12/07/31 11:59

「災害時の応急措置に関する協定」 調印式

 本日(7月31日)、坂城町建設業災害防止協会(会長:竹内敏正さん)と坂城町で「災害時の応急措置に関する協定」を締結しました。

                                  

                       

災害協定01

▲写真左から、?高峰建設 高橋要社長、?竹内組 竹内敏正社長、山村、?関口建設 関口守社長

                             

 昨年の大震災から1年4ヶ月経過しました。

 坂城町ではここ数年大きな災害に見舞われておりませんが、いつ何時、震災や集中豪雨が襲ってくるかもわかりません。

 そこで、坂城町建設業災害防止協会からのご提案もあり、「災害時の応急措置に関する協定」を締結させていただきました。

 この協定により、風水害・地震等による道水路、河川等に被害が発生又は発生する恐れがある場合、路上障害物の除去等の対応がスムースに行えるようになりました。

 今まで、災害時に個々の業者さんにお願いしていたものが、坂城町建設業災害防止協会に参加された18社の皆さんが一丸となって対応していただけることになりました。

 本協定により、ますます坂城町の「安心・安全」にご貢献していただけるものと考えます。

 ありがとうございました。

                                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/31 02:12

坂城町教育交流団(上海) 4日目

 坂城町教育交流団(上海)もいよいよ最終日となりました。

 本日(7月31日)、深夜、予定より30分遅れ、12時過ぎの役場前到着となりました。 (上信越自動車道下り線で交通事故があり高速が一部交通止めとなったため)

                          

30日(月)午前中、最後の交流会の司会をする上海実験小学校の子どもたち

                    

1人ずつ今回の交流で勉強したことを話す実験小学校の子どもたち                              

 日本の子どもたちの活発なこと、躾の良いこと、夜も勉強の整理をしていたことなど大変刺激になったことを話していました。

                       

  坂城の子どもたちも、会話がなかなかできなかったけれども、ホームステイの家族の皆さんの素晴らしいサポートで多くの事を学ぶことができたことなど、しっかりと報告をしていました。

                        

 これですべてのプログラムが終わり、飛行場へ向かいました。

                          

上海飛行場へ向かう途中、有名な小龍包料理を堪能する子どもたち

                            

 

 教育交流団の解団式を行い、これで4日間にわたるすべての坂城町教育交流団の上海研修旅行が終わりました。 (私もほっといたしました。)

                              

 ちょっとホームシックになった子や、少しお腹の具合が悪くなった子もありましたが、全員、元気に初めての海外旅行、上海旅行をホームステイという経験を通して大変大きなものを体得しました。

                        

 保護者の方々には何かとご心配をおかけしましたが全員、元気いっぱい無事に帰国することができました。

 団長を務めていただいた南条小学校の児玉校長さんはじめ引率をしていただいた、中村先生(坂城小)、小玉先生(南条小)、宮崎先生(村上小)に心より御礼申し上げます。

                             

 また、実験小学校の先生方、子供皆さん全員に大変お世話になりました。

 9月30日には実験小学校の子どもたちが坂城を訪問します。

 大歓迎をしたいと思っております。

                          

 最後になりましたが、この交流プログラムを通して、宮後工業さんの現地スタッフの皆さんには通訳をしていただくなど大変お世話になりました。 御礼申し上げます。

 

                  

                                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/29 22:59

坂城町教育交流団(上海) 3日目

 坂城町の子供たちの交流プログラムは3日目となり、今日(29日)は実験小学校で歓迎式典が行われました。

 実験小学校は学童数、1500名を抱える上海、嘉定区有数の名門校です。

 

実験小学校の生徒による歓迎のスピーチと演奏

                

             

坂城の子供たちによる坂城町の紹介、このあと、「坂城どんどん」も披露

          

実験小学校の子供たちによる歓迎のダンス

                

 上海は日中36度もあり、大変蒸し暑く、坂城の気候が懐かしく感じられますが、坂城の子供たちは誠に元気強く上海の子供たちとの交流を進めています。

 今日は日曜日ですが、実験小学校の子供たちは夏休みの中の全員登校日にあたり、多くの保護者の方々も来られていました。

 子供たちは校庭での歓迎式典の後、別の部屋で、粘土造りなどを行ったあと各ホームステイ先に戻りました。

 明日は、最終日、午前中、実験小学校でお別れ式が行われ、坂城には夜の11時半ころ到着の予定です。

               

 坂城町長 山村ひろし               

 

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/29 07:56

老子の続き(第59章)

 この章も老子の治世観、人生観を述べています。

 「長生久視(ちょうせいきゅうし)の道」 という言葉も大切なメッセージですね。

                      

 治人事天莫若嗇。夫唯嗇、是以早復。早復、謂之重積徳。重積徳則無不。無不則莫知其極。莫知其極、可以有國。有國之母、可以長久。是謂深根固柢。長生久視之道。

 

 人を治め天に事(つか)ふるは、嗇(しょく)に若(し)くは莫(な)し。 それ唯(た)だ嗇なる、是(ここ)を以(も)って早く復(ふく)す。 早く復す、之れを徳を重ね積むと謂(い)ふ。 徳を重ね積めば、則ち克(か)たざる無し。 克たざること無ければ、則ちその極(きょく)を知ること莫し。 其の極を知ること莫ければ、以って國を有(たも)つ可(べ)し。 國を有つの母、以って長久なる可し。 これを根を深くし柢(てい)を固くすと謂ふ。 長生久視(ちょうせいきゅうし)の道なり。

                

人を治めて天に仕えるには、嗇(ものおしみ)をして無駄遣いをしないことが大切です。 ひたすら嗇であるからこそ本来の道のありかたに早く従うことができるのです。 早く道に従うことが徳を積むことになるのです。 徳を積めばすべてのことに打ち勝つことが出来るのです。 すべてのことに打ち勝つことが出来ればとどまることなくいつまでも続けることが出来るのです。  その状態になれば国を治め保つことができます。  国を保つことのもとである「ものおしみ」は国を長く保つことの元となるのです。 これが根を深くしっかり張った、いつまでも続く「道」のことなのです。
                        
               
「ものおしみ」 と 「徳」 と 「治世」 と 「長生久視」 なかなか興味ある組み合わせですね。
                                   
                           
坂城町長 山村ひろし                

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/28 17:47

坂城町教育交流団(上海) 2日目

 昨日(27日)、出発した坂城町教育交流団は無事、上海に到着し、2日目を迎えました。

              

昨日(27日)、出発式で挨拶する山村

             

 昨日は、歓迎夕食会で、嘉定区の教育長はじめ実験小学校の先生方、復旦大学の沈先生、ホームステイ先の保護者の方々、本、交流プログラムで当初からお世話になっている、宮後工業の宮後社長、副社長以下スタッフの方々から歓迎を受けました。

            

中国語で自己紹介する坂城の子供たち

                    

 本日(28日)は、近くのキャンプ場で実験小学校の友達とワンタンを作ったり、飛行機の模型を作ったり楽しい一日を過ごしました。

          

キャンプの前に実験小学校前に集合

ロープを使って川越え(失敗!)

坂城の子供たちは全員川越えに成功!

            

ネット渡り

                       

全員でワンタンを作成    

       

全員が飛行機作成に成功

                  

 明日は、実験小学校で歓迎式典と交流会が開催されます。

               

 坂城町長 山村ひろし

              

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/26 12:52

中国上海市教育交流団結団式

 昨日(7月25日)、「中国上海市教育交流団」の結団式が行われました。

                                

結団式で挨拶する山村

                 

 明日(27日)、坂城の子供たちが、上海市の嘉定区実験小学校の子供たちと交流を行うため上海へ出発します。 (7月30日までの3泊4日間)

 また、子供たちはこの間、上海市の各ご家庭でホームステイをする予定です。

 上海市嘉定区、実験小学校との交流プログラムは平成20年から実施されtれおりますが、昨年は、日本の震災のため中断しておりました。

 本年は、坂城の子供たちが7月に上海を訪問し、上海の子供たちが9月末に坂城を訪れる予定になっております。

自己紹介と勉強するテーマを発表する子供たち

               

 急速に発展する中国の中でも、特別に近代化、経済化の進んでいる上海で子供たちは多くのものを得ることと思います。

 今回、このプログラムに参加するのは坂城、南条、村上の3小学校から13名 (5〜6年生)、それに引率の先生方4名 (団長は南条小学校の児玉孝義校長)

 私も参加し、同小学校の他、復旦大学や現地へ進出している企業なども訪問させていただく予定です。

                             

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/25 00:02

セミナー in 坂城 (川村真二先生、野中郁次郎先生)

 坂城町が主催、共催、後援などの形で種々のセミナーを開催していますが、夏から秋に向けて予定している大きなセミナーを二つご紹介します。

 いずれも無料ですが、公益社団法人さかきテクノセンターへ申し込みが必要となります。

 まず、8月30日(木)午後3時から「戦国武将にみるリーダーの条件」というテーマで、リーダー・ビジネス研究所代表の川村真二先生にご講演をお願いします。

                         

 次に、11月15日(木)午後2時から「モノづくりからコトづくりへ」というテーマで一橋大学名誉教授の野中郁次郎先生にご講演をお願いいたします。 (申し込み受付は9月3日より)

                               

 お二人とも私とは長い長いお付き合いをいただいておりますが、坂城でご講演をいただくことになり大変感謝しております。

 是非、多くの方にご来場をお願いしたいと思っております。 

                                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/24 08:16

坂城の中高生が人名救助

 坂城の中高生4人が誤って田んぼに転落した男性(91才)を救助したとして、昨日(7月23日)、千曲警察署から感謝状が贈られました。

 勇気ある行動に敬意を表します。

                                                       

 感謝状を贈呈されたのは、田村有利奈さん(坂城中学校2年生)、谷井北斗さん(上田千曲高校1年生)、水出理樹さん(屋代南高校1年生)、石倉光次郎さん(長野工業高校1年生)、の4人。

 詳細につきましては、坂城町ホームページをご覧ください。

                     

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1001000000181/index.html

 

                           

 坂城町長 山村ひろし

                                  

 

 勇気ある行動に拍手を送りたい。

                     

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/22 09:47

第15回リトルリーグ東北信マイナー夏季大会

 本日(7月22日)、坂城町運動公園で、第15回リトルリーグ東北信マイナー夏季大会 兼 信越マイナー大会東北信ブロック予選が始まりました。(大会長:青木精治氏)

 本大会は来週、28日にかけてトーナメント戦が行われ、上位5チームが信越マイナー大会に出場します。(9月2日)

 本大会の出場チームは、「望月リーグ」、「上田南リーグ」、「上田リーグ」、「長野東リーグ」、「長野南リーグ」、「小布施リーグ」、「坂城千曲リーグ」、「須坂リーグ」の8チームです。

                      

選手宣誓をする、「坂城千曲リーグ」の増村和也君

                     

 前年、本大会では、「上田リーグ」が優勝しました。

 本日、ホスト役来賓としてご挨拶させていただきましたが、「坂城千曲リーグ」の活躍を心よりお祈りします。

                                

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/22 03:51

老子の続き(第58章)

 この章も、老子の考え方がよく表れているところですね。

 一方的な考えを押し付けない。 本質的なものの考え方が問われています。

                         

  其政悶悶、其民醇醇。其政察察、其民缺缺。禍兮福之所倚、福兮禍之所伏。孰知其極。其無正。正復爲奇、善復爲訞。人之迷、其日固久。是以聖人、方而不割、廉而不害、直而不肆、光而不曜。

                                  

 その政(せい)悶悶(もんもん)たれば、其の民は醇醇(じゅんじゅん)たり。 その政察察(さつさつ)たれば、その民は缺缺(けつけつ)たり。 禍いは福の倚(よ)る所、福は禍いの伏(ふく)す所なり。 孰(た)れか其の極を知らんや。 其れ正無し。 正も復(ま)た奇と為(な)り、善も復た訞(えう)と為る。 人の迷へること、其の日固(まこと)に久し。 是(ここ)を以(も)って聖人は、方(ほう)して割(かつ)せず、廉(れん)して害せず、直(ちょく)にすれども肆(し)せず、光あれどもあるも而も曜(かがや)かさず。

                                 

政治が大まかであれば、その国の人民は純朴になります。 反対に政治が細かすぎると人民は段々ずるがしこくなってくるものです。 災いは幸福の近くに寄り添い、幸福は災いの中に潜んでいるものです。 だれにもそのはっきりしたことはわかりません。 世の中これが正常だと言い切れるものはないのです。 正常といわれるものもあるときには異常になり、善といわれるものもあるときには怪しげなものになってしまうことがあるのです。 人が迷い判断に苦しむことは長い歴史の中、昔からのことです。このために聖人といわれる人は、正しいことだといってもそれによって人をむりやり裁いたりはしません。 自分が廉潔だといっても無理やりひとをそれに合わさせようとして害を与えることはしません。 自分が真っすぐにやろうと思ってもそれを人に無理やり強いることはしません。 自分では素晴らしく光り輝くものを持っていてもみだりに表には出さないのです。
                            
 どっちかが正しいという、二元論的な考えの戒めです。 双方を見て正しくジャッジすること。 自分の思い込みを人に押し付けない。 気を付けないといけないですね。
                                                  
                        
坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/22 03:24

第34回納涼音楽会

 昨日(7月21日)、坂城町文化センターで第34回納涼音楽会が開催されました。

 坂城町で音楽を愛する11団体が出場し、日頃の腕前を披露しました。 

 登場した団体は、プログラム順に 「モアナハワイアンズ」、 「坂城コーラス」、 「坂城文化箏クラブ」、 「村上小学校2学年」(斉唱・合奏)、 「童謡・唱歌を歌う会」、 「アルストロメリア」(コカリナ演奏)、 「坂城小学校合唱部」、 「南条小学校金管バンド部」、 「坂城中学校合唱部」、 「坂城オカリナ教室」、 「坂城町吹奏合奏団」の皆さんです。

 子どもから大人まで幅広い年齢層、ジャンルの演奏が披露され誠に素晴らしい時間でした。

モアナハワイアンズとブルーハワイを歌う山村

坂城コーラス

坂城文化箏クラブ

村上小学校第2学年

童謡・唱歌を楽しむ会

全員合唱 「故郷(ふるさと)」

アルストロメリア (コカリナの演奏)

坂城小学校合唱部

南条小学校金管バンド部

坂城中学校合唱部

坂城オカリナ教室

坂城町吹奏楽団

                         

 午後2時半から4時半過ぎまでの熱演でした。

 

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/21 20:07

「びんぐし湯さん館」リニュアルオープン(21日)

 昨日のセレモニーに続き、本日(7月21日)「びんぐし湯さん館」はリニューアルオープンいたしました。

 

リニューアルオープンのご挨拶

オープンのテープカット

左から:宮下副町長、山村、本日一番に来られた上田市の峰村さん

湯さん館リニューアルオープン02-04

オープン直後。混雑でご迷惑をおかけしました。

オープニングの際、上平の伝統神楽もご披露いただきました。

今後とも皆さまのご愛顧をよろしくお願いいたします。

                              

 坂城町長 山村ひろし                         

                         

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/21 06:52

「びんぐし湯さん館」リニュアルオープン

 「びんぐし湯さん館」は一か月のお休みをいただき大改修工事を行ってきましたが、 昨日(7月20日)、改修工事が完成し、本日からリニュアルオープンいたします。

 従前にも増してご利用いただければ幸いです。

 以下、坂城町ホームページにも掲載させていただいておりますが、セレモニーの様子ご覧下さい。

                         

7月20日(金)びんぐし湯さん館改修工事竣工式

竣工式01

  7月20日(金)、びんぐし湯さん館において、改修工事の竣工式が行われました。

  びんぐし湯さん館は、今年の4月18日で開館10週年を迎え、これまでに280万人余のお客様にご来館をいただきました。この10周年を契機に、更なる魅力創出によりお客様に満足いただける施設となるよう5月から大規模改修工事を行い、本日の竣工式を迎えました。
  竣工式には、来賓、関係者含めて約180名の方が出席され、記念碑の除幕、テープカットの後に式典を行い、最後に施設を見学していただきました。

  新生「湯さん館」は、ユニバーサルデザインにより玄関から入館までの動線を全体的に見直し、館内もスロープや授乳室、キッズコーナーの新設など、老若男女を問わず誰もが利用しやすい施設をコンセプトに改修しました。テーブル席レストランの増設も、座り易さへの配慮と拡充された厨房施設によるメニューの充実と合わせて、多面的な利用が期待されます。そして、メインの入浴施設は、脱衣所の一新から石風呂、五右衛門風呂が設置されました。

  明日21日(土)がリニューアルオープンの初日です。開館は午前10時で、先着1,000名様に「湯さん館釣りキチ三平オリジナルタオル」のプレゼントなどの様々なイベントがありますすので、ぜひ当館へお越しください。

▼テープカットの様子

竣工

▲写真左から、町出身の画家  小松美羽さん、山村町長
小松さんは、ご自身でデザインした浴衣を着て駆けつけてくださいました!(浴衣には、小松さんの銅版画作品が描かれています)

                              

【主な改修内容】
・樽風呂を石風呂に変更
・五右衛門風呂の新設
・内風呂の天井張替
・玄関の移設
・ロータリーの設置
・フロントの移設
・売店の拡充
・脱衣所の床・天井の張替
・脱衣棚の鍵付化
・レストランの増築
・キッズコーナーの設置
・授乳室の設置
・通路の床張替
・大広間へのスロープ設置
・館内照明のLED化


 

五右衛門風呂

                         

                                     

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/18 07:55

さかき産学官連携協議会

 昨日(7月17日)、坂城テクノセンターにて 「平成24年度 さかき産学官連携協議会」(会長:依田穂積さん)が開催されました。

 本総会の前に、私と信州大学地域共同研究センター天野良彦センター長の講演がおこなわれました。

 私は、「新たなローカリズムへの期待:坂城町の産官学連携への取り組みと今後の展望」というテーマで30分ほど、「スマートタウン坂城」をベースにお話させていただきました。

                            

 天野先生には信州大学が、現在、精力的に取り組まれている「グリーンイノベーション」についてお話をいただきました。

講演される、信州大学地域共同研究センター天野良彦センター長

                 

                

 その中で特に坂城町を中心に進められる 「地域に根ざしたスマートコミュニティ実現を目的とするエネルギー網解析と改善に関する研究」 についてご説明いただきました。

 この研究を通して、具体的なスマートコミュニティのモデルを作成し、坂城町発のビジネスモデルを作り上げることが期待できます。

 坂城町としても全力を挙げて取り組んでいきたいと考えております。

                   

 講演の後、総会が開催され平成23年度の報告、平成24年度の計画が承認され、新たな役員が選出されました。(新会長:桜井雅史さん)

右から、依田穂積 前会長、 桜井雅史 新会長、 西澤孝枝 副会長

                       

 今後とも、本会が確実に成果を出されることを大いに期待します。

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/17 08:00

坂城町長杯 坂城カップ少年サッカー大会

 先日(7月14日)、?青木固研究所グランドおよび千曲市サッカー場で、坂城町長杯坂城カップ少年サッカー大会が開催されました。

坂城Bチーム(5年生)と

                    

(以下、坂城町ホームページより引用)

 この大会は昭和59年(1984年)から開催されており、今年で29回めを数えます。今大会はA、B、Cの3ブロックに分かれ、A、Bブロックは千曲市サッカー場で、Cブロックは青木固研究所グランドで行われ、県内の18チームが参加しました。坂城町からは、坂城サッカースポーツ少年団がA、Bの2チームに分かれ、AチームがAブロック、BチームがCブロックに出場しました。

坂城Aチームは小学6年生で構成されていて、Aブロックで3位という好成績を収めることができました。坂城Bチームは5年生を中心としたチームで、6年生チームを相手に1勝1敗と奮闘し、Cブロックで4位となりました。

坂城カップ01

坂城カップ02-04

 

各ブロックの優勝チーム

●Aブロック:堀金サッカースポーツ少年団

●Bブロック:昭和FC

●Cブロック:篠ノ井Jrサッカークラブ

                             

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/17 06:51

老子の続き(第57章)

 この章では、老子の 「治世感」 が述べられています。 現実の政治の世界と比較すると興味がありますね。

                   

 以正治國、以奇用兵、以無事取天下。吾何以知其然哉。以此。天下多忌諱而民彌貧。民多利器、國家滋昬。人多伎巧、奇物滋起。法物滋彰、盗賊多有。故聖人云、我無爲而民自化、我好靜而民自正、我無事而民自富、我無欲而民自朴。

                                   

 正を以(も)って國を治め、奇を以って兵を用ひ、無事を以って天下を取る。 吾れ何を以って其の然(しか)るを知るや。 此れを以ってなり。 天下に忌諱(きき)多くして、民彌々(いよいよ)貧し。 民に利器多くして、国家滋々(ますます)昬(くら)し。 人に伎巧(ぎこう)多くして、奇物滋々(ますます)起こる。 法物(はふぶつ)滋々(ますます)彰(あき)らかにして、盗賊多く有り。  故に聖人云(い)ふ、我(わ)れ無為にして民自(おのずか)ら化(くわ)し、我れ静を好みて民自ら正しく、我れ無事にして民自ら富み、我れ無欲にして民自ら朴(ぼく)なり、と。

                        

 

 正攻法で国を治め、奇策をもって兵を使うといいますが、天下をとるには無事をもって行うことが大切です。 私がなぜこのようなことが分かるかというとそれは以下のことによります。 世の中に禁令が多くなれば人々はますます貧しくなります。 様々な便利な道具があふれすぎるとますます混乱してきます。 いろいろな技術が発達するとますます怪しげなものが多くはびこってきます。 法律が精緻に細かくなればなるほど犯罪が増えてしまうものです。 そこで、道を体得した聖人は 「私が無為の状態で見守っていれば人々は自ら感化され、私が静にじっとしていれば人々は自然と正しい行動をとるようになり、私がことさらに何かを行わなくても人々は自ら豊かになり、私が無欲にしていれば人々は自ら純朴になってくるものです。」 と言われています。
                                                                              
                    
 漢文の中に出てくる 「自化自正」 「自富自朴」 が象徴しています。
 あまりルールでがんじがらめにしたり、奇策ばかり講じていると本来あるべき姿を見失ってしまいますね。
                               
                            
 坂城町長 山村ひろし
                                     

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/12 15:55

いよいよワイン事業を始めます

 坂城町ではいよいよ醸造用ぶどうによる6次産業化を目指した、ワイン事業を始めます。

 この取り組みに参加していただける熱意のある担い手(生産者)を募集しています。

 

 詳しくは、以下のサイトをご覧ください。 (募集期間は、平成24年7月12日〜平成24年8月20日までです。)

                      

(募集サイト)                http://www.town.sakaki.nagano.jp/plan/W022H0000067.html

                            

                            

 坂城町長 山村ひろし           

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/11 10:16

スーパーコンピュータ「京」講演 in 坂城中学校

 本日(7月11日)、昨日の坂城テクノセンターでの講演につづき、富士通?青木孝さんから坂城中学校生徒全員を対象とした講演会を開催していただきました。

スパコンを使った 「心臓シミュレータ」 の説明をされる青木さん

                                       

 400名以上の生徒が熱心に眼を輝かせながら話を聞いてくれました。

 また、講演終了後、青木さんを訪ねてお礼に来る生徒もいて誠に感心をいたしました。

                           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/11 07:30

スーパーコンピュータ「京(けい)」講演会

 昨日(7月10日)、坂城テクノセンターで 「スーパーコンピュータ「京」の誕生までの軌跡」 というテーマで富士通? 青木孝さんによる講演会が開催されました。

 30年前からスーパーコンピュータの開発に取り組み、「事業仕分け」の荒波にも屈せず、世界一への挑戦を成し遂げた取り組みに拍手を送りたい。

 以下、町のホームページにも掲載されていますが、講演の様子、ご覧ください。

山村の右:富士通?次世代テクニカルコンピューティング開発本部統括部長の青木孝さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下、坂城町ホームページより)                    

スパコン京01 

7月10日(火)、坂城テクノセンターで、スーパーコンピュータ「京」講演会が開かれました。

講師には、「京」の開発者である富士通?次世代テクニカルコンピューティング開発本部統括部長の青木孝さんをお迎えし、『スーパーコンピュータ「京」誕生までの軌跡〜世界一への挑戦〜』を演題にご講演をいただきました。

「京」は、世界一速い計算機と認定された(2011年11月15日時点)、理化学研究所と富士通?が共同で開発したスーパーコンピュータです。1秒間に1京回(17桁、ゼロが16個)の計算ができ、その計算能力で、環境、気象、交通、医療など様々な分野で利用され、活用事例の一部として、津波予測・生体・車の衝突・創薬などのシミュレーションを行うことができます。

青木さんには、「京」の能力や活用事例、スーパーコンピュータの開発競争の状況、また、開発プロジェクトの前に立ちはだかった「事業仕分け」などの問題を乗り越えて、システム納入・稼働を達成したプロジェクトに対する思いをお話しいただきました。会場に集った約100名の聴講者のみなさんは深く聴き入り、最後に行われた質疑応答では、活発に質問していました。

なお、青木さんには、明日、坂城中学校で、中学生にもご講演していただくことなっています。 

スパコン京03

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              

 坂城町長 山村ひろし

                              

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/08 16:45

消防団 ポンプ操法大会ならびにラッパ吹奏大会

 本日(7月8日)朝、8時から第53回埴科消防ポンプ操法大会、ならびに第7回埴科消防ラッパ吹奏大会が千曲市大西緑地公園で開催されました。

 途中まで雨の降る中、坂城町消防団は最大の努力をし頑張りました。

                

ポンプ車操法、昨年優勝し、県大会に出場した 第2分団は3位

                       

小型ポンプ操法 第10分団は健闘し 第2位に

また、指揮の竹内さんは個人表彰も受ける

                        

 昨年の大会の後、一年間準備を重ねてまいりましたが、今回は残念ながら県大会への出場は叶いませんでした。

 しかしながら、ポンプ操法、ラッパ吹奏とも立派に実力を上げ、日頃の精進の様子を垣間見ることができました。

                  

ラッパ分団も随分実力を上げましたが、あと一歩というところ

来年に備えて鍛錬を続けて欲しい。

                      

 

                    

大会終了後の訓示 右端 山村

                                    

 坂城消防団、全員頑張りました。

 来年に備えひたすら鍛錬を続けられることを期待したい。

                             

                          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/07 20:29

老子の続き(第56章)

 この章も誠に重い考え方を述べています。

 冒頭の「知者は言わず、言うものは知らず」 誠にその通りだと思います。

                                  

 知者不言、言者不知。塞其兌、閉其門、挫其鋭、解其紛、和其光、同其塵。是謂玄同。故不可得而親、亦不可得而疏。不可得而利、亦不可得而害。不可得而貴、亦不可得而賤。故爲天下貴。

                                   

 知者は言はず、言ふ者は知らず。 その兌(あな)を塞(ふさ)ぎ、その門を閉ぢ、その鋭(えい)を挫(くじ)き、其の紛(ふん)を解(と)き、その光を和(やわら)げ、その塵(ちり)に同(どう)ず。 これを玄同(げんどう)と謂(い)ふ。 故に得て親しむ可からず、亦(また)得て疏(うと)んず可からず。 得て利す可からず、亦(また)得て害す可からず。 得て貴(たっと)くす可からず、亦得て賤(いや)しくす可からず。 故に天下の貴きと爲(な)る。

                       

 ものごとの本質を知っている人はペラペラと話をしないものです。 やたら話をする人はかえって理解をしていないものなのです。 本当の知者は欲望のもととなるようなすべての感覚を閉じ、鋭さを弱め、もつれをときほどし、自ら光を和らげ、そっと静に塵のようにたたずんでいるのです。 これを玄同、奥深い同一化というのです。 したがって、このような人とはことさら親しくなることもありませんし、一方、疎んずることもできません。 又、利益を与えることもできませんし、損害を与えることもありません。 貴い位につけることも出来ませんし、卑しく扱うこともできません。 だからこそこの世の中で大切なものといえるのです。

                    

 「和光同塵」という言葉はここから出ています。

 知者は言わず。 「和光同塵」のように、じっとしているものです。

 「深く沈潜する重みの大切さ」を時には考えてみたいものです。

                    

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/07 18:31

埼玉工業大学での講義

 本日(7月7日)、埼玉工業大学(埼玉県深谷市)で情報システム学科の学生を中心として特別講義を行いました。

 埼玉工業大学は坂城町と産学官連携を結んでいる大学の一つで情報システム学科の井門(いど)先生からのご要望があり行ってまいりました。

 約60名程度の学生さんに対して、坂城町の紹介のほか、「自分を常に〈磨く〉ことの大切さ」、「技術だけでなく一般教養科目についても積極的に勉強すること」など以下のテーマでお話ししました。

                      

                                          

?情報系の学生が実社会で活躍できるために?

 

(情報系学生八策)

 

1.基礎的な技術をしっかりと身につける

2.広い視野を持ち、リベラルアーツを身につける

  (単に情報系の知識では不十分)

毎日、新聞を読む(日経新聞+地元紙

4.グローバルな視点を持つ(海外留学も目指す)

5.豊かな発想を育む「情緒力」を身につける

6.卒業後のイメージを持って勉学する

7.「情報系」がどのように社会に貢献できるか常に考える

.自らの特異性、優位性を持つ(資格取得も頑張る)

                                        

坂城の企業活動の紹介

                       

                 

 どこまでご理解いただけたかは不明ですが、久しぶりに若い学生相手に話が出来、私も大いに勉強になりました。  

                     

       

 坂城町長 山村ひろし         

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/07 18:08

千曲川改良期成同盟会の要望活動

 7月5日、6日の両日にわたり、「千曲川改良期成同盟会」(会長:鷲澤長野市長)の要望活動として、国土交通省北陸地方整備局(新潟)と民主党ならびに国土交通省への要望活動を行いました。

 千曲川河川流域の市町村長が各々改修の要望個所について個々に説明をしましたが、坂城町としては11か所の要望個所のうち特に、南条鼠宿の築堤工について重点要望個所としてお願いをいたしました。

 この箇所は、上田市から坂城町へ千曲川が流れ込む箇所で、現在はコンクリートの特殊堤防の措置しか行われておらず、いわば無堤防箇所となっており早急に築堤をしていただく必要のある箇所です。

                            

 以下のように、各々北陸地方整備局、民主党、国土交通省にお願いをいたしました。

                

北陸地方整備局(7月5日)

手前右から二人目山村、向こうの列右から3人目、前川局長

                       

民主党幹事長室への要望(7月6日)

那谷屋(なたにや)正義議員への要望活動

                  

羽田国土交通大臣への要望活動(7月6日)

                 

 このような要望活動は首長としての大切な活動ですが息の長いある意味では地道な活動の一つです。

 現在、長野県選出の国土交通大臣がおられるわけで、今後とも道路交通網も含めて精力的に活動を行っていきます。

                      

 坂城町長 山村ひろし

                          

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/04 09:59

「旅するピアノ」 が中心市街地コミュニティーセンター多目的ホールに

 先月末、中心市街地コミュニティーセンター2階 多目的ホールに米国製グランドピアノ 「KIMBALL」が設置されました。

                       

                                

 このピアノには興味ある物語があります。

                                      

 もともとこのピアノの所有者は米国フロリダ在住の大富豪 Bill Lear Jr.氏が所有していたものですが、あるピアニストの方がフロリダでコンクールに参加したことが縁となりその後のお付き合いの中で当ピアノを寄贈されました。

 そのピアニストの方はビル・リアーさんからピアノを寄贈されたときには米国インディアナ州に住んでいたことから、まずこのピアノはフロリダからインディアナに運ばれました。  その後、ニュージーランドにも居を構えたことから、このピアノもニュージーランドに運ばれました。 

 そして、今年から日本の音楽大学でも教鞭をとられることになり、日本にいる機会が多くなったことから、坂城町の中心市街地コミュニティーセンターへ提供したい旨のお申出でをいただき、このたび設置されることになったものです。

                         

ビル・リアーさん

                              

 ビル・リアーさん(1928-2009)は、リアージェットという小型のジェット機の製造開発会社の社長で音楽を愛する朗らかな人柄で、若い頃は飛行機のレースパイロットだったり、冷戦時にはソビエトに対する諜報活動なども行なったこともあるそうです。

                          

Lear Jet (リアー・ジェット機) 飛行場からそのまま家まで

                             

                             

 このピアノは約40年位前に米国で製造されたものですが、今ではこの会社が家具の専門会社となってしまったため、ピアノの製造は行なっておりません。

 日本での設置台数も極めて少なく、ホールに設置されているものは、おそらく坂城以外に無いのでないかと思われます。

                                                         

 音質はなかなか素晴らしいものです。 ある意味では貴重なピアノですので皆様で大切に使っていただければと思います。

 これで、坂城町にはテクノセンター、文化センター、中心市街地コミュニティーセンターの3箇所にグランドピアノが設置されました。

 当コミュニティーセンターのホールならびにピアノをご使用される場合にはホール隣接の鉄の展示館事務局までご連絡ください。

                        

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/03 12:03

坂城国際産業研究推進協議会平成24年度通常総会

 昨日(7月2日)、坂城国際産業研究推進協議会(会長:竹内明雄さん)の平成24年度通常総会が開催されました。

 この協議会は、「グローバル化する経済状況における企業活動のあり方を研究推進するとともに、海外企業および関係機関との提携交流を図り、技術集積及び製品付加価値をさらに高度化し、産業の国際化、地域産業経済の活性化に寄与することを目的として」平成14年に設立されたものです。 (現在27社が加盟)

 今回は総会に先立ち、日本貿易振興機構(ジェトロ)の海外調査部アジア大洋州課伊藤博敏氏の講演が行われました。

                

               

主なテーマ:

                   

?近年の事業環境の変化と海外展開の実態

?中小企業の海外進出における課題・留意点

?アジア主要国のビジネス環境比較

                 

 以上の3点について誠に詳細なデータと共に説明をいただき、大変参考になりました。

 私はこの1年海外へ出かける機会がありませんでしたが、今年は坂城町企業が多く進出している、上海、タイなど訪問したいと思っております。

                            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/01 19:53

坂城町消防ポンプ操法大会

 本日(7月1日)、坂城町四ツ屋消防ポンプ操法訓練場で、消防団ポンプ操法大会が開催されました。

                              

挨拶する山村

                                                 

 昨年の大震災を契機に今まで以上に地元の消防団、婦人消防隊の大切さが再認識されておりますが、本日は消防団ポンプ操法大会が雨の中開催されました。

 この大会は、消防団が常時の訓練成果を発表するとともに、消防技術の向上発展と士気の高揚に資することを目的に行われます。

 大会は、ポンプ車の部(第2、4、7、9分団)と小型ポンプ操法の部(第1、3、5、6、8、10、11分団)の競技と、ラッパ分団によるラッパ吹奏が行われました。

                                

 大会の結果(入賞)は以下のとおりです。

 ◎ポンプ車操法の部  優勝:第2分団  準優勝:第7分団

                           

ポンプ車操法で優勝した第2分団

                         

 ◎小型ポンプ操法の部  優勝:第10分団  準優勝:第11分団  3位:第1分団

小型ポンプ操法で優勝した第10分団

                          

 各々の優勝分団とラッパ分団は、来週(7月8日)開催される「第53回埴科消防ポンプ操法大会及び第7回埴科消防ラッパ吹奏大会」に出場します。 (会場:千曲市大西緑地公園)    

 前年同様、県大会へ出場できるよう奮闘を期待したい。 (県大会は7月29日 上田で開催されます)  

                        

 坂城町長 山村ひろし        

 

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/07/01 19:09

老子の続き(第55章)

 この章も面白いですね。 理想の人物は 「赤子(せきし)」 赤ん坊のような人で、 「強壮は危ない」 というのです。

                                     

 含徳之厚、比於赤子。毒産蟲不螫、猛獸不據、攫鳥不搏。骨弱筋柔而握固。未知牝牡之合朘而 作、精之至也。終日號而不唖、和之至也。知和曰常、知常曰明。益生曰祥。心使氣曰強。物壯則老、謂之不道。不道早已。

                                    

 徳を含むことの厚きものは、赤子(せきし)に比す。 毒蟲(どくちゅう)も螫(さ)さず、猛獣も據(よ)らず、攫鳥(くわくてう)も搏(う)たず。 骨弱く筋(すじ)柔らかにして而(しか)も握ること固し。 未(いま)だ牝牡(ひんぼ)の合(がふ)を知らずして、而も朘(しゅん))の作(おこ)るは、精の至ればなり。 終日號(がう)して唖(あ)せざるは、和の至ればなり。 和を知れば曰(すなは)ち常(じゃう)、常を知れば曰(すなは)ち明(めい)、生を益せば曰ち祥(しゃう)、心(こころ)氣(き)を使へば曰ち強なり。 物(もの)壯(さか)んなれば則(すなわ)ち老ゆ。 之を不道と謂(い)う。 不道なれば早く已(や)む。

                           

 優れた徳を持っている人はまるで赤ん坊のようであるといえます。 赤ん坊には毒虫も刺すことがないし、猛獣も寄ってきません。 また、猛禽が爪をかけることもありません。 赤ん坊の骨は弱く筋肉も発達していませんが手を握る力は相当なものです。 男女の交わりなども知らないのに勃起をしたりしますがこれは精が充満しているからです。 一日中泣き通しても声が嗄れないのは自然と調和しているからなのです。 この調和を心得ていれば永遠に変わることの無い常道を身につけているといえます。 この常道が分かることを明知といいます。 反対にさかしらに不合理に生への執着を持てばかえって災いをもたらすことになります。 気力を使いすぎれば無理強いをすることになり、強壮であればあるほど早く老いてしまいます。 これを道に逆らう不道といい、不自然な行いをすればするほど早く滅びてしまうものです。

                   

 この章のすごさは、常識的な「剛強」というものを否定し、その「強さ」がいかに危ないか、「無為自然」の大切さを「赤子」を例にとって述べています。 最近の政治を見ていると「無理押し」ばかり目立ちますね。

                             

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 5.「老子」関連]   コメント[0 ]   トラックバック[0]