15/06/19 12:11

第2回坂城町議会定例会閉会

 本日(6月19日)、平成27年第2回議会定例会が閉会いたしました。

 以下、閉会のあいさつを掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成27年第2回議会定例会閉会あいさつ

 

平成27年 第2回 坂城町議会定例会の閉会にあたり、一言あいさつを申し上げます。

 6月8日に開会されました本定例会は、統一地方選挙で当選されました議員の皆様方との、始めての定例会ということで、緊張感が漂う中、本日までの12日間にわたりご審議をいただきました。

提案いたしました人事案件、条例の一部改正、一般会計補正予算、介護保険特別会計補正予算、全ての議案に対して原案どおりご決定を賜り、ありがとうございました。

 

さて、本年度は、平成23年度から10ヵ年にわたる町の基本構想を定めた、第5次長期総合計画の折り返しの年度であり、平成28年度からの後期5ヵ年計画を策定する年度であります。

一般質問におきましても、複数の議員さんからご質問をいただきましたが、現在「まち、ひと、しごと創生に係る総合戦略」の策定も急ピッチで進めており、町の今後の方針を定める重要な年度となります。

町の現状を分析し、町の特性や課題を把握する中で、将来を見据え、これからの5年で取り組む施策をまとめてまいります。

町の独自性を生かしながら、「まちづくりの指針」を、そして、「地域経済のさらなる発展」に結び付けられよう計画の策定を行ってまいります。

 

「さかき千曲川バラ公園」では、4月、5月の高温の影響で開花が早く、祭り開始前から観光バスが入るなど、賑わっておりました。

このような中、満開のバラに囲まれて迎えた「第10回バラ祭り」は、初日から臨時駐車場を使うなど、大勢のお客様にお越しいただき、6月14日に無事終了いたしました。

今年は、マスコミ各社への取材依頼を強化した結果、テレビ、ラジオなどの放送回数も増え、期間中は、「土、日」を中心に駐車場が満車となり、昨年から設置している臨時駐車場を5日間使用したり、平日も近隣の福祉施設からお越しいただき、身障者用駐車場が連日満杯になるなど、多くのお客様で賑わいました。

昨年度末に整備した通路につきましては、車いすでも通行しやすく好評をいただきましたし、白いベンチを置いて新設しました撮影スポットでは、バラとアルプスを背景に写真を撮る若い方も大勢いらっしゃいました。

また、バスにつきましも昨年の38台から65台に増え、北陸や関東など、県外から多くの皆様にお越しいただいております。

期間中の来園者数は、前年度を大幅に上回る約42000人となり、過去最高だった24年度に並びました。

「ばら祭り」終了後も観光バスが毎日入っている状況で、引き続き、大勢の皆様にご来園をいただいており、祭り前後を含めますと5万人に近い皆様においでいただいたものと考えられます。

また、「バラ祭り」期間中「鉄の展示館」の入館者数は、前年に比べ254名増え、その内4分の1の方が「バラ祭り」で配布した割引券をお持ちいただきました。

地場産直売所「あいさい」への来場者も143名増えており、「湯さん館」へ「バラ祭り」の割引券を持って来館した方は、564名となり、「バラ祭り」の盛り上がりが町内の商業、観光の振興にも繋がっていると考えられます。

「バラ祭り」の成功にご尽力いただいた「薔薇人の会」をはじめ、出店者の皆さん、交通指導員さんなど実行委員の皆様には、重ねて感謝申し上げます。

 

町内企業の受注機会、販路開拓の支援事業として、町内の商工4団体等で組織する坂城町出品者協会が主体となり、6月24日(水)から26日(金)まで、東京ビックサイトで行われる「第19回 機械要素技術展」に出展いたします。

この展示会は、日本最大級の機械要素、加工技術を集めた展示会で、国内外の約2,200社が出展し、約82,000人の来場が見込まれております。

今回、坂城町からは、新規出展1社を含む8社が出展いたします。

この展示会を契機として、町内企業の専門技術力をPRするとともに、新規取引先や受注が獲得できることを期待いたします。

 

6月27日(土)、文化センターにおいて「さかきふれあい大学教養講座」を開催いたします。

 今回は、元NHKアナウンサーで、現在作家として活躍され、日本ペンクラブ副会長もお努めになっている、下重暁子さんをお迎えし、「くちずさみたくなる名詩」と題した講演会を開催いたします。

 当日は、下重さんの著書「くちずさみたくなる名詩」の中から、ピアノ伴奏に合わせ朗読していただくとともに、老後や家族などについて講演をしていただきます。

 

また、同日の午前中から、地域交流や日頃の文化活動等の発表を行う「隣保館交流フェスティバル」を開催いたします。

第1部につきましては、隣保館で作品展示とグループ発表を行い、第2部の「ふれあいコンサート」については、多くの皆さんに鑑賞いただけるよう、中心市街地コミュニティセンターで開催いたします。

 出演は、ハープ奏者の徳永泰子さん、フルートの池田美紀さんとチェロの山岸宜公さんの3人のアンサンブルで、「さかきふれあい大学教養講座」及び「ふれあいコンサート」ともに入場は無料ですので、大勢の町民の皆さんのご参加をいただきたいと思います。

 

6月28日(日)、町ポンプ操法大会が開催されます。地域を守る消防団員が有事の際の機敏な対応や消防技術の向上を目指し、日頃の訓練の成果を発表いたします。多くの町民の皆さんの応援をお願いいたします。

 なお、この大会の優勝分団とラッパ分団は、7月12日(日)に千曲市大西緑地公園で開催される、埴科ポンプ操法大会及びラッパ吹奏大会に出場いたします。

 

7月1日(水)から5日(日)、午前9時から午後5時まで、坂城町文化センターにおいて、「坂城町プレミアム付商品券」の販売をいたします。1万円で1万2千円分の商品券を購入できる、2割のプレミアムが付いた一般向け7,650セットと、子育て世帯向けには、5千円で7千円の商品券を購入できる、4割のプレミアムがついた2,600セットを販売いたします。

プレミアムを含めますと、総額1億1千万円分の商品券が直接町内の消費喚起に繋がります。また、これにとどまらない地域経済への波及効果も大いに期待するものであります。大勢の町民の皆さんに活用していただきたいと思います。

 

坂城の夏を彩る町民まつり「第38回さかきどんどん」が、8月1日(土)開催されます。来週22日(月)の実行委員会で内容が決定いたしますが、今年もメインステージでは、各種団体の発表を行うとともに、小さなお子さんが楽しめる様々なイベントを計画しております。

夜の部の踊り流しの参加も含め、大勢の町民の皆さんのご参加をお願いいたします。

 

 さて、私の今後4年間の町政運営の考え方、方向性につきましては、所信表明や一般質問の答弁でお示しができたかと思います。

 今後、私が2期目の公約として掲げた「輝く 元気な まちづくり」の実現に向け、「活力あふれた元気な町」「人の輝く町」「笑顔の町」「誇れる町」の4つの柱を町政運営の基軸とし、新たな決意と情熱をもって「チャレンジ」してまいりますので、議員各位におかれましても、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

これから暑さが増してまいります。議員各位におかれましても、健康に留意され、ご活躍されますことを祈念申し上げ、閉会のあいさつとさせていただきます。

・・・・・・・・・・

坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=40222

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません