14/10/08 20:26

平成26年度「チャレンジSAKAKI」表彰

 坂城町では、平成23年度から、職員の提案による、今後の町づくりや住民サービスの向上へ向けた意見を募り、それらを検討・精査して、実現できるものから順次取り組む「チャレンジSAKAKI」を進めてまいりました。

 自らが考え、組織を超えたチーム編成でじっくりと取り組んだいずれも素晴らしいテーマです。

                      

               

 今回、表彰されたチームは以下の通りです。

            

 1.坂城駅へのエレベーター設置チーム

   (坂城駅へのエレベーター設置ならびに駅周辺のバリアフリー化の推進 代表:宮下雅敏)

 

 2.紙類の分別簡略化チーム

   (わかりやすくゴミの減量化推進 代表:池上浩)

          

 3.坂城町の若者・子育て世代支援プログラム推進チーム

   (坂城町への移住推進、子育て支援など、坂城町の総合的施策をわかりやすく説明 代表:山崎直子)

 

 4.役場庁舎への木質ペレットボイラー設置チーム

    (スマート・タウン坂城プロジェクトの一環、長野県では初めて役場庁舎に木質ペレットボイラーを設置 代表:竹内祐一)

        

 5.小学校への英語指導講師の配置チーム

  (坂城町独自の小学校での英語教育推進 代表:堀内弘達)

      

 各チームには表彰状と副賞の目録が贈呈されました。(賞品はこれから発売される今年の坂城町巨峰ヌーボーワインです!)

                 

 以下は新たな 「チャレンジSAKAKI 4」 のチャートです。

 これからも、まだまだチャレンジが続きます。

                      

    

  チャレンジSAKAKIH26                    

             

 チャレンジSAKAKIについては、以下をクリックして下さい。

     チャレンジSAKAKI

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません