13/04/16 01:33

「坂城の100人」 第11回目 初代坂城藩主板倉重種

「坂城の100人」第11回目は初代坂城藩主板倉重種です。
                            
 以下、鉄の展示館宮下学芸員に記述していただきました。
 ちなみに、2代目(最後の坂城藩主)板倉重寛については、別途、掲載させていただきます。
 
坂木藩初代藩主「板倉重種」 
寛永18(1641)年〜宝永2(1705)年
                    
                       
坂城駅前にある「坂城陣屋跡」説明(坂城町教育委員会)
         
 
 徳川譜代の名門として名高い板倉氏は、江戸時代ここ坂城町に成立した坂木藩の藩主として、一時期この地域を支配した当地と大変ゆかりのある家で、今回紹介する板倉重種は、その初代藩主にあたります。
 
 重種を紹介する前に、まず、板倉氏と坂木藩について簡単に説明したいと思います。
板倉氏は、幕府草創期、西国大名対策や対朝廷政策の中枢を担った初代京都所司代板倉勝重が直接の祖となります。勝重の子孫はその後、4つの大名家と2つの旗本に分かれ、幕閣の最高位である老中や幕府の重役を代々つとめるなど、徳川幕府を支える重鎮として江戸時代を歩みました。
                                    
 その板倉氏のなかで勝重の二男である重昌を祖とする重昌流三代目の当主板倉重種が、天和2(1682)年2月、武蔵国岩槻(埼玉県岩槻市)から信濃国坂木(坂城町)へ国替えとなり、ここに坂木藩5万石が成立しました。当時、信濃国内で5万石といえば、松代、松本、上田に次ぐ所領規模であり、坂城町はその本拠地となったのです。
 しかし、翌年5月、重種は隠居し、5万石は2つに分割され、坂木藩は重種の長子重寛により3万石として存続することとなります。
 板倉氏は城の無い坂木の地で前代から使用していた坂木陣屋を政庁として支配を行いますが、20年後の元禄15年(1702)12月、板倉氏は幕府の命で坂木から陸奥国福島(福島県福島市)へと国替えを命じられ、ここに坂木藩の歴史は幕を降ろすこととなります。
 
 以上見てきたように、板倉重種の坂木藩主時代は僅か1年3か月という短い期間であり、40歳そこそこで隠居してしまった背景には大きな理由がありました。
 
 板倉重種は、重昌流二代板倉重矩の三男として寛永18(1641)年に生まれました。旗本の叔父重直の養子となっていた重種は、寛文12(1672)年、兄重良の廃嫡により跡継ぎとなり、翌年5月、父重矩の死により家督を相続し、上野国烏山(栃木県那須烏山市)5万石の藩主となります。
                    
 延宝5(1677)年6月、奏者番兼寺社奉行となった重種は、同8年9月、五代将軍徳川綱吉によって老中へ抜擢され、翌年2月には1万石の加増によって武蔵国岩槻藩へ国替えとなり、同年8月、綱吉の長子徳松付の老中=西丸老中を拝命しました。しかし、西丸老中就任の3ヶ月後、綱吉は重種の老中職を免じ、外出禁止の逼塞処分とします。そして、翌天和2(1682)年2月、重種は1万石を収公(没収)され、信濃国坂木への国替えを命じられ、蟄居(謹慎・外出禁止の処分)の身となります。
                          
 ここに坂木藩5万石が成立し、信濃六郡(埴科・水内・高井・佐久・小県・伊那)を本領として、上総国山辺・市原郡及び三河国幡豆郡の一部をその支配下におきました。
しかし、翌天和3年5月、重種は幕府に隠居を願い出ると、坂木藩5万石は重種の長子重寛に3万石、甥の重宣(兄重良の子)に2万石が分知され、坂木藩は重寛によって継承されます。
                         
 重種が老中を罷免され、「老中の城」として関東の要だった岩槻城主から無城の主へ急転していった理由は、重種の後継を巡る争いが原因でした。重種は、養子としていた甥の重宣ではなく、分家に出していた長男重寛を跡継ぎにしてしまったことから、家中が両派に分かれて争う御家騒動となり、それが原因で将軍綱吉の機嫌を損ね、重種が罷免されたといわれています。
 そのため、重種は自らが隠居して、家中を二分することでなんとか事態の収拾を図り、御家の安泰につなげたものと考えられます。
                   
 こうして、坂木藩は5万石から3万石となって再出発することとなりました。
                 
 (以上は、鉄の展示館 宮下修 学芸員の寄稿です)
                   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                               
                        
 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[0 ]   トラックバック[0]