14/04/29 10:46

アカマツの植林(自在山)

 本日(4月29日)、昨年に引き続き、第3回目となりましたが、「松くい虫被害対策協議会」(会長:滝澤巌さん)、ならびに上平区の地元の皆さんと一緒にアカマツの植林を行いました。

 本数は30本とわずかでしたが、地元の小学生も参加し一緒に作業を行いました。

 また、昨年植樹をした松の生育状況もみましたが、いずれもしっかりと若芽を出し、立派に育っていました。

 松の植樹は究極の「松くい虫対策」です。 今後とも継続的に実施出来るよう町としても努力を続けたいと思っています。

         

左から:中曽根優太君と翔太君

                 

昨年、二人で植樹した松も立派に育っていました。

80歳近い竹内松江さんも元気に参加されました。

               

 坂城町では松くい虫防除のための総合的な対策を進めています。

 松くいに侵された松の系統的な伐倒処理、樹幹注入(松への薬剤の注入)などに加え、今年も6月17日(火)に健康被害に最大の注意を払い有人ヘリによる空中散布を行います。(苅屋原地区、上平地区)

 また、さらに、苅屋原地区のご要望により有人ヘリで処置できない地域につきまして、初めて無人ヘリによる空中散布を行います。(6月17日と7月15日)

                         

 「前人木を植え、後人涼を楽しむ」という言葉があります。

 後世の人たちに立派な松林を残すのは私たちの義務だと思います。

                     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/28 06:12

春爛漫 各所で春季例大祭

 坂城町は春爛漫、大変すばらしい気候となっています。(若干、雨もほしくなってまいりましたが。)

 各地で春のお祭りが開催されています。

 先日も中條神社の例大祭に参列しましたが、昨日(4月27日)は日吉山王神社の春季例大祭にお邪魔したのちに上平、自在神社の太太神楽の舞を拝見しました。

 日吉山王神社の例大祭は地元の4区(田町、四ツ屋、御所沢、横町)が交代で運営されています。

 また、併せて、子供の奉納相撲も開催されるなど大変にぎやかなものでした。

力いっぱい、奉納相撲

                     

 さて、坂城町の文化財に指定されている自在神社の太太神楽は明治の中頃、氏子の大橋代太郎氏(1855−1920)が中心となり戸隠神社の太太神楽を参考に復興したものといわれています。

 舞は八つ(八座)で構成されており各々が物語として展開される素朴で、優雅で、壮大なものです。

 構成は、「榊の舞」、「鉾の舞」、「扇の舞」、「剣の舞」、「大道の舞」、「岩戸開きの舞」、「翁の舞」、「撒供の舞」の八です。 (なお、この中の「翁の舞が」現在では失われており演じられておりません。復活されることを願っております。)

                          

 上演時間は全部で一時間半にもなるもので、地元の方々が代々継承されておられることに敬意を表します。

 また、このような素晴らしい太太神楽をご覧になる方があまりにも少ないことも残念に思います。 もっともっとPRする必要があるのではないでしょうか。

                  

                     

第二座「鉾の舞」

              

第三座「扇の舞」

                    

第五座「大道の舞」

              

 なお、昨年度の事業で、坂城町各地で継承されております、すべての神楽を上田ケーブルさんのご協力を得て、DVDに収録いたしました。

 近々、DVDの発表会、贈呈式を開催する予定にしております。

 今後とも、このような伝統文化が継承されますます発展されるよう祈念します。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/25 21:03

坂城町老人クラブ連合会第52回総会

 昨日(4月24日)、坂城町老人クラブ連合会(老連)の第52回総会が開催されました。

                 

中央:挨拶する山村

                     

        

                      

 坂城町は、元気なベテランの皆さんのおかげで運営されていると言っても過言ではありませんが、今日も各地区の老人クラブから約220名の方が参加され、皆さんの熱気で大いに盛り上がりました。

 また、素晴らしいことに、今年から鼠区のクラブが老人クラブ連合会に復帰され、会員が50名増加しました。 これで、現在の会員数は1,310名となりました。

 ただし、各区別にみると27区中、13クラブとなっていますのでもっともっと参加していただけると素晴らしいですね。

 各クラブで色々な取り組みをされていますが、今回は、「四ツ屋長寿会」と「網掛寿会」の両クラブがその活動に対して表彰されました。

                      

表彰状を授与される網掛の久保賢祐さん。

右は25年度会長の三井袈裟喜さん

             

表彰される四ツ屋の増村正人さん

                 

 また、今年度の会長として新町の宮原富弥さんが選出されました。

26年度会長の宮原富弥さん

            

 今後とも皆様方の益々のご活躍をお祈りします。

               

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/25 07:00

紡眞樹さんが高齢者叙勲を受章

 柳沢眞樹さんが高齢者叙勲を受章され、昨日(4月24日)、坂城町役場で伝達式を行いました。

 柳沢さんは長きにわたり、町議会議員、議長など歴任され坂城町の発展に大いに貢献されました。

 大正15年3月のお生まれで今年88歳(米寿)になられました。

 以下、坂城町の広報記事から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紡眞樹さんが高齢者叙勲を受章

紡眞樹さん受章

▲左から、山村町長、紡眞樹さん

  元坂城町議会議長の紡眞樹さんが、高齢者叙勲(旭日單光章)を受章され、4月24日(木)に山村町長から伝達を受けられました。

  紡瑤気鵑蓮⊂赦54年から平成7年までの間、4期16年にわたり町議会議員として在職し、平成3年5月からの2年間は議長として円滑な議会運営に尽力されました。また、各常任委員会委員長、監査委員、選挙管理委員会委員長などを歴任され、町の産業振興、教育文化、生活環境、福祉の向上に多大な貢献をされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/23 12:31

平成26年度坂城町植樹祭

 本日(4月23日)の午前中、「平成26年度坂城町植樹祭」が開催されました。

 今年は上平の小網山町有林で行われました。

 坂城町では緑豊かな住みよい郷土づくりの推進と森林資源の育成を図り、林業の発展に対する感謝の心を醸成することなどを目的として毎年、地区を変え植樹祭を開催しています。

 今年はヒノキの苗を植樹しました。(一人当たり大体5本程度を植えていただきました。)

 植樹は、長野地方事務所、長野森林組合、町議会議員、町林業委員、町農業委員、各区長、教育委員、民生児童委員、消防団、坂城消防署、代表監査役、南条生産森林組合、猟友会、町交通安全指導員、長野県鳥獣保護員、おーい原木会そのほか多くの関係者の方々約80名の参加を得て開催されました。

                 

植樹する山村

         

▼植樹祭を記念した標柱

H26植樹祭02-05              

植樹会場から見る千曲川越しの坂城の町並。誠に絶景です。

               

 植樹作業は概ね11時半ころには終わり、役場職員手作りのトン汁とおにぎりで昼食をとっていただき解散しました。

 大勢の皆さんのご尽力に感謝です。

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/22 06:00

『坂城町くらしの便利帳』電子書籍版

 すでに紙ベースでは各ご家庭に配布させていただいておりますが、このたび「電子版」の提供を始めました。

 パソコン、iPhone、iPad などからも閲覧できますので試してみてください。

 これは(株)サイネックス社の協力で、坂城町の各種ご案内等のほか商店・企業・各種団体など数多くの広告も掲載して作られたものです。(広告数 107)

 それぞれの広告をご覧になるのもなかなか楽しいものです。

                   

 以下、坂城町ホームページから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『坂城町くらしの便利帳』電子書籍版の閲覧ができます

くらしの便利帳01

  「坂城町くらしの便利帳」電子書籍版ができました。

  「坂城町くらしの便利帳」は、町民の皆さんが、『暮らしのなかで困った』とき、『どこに聞いたらいいのか分からない』ときなどに利用していただくためのものです。
  町が行っている事業・サービス・制度などの行政情報のほか、観光スポットや特産品、歴史、イベント、医療機関など地域の情報も掲載し、転入者の方にも町の概要が一目でわかる内容となっており、全ページフルカラーで見やすく実用性の高いものとなっています。

  この電子書籍版は、ページをめくる、目次から該当ページへ瞬時に移動する、拡大表示、付箋を貼る、拡大表示時のスクロール、フルスクリーンに切替、印刷など様々な機能が付与されています。

  ご利用は、こちらをクリックしてください。

※ご希望の場合は、印刷した「坂城町 くらしの便利帳」冊子版をお送りします。

問い合わせ先

企画政策課まちづくり推進室
TEL:0268−82−3111(内線223)
有線88−1010

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/20 09:36

千曲川クリーンキャンペーン

 2000年から毎年行われている、「千曲川クリーンキャンペーン」(主催:坂城ライオンズクラブ、坂城町)が、今年も開催されました。

 また、千曲交通安全協会坂城支部、坂城民生児童委員会、坂城高校、坂城中学、坂城小学校そのほか大勢の皆さんのご協力を得て実施されました。

                              

 昨年は思わぬ大雪のため中止されたため、2年越しのクリーンキャンペーンです。

 また、昨年は台風の影響で千曲川が流されたためでしょうか、今まで以上に沢山のゴミ、不法投棄された粗大ごみなど目につきました。

                   

 今年も、坂城大橋田町側河川敷、さかき千曲川バラ公園駐車場(河川敷内)、鼠マレットゴルフ場の3ケ所で行われましたが、私は坂城大橋河川敷のグループに参加しました。

                      

 また、今年、初めてフィリピンから竹内製作所に技能実習生として来られた10名の方々にも参加していただきました。

 この方々はフィリピンにある「フィリピン・ニッポン・工科大学」の卒業生で今年から3年間実習生として働かれます。 (実習生の受け入れは、共同組合フレンドニッポンが窓口となり多くのフィリピンの方々を日本に招へいされています。)

                     

坂城中学の生徒たち

             

 タイヤなど大きな粗大ごみを投棄する人がまだまだいます。 困ったものです。

              

竹内製作所で研修生として3年間勤務されるフィリピンの皆さん

前列中央、私の左側の女性がフレンドニッポン、教育指導課の奥山宗子さん

                   

               

 フィリピンから来られた方々は大変規律正しくきびきびと行動されておられたのが印象的でした。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

14/04/19 21:33

SAKAKIの美術家7人展

 先日もご案内しましたが、本日(4月19日)、より坂城「鉄の展示館」ならびに隣接の中心市街地コミュニティーセンター2階を使って、「SAKAKIの美術家7人展」が開催されました。

作品を出展された皆様に、開会前の挨拶をする山村

                       

 以下、作品展の様子をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「SAKAKIの美術家7人展」が開催中です!

SAKAKIの美術家7人展01

  4月19日(土)から6月15日(日)まで、鉄の展示館で、全国を舞台に活躍している町ゆかりの美術家たちによる「SAKAKIの美術家7人展」を開催しています。

  日本画院同人で名誉顧問である【日本画】の塩野入大賢さん、心芸墨美作家協会理事長・産経国際書会副理事長である【書】の岩浅写心さん、帝国華道院評議員で第一美術協会彫塑部審査員・部門委員(代表)である【彫刻(オブジェ)】の若林武新さん、第一美術協会審査員・運営委員である【洋画】の浦野資勞さん、人間国宝故宮入行平刀匠の長女で【金工】の宮入鏡さん、同じく宮入刀匠の次男で公益財団法人日本刀文化振興協会専務理事の【日本刀】の宮入小左衛門行平さん、そして、宮入刀匠の三女で公益社団法人日本工芸会正会員の【染織】の宮入映さん、この7人は坂城町が誇る美術家です。

  本展では、7つの分野の第一線で活躍している郷土の現代美術家たちの至高の作品が展示されていますので、ぜひ鉄の展示館にお越しいただき、ゆっくりとご堪能ください。


▼写真右から、浦野資勞さん、宮入小左衛門行平さん、若林武新さん、山村町長、岩浅写心さん、宮入鏡さん、宮入映さん、宮崎教育長

SAKAKIの美術家7人展02-05

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                         

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/19 05:30

「びんぐし湯さん館」が設立12年目と入場者3,333,333人突破

 昨日(4月18日)、坂城町の温泉「びんぐし湯さん館」がおかげさまで、設立12年目を迎えたことと、入場者数 3,333,333人を突破したことを記念してお客様と一緒にセレモニーを行いました。

 また、毎日、ご利用いただいている北日名の春日てるさん(先日102歳になられました!)に代表して感謝の花束を贈呈しました。

 ありがとうございました。

 以下、坂城町のホームページから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月18日(金)びんぐし湯さん館開館12周年

湯さん館12周年01

▲春日てるさんに感謝の花束を贈呈

  4月18日(金)、平成14年4月に開館して以来、多くの皆さんにご利用いただいているびんぐし湯さん館が開館12周年を迎え、その記念イベントが催されました。

  イベントには、ねずこんがお祝いに駆けつけ、「坂城町の歌」をお客様全員で合唱したほか、ジェラートのプレゼント、マッサージの割引などの記念サービスが行われました。

  また、湯さん館は、来館者が3,333,333人を突破したことを記念して、来館者を代表して北日名の春日てるさん(102歳)に感謝の花束を贈呈しました。

湯さん館12周年02-04 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/18 07:04

(株)坂城町振興公社の「ウェブ・ショップ」メニュー

 (株)坂城町振興公社(社長:山村弘)は、温泉(びんぐし湯さん館)の経営の他、ウェブ・ショップ(WEB SHOP)でユニークな坂城町の産物も販売しています。

 現在のところ扱い商品は、「ねずみ大根焼酎」、「地場産のいも焼酎」、「巨峰のロゼワイン」(現在品切れ中、5月末には「巨峰ロゼのスパークリング・ワイン」が発売されます。)、「ゆらゆらねずこん」、「ねずこんぬいぐるみ」、「てんねん温泉化粧水 びんぐし」、「紅バラカレー」(信州紅豚使用)、「信州白鶏チキンカレー」などなど15種類です。

         

 

(商品一覧 15種類)

http://shinshu-sakaki.jp/products/list.php

            

 一度、ウェブ・ショップでのショッピングをお試しください。

 また、遠地におられるお知り合い、ご友人の方々にもご紹介いただければ幸いです。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/17 15:41

コンビ(株)のベビーカーをプレゼント

 本日(4月17日)、坂城町保健センターで昨年に引き続き、第2回目のベビーカーの贈呈式を行いました。

 これは、コンビ株式会社の松浦康雄名誉会長から坂城町へご寄贈いただいたものです。

                       

(昨年の贈呈式について、以下のサイトをご覧ください)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=33864

 

 以下、坂城町ホームページより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月17日(木)ベビーカーを贈呈

第2期ベビーカー贈呈式

  4月17日(木)、保健センターで、 昨年コンビ(株)の松浦康雄名誉会長から町にご寄贈いただいたベビーカーの第2期贈呈式が行われました。

  当選されたのは、池田恭子さん、宮尾みさきさん、西澤裕紀乃さん、岩下 愛さん、小山紗矢香さんの5名で、山村町長から1台ずつプレゼントされました。元気な赤ちゃんを産んで初めての子育てに役立ててください!

                             

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/17 04:59

婦人消防隊分隊長会議と任命式

 昨日(4月16日)、坂城町役場で婦人消防隊分隊長会議が開催され、任命式と婦人消防隊の正副隊長、各地区隊長などの選出を行いました。

 尚、婦人消防隊長には泉区の堤 匡恵さん、副隊長には田町区の上原絹代さん、中之条区の竹内洋子さん、網掛区の金子みどりさんがそれぞれ就任されました。

 現在、坂城町婦人消防隊は609名在籍しています。

 婦人消防隊の皆さんは、自主防災会(区)や消防団と連携し、防火座談会の開催、高齢者、一人暮らし世帯への訪問などの啓発活動を年間を通じて行い、「自分たちの地域は自分たちで守る」という意識のもと、災害の無い町づくりを目標に活動をしていただいております。

 任期は2年間です。 皆さま方のご活躍に期待します。

婦人消防隊分隊長の皆さん

挨拶する山村、左は松本消防団長                         

                          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/15 15:42

坂城町立図書館の前側がすっきりしました。

 図書館と格致学校の間にあって長い間使用されていない、トイレが撤去され若干のスペースと新たな通路ができました。

 また、図書館員のエプロンが新しく揃えられました。

 昨年、新たに図書館長に就任された鈴木康之さんにいろいろと工夫をしていただいております。

                     

 以下、図書館のニュースから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

書館前の通路が新しくなり、エプロンも揃えました!

