨日(2月25日)、坂城町文化センターで「人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会」が開催され、特別講師として 、小川マキさんが出演され、素晴らしいお話と歌をプレゼントしていただきました。

 小川マキさんのお話の前に、坂城中学校3年生が、昨年11月に行われた全校パネルディスカッション 「感じよう 自分・学級・坂城中学校の成長したところ」 の内容を発表してくれましたが誠に素晴らしい内容で、会場に来られた方々から大きな賞賛を受けました。

 

 発表する助川君とパソコンを操作する塚田君

           

 小川マキさんは、赤芽球癆(せきがきゅうろう)という非常に稀な血液の病気を患われておられ、今も長期間の闘病生活を送られておられますが、お話の中で いままでの難病と闘う日々の想い、それに打ち勝とうと常にポジティブに、前向きに生きていこうと決心した思いなどが語られました。

 小川マキさんは自作の歌を中心に、伸びのある素晴らしい歌声で歌われ、1時間半の公演時間はあっという間に終了しました。

 私が昨年何十回となく歌ってきた、東北復興応援プロジェクト「きずな」(作詞は田口佳史さん)ももちろん歌っていただけました。

              

 

 小川マキさんと寺地麻喜さん(ピアノ)、山田ヒロシさん(ベース)

              

 本町民集会は人権について町民全体で考えるもので、坂城町、坂城町教育委員会、坂城町社会福祉協議会、上田・佐久地域人権啓発活動ネットワーク協議会の主催で行われました。 (共催:坂城町企業人権同和教育推進協議会、後援:坂城町身体障害者福祉協会、坂城町人権同和啓発推進会議、坂城町青少年を育む町民会議、坂城町手をつなぐ親の会、坂城町精神障害者家族会)

 また、赤池時子さん、竹政秀人さんが永年のボランティア活動により坂城町社会福祉協議会表彰を受けられました。

             

 *小川マキさんが坂城町に来られたのは初めてでしたので、公演の前に「鉄の展示館」で開催中の「古雛祭り」をご覧いただき、昼食では「おしぼりうどん」も味わっていただきました。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=25908

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません