21/01/08 21:00

新型コロナウィルス対策について 坂城町民の皆様へ

 政府は新型コロナウィルス感染に対し、昨日(1月7日)、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県を対象区域として、「緊急事態宣言」を発令しました。

 これを受けまして、本日(1月8日)、坂城町民の皆様へ以下のお願いをいたしました。

 宜しくご理解とご協力をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・ 

 

町民の皆様へ

 

首都圏を中心に感染の拡大が続く新型コロナウィルスについて、政府対策本部は1月7日、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県を対象区域として「緊急事態宣言」を発令しました。

 

町内においては、町民の皆様の適切な行動により年末年始の感染確認はありませんでしたが、長野県下では新規感染者が急速に増加し、小諸市、松本市では県が独自に定める6段階の感染警戒レベルが5になっています。また、入院される方も増加し、県では新たに医療警報を発令するなど、厳重な警戒が必要な状況です。

 

町民の皆様には、感染拡大を防止し、ご自身や大切な方の命を守るため、改めて人との距離の確保や人混みでのマスクの着用、手洗い、3密の回避など基本的な感染防止対策と「新しい生活様式」に沿った行動を徹底していただくようお願いいたします。

 

また、「緊急事態宣言」対象地域への往来は基本的に控え、外出時には感染動向に十分注意するとともに、外出先でも感染防止対策を徹底し、発熱等の症状がある方は外出を控えて速やかにかかりつけ医等に必ず電話で相談してください。

 

事業者の皆様には、職場内の感染防止策の徹底とともに、感染が拡大している地域への出張を極力控えるなど、適切な対策を講じていただきますようお願いいたします。

 

一人ひとりが「うつらない」「うつさない」「ひろげない」行動の徹底と、併せて、感染された方やそのご家族、医療従事者等への不当な差別や偏見が生じないようご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和3年1月8日

坂城町新型コロナウィルス感染症対策本部

 

本部長(坂城町長) 山村 弘

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

21/01/04 14:22

令和3年 仕事始めと 「だるま」 の開眼式

 

 本日(1月4日)、坂城町役場の仕事始めを行い、私の新年の挨拶の後、「だるま」に目を入れる「開眼式」を行いました。

 

 今年は、昨年の新型コロナ禍の後、復興の年、「捲土重来」の年であります。 

 また、今年、坂城町では、10ヵ年の坂城町総合計画をはじめとした新たな諸計画(16本の計画)スタートの重要な年となります。

 

 何よりも大切なのは役場職員が一丸となって町民の皆様により良いサービスができるかを工夫し、お互い協力して知恵を絞ることです。

 

 その第一歩として、「だるま」の左目に願いを込めて大きな目を書き入れます。 

 例年ですと、職員全員で目玉を書き込むのですが、今年は私と副町長、教育長の3名で書き上げました。 

 

 このダルマは坂城町商工会青年部の皆さんからいただいたものです

 

 表は、右に「産業振興」左に「地域発展」とありますが、後ろのメッセージには、新型コロナ禍を受け、「疫病退散」に続いて、「三密の回避」、「手洗い マスクの着用」、「身体的距離の確保」と続きます。

 

 

 「だるま」さんにこのようなメッセージを書き込むのは初めてではないでしょうか。 「だるま」さんもビックリしているかもしれません。

 

 

 今年が一刻も早く平穏な年に戻るよう祈念します。

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

21/01/01 00:00

令和3年 年頭のごあいさつ

 

 戸倉の鍋太金物店さんご提供の「金運の丑」

 

 年頭のごあいさつ 坂城町長 山村弘

 「辛丑」 

 明けましておめでとうございます。

 皆様におかれましては、健やかに新年を迎えらましたこととお慶び申し上げます。

 今年の干支は、辛丑かのとうし・しんちゅうです。「辛」 は、つらさや厳しさ、また、枯れた草木が新しくなろうとすることを意味し、「丑」 は、始めるや掴む、また、種子から新しい芽が出ようとする状態を表していることから、多くの困難を乗り越えることでより大きな希望が芽生える年、いわば「捲土重来けんどちょうら」 の年であります。 

 昨年来、感染が拡大している新型コロナウイルスにつきましては、感染防止の徹底や3密の回避など、町民の皆様の適切な行動に対し、改めて感謝を申し上げます。

 町といたしましても、感染拡大の防止に加えて、町民の皆様の暮らしや生活を守るため、経営安定特別資金の創設や子育て世帯への給付支援、学校休業中のオンライン授業の実施など、町独自の経済対策や子育て世代、子どもたちへの支援に取り組んだところです。 

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の収束には長期にわたる対応が考えられるため、町民の皆さまには、引き続きのご協力をお願いするとともに、今後も、国や県と連携して、新型コロナに影響を受けた町民の皆様の暮らしや地域経済に対し、きめ細やかな支援に取り組んでまいります。

さて、昨年長期に渡った安倍政権から、新たに菅政権が誕生しました。現下の新型コロナ危機を克服し、雇用と暮らしを守るとともに、誰もが安心できる社会保障制度の構築や少子化への対応、地方創生、防災減災の推進に引き続き期待したいと考えております。

一方、世界に目を向けますと、次期アメリカ大統領に民主党バイデン氏の就任が濃厚となり、トランプ政権下での「米国第一主義」から「国際協重視」への転換が予想されており、また、コロナウィルス感染の世界的な拡大による、ユーロ圏をはじめとした経済活動の不確実性の影響によって、国際情勢の先行きは不透明感を増している状況にあります。

このような中、町では、人口減少・少子高齢化、社会保障費の増大、社会インフラの老朽化、情報化社会の進行など、町を取り巻く時代の潮流を踏まえ、今後10か年の町政運営の基本となり、まちづくり全般の最上位計画となる 「第6次長期総合計画」 をはじめ、「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」 や 「公共施設個別施設計画」 など各種計画の策定を行っております。いずれの計画も町民の皆様からのアンケート結果やご意見を計画に反映し、各団体の代表者による審議会委員の皆様や長野大学の先生方とともに、誰もが住みよく暮らしやすいまちづくりに向けた計画策定を進めてまいります。

今後の主な施策といたしましては、道18号バイパス、坂城インター線延伸整備を見据えた道路・交通網整備や新たな工業団地の造成・による工業分野の更なる強化を進てまいります。 

また、保健・福祉・子育てサービスの充実とともに、出産から子育てまでにわたる切れ目ない支援、GIGAスクール構想の実現によるICT教育の充実など、子育て世代、未来を担う子供たちへの様々な支援に取り組んでまいります。

このほかにも、自然災害などに備え、町全体の省エネルギーの推進や情報通信技術を活用した防災・減災体制を確立することにより、自然と調和した災害に強い安心安全なまちづくりなどにも取り組んでいきたいと考えております。 

また、これらの施策を含め、人口減少対策や地域経済の活性化に向けて、幅広い分野でデジタル技術を活用したスマートな賢い) まちづくりと、 SDGs 持続可能な開発目標)  の達成を意識する中で、将来に渡って持続可能な誰一人取り残さない社会の実現を目指し、各種施策に取り組んでまいります。

今般のコロナ禍における、新しい生活様式の推進をはじめ様々な分野でのチャレンジを通じて、皆様とともに、明るく元気な坂城町を創るべく努力してまいります。

町民の皆様におかれましても、健康には十分留意いただき、本年が良き年となりますようお祈りし、新年のごあいさつとさせていただきます。

....................

坂城町長 山村ひろし 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/12/30 19:41

坂城町 今年の3ニュース(信濃毎日新聞による)

  本日(12月30日)、恒例の信濃毎日新聞による各自治体の3大ニュースが発表になりました。

 各々の自治体とすると、どんな3大ニュースになるのか気になるところですが、坂城町 今年の3大ニュースは以下の内容でした。

 

坂城町 令和2年3大ニュース

(1)県内初の犯罪被害者等支援条例を制定

(2)デイリーフーズの盡澤正さんが名誉町民に

(3)さかきモノづくり展がオンラインで開催

 

 新型コロナの中大変な一年でしたが、皆さまの素晴らしいご尽力でいろいろな新たな取組みをしていただきました。

 

(1)犯罪被害者等支援条例は、今年5月の悲惨な事件を受け急遽制定した条例ですか、長野県全県での条例制定を進めていただきたいと思っています。

(2)名誉町民になられた盡澤正さんには今後ともますますのご活躍をお祈りいたします。

(3)オンラインモノづくり展は、テクノセンター依田理事長始め関係スタッフの素晴らしいアイデアとチャレンジで実現しました。あらためて感謝と喝采を送ります。

 

 来年はもっと素晴らしいニュースが取り上げられるよう祈念いたします。

 

 坂城町長 山村ひろし 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/12/28 17:15

令和2年 坂城町役場 仕事納め

  本日(12月28日)、坂城町役場で恒例の年末仕事納めを行いました。

 最近では、仕事納めの式を行わない自治体も増えてきましたが、職員数約140名の坂城町では、業務上、差し障りのない範囲で、職員が集合し、今年一年間の業務を思い起こし皆で体験した事項を共通で認識することは大変重要だと思っています。

 ただし、今年は、参加人数を少なくするため、管理職の皆さんのみにお集まりいただきました。

 

 今年は、昨年の東日本台風の復興から始まりました。

 職員一丸となって一刻も早い復興を目指し、ほとんどの事業が年度内に終了いたしました。 職員の皆さんに感謝です。

 ところが、春先からの新型コロナウィルスの蔓延には予想もつかぬ対応の連続でした。

 しかし、その中でも、ご苦労された町民の皆さん、企業等への支援策の対応や、休業となってしまった学校でのイーラーニングの取組など新たなチャレンジにもしっかりと取り組んでいただきました。これも素晴らしいことでした。

 

 来年は、「辛丑」(かのとうし しんちゅう)です。

 この年は、「多少の傷もリスクも覚悟しながら、しっかりと新たなチャレンジを行う年」です。 来年はいわば《捲土重来》の年にしなくてはなりません。 

 

 坂城町役場では、これもクラッシックなことと言われますが、全員で思い出を込めてダルマの目入れを行います。 一人一人が思いを込めて目を完成することも大切なことと思っています。

 今年は全員での目入れは取りやめ、私、副町長、教育長の3人で行いました。 

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]