11/06/06 12:22

第6回 坂城 ばら祭り の様子

6月4日(土)から「さかき千曲川バラ公園」 で第6回ばら祭りが開催されています。

初日の開会式では絶好の好天(良すぎるほど)に恵まれ、国土交通省千曲川河川事務所(柴澤所長代理殿)、国土交通省関東整備局長野国道事務所(其田所長殿)、千曲河川事務所戸倉出張所(森所長殿)、信州大学教育学部中村教授、坂城町議会宮島議長など大勢のご来賓、お客様にお出でいただき盛大に開会式が催されました。(実行委員会池田委員長、三井副実行委員長)

開会式では、坂城小学校5年生による和太鼓の演奏、また、式典終了後にはフォークダンス同好会の皆さんによるパフォーマンスもあり大いに盛り上がりました。

期間中は、2502000株の咲き誇るばらを楽しんでいただけるだけでなく、ばらの苗木や町特産品の販売、ばら挿し木講習会や育て方相談なども行われます。ばらの彩りと、一帯をつつむ甘美な香りを楽しみに、ぜひご来園ください。

あわせて、西念寺さんでは、4日、5日の両日、ミニばら、レカンフラワーの講習会なども行われ、こちらも多くの方にお出でいただき大成功だったとのことです。

今年のばら祭りでは、現在のところ、4日、5日で約4100人の方にお出でいただいております。昨年のスタート時の2日間2500名に比べても大幅な増加となっておます。この調子で、もっともっと大勢の方にご来場いただければと思っております。ご関係の方々に是非とも声をおかけいただきお誘いください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/sightseeing/W004H0000005.html

坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/06/06 12:15

陸前高田市 佐々木瑠璃さん

「致知 出版社」の小笠原さんから、先日、救援チームを派遣した、陸前高田市の高校生 佐々木瑠璃さんのご紹介がありました。以下、朝日新聞の記事とあわせてご覧ください。

坂城町長 山村ひろし


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山村 弘 様
朝日新聞5月15日の朝刊で紹介された陸前高田市の佐々木瑠璃さん。
瓦礫の前で亡き母に届けと震災から1か月過ぎた4月11日に自宅跡に立ち泣きながらトランペットを吹いたZARDの「負けないで」。
その写真を見た、石巻市出身の東京フィルハーモニー交響楽団の
トランペット奏者:安藤友樹さんは「写真から悲しい音色が聞こえるようだった。
何かのきっかけにしてほしくてと、被災地支援のチャリティーコンサート
「故郷」に佐々木さんを招いた。
最初は戸惑った瑠璃さんも「津波の怖さ、被災者の悲しみが一人でも
多くの方に伝わるのなら」「亡くなった幼なじみがいる。
両親を失い、転校した友人がいる。 それに比べれば、私なんて……。
この体験を語り継ぐ責任があるような気がするんです。
参加を決めたコンサートもお母さんたちが用意してくれた舞台なのかも」 と。
母、宜子さん(43)と祖母、隆子さん(75)、叔母、いとこを亡くした。
祖父、廣道さん(76)は行方不明。
東京で開催されたコンサートでは、4月11日に自宅跡で演奏した曲と
同じZARDの「負けないで」を、ウィンドオーケストラをバックに演奏。
アンコールの「ふるさと」の歌は客席の合唱で幕を閉じた・・・
いま、この「ふるさと」の歌にどれ程多くの人が慰められ心が

癒されているか・・・
そう思うと込みあげてくるものがあり、胸がいっぱいになります。
偶然にも「致知」7月号の116頁に、「ふるさと」の歌詞とルーツが
紹介されていて深い感動と新たな気付きがありました。
24節季の写真と併せ、ご覧いただければと・・・
http://chichi.happy.nu/24/summer03/


致知出版社 小笠原節子


(5月15日朝日新聞から)

http://video.asahi.com/viewvideo.jspx?Movie=48464141/48464141peevee391097.flv



カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]