13/07/25 00:42

坂城の100人 今回は「和算」の大家二人

 坂城の100人、今回は和算の大家二人を取り上げます。

 それは新町の市川佐五左衛門と大宮の菱田与左衛門です。(坂城の100人、19人目と20人目とします)

                  

 坂城町は北国街道の要衝ということもあり、数多くの和算の大家が訪れ、多くの弟子が育ちました。

 日本では飛鳥・奈良の頃すでに中国から「算木」が伝えられ、江戸時代には「算聖」といわれた関孝和が登場し、いわゆる「関流」が日本全国へ広がりました。

 坂城の和算の始まりは、中之条の中島彦衛門兼秀・兼等、親子、新町の小林沖右衛門といわれ、その後、数多くの達人を輩出しました。

 そのなかでも、双璧と言われるのが、新町の市川佐五左衛門、大宮の菱田与左衛門です。

 

  市川佐()()衛門()信任()(のぶとう)(1828〜1886)
                 
市川家は「京屋」という旅籠屋をいとなんでいました。
佐五左衛門は村の指導者的立場でもあったことから、土地の測量や境界問題解決のためにも数学への関心が深かったようです。
また、養蚕業をひろくおこなっていた関係で横浜に出向くことが多く、そこで関流の大家法導寺和十郎と親交をもち、和算に傾倒していきました。
安政2年(1855)に関流の見題和言免許をうけ、門弟は30余名にのぼり、数多くの和算書をのこしました。
明治9年(1876)の横吹新道築造にさいしては頭取となって力をつくしました。和算以外にも佐久間象山との交流や華道、謡曲などにも造詣が深く才能豊かな人物でした。
                  
菱田()()()衛門()眞明(1835〜1888)
             
菱田与左衛門は佐五左衛門と親交があり、そのため市川家に滞在していた法道寺に和算を学びました。
与左衛門は研究心旺盛で、三日くらいは寝食を忘れて和算の解題に没頭したり、坂城神社大鳥居前の大杉の高さを算出し、実際に木に登って実測することでその計算の正しさを証明したといわれています。
また、測量の力を駆使して、横吹新道の開削にも尽力しました。
                 
                  
                    
上:北日名の天幕社(てんばくしゃ)に収めた算額オリジナルの写真、下は複製したもの。(坂木宿 ふるさと歴史館所蔵)
この算額は市川佐五左衛門と菱田与左衛門が連名で各々2つの問題とその解を記述しています。
二人とも、観山法道寺善門人とし、関流正統八傅とあります。
                 
                
坂城の和算の歴史については「坂木宿 ふるさと歴史館」2階に展示がされていますので是非お出でください。
                     
                      
坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

市川信彦さんからコメントをいただきました。

・・・・・・・・・・・

山村弘坂城町町長様

初めまして、いきなりコメントを差し上げることをお許しください。
私は京都市在住の1944昭和19年坂城町新町生まれの市川信彦と申します。
この日2013年7月25日に於かれましては私どもの先祖 和算の「市川佐五左衛門信任」を取り上げていただきありがとうございます。
ご承知かと存じますが2010年中澤一町長、柳澤哲副町長、助川朋廣係長の時代に信任の子孫私市川信彦、池田まち子、市川信通nobumichiの3兄妹弟が坂城町役場を訪れ信任の額入り肖像と和算史料の一部を坂城町に寄託させていただきました。
2022年現在も雛祭り期間を除き坂木町ふるさと歴史館でガラスケースに入れて大切に展示保管されていることに感謝申し上げます。
(長文にて恐れ入ります。)
信任の和算は市川清雄信夫私の祖父時代に帝国学士院穂積陳重院長から和算の調査依頼の手紙(寄託済み)があり和算家三上義夫帝国学士院嘱託が坂城町新町を訪れました。大正時代のことです。穂積院長は祖父に寄贈の意向でしたが祖父は市川家の宝物と寄贈しなかったと父市川信一nobukazuから聞いております。寄贈していたら大正時代の大震災で焼失しただろうとのことでした。
従って、三上義夫和算家は信任著、法道寺善・和十郎稿の和算本を3冊複製して現在も日本学士院(東京上野恩賜公園・JR上野駅最寄り)に大正時代から現存所蔵されています。大分以前になりますが私は信任翁の子孫として日本学士院に入ることが出来て複製本3冊を確認して撮影しました。岩波書店発行の分厚い日本学士院蔵書目録本の中に複製本3冊も掲載されており抜粋撮影しました。
市川家の和算史料の整理は最近では私の父故人市川信一が行いその後父の甥故人北嶋
格次(私の従兄、中澤町長の大学先輩)も整理を行いました。

市川信彦
長文失礼いたしました。

追伸;ご存じかもしれませんが、
市川信古は信任の子供で、坂城町町長・長野県県会議員を歴任したと父信一から聞いております。

市川信一は蚕の遺伝学DNAの研究もした国家公務員。上田蚕糸専門学校卒(現国立大学法人信州大学繊維学部)市川信一/岡田節人tokindo参照
北嶋格次は長野県庁 信州大学繊維学部卒
投稿者: 山村ひろし   22/02/02 11:32
突然恐縮です。
『更級郡埴科郡 人名辞書』(象山社)P三九二に掲載された「菱田與左衛門算額」の所在を探しています。この算額は、北日名の天幕社に奉納されたものと異なりもので、大変貴重なものと考えています。
投稿者: 小林博隆   22/03/07 23:54
小林様

いつもいろいろとご指導いただきありがとうございます。
本件につきまして、坂城町学芸員が調べておりますので、分かり次第ご報告いたします。
宜しくお願いいたします。

山村
投稿者: 山村ひろし   22/03/08 09:24
「菱田與左衛門算額」の所在について、担当者様から早速に、ご丁寧な現況報告をいただきました。ありがとうございました。
投稿者: 小林博隆   22/03/17 22:43


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=32846

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません