13/01/08 13:00

「坂城の100人」第2回は 稲玉徳兵衛翁

「坂城の100人」第2回は稲玉徳兵衛翁です。
 
稲玉徳兵衛 1822(文政5)年〜1872(明治5)年
 
稲玉徳兵衛は、江戸時代の末に坂木村の山野を開墾し、坂木の農業を発展させた大恩人です。
坂木は耕地が少なく、千曲川沿いの田畑も洪水の度に流され、農民は苦しい生活をしていました。
徳兵衛は東方山地の大開発を提案し、嘉永6年(1853)、農民353人の署名を集め、村と代官所に許可を願い出ました。
開発に反対する一部の農民との争いなど多くの困難を克服して、広大な山野の開発を実現しました。(218ヘクタール)
また、横吹街道の掘削工事も手がけました。(完成は没後。初めての有料道路になる。) など坂城の重要施策に大きく貢献した方です。
安政3年(1856)、村人は徳兵衛の働きを讃え、平沢の開墾地に「昌言(まさのぶ)社」を建て、生きながらに神として祀りその恩に感謝しました。
徳兵衛の墓は、心光寺にあります。(50歳の若さで亡くなりました)
               
左:稲玉徳兵衛翁の墓(心光寺)、右:昌言神社
                         
                       
業績をまとめた『生きながら神と祠られた稲玉徳兵衛翁』には、亡くなる一週間前までの21年間の日記、58冊が残されていると記されています。
平成16年(2004)年には、徳兵衛の業績を後世に伝えていこうと町民有志により「稲玉徳兵衛翁頌徳伝承会」が設立され、命日の5月20日前後の休日に「偲ぶ会」を行っています。
               
(偲ぶ会について)                  
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/index.php?blogid=432&archive=2012-5-19
 
                           
坂城町の現状を見ると、徳兵衛さんが心血を注いで開墾された土地がどんどん「耕作放棄地」になっています。
                      
昨年から坂城町の新たな事業としてワイン事業を始めましたがこれも徳兵衛さんへの恩返しの一つでもあります。
 
                       
坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=30219

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません