16/08/25 05:21

「玄古たばこ」調査

 「玄古たばこ」につきましては今までも何回か、ブログで取り上げました。

 昨日(8月24日)、日本たばこ、JTクリエイティブサービスで、たばこ史の研究をされておられる、山本拓哉さんが坂城町役場へ来られました。

             

右から二人目が山本拓哉さん

           

 目的は、坂城町町横尾にある玄古たばこに関する石碑の調査と、戸倉の「萱」に保管されている140年前の玄古たばこの葉の調査です。

 かつて、江戸期を通して、坂城町でも盛んに作られていた「玄古たばこ」は、江戸の初期に武蔵国児玉郡今井町(現埼玉県本庄市)の出身の往海玄古和尚が、諸国を遍歴した後に埴科郡に到来し、南条に庵をくみ薩摩から持ち寄った煙草の種を移植したことにより始まったといわれています。

                        

(玄古たばこについて、私の以前のブログをご覧ください。)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34523
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34549
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34553

             

往海玄古の石碑を見る山本さん

往海玄古の墓を調査する山本さん

往海玄古の墓の右におられるのは町横尾区長の小林善道さん、玄古の墓の屋根は小林さんが作られたものです。

戸倉の「萱」に保管されている、140年前の玄古葉。今でもたばこの香りを残していました。

              

 今回の調査で明らかになったのは、町横尾に残されている、往海玄古に関する石碑は江戸時代のもので、たばこに関する碑としては日本最古のものであろうということです。

 玄古たばこの地元の町横尾の皆さんが大切に保存されてこられた歴史的遺産です。これからも大切に保存していきたいと思います。

 また、今回の山本さんの調査結果は、JTの機関紙「たばこ史研究」に掲載される予定です。

                  

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=43522

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません