13/02/23 04:04

「坂城の100人」第6回は 福沢諭吉です !

 「坂城の100人」に福沢諭吉が登場とは、びっくりされる方が多いかもしれませんが、以前にも書いたように福沢諭吉は坂城に大いに関係があり、彼の祖先の地なのです。

                  

ファイル:Yukichi Fukuzawa Berlin2.jpg

文久2年(1862)幕府使節として、ヨーロッパ歴訪の際ベルリンにて。原典:福沢研究センター

                            

坂城町は戦国武将村上義清の地として有名ですが、最近の調査で福沢氏は、この村上氏から分派したのではないかという説が有力になっています。
               
 福沢諭吉の先祖がいつの時代に大分の中津に移ったかは諸説があり不明ですが、福沢氏そのものが村上氏の分流であり、福沢氏の故地が坂城であったということなのです。
                 
まず、歴史的経緯を述べると、信濃村上氏の祖とされてきた「源盛清」は、寛治八年(1094年)の白河上皇呪詛事件により信濃国村上郷(坂城町)へ配流後、再び京へ戻り、康和5年(1103年)には後の鳥羽天皇となる第一皇子(宗仁)の宣旨で宗仁親王の庁を取り締まる「御監」の役を仰せつかっています。(第一回で記述した「源盛清」をご覧ください。)
                          
(源盛清について。 以下をご参照下さい。)
                                          http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/index.php?blogid=432&archive=2013-1-1
                  
                   
この盛清の一族は、村上郷を本貫地として信濃村上氏の祖となり、中世には信濃国内で最も大きな勢力を有することとなりました。
                
村上氏は多くの一族を信濃国内に分派していますが、その中に15世紀から16世紀にかけて、村上氏の所領である広大な「塩田庄」(上田市)を支配した「福沢氏」がいました。
                  
福沢氏は、村上郷の福沢を発祥とし、塩田庄の代官として、その力は信濃でも有数でした。
                
中世信濃の福沢氏といえば村上一族の福沢氏であることは明白です。(『諏訪御符礼之古書』や『蓮華定院文書』などの資料より)
                   
この後、福沢氏は天文22年(1553年)8月の武田信玄の塩田城侵攻により敗れ、翌年3月にその健在が確認できるものの、それ以降、歴史上から消えてしまいます。
                       
                     
福沢諭吉は、自分の祖先について 「福沢氏の先祖は信州福沢の人なり」 と記しています。
その根拠は、福沢諭吉の父 「百助」 が纏めた「福澤家系図」に拠っています。
そして、この福澤家系図では、更に福沢氏は「小笠原氏」に仕えていたとも記しています。
                 
小笠原氏は、中世、信濃守護職を代々勤めた名家で、武田信玄に信濃を追われた後、徳川家康に仕えたことで、再び信州の松本や飯田に本拠を置くこととなりました。
                  
                  
つまり、福沢氏は塩田城の敗戦後、その消息を絶つなかで、一族の何れかの人物が、信濃国内で領主となった小笠原氏に仕えることとなり、その後、小笠原氏が幾つかの転封を経て、豊前中津に国替えになったことにより、福沢氏も中津へ移ってきたものと推測出来るわけです。
                    
信州には福沢の地名が村上地区を含め長野県内で11ヶ所存在し、全国を見渡せば13県18か所に及んでます。
                       
以上のように仮説ではありますが話を結びつけることで、最終的に福沢諭吉の先祖は中世、村上郷福沢に発祥し、塩田庄を支配していた村上氏一族の福沢氏に求めることが最も自然なのではないかと考えられるわけです。
                            
                         
慶應義塾福澤研究センターにも問い合わせを行なったところでありますが、本事実が確認されれば長野県坂城町は福沢諭吉の祖先発祥の地となり福沢諭吉研究のあらたな一歩となることが期待されるところです。
                      
                  
ほぼ同文の内容で、公益社団法人日本工学教育協会誌にも掲載されました。
                    
                      
 「工学教育」2012-11 vol.60 no.6  231頁
                     
                
                      
                              
                         
坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

13/02/11 01:00

「坂城の100人」第5回は人間国宝 宮入行平さん

 「坂城の100人」 第5回は長野県出身ただ一人の人間国宝 宮入行平です。
                          
 (今回の文章は、坂城町 「鉄の展示館」 宮下学芸員の資料を基にしています。)
                                 
 
宮入行平1913(大正2)年〜1977(昭和52)年
                    
宮入行平
 
宮入行平は、大正2年(1913)、坂城の鍛冶屋の家に生まれました(本名は堅一、60歳まで昭平を名乗り、昭和48年(1973)、行平に改銘)。
                       
小さい頃から毎日、鎚(つち)の響きや鞴(ふいご)の音を聞きながら育ち、小学校を卒業した頃から父親について鍛冶の仕事をするようになりました。
行平の作った農具や刃物は、父親よりも上手いと言われるほど好評でしたが、本人はそれらの作品を作ることに興味はなく、徐々に刀づくりに惹かれていきました。
 
そして 「東京に出て刀鍛冶の修行を」 という思いを強くし、願いが叶い24歳で上京し、栗原彦三郎が主宰する日本刀鍛錬伝習所に入門して、刀づくりの修行を始めました。
そして精魂込めて一人前の刀鍛冶になろうと懸命の努力を行いました。
しかし、戦争が激しさを増し、東京では刀づくりも難しくなったため、32歳の年に郷里の坂城町に戻ることになります。
                     
その後も、全生涯絶え間ない作刀の研究と鍛刀に情熱を燃やし続け、64歳で亡くなるまで数々の名刀を世に残しました。
                   
                          
行平は25歳で第三回新作刀展覧会に初入選して以来、数々の賞を授かっています。
また、靖国神社など、御神刀謹作も数多く、49歳で坂城町名誉町民第一号に選ばれました。
そして50歳の時、国の重要無形文化財日本刀の部保持者、いわゆる人間国宝の認定を受け、文字通り日本一の刀鍛冶になりました。
坂城町では、人間国宝故宮入行平刀匠の功績を顕彰するとともに、町の工業発展に大きく寄与した鉄の素材、加工技術の変遷など鉄に思いを馳せて、鉄の展示館を開設いたしました。
 
(鉄の展示館)
                    
今では、行平の志を受け継いだ多くの弟子たちが「宮入一門」として結集し、研究と鍛刀に情熱を傾けています。                       
                       
行平の直系の継承者は勿論、長男の宮入恵さんで、父、行平の伝統を受け継いでおります。
                  
宮入恵さん(小左衛門行平)?NHK長野放送局から?
                   
                 
(以前の私のブログから)
                
                 
坂城町としては今後とも宮入恵さんを中心にして刀剣伝統文化の継承をサポートしてまいります。
                                               
なお、「鉄の展示館」では、本年、人間国宝宮入行平が生誕100年を迎えることから、特別展示展を開催予定です。 ご期待ください。
                         
                                        
                       
                    
 
坂城町長 山村ひろし
 

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[0 ]   トラックバック[0]