20/10/25 11:11

さかきふれあい大学講演会〜山と私たちの生活〜

  昨日(10月24日)、坂城町文化センターで、午前中の名誉町民称号授与式、功労者表彰式などに続き、「さかきふれあい大学講演会 〜山と私たちの生活〜」が開催されました。

 来週、開催される、第27回全国山城サミット 上田・坂城大会にもちなんでの講演会です。

 第27回全国山城サミットについては以下のサイトをご覧ください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1477466546041/index.html

 

 講演会は、元長野県警察山岳遭難救助隊を務められ、2013年に「山岳遭難防止アドバイザー」に任命、また、2014年に信州「山の達人」にも選定された中嶋 豊氏と、鳥類生態学の権威で、国特別天然記念物ニホンライチョウ研究の第一人者であり、坂城町特命大使にも任命されている中村浩志氏(坂城町出身)を講師にお迎えし、中嶋さんには「山城を歩く」、中村さんには「顕在化する温暖化の影響−ライチョウをいかに守るか−」を演題にお話しいただきました。

  

 中嶋先生からは、山城に関する基本的な知識や語句の説明、坂城町近隣の主な山城について、ご自身が撮影された写真等を見ながらお話しいただきました。

 今までに登った山の様子をイラストマップにするなど、初心者でも山に親しめるように様々な活動を通して山の魅力を発信されています。

 

 中村先生には、自身が研究するライチョウについて、温暖化の影響等で生息数が減り、このままでは将来的に絶滅の可能性があることや、悪天候や敵からライチョウを守るためにケージ入れて保護したり敵を捕獲したりするなど、長年にわたるライチョウの研究成果や保護活動の内容をお話しいただきました。

 特に中央アルプスでのライチョウ復活プロジェクト(5年後にはライチョウ100羽を生息させる。)には大変感動しました。

 

 これからのお二人のご活躍に心より声援を送ります。

 

▼講演後、左から:塚田公民館長、山村、中村先生、中嶋先生、清水教育長

 

 

坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=50986

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません