12/12/08 05:56

老子の続き(第79章)

 この章はいわば 「道」 の 「裁き」 についてです。 なかなか意味深いものがあります。

                              

 和大怨、必有餘怨。安可以爲善。是以聖人執左契、而不責於人。有徳司契、無徳司徹。天道無親、常與善人。

                                      

 大怨(たいえん)を和(やはら)ぐるも、必ず餘怨(よゑん)有り。 安(いずく)んぞ以(も)って善と為(な)す可(べ)けんや。 是(ここ)を以って聖人は左契(さけい)を執(と)るも、而(しか)も人を責めず。 有徳は契(けい)を司(つかさど)り、無徳は徹(てつ)を司る。 天道は親(しん)無けれども、常に善人に與(くみ)す。

                                    

 統治者が人民に対して何らかの悪政を行い大きな怨みごとを買ってしまった場合、例え和解(何らかの補償などをして)したとしても必ず遺恨は残ってしまうものです。 いったいこれは正しいことなのでしょうか。 聖人と言われる人は、借金の証文(割り符)を持っていても決して取り立てなどはせず、人も責めません。 徳のある人はひたすら割り符を持ち、徳の無い人はひたすら取り立てを行うと言われます。 天の道はえこひいきはしないけれど、常に善人に味方するものなのです。

                        

 少しわかりにくい言い方ですが、有徳者が割符(債権)を持っていても請求などを行わず、一見、損ばかりしているように見えても、恨みを買うこともないのでいずれ天の助けを得ることができる、ということです。 何事もすべて裁判に持ち込む西欧的合理主義に対する批判でもあります。

                            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

老子のお話をお聞きしていらい、ブログをたまに拝見させて頂いております。

81章まである老子のお話もついに79章ですね。
どれも奥深いお話でとても考えさせられます。
自分も恨みを買うようなことはしないようにしたいと思います。
投稿者: sekine   12/12/11 21:37
関根さん

コメントありがとうございます。
「老子」もあと2章で終了です。
全体をもう一度整理し、来年には本に纏めたいと思っております。

山村ひろし
投稿者: 山村ひろし   12/12/12 07:29


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=29962

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません