12/06/30 13:50

「セブン&アイの森」ボランティア・プロジェクト

 セブン&アイ・ホールディングスとセブンーイレブン記念財団は29日、30日にわたり、坂城町南条の山林で長野森林組合、南条生産森林組合の指導を受けながら「セブン&アイの森」と名付けられた山で雑草の刈り取りなどの作業をしました。

                         

右端:ご挨拶される この森の所有者の

南条生産森林組合 組合長 山極太忠さん  

                                                                       

ご挨拶する山村

               

 本日(30日)は、長野地区のセブン・イレブンの皆さんと東京のセブン&アイ・ホールディングの皆さま合計、約60名の方々が作業をされました。

 このプロジェクトはこれから5年間続けられ、Co2削減のためのCSRプロジェクトとして行われます。

 私も本日、約1時間ほど作業に参加しました。

 

作業中の山村

                    

   

 坂城町では毎年、植樹を行なっておりますが、植樹後の下草刈、雑草刈り、間伐、は誠に重要な作業です。

 その意味では、このようなセブン&アイ・ホールディングさん、南条生産森林組合さんの取り組みに大変敬意を表します。

                

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]