図書館前通路とエプロン

  格致学校わきの建物を撤去し、図書館との間の通路を広げて、すれ違いの通行ができるようになりました。新しくスロープも作りました。5月には芝生を植える予定です。気候がよくなれば、外でくつろげる場所にしていきたいと思います。4月から新しい司書も加わり、職員のエプロンも緑で統一しました。この機会に一度図書館までお出かけください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/15 12:39

SAKAKI の美術家≪7人≫展

 坂城町出身の芸術家7人展が今週末、開催されます。

 期間は4月19日から6月15日まで。

 会場は 坂城町「鉄の展示館」です。

 いままで一同に会する機会のなかった全国的に著名な現代美術家の作品を皆さま方にご覧いただく、またとない機会です。

 是非、お出で下さい。

                        

 今回出展される作家は、日本画の塩野入大賢(たいけん)氏、書の岩浅写心(しゃしん)氏、洋画の浦野資勞(しろう)氏、彫刻の若林武新(ぶしん)氏、日本刀の宮入小左衛門行平氏、彫金の宮入鏡(きょう)氏、染織の宮入映(えい)氏です。

                  

 宮入さん一家3人の作品を同時に見られる機会もめったにありません。

 どうぞお楽しみに。

 案内は以下のサイトをご覧ください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/event/W005H0000104.html

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/13 21:26

カセー博士(元タイ国外務大臣)との再会

 本日(4月13日)、タイのカセー博士と坂城町役場でお会いしました。

左から産業振興課北村係長、塚田課長、桜井社長、カセー博士、山村、宮下副町長、春日さん(桜井社長の姉上、通訳をお願いしました)、産業振興課坂本主任

                          

 今回、カセー博士はタイで博士が関係されている大学と信州大学との提携調印のため来日されたのですが、ご多用の日程の中、顧問をされておられる桜井製作所の桜井社長とともに坂城町役場へお出でいただきました。

 カセー博士とお会いするのはこれで3度目ですが毎回、グローバルな話題に感銘を受けます。

            

(カセー博士の来訪、平成24年)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=26535

(カセー博士とタイでの再会 平成25年)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34094

          

 近年、坂城町とタイとはビジネス面で密接な関係が出来つつあります。

 今後、様々な形で相互の人材交流などのプログラムが出来ないか可能性を検討したいと思っております。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/13 05:05

坂城テクノセンター設立20周年記念行事

 昨日(4月12日)、坂城テクノセンターで、昨年から公益財団に移行した(公財)坂城テクノセンターの20周年事業の一環として記念講演会・パネルディスカッションが開催されました。

 ゲストスピーカーとして坂城町出身のセブン&アイホールディングス会長の鈴木敏文さんにご挨拶もお願いいたしました。

 鈴木さんからは大変素晴らしいお話をいただきましたが、中でも消費税導入後の状況、さらには「いかに消費者の求めるものを売るか、いまのお客様は少しでも良いものを求めている。したがって安ければ良いというものではない。」などいかにPB(自主ブランド)を開拓していくかなど時宜にかなう素晴らしいお話をしていただき大変感銘を受けました。

 そのほかに来賓として、長野県産業労働部長石原秀樹氏、坂城町議会議長柳澤澄氏にご挨拶をいただきました。

             

ご挨拶する山村

        

 以下、坂城町ホームページよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月12日(土)テクノセンター20周年記念行事

テクノセンター20周年01

▲セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長  鈴木敏文さん

                              

  4月12日(土)、坂城テクノセンターで、「坂城テクノセンター設立20周年記念行事」が開催されました。

  坂城テクノセンターは、平成5年に開設され、坂城町の工業の中核として、産学官の連携を図りつつ、技術開発の支援、人材育成、企業間交流、情報提供など町の工業の発展に努め、昨年11月に設立20周年を迎えました。本日は、その記念行事として、坂城町の名誉町民であり、セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長の鈴木敏文さんにご挨拶をいただき、その後町内企業5社の社長の皆さんによるパネルディスカッションが行われました。


  鈴木会長は、消費税増税による小売業界の動きや、消費者の嗜好の変化について話され、「以前は安価で同じ商品でも売れ続けたが、現代は生活レベルが上がったことで、新しい商品や良い商品でないと売れなくなった。売り手は、過去の経験を元に次の商品を考えがちだが、消費者の嗜好が変わってきていることを認識し、常に世の中の変化を頭において物事にあたらなければならない」とおっしゃられました。

 

  パネルディスカッションは、「坂城町工業の今後の発展を考える」をテーマに行われ、山村町長がコーディネーターを務めました。

パネリスト

  • 竹内明雄さん  (株)竹内製作所 代表取締役社長
  • 宮後睦雄さん  宮後工業(株) 代表取締役社長
  • 佐藤洋子さん  力石化工(株)代表取締役社長
  • 依田穂積さん  日精樹脂工業(株) 代表取締役社長
  • 桜井雅史さん  (株)桜井製作所 代表取締役社長

  パネリストの皆さんは、山村町長の進行のもと、自社の現状や業績、後継者の育成などについてそれぞれ話されました。また、坂城町の工業が今後さらに発展するためにはどうしたらよいか聞くと、「住工が一体化する町として内外にアピールすること」「企業の誘致を図ること」「消費者の要望に応えて質の良い物をつくること」「テクノセンターを中心に働きがいのある町になるよう挑戦すること」「常に先取りできるよう意識改革し一団となること」が重要とお答えいただき、会場一杯に集まった聴講者の皆さんも今後の町の工業の発展に期待を寄せられました。

▼パネルディスカッション

テクノセンター20周年03-09 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 2.各種講演会セミナー等]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/10 23:12

坂城の100人 第33回目は源顕清

 先日、「村上海賊の娘」に関して記述しましたが、信濃村上氏の祖でもあり村上水軍(海賊)の祖とも考えられる源顕清について、鉄の展示館宮下学芸員に記述してもらいましたので以下掲載いたします。ご覧ください。(多少、長文です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信濃村上氏と村上水軍の祖?「源顕清」
 
「坂城の100人」の記念となる1回目に登場した人物は、信濃村上氏の祖と考えられている「源盛清」でした。
                  
盛清については、前述したように平安期の第一級史料である『中右記』によって、寛治8年(1094年)に起きた白河上皇呪詛事件により、信濃国(村上郷と推定)に配流され、盛清の子孫が村上郷を本拠として、以後の信濃村上氏の繁衍につながっていく大きなきっかけを作った人物として紹介しました。
                  
(源盛清について)
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=30211
(関連して橋本治先生からいただいた手紙)
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=30579
                         
しかしながら、この『中右記』の記述が発見される以前は、長らく信濃村上氏の始祖は、今回紹介する源顕清とされていました。
 その論拠となっていたのは、姓氏調査の基本図書で南北朝時代から室町初期に編纂されてと考えられる『尊卑分脈』の記述によります。これによると信濃国に配流されたのは顕清で、盛清は顕清の弟仲清の子とされています。そして、信濃村上氏として村上姓を初めて名のった村上為国(9回目に紹介)は、この顕清の実子と記述されています。
                          
 信濃村上氏の発祥に関しては、尊卑分脈以外に知る手だてが無かったため、おそらく何百年にもわたって、この地域では村上氏の祖は顕清と思われてきたのですが、戦後の歴史研究の成果の中で、中右記により信濃国に流罪となったのは、顕清ではなく盛清で、顕清は越前に流罪となり、且つ、盛清は顕清の弟で、兄弟の長兄である惟清(白河上皇呪詛事件の首謀者とされる)の養子であったことが判明したのです。
 しかしながら、尊卑分脈の記述がすべて間違いというのも早計であり、村上為国の実父が顕清であることからも、顕清が実際に村上郷へ移ってきた可能性を否定することは出来ません。というのも、盛清の紹介の中でお伝えしたように、盛清自体は、流罪の9年後康和5年(1103年)には京において「御監」の役を仰せつかり、その後も京都で活動していたことが判明しました。盛清自身は信濃村上氏の本拠地村上郷に居なかったのです。
                      
そのため、顕清が村上氏の本拠地に移り、信濃村上氏の礎を築いて、その子為国が跡を継いだという可能性を想定できる訳ですが、この為国もまた、村上氏の惣領でありながら、史料で確認できるのはすべて京都での動きばかりで、養父盛清と同様に京都で朝廷に仕える身であったことが分かっています。故に、為国の前の惣領を盛清とするのか、それとも顕清とするのか、その点について現状で判断することは非常に難しいと云わねばなりません。
 
 さて、この顕清については、さらにもう一つ大きな顔を持っています。それは信濃村上氏のみならず、瀬戸内海で有名を馳せた「村上水軍」の祖と伝えられる「村上定国」の実父として尊卑分脈に記されているからです。
 つまり、中世、日本の東西で歴史の表舞台で活躍することとなる両村上氏の血筋的始祖が源顕清ということになるわけです。
 つい先日、2014年の「本屋大賞」に輝いた 『村上海賊の娘』 和田竜(新潮社)について、このブログでも紹介されたように、村上水軍と信濃村上氏の関係は、その可能性を大いに秘めています。
 歴史的にそれらを実証することは非常に難しいのですが、このことについては、4月18日(金)から坂木宿ふるさと歴史館にて、信濃村上氏と村上水軍のコーナーを設けて、パネル展示にて紹介いたします。是非、この機会にご来館いただき、両村上家の関係について想いを馳せてみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                   

(坂木宿 ふるさと歴史館 の紹介)

ふるさと歴史館

  戦国時代に甲斐の武田信玄を2度も打ち破った郷土の名将・村上義清と、江戸時代、北国街道の宿場町として栄えた「坂木宿」の歴史・文化をひもとく様々な史料を展示する歴史館です。また、建物自体が、昭和4年に建築された木造建築を、当時の面影を損ないままに修復した趣ある建物でもあります。

開館時間

午前9時〜午後5時

(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜(月曜が休日の場合は翌日)・年末年始

展示室の観覧料

個人:100円

20人以上の団体:50円

(小学生及び町内中学生は無料)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        
 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/10 12:31

坂城駅前観光マップ

 坂城駅前の観光マップが新しくなりました!

 坂城駅を降りて右前方に見える観光マップがいささか古びていましたので新しいものに取り換えました。

 坂城駅へ行かれましたらご覧ください。

城駅前観光マップ02

▲(右)新しい駅前観光マップ

                

  このマップは、坂城駅から徒歩で行ける町の主な観光スポット、坂木宿ふるさと歴史館、坂城町文化財センター、鉄の展示館、169系車両などを案内しています。坂城駅から各施設を巡りたい時などにご利用ください。

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/10 08:27

坂城町でも桜が開花

 あちこちで桜の開花宣言が行われていますが、坂城町役場正面右のソメイヨシノも見事に開花しました。

 これは役場2階から撮った写真ですが、今朝すでに多くの花を付けていました。

 気象庁の発表は特にありませんが、坂城町の開花宣言とします。(4月10日)

 昨年は4月4日でしたので、今年は約一週間遅れとなりました。

                     

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/08 23:55

「本屋大賞」は『村上海賊の娘』(和田竜・新潮社)に

 本日(4月8日)、「2014年本屋大賞」に 『村上海賊の娘』 和田竜(新潮社)が選ばれました。

 先日、このブログでもご紹介しましたが、正に本屋大賞にうってつけの本だと思いました。

 以下、以前のブログを紹介しますが、和田竜さんが村上海賊の出自を 「村上海賊は平安期の村上天皇から発する」と簡単に書いていることはいささか残念だと思っています。

 「『村上海賊』 の出自は 『信濃村上氏』 である。」 という説が有力なのです。

                    

 村上水軍の紋章も当然 信濃村上氏が使っている 「丸に上」 であります。

                    

村上水軍紋章 (Z旗ホームページより)

水軍旗

 以下、以前のブログをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013/12/25 12:09

 「村上海賊の娘」を読みました。

 大ベストセラーとなった 「のぼうの城」 で小説家デビューされた、和田竜(りょう)さんの4年ぶりの最新作です。

 和田竜さんらしい、大活劇で、能島村上家当主、村上武吉の娘、村上景(きょう)を主人公とした素晴らしい小説です。

 村上景は地元では悍婦にして醜女で、嫁のもらいての無い20歳の女性でありますが、荒武者でもあり、織田方の泉洲真鍋海賊を打ち破る大活躍をします。

 この和田竜さんの小説は、まるで映像を見るようなビビッドな素晴らしい迫力で終始し大変読み応えのあるものです。

 私がこの本を読もうと思ったきっかけは当然のことながら、村上海賊と信濃村上氏がどのような関係で書かれているかということに興味を持ったわけであります。

 坂城の住民とすれば当然であります。

 しかしながら、この小説では村上氏について 「村上海賊は平安期の村上天皇から発する。降って、南北朝の騒乱で足利尊氏と戦った後醍醐天皇率いる南朝の支柱、北畠親房の孫に北畠師清というのがあり、これが芸予諸島に移住して、当時衰微していた村上家の名跡を継ぎ、三人の息子(義顕、顕忠、顕長)を三つの島に配した。)」 と紹介しています。

 要するに、信濃村上氏とは関係ないとしているのであります。

 小説の価値を損なうものではありませんが、いささか、残念でありました。

 早速、坂城町の宮下学芸員に確認したところ、以下のメッセージをもらいましたので以下、ご紹介します。

 「村上水軍の出自を村上源氏に求めることは、村上師清を北畠親房の孫とすることについて、年齢等の理由により、かなり難があることから、その信憑性は低いものと言われています。

 平安期に発祥したとされる村上水軍の祖伊予村上氏は、『尊卑分脉』によると、信濃村上氏から出た一族と考えられます。また、「師清」についても、信濃村上氏関連の系図では、信濃惣大将「村上信貞」の孫としており、村上水軍のなかで唯一、近世大名として存続した久留島氏(来島村上氏)は、自家の先祖を信濃村上氏としています。

くわえて、村上源氏説の系図でも、師清は信濃から瀬戸内海に移ってきたと記されており、村上源氏説にしても、師清が信濃と縁が深いことを唱えています。
このように、清和源氏出身の信濃村上氏と村上水軍の関係については、、その実証が大変困難でありながらも、最も大きな可能性を秘めているものと考えられます。」
                
以上、若干、遠慮気味に延べていますが、村上海賊は信濃村上氏由縁であると考えます。
是非、小説もお読みください。
                   
             
坂城町長 山村ひろし                     

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/08 04:38

竹内希さんのザンビアだより(第13回)

 坂城町南条出身の竹内希さんがザンビアへ行かれてから早いもので、1年10か月が経ちました。

 ザンビアで活動されるのはあと3か月だそうですが、相変わらず元気に活躍されています。

 以下、ザンビア便り(第13回)をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ザンビアだより(13)      平成26年4月  竹内 希

ザンビアだより(13)01

 

私がここへ来た意味

  日本は、桜の季節ですね。坂城町は肌寒い日がまだ続いているのでしょうか?こちらは、日本とは反対でこれから気温が下がっていきます。私の隊員活動も終盤を迎えつつあり、やりたいこともやらなければいけないことも沢山出てきました。そして、活動の幅が広がり、人々との信頼関係もでき、時間が経てばたつほど活動が充実してきているのを感じています。

  先月は、Women’s dayで女性の同僚と町を行進し、Youth Dayでは生徒にソーラン節を発表させ、先輩隊員の送別会、自分の学校での授業発表を行いました。

  ソーラン節は1週間という短い期間でしたが、放課後に生徒と猛特訓をし、公共の場で発表しました。当日、私は音を流すだけなのに、とても緊張をして生徒を見つめていました。それでもみんな堂々と踊ってくれて、本当に胸が一杯でした!!生徒たちはこれに味を占めたらしく、また何かの機会に人前で踊ろう!!と言っていました^^私が驚いたのは、この経験を通して、生徒たちの勉強に対する姿勢が変わったこと。中には、やんちゃな子もいて、授業中のお喋りが多かったり、歩き回ったり、なかなか集中が長続きしない子がいました。その都度生徒を呼び出して、何が彼女をそうさせているのか、話をすることもありました。その子が、「勉強をしたい。マダムは良い先生だから、私は勉強をする。」と言うようになりました。私はこの大きな変化に驚き、その後も彼女は私にとても心を開いてくれるようになりました。授業中、まだまだ叱ることもあるけれど、彼女は親身にそれを受けとめてくれています。日本での部活動もそうですが、何か目標に向かって努力し達成できると、他のことも人は頑張れるのですね。勉強以外のことも本当に大切なのだなとこの経験を通して感じました。

ザンビアだより(13)02

 

  また、毎学期私の学校では授業研究会が開催されます。全ての教科の先生が1つの会場に集まり、授業を発表し議論し合うものです。今回は、理科の先生の中から私が選ばれました。授業を行った内容は、二酸化炭素と水素の判別方法です。二酸化炭素は石灰水を白く濁らせ、水素は火を近づけるとポンッという音と共に爆発するというもの。予想通り、生徒は水素爆発にとても驚いていました。なかなか、実感を伴った授業ができないザンビアで、とても印象に残ったと思います。そして、その授業で嬉しかったことがありました。他の教科の先生が、「希、この間の授業ありがとう。私が子供の時は、説明だけであの実験を見ることはできなかった。実験を見せてくれてありがとう。」まさか、他の教科の先生にそう言われるとは思ってもいませんでした。しかも、40代くらいの先生です。なんだか、自分がここへ来た意味が少し分かった気がしました。

  残りの活動はあと約3カ月。学校へ居られるのは、約1カ月です。最後までやれることはやって、日本へ帰国したいと思います!!お寿司を食べられるのもあと少しですー!!笑

ザンビアだより(13)03 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/07 11:05

入園、入学式終了

 本日(4月7日)午前中、坂城幼稚園の入園式がありました。

 これで、4月2日(火)の保育園入園式、4月4日(金)午前の小学校入学式、午後の中学校入学式、4月5日(土)の坂城高校入学式など春の入園、入学式がめでたく無事に終了しました。

坂城保育園入園式で

                       

坂城小学校入学式で

                  

 各々の入園、入学数は以下の通りです。

                   

・保育園87名

(内訳:坂城保育園32名、南条保育園34名、村上保育園21名)

            

・坂城幼稚園27名(年長組1名含む)

         

・小学校149名

(内訳:坂城小学校44名、南条小学校65名、村上小学校40名)

             

・坂城中学校123名

          

・坂城高等学校134名

                 

                 

 以下、坂城町ホームページのニュースをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

4月4日(金)入学おめでとう!小中学校入学式

H26坂小入学式

▲坂城小学校入学式

  4月4日(金)、町内小中学校で入学式が行われ、南条小に65名、坂城小に44名、村上小に40名、坂城中に123名の子どもたちが入学しました。

  坂城小学校では、児童会長が歓迎の挨拶の中で、これから小学校でやることなどを紹介すると、新入児童たちは目を輝かせて聞いていました。また、坂城中学校では、厳粛な雰囲気の中式が進められ、新入生を代表して滝沢さんが中学校生活での抱負を語られました。

  新入児童・生徒の皆さん、ご入学おめでとうございます。勉強に、部活に、友達作りにがんばってください!

▼坂城中学校入学式

H26坂中入学式 

4月2日(水)町内保育園で入園式

H26坂保入園式

  4月2日(水)、町内保育園の入園式が行われました。(写真は坂城保育園)

  今年度、町内の保育園と坂城幼稚園に入園するのは113名(内、南条保育園34名、坂城保育園32名、村上保育園21名、坂城幼稚園26名)の子どもたちです。新入園児たちは、新しいお友達とさっそく仲良くなり、これからの保育園生活に胸踊らせていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/05 04:58

坂城テクノセンター設立20周年パネルディスカッション

 坂城町工業の支援施設として、平成5 年に開設されたテクノセンターは、昨年11 月で設立20 周年を迎えました。

 設立20周年記念事業の一環として、下記のパネルディスカッションを開催します。

 多くの方のご参加をお願いいたします。

                    

1.日 時 平成26年4月12日(土) 14:00〜16:30

               
 パネルディスカッション終了後、サロンにて交流懇親会を予定しています。

                    

2. 場 所:坂城テクノセンター 大研修室

                   

3. 特別ゲスト

                 

 セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長鈴木敏文さん

                        

4. パネルディスカッション

                  

    〜 坂城町工業の今後の発展を考える 〜


コーディネーター:坂城町長 山村 弘


パネリスト:

                   

(株)竹内製作所代表取締役社長竹内明雄さん


宮後工業(株)代表取締役社長宮後睦雄さん


力石化工(株)代表取締役社長佐藤洋子さん

 

日精樹脂工業(株)代表取締役社長依田穂積さん


(株)桜井製作所代表取締役社長桜井雅史さん

 

詳細の内容および申し込みは以下をご覧ください。

http://www.sakaki-tc.or.jp/event/140412.pdf

                          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/04 05:40

「信州さかき」新しい観光パンフレット

 新しい観光パンフレットが出来上がりました。 「信州さかき」です。

 今回は「ねずみだいこん」、「ねずこん」・・ 「あまもっくらって」何のこと? をトップページにもってきた大胆なデザインです。

 詳細の内容は以下のサイトからダウンロードできますのでご覧ください。(PDFファイルですが多少時間がかかります。)

http://www.town.sakaki.nagano.jp/sightseeing/sakaki_kankoupamphlet.pdf

                              

 このパンフレット(紙)をご希望の方は 「すてき坂城観光協会」 もしくは坂城町産業振興課までお問い合わせください。

 電話:0268−82−3111(産業振興課)

                    

 坂城町長 山村ひろし                              

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/03 12:10

杏の花開花

 我が家の杏(あんず)の花が開花しました。

 坂城、千曲ではまだ本格的な開花には至っておりませんが、私の庭の一部の杏の木は一足先に可愛らしい花を付けました。

                

 昨年は、杏の花が開花の後、4月に入って大雪が降り、結局、杏の実がほとんどできませんでした。

 今年は温暖な気候になることを祈ります。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/03 05:46

新たなALT(外国語指導助手)の先生

 昨日(4月2日)、坂城町に新ALT(外国語指導助手)の先生として赴任された二人の先生が挨拶に来られました。

 ALT(Assistant Language Teacher)はネイティブの外国語の先生で外国語の指導助手をしていただく先生です。

 坂城中学校には前任のベン・ミンコフ先生に代わり、スペンサー・ボーデッド先生。

 村上小学校にはドナ・モリイズミ先生が配属されました。

 ドナ・モリイズミ先生には坂城町3つの小学校すべてを指導していただきます。

 小学校へALTの先生を配置するのは初めてで、長野県下でも他にあまり例の無い取り組みです。

 坂城町の子どもたちが楽しんで英語に接してもらい、外国語が好きになってもらいたいと思います。

 このネイティブ・スピーカーの先生二人のご活躍をお祈りします。

                  

左から:スペンサー・ボデッド先生、山村、ドナ・モリイズミ先生

                            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/02 17:10

坂城町の歌、ねずこんの歌 が坂城町ホームページに

 「坂城町の歌」「ねずこんの歌」が坂城町ホームページにアップされました。

 ダウンロードできますので、以下をご覧ください。 (ただし、二次使用、改造などはご遠慮願います。)

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(坂城町ホームページより)

               

「坂城町の歌」「ねずこんの歌」ができました

JASRAC許諾マーク

  坂城町文化協会が、創立30周年記念事業として歌の制作に取り組み、去る3月8日(土)に開催された発表会で、町へ歌が贈呈されました。

                 

坂城町の歌

作詞:朝倉  修
作曲:安藤由布樹

  • 1番
    山並み晴れて  雲流れ
    香りあふれる  薔薇の花
    光あふれる  ふるさとは
    明日へ架ける  夢がある
    ああうるわしき  坂城町
    生きる歓び  描くまち
  • 2番
    清き流れの  千曲川
    稲穂の波に  野の実り
    恵みあふれる  ふるさとは
    暮らし讃える  風がある
    ああたくましき  坂城町
    豊かな未来  拓くまち
  • 3番
    古き社よ  城跡よ
    神楽の舞も  華やかに
    笑顔あふれる  ふるさとは
    心の絆  愛がある
    ああほこらしき  坂城町
    幸せ共に  創るまち


ダウンロードする場合は、下記青字部分を右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」を左クリックしてください。

歌唱用楽譜(PDF)

伴奏用楽譜(PDF)

歌唱音源

伴奏音源

合唱(映像入)音源

                    

ねずこんの歌

作詞:深町  悠
作曲:安藤由布樹

  • 1番
    僕はねずこん  ねずこん  ねずこん
    坂城町のゆるキャラ  僕の町を紹介しよう
    この町には  おいしいものが  おいしいものが  いっぱいあるよ
    ねずみ大根を使った  辛い辛い  おしぼりうどん
    ぶどうとりんごもおいしいよ
    千曲川で獲れる鮎  トンネルで作る  ホワイトアスパラ  山のきのこも  おいしいよ
    僕の自慢のふるさと  坂城町が一番さ
    僕の自慢のふるさと  坂城町が最高さ
  • 2番
    僕はねずこん  ねずこん  ねずこん
    坂城町のゆるキャラ  僕の町を紹介しよう
    この町には  いろんな山が  いろんな山が  いっぱいあるよ
    自在山や葛尾山  谷間流れる  千曲川
    町中バラが咲いていて  色とりどりに飾るよ
    自然の恵みを  いっぱい受けて  山の緑も  輝くよ
    僕の自慢のふるさと  坂城町が一番さ
    僕の自慢のふるさと  坂城町が最高さ


ダウンロードする場合は、下記青字部分を右クリックして「名前をつけてリンク先を保存」を左クリックしてください。

歌唱用楽譜(PDF)

伴奏用楽譜(PDF)

歌唱音源

伴奏音源

                       

作曲家、安藤由布樹さんのご紹介

  日本作曲家協議会会員、国際芸術連盟会員、日本合唱指揮者協会会員、日本音楽家ユニオン会員、「音の絵本」代表、「ANDIAMO」など、国内外で幅広く活躍をされている作曲家で、歌詞の選考段階からアドバイスをいただき作曲されました。

                    

「坂城町の歌」制作経緯

  • 平成25年5月19日
    平成25年度文化協会総会で、協会創立30周年記念事業として「坂城町の歌」制作を決定
  • 平成25年7月3日
    第1回「坂城町の歌」制作実行委員会
    事業趣旨、制作主体、制作時期、正副実行委員長の選出
  • 平成25年8月1日〜31日
    「坂城町の歌」制作に係るアンケート実施
  • 平成25年9月19日
    第2回「坂城町の歌」制作実行委員会
    アンケート結果、歌詞募集要領、作曲家依頼、制作スケジュール
  • 平成25年10月1日〜31日
    「坂城町の歌」制作に係るアンケート結果公表
    「坂城町の歌」歌詞募集
  • 平成25年10月28日
    第3回「坂城町の歌」制作実行委員会
    作曲家  安藤由布樹氏を招いての歌詞、曲作り勉強会
  • 平成25年11月11日
    第4回「坂城町の歌」制作実行委員会
    歌詞募集結果、歌詞絞込み(48作品から11作品へ絞込み)
  • 平成25年11月25日
    第5回「坂城町の歌」制作実行委員会
    歌詞絞込み(11作品から2作品へ絞込み)、歌詞決定
  • 平成26年1月27日
    第6回「坂城町の歌」制作実行委員会
    「坂城町の歌」「ねずこんの歌」お披露目、発表会について
  • 平成26年3月8日
    「坂城町の歌」発表会開催


※「坂城町の歌」「ねずこんの歌」歌唱者
ソプラノ歌手、新南田(しなだ)ゆり

※「坂城町の歌」映像入合唱
3月8日「坂城町の歌」発表会の収録で、坂城コーラスの皆さんと町内小学生児童による合唱です。

問い合わせ先

企画政策課企画調整係

?0268-82-3111(内線225)
有線88-1018

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/01 20:40

国道18号の歩道橋(側道)は「あかさび?」

 国道18号線の鉄橋(歩道橋)の工事が完了し通行できるようになりました。

 待望の歩道ができ、安心して国道18号線脇を通行できるようになりました。

 この鉄橋は、「耐候性鋼材」という材料を使用しています。

 これは一見「あかさび」のように見えますが、普通鋼材に適量の銅、クロム、ニッケルなどの合金元素を添加する特殊な工法で鋼材表面に緻密なさび層が生成されます。

 これにより、「さび」の進展が抑制されます。これは「安定さび」とも言われます。

 工事の不具合ではありませんのでご安心ください!

                         

                             

 以下、坂城町のホームページからご覧ください。

                          

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国道18号に歩道橋(側道)ができました

国道側道橋01

  国道18号四ッ屋跨線橋側道橋(田町信号の南側、坂城町交番の北側)が、国土交通省長野国道事務所により設置されました。

  これは、しなの鉄道を跨ぐ歩道として設置されたもので、「耐候性鋼材」という材料を使用しています。「耐候性鋼材」とは、普通鋼材に適量の銅、クロム、ニッケルなどの合金元素を添加することにより、大気中で適度な乾湿の繰り返しを受けると、鋼材表面に緻密なさび層が生成される特性を有し、これにより、「さび」の進展が抑制され、塗装せずに使用することが可能な鋼材です。

  歩道は、すでに通行できますのでご利用ください。

国道側道橋02-03

           

 (以下は以前掲載した設置工事の様子)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=35149

                                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]