22/01/09 09:02

坂城町 ライフ・ステージ・エコー新春演奏会

  昨日(1月8日)、坂城町テクノセンターで、ライフ・ステージエコー2022コンサートが開催されました。(代表:児玉正信さん)

 昨年は新型コロナウィルスの関係で中止となりましたので、2年ぶりの開催です。

 今回、新型コロナに配慮して約100人の人数限定での開催となりました。

 

 本日の演奏は、久しぶりのフルバンドジャズ、大都(タイト)ジャズオーケストラ(リーダー:小倉大都さん)の演奏です。 

 

 大都ジャズオーケストラは、小倉大都氏が自身の出身校である昭和音楽大学のOBを中心に結成し、王道のスウィングジャズから、コンテンポラリー・ジャズ、オリジナル曲まで幅広いレパートリーを持つオーケストラです。 

 現在は、当初のメンバーに加え、首都圏を中心に活躍する若手俊英ミュージシャンを起用し、都内を拠点としてライブ活動を積極的に行っています。

 

 本日の演奏曲目は:

 第1部:聖者の行進、In the MoodMoonlight SerenadeCuteCorner Pocket、Caravan

 

 第2部:It Dont Mean a ThingSo What を題材としたアドリブの共演、信濃の国のJAZZ版、ラスソディー・イン・ブルー(復刻版 ガーシュウィン初演時の楽譜で。長野県では初演奏)

 また、アンコールには、Sing Sing Sing という豊富なプログラムでした。 ありがとうございました。

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=52784

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません