14/10/28 07:00

表彰受賞者来訪(塚田忠さん、山崎弘幸さん)

 昨日(10月27日)、全国町村監査委員協議会から 「町村監査功労者表彰」 を受賞された、町議会の塚田忠議員さん、ならびに全国社会教育研究大会で、「社会教育委員連合会長表彰」 を受賞された、坂城町社会教育委員の山崎弘幸さんがお出でになりお話を伺いました。

 お二人の長年にわたるご功績に敬意を表します。

 以下、詳しくは、坂城町ニュースをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山崎弘幸さんが社会教育委員全国表彰を受賞

山崎弘幸さん

▲左から、山村町長、山崎弘幸さん

  坂城町社会教育委員の山崎弘幸さんが、多年にわたり社会教育の推進に努力された功績が認められ、10月23(木)、徳島県で開催された全国社会教育研究大会において、「社会教育委員連合会長表彰」を受賞されました。

  山崎さんは、平成12年4月から、坂城町社会教育委員として活躍されており、平成19年4月からはその代表者として職務を遂行。北信地区社会教育委員連絡協議会の理事も務められています。また、坂城町青少年を育む町民会議育成部会長として、町内の各育成会の指導・助言をするとともに、地元上平地区にて、平成17年度から取り組みが開始された「上平育成会通学合宿事業」の立ち上げ、運営にも力を注いでおられます。

  今回の表彰は、全国で76名、長野県内では、山崎さんと飯田市の委員の2名が受賞されました。山崎さんは、受賞にあたり、「社会教育委員として長年務めてきて、自分自身が多くのことを勉強させてもらいました。現代の子どもたちの環境は厳しいものがありますが、若い人たちの発想を展開させ、少しでも変えられるようこれからも尽力していきたい」と今後の抱負を述べられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塚田 忠議員が町村監査委員全国表彰を受賞

山崎弘幸さん社会教育委員全国表彰

▲左から、山村町長、塚田 忠議員

  町議会の塚田 忠議員が、全国町村監査委員協議会から「町村監査功労者表彰」を受賞されました。

  今回の受賞は、塚田議員が、平成19年6月から7年間にわたり六ヶ郷用水組合における監査の円滑適正な執行と地方自治の振興発展に貢献された功績によるものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/27 11:31

銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース オープン

 「銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース」 が昨日(10月26日)、オープンしました。

 東京坂城会の総会後訪問しました。

 時間は午後4時半過ぎでしたが、1階、2階とも大勢の人で大盛況の様子でした。

 銀座に長野の拠点ができましたので、今後、いろいろなイベントも坂城町として開催していきたいと思っています。

 ぜひ、銀座NAGANOへ行ってみてください。

            

1階フロアの様子

             

2階フロアの様子

                  

「ねずみ大根」も置かれていました。

                  

右から:野池明登長野県観光部長、柳澤坂城町議会議長、山村、宮後工業(株)宮後社長、鈴木坂城町商工会長

                       

銀座NAGANO

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 1・2・4F

電話:03-6274-6015(代表)

営業時間:10:00〜20:00(1F・2F)

定休日:年末年始

          

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/27 05:25

東京坂城会第19回総会

 昨日(10月26日)、小石川後楽園「涵徳亭」で、東京坂城会第19回総会が開催されました。(東京坂城会:会長中沢隆三さん)

 約40名の方々が参加されました。 東京坂城会は坂城町ご出身の方々で、東京中心に、関東地区にお住まいの方々の会です。

 この会では年一回、総会が開催されますが、久しぶりにお会いする皆さま方とのお話に花が咲きました。

          

挨拶と最近の坂城の状況を説明する山村

                                     

御招待されたゲスト

右から:テクノハート坂城協同組合宮後理事長、坂城町議会柳澤議長、山村、鈴木坂城町商工会長

           

乾杯は「巨峰スパークリングワイン」で

               

記念講演をされた中西載慶(ことよし)先生

             

 中西先生には、「ワイン、ビールの歴史」、「人はなぜ酔うのか」などをテーマに興味深いお話をしていただきました。 尚、中西先生は、東京農業大学名誉教授で農学博士です。(上五明にある西教寺の次男さんだそうです。)

 午後1時から4時近くまで楽しい会で盛り上がりました。

 東京坂城会の役員の皆さまお疲れ様でした。

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/25 21:18

坂城町表彰ならびに文化祭開催

 本日(10月25日)、坂城町表彰式ならびに第43回文化祭が開催されました。

                     

第43回 坂城町文化祭で挨拶する山村

                   

 以下、坂城町ホームページより種々の催しをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

芸術の秋 第43回文化祭

H26クラシックコンサート

▲クラシックコンサート
左から、山村町長、海野春絵さん、甲斐摩耶さん、海野幹雄さん

  10月25日(土)、文化センター、武道館、文化の館、老人福祉センター(夢の湯)で第43回坂城町文化祭が始まりました。

  文化祭は「したしむ・つくる・ふれあう・ささえる」をテーマに、明日26日(日)までの2日間、書道、盆栽、生け花、絵画、レカンフラワー、写真、陶芸、俳句、短歌など様々な分野の芸術作品が一堂に展示されています。

  また、今年もさかきふれあい大学 教養講座として、文化祭記念クラシックコンサートが開催されました。演奏者は、毎年素晴らしい演奏を披露してくださるチェリスト・海野幹雄さん、ピアニスト・春絵さんご夫妻と、ヴァイオリニスト・甲斐摩耶さんです。今回は、美しく華やかな曲やとても重厚で迫力のある曲も演奏され、会場を訪れた約200人もの来場者の皆さんは、3人が織りなす素晴らしい演奏に酔いしれていました。


展示催し物のご案内

  • 夢の湯
    レカンフラワー、押し花、手芸・工芸作品、人形、服飾作品、折り紙  など
  • 文化センター体育館
    書道、盆栽、生け花、絵画、ちぎり絵、写真  など
  • 文化センター2階
    第32回消費生活展、ゴミ減量化推進展示、俳句の里コンクール作品、千曲坂城消防本部展示、保健センター展示
  • 武道館
    絵画、俳句、短歌、川柳、陶芸、木彫  など
  • 文化の館
    茶道  25日:表千家(堀内社中)、26日:裏千家(淡流会)
  • 町立図書館
    図書館まつり


明日は、民謡、舞踊、こども能楽、文化琴、獅子舞、歌唱、オカリナなどの芸能公演も文化センター大会議室で行われます。”芸術の秋”、”文化の秋”を味わいにぜひ会場へお越しください!

▼展示の様子

H26文化祭1日目

このページの先頭へ


10月25日(土)平成26年度坂城町表彰式

  10月25日(土)、文化センター大会議室で、平成26年度坂城町表彰式が行われました。

  表彰には「坂城町表彰」と「坂城WAZAパワーアップ事業表彰」があります。今年の表彰者はそれぞれ下記のとおりです。(敬称略)

坂城町表彰・功績表彰

  • 野口 協子
  • 青木 幹雄
  • 小林 榮子
  • 西沢 貴光
  • 盒 仁志
  • 夏目 篤典
  • 大橋 勉

坂城町表彰・職員功労表彰

  • 竹内 源一郎
  • 前沢 弘道

坂城WAZAパワーアップ事業表彰・卓越技能者表彰

  町に培われてきた高度な技能・技術の継承と修得、子どもたちへの「ものづくり教育」支援、新技術・新産業の創出や発明に対する支援などを行う「坂城WAZAパワーアップ事業(平成22年度開始)」の一環として、ものづくり分野における、優秀な技能者及び新技術の創出などをされた方々を表彰するものです。

  • デイリーフーズ(株)  眈 宏
  • (株)ヤマザキアクティブ  山 忠承

記念撮影

▼坂城町表彰
【前列左から】竹内源一郎さん、青木幹雄さん、野口協子さん、山村町長、小林榮子さん、盒郷了屬気鵑里父さん、西沢貴光さん
【後列左から】宮崎教育長、宮下副町長

H26表彰式

▲WAZAパワーアップ事業表彰
【前列左から】デイリーフーズ(株) 眈 宏さん、山村町長、(株)ヤマザキアクティブ 山忠承さん
【後列左から】宮崎教育長、宮下副町長


  町表彰、WAZAパワーアップ事業表彰とも、表彰者の皆さんの功労・功績内容については、こちらをクリック(PDF)してご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/24 10:37

上田地域産業展2014

 本日(10月24日)、「上田地域産業展2014」が上田城跡公園体育館で開催されました。(25日まで)

 この産業展では上田市、東御市、長和町、立科町、青木村、小諸市、佐久市ならびに坂城町から様々な産業が出展しています。

 今年は坂城町からは「ヤマザキアクティブ」さんが出展されました。

 商談の活性化を期待します。

                

 以下、(株)ヤマザキアクティブ社のブース前で

左から:坂城町議会総務産業常任委員長塩野入猛議員、議会議長柳澤澄議員、(株)ヤマザキアクティブ社長山崎忠承さん、山村

                 

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/21 05:29

瀬口清之さんの米国レポート

 キャノングローバル戦略研究所研究主幹の瀬口清之さんから、最新の米国レポートが来ました。 大変興味ある内容です。

 以下、ご覧ください。

---------------------------------------------------

各位

今回は9月22日から10月3日まで、米国出張に行きました。
オバマ政権はレイムダック化しつつあることに加え、11月4日投票の中間選挙を控えていることから、政治的関心が国内問題に集中しているため、外交政策について深く考える余裕がない状況にあります。

そうした状況下、オバマ大統領はシリア内のイスラム国の拠点に対する空爆に踏み切りました。これによりますますアジア外交のウェイトは低下したはずです。
一部の専門家は、アジア重視を謳ったPivot、Rebalanceといった言葉は空砲になったと言っています。ただ、今のところ、これによってアジアにおける米軍の配備が削減されるような事にはなっていないようです。

一方、中国の習近平政権は、7月29日に周永康問題にけりをつけ、党内の権力基盤の安定化を図ったはずですが、その後国内改革や外交政策面で目立った動きは見られていません。一説には解放軍改革が当面の最優先課題であり、そこに多大な時間と労力を割かなければならないため、その他の政策課題をじっくり検討することが難しいのではないかと言われています。
本当の理由は良くわかりませんが、いずれにせよ、こちらもあまり目立った動きが見られていません。

このように米中両国ともに外交面の(内政面も)動きが鈍っている状況下、日本の安倍総理は、集団的自衛権の承認、日米防衛ガイドラインの見直し、普天間基地移設への働きかけ、防衛力強化など安全保障政策面で着々と政策を前進させてます。経済政策は消費税引き上げを年内に決められるかどうかが大きな課題となっています。この間、日中関係については、APEC開催時の首脳会談実現に向け両国の要人レベルの交流が少しずつ前向きになっているように見えます。

以上のような日米中関係の状況下、今回の出張では、米国のアジア外交専門家、国際政治の専門家等と面談し、米中関係、日米関係に対する見方を中心に意見交換を行いました。
それぞれについて米国の中でも異なる意見が存在し、先行きの方向は不透明ですが、日本として何をすべきかを考える上では多くの有益な情報を得ることができたと思います。

出張報告をご一読頂いたうえ、ご意見、アドバイスを賜れれば幸いです。

キヤノングローバル戦略研究所
瀬口 清之拝

             

以下、詳細レポートのサイトです。

http://www.canon-igs.org/column/141020_seguchi.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/20 22:24

南条小学校金管バンド部「ハッピーブラス」来訪

 本日(10月20日)、南条小学校金管バンド部「ハッピーブラス」の代表の2名が来訪されました。

 「ハッピーブラス」の皆さんは相変わらず大活躍です。

 以下、坂城町ホームページからご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南小金管バンド部ハッピーブラスが東海大会へ

南小金管バンド部東海大会へ

▲左から、児玉孝義校長、山村町長、三井祥子さん、小西沙幸さん、石坂一彦先生

  南条小学校金管バンド部ハッピーブラスが、10月26日(日)に三重県松阪市で開催される「第18回東海小学校バンドフェスティバル」(主催:東海吹奏楽連盟・朝日新聞社)へ出場します。

  同部は、8月2日(土)に松本市のキッセイ文化ホールで開催された「第26回長野県小学校バンドフェスティバル」のステージ部門でワンダフルパフォーマンス賞を受賞し、長野県代表に選出されました。
  また、10月19日(日)に上田市丸子文化会館セレスホールで開催された「第50回SBCこども音楽コンクール」でも優秀賞を受賞し、26日(日)に行われる東日本大会選考会(テープ審査)に進みます。

  部長でドラムの三井祥子さんは、東海大会について、「これまで全国大会に行くことを目標に練習してきました。東海大会では、金賞を目指して、聴いてくれるお客様に感謝とハッピーを届けられる演奏をしたいです」と意気込みを話されました。また、トロンボーンの小西沙幸さんは、SBCこども音楽コンクールについて、「演奏前は緊張してしまったけど、演奏が始まったら緊張より楽しさの方が大きくなりました。演奏を楽しめたおかげで優秀賞がとれたと思います」と感想を述べられました。

  今年も大活躍の南条小金管バンド部には、今後の更なる飛躍が期待されます。東海大会でも、楽しんで最高の演奏ができるようがんばってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/19 23:05

週末いろいろ

 今週末は絶好の秋日和に恵まれ様々な行事が行われました。

 私もいろいろな催しに参加させていただきました。

 まず、18日(土)は、坂城小学校体育館に8時半に集合し、「坂城町ウォークラリー」が開催されました。 9時からは坂城駅169車両前の広場で「ふーど市」が開催。 10時からは月影寮で開催された「月影まつり」に出席し、12時45分からは上田短期大学で開催された「北野美術館お茶会」に。 15時からは坂城町文化センターのマレットゴルフ大会表彰式に、17時からはKYB-YSの中之条工場で、KYBスポーツ文化交流大会(KYBの海外の従業員を含む800名以上の方が参加)に出席しました。

 19日(日)は朝8時45分から第14回更埴地区少年剣道坂城大会、第46回坂城町剣道大会に、13時半から上平ふれあいセンターで開催された、「村上友好の集い」に出席しました。

           

 以下、いくつかの写真をご覧下さい。

坂城小学校体育館で開催された「ウォークラリー」のルール説明(小林委員長)

                  

「ふーど市」商工会の店の前で、左から:中島さん、鈴木商工会長、高山事務局長

 

169系車両での「読み聞かせ」グループの皆さん

                   

「月影祭り」でのダンスパフォーマンス

月影寮利用者の皆さん全員での「花笠音頭」

左:村上小学校4年生のリコーダー演奏、右:村上保育園の皆さんのヨサコイ

                 

KYBスポーツ文化交流大会開会式後のパーティーにて

まことに、写真が不鮮明ですが、左から:小澤KYB会長、ねずこん、山村

                     

更埴地区少年県道坂城大会(約200名、40チームが参加)

           

 また、来賓として、坂城町で長年にわたり剣道のご指導をされてこられた、谷川尭(たかし)先生もお見えになりました。 90歳にして矍鑠とされておられました。

 以下の写真は記念に配布された、谷川先生の卒寿(90歳)を記念して作られた冊子。

                

 試合の結果は、

 小学生低学年で「坂城剣道錬成会A」が優勝、「坂城剣道錬成会C」が3位に入賞。

 中学生男子の部で「坂城中学校A」が2位入賞。

 中学生女子の部で「坂城中学校B」が優勝。

 いずれも素晴らしい成績でした。

 

           

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/16 16:24

ベビーカーのプレゼント

 本日(10月16日)、本年度一回目のベビーカープレゼントを行いました。

 このベビーカーは、コンビ(株)の松浦康雄名誉会長から町にご寄贈いただいたものをご希望の方に抽選でお渡ししたものです。

 来春、ご誕生される元気なお子さん方にご利用いただければ幸いです。

                    

今回は5名の方に贈呈

 

松浦康雄さん(平成24年6月坂城経営フォーラムにて)

               

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(坂城町のニュースから)

                   

ベビーカーを当選者に贈呈

ベビーカー当選

▲左から、山かおりさん、宮原紀美子さん、山村町長、池田麻衣子さん、伊藤千秋さん、井澤 雅さんのお母さん

   10月16日(木)、保健センターで、 昨年に引き続きコンビ(株)の松浦康雄名誉会長から町にご寄贈いただいたベビーカーの第1期贈呈式が行われました。

  町では、このベビーカーを、初めての子育てに役立てていただくよう、2期に分けて希望者へ抽選での贈呈を計画しました。今回当選されたのは、山かおりさん、宮原紀美子さん、池田麻衣子さん、伊藤千秋さん、井澤 雅さんの5名です。元気な赤ちゃんを産んで初めての子育てに役立ててください!

第2期募集について

  町内に住所を有し、平成26年10月から27年3月までの間に第1子の妊娠届出をされた方を対象に、第2期の募集をします。該当される方には、応募方法についてのご案内を保健センターから送付します。今回もベビーカーを5台用意していますので、ふるってご応募ください。

問い合わせ先
保健センター  TEL82-3111(内線511)有線88-1047

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/15 21:48

なぎなた選手、神林菜月さん来訪

 本日(10月15日)、坂城町出身(入横尾)で、今週末(10月18日、19日)の第69回国民体育大会に「なぎなた」の部門で出場される小諸高校3年生の神林菜月さんが坂城町役場へ来訪され、国体出場への意気込みを語っていただきました。

             

 以下、坂城町のホームページからご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神林菜月さんがなぎなたで国体に出場します

神林さん国体出場

▲左から、山村町長、神林菜月さん、我山千枝子先生

  町出身で、小諸高校3年生の神林菜月さんが、8月24日(日)に石川県金沢市で開催された第35回北信越大会の「なぎなた  少年女子」団体で準優勝し、今週末(10月18・19日)に長崎県で開催される第69回国民体育大会へ出場します。

  明日長野を発つということで、本日(10月15日)は、町スポーツ少年団なぎなた部指導者の我山千枝子先生と一緒に山村町長を表敬訪問されました。

  団体戦は3名1組で構成されます。神林さんは、長野県大会の個人戦で優秀な成績を収めたことから県の代表に選ばれました。団体戦では、中堅をまかされているそうです。国体に向けての意気込みを聞くと、「高校生最後の国体になるので、力をつけるために今までやってきた稽古を信じて頑張りたい」と力強く話されました。本番で力を出し切れるようがんばってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/15 05:14

千曲坂城消防

 昨日(10月14日)、平成26年度第2回千曲坂城消防組合議会定例会が開催されました。(組合長は岡田千曲市長、山村は副組合長)

 主な議事は平成25年度の決算認定と平成26年度補正予算の議定です。

 平成26年度補正予算の内容は戸倉上山田消防署の一部建て替え工事にかかわる基本設計費に関するものです。(予算額3800万円)

 提出された議案はすべて原案通りに承認されましたが、議会後、御嶽山災害に関する救援活動についての話を伺いました。

 千曲坂城消防本部では木曽広域消防本部からの出動要請に対し、長野県消防相互応援協定に基づき、9月27日から10月14日現在で、すでに20名の隊員が派遣されております。 引き続き、10月30日までに計約60名の隊員が出動する計画となっています。(後方支援隊含む。全部で21班編成。各々1泊2日。)

 台風一過、再開された救援活動、本日は、警察、消防、自衛隊でこれまでで最多の約1000人、後方支援隊を含めると1890人体制の規模で再開されました。

 一日も早く不明者の方が発見されることをお祈りします。

           

 以下、望月署長から頂いた写真数枚。           

左:ヘリに乗り込む隊員たち、右:捜索活動の開始

左:ラインに並んでの捜索活動、右:宿営地の状況

                  

 以下の写真は、御嶽山に派遣されている千曲坂城消防隊員(御嶽山宿営地)と千曲坂城消防本部とを「スカイプ」(Skype)でオンラインで結んだ時の画像。

                

                   

 千曲坂城消防では、このように災害時に現地と本部を「スカイプ」で結ぶシステムが稼働しています。(10月1日から)

 以下、千曲坂城消防のホームページもご覧ください。

                      

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成26年10月1日(水)から、スマートフォンを活用した災害現場の映像中継を開始しました。


このシステムは、無料テレビ電話アプリ「スカイプ」を使用したもので、災害現場で撮影している映像を、通信指令室のパソコンに接続された大型ディスプレイ(42型)に映し出されるものです。撮影者は、災害現場で活動ができるよう、胸ポケットにスマートフォンを入れて撮影します。また、胸ポケットに入れて撮影するための専用のケースを使用しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/14 12:10

年輪年代測定法 (見性寺「天神像」に関して)

 昨日(10月13日)、千曲市新山の見性寺(住職:田崎俊孝さん)で「年輪年代測定法」に関する講演がありました。

 講師は、奈良文化財研究所客員研究員光谷拓実先生と(公財)文化財建造物保存技術協会加藤修治先生

                   

 本講演の目的の一つに、見性寺さんで永年保存されている、「天神像」という木像がいつごろ作成されたのかを、この年輪年代測定法で調べようというものです。

            

「天神像」 台座も入れて40センチ程度

              

 年輪年代測定法というのは、樹木の年輪を使った年代測定法で、誤差のない年代値が得られる素晴らしい手法です。

 昨日は、この分野で日本を代表される研究者の奈良文化財研究所光谷拓実先生と(公財)文化財建造物保存技術協会加藤修治先生にお話を伺いました。

 とにかく、樹木の年輪パターンさえ取得できればその樹がいつ、どこの場所で伐採されたか、ということがたちどころに判明するそうです。 

 従って、彫刻でも、建造物でも数年の差で推定できるとのことです。(伐採されてから、製作されるまでの寝かしの期間がその差になります。)

長期の暦年標準パターン(光谷先生の資料から)

            

 上図のように、素材の年輪を暦年標準パターンに当てはめると樹木の種類によっては、紀元前1500年ほどまで遡れるそうです。

 光谷先生はこの手法で全国の古建築や仏像など数多く調査され、長野県でも、安楽時八角三重塔、大法寺三重塔などの国宝、重文などの年代測定をされています。

 なかでも、国宝安楽時八角三重塔の建築部材からは、1289年の伐採年が明らかになり、日本最古の禅宗様建築として大きく評価されたそうです。

               

右:光谷拓実先生

 

右:文化財建造物保存協会、加藤修治先生

            

 加藤先生からは上小地区の古建築物の年輪年代測定結果についてのお話のほか、現在、担当されている姫路城大天守閣修理工事の状況、平城京跡第一次大極殿正殿復原工事の状況などについての説明もありました。

          

 さて、「天神像」についての判定結果ですが、天神像本体の測定は難しかったとのことですが、台座については、1467年以降という結果が出ました。

 したがって、この「天神像」は今から約550年前に伐採された樹により作られたものであることが推定されました。

 年輪さえ確認できればピタッと製作年が特定できる素晴らしい手法だと思いました。(放射線炭素年代測定法では誤差が数十年から数百年あります。)

 光谷先生、加藤先生のますますのご活躍を祈念します。

                  

 坂城町長 山村ひろし    

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/11 19:44

第27回福祉ふれあいのつどい

 本日(10月11日)、素晴らしい晴天の中、坂城町社会福祉協議会主催の、「第27回福祉ふれあいのつどい」 が開催されました。

 坂城町関連の34団体の皆さんと多くのボランティアの方々の大変なご努力のなかで盛大に開催されました。

                      

 昨日、ノーベル平和賞に、若者や子供たちの権利を守る活動を続けているパキスタンの少女、マララ・ユスフザイさんと、インドの人権活動家カイラシュ・サティヤルさんの二人が選ばれました。

 今までのノーベル平和賞は、故佐藤栄首相やオバマ大統領など政治的な貢献により選ばれた人が多かったのですが、今年はこのように身を呈して福祉活動に献身的な活動をされている二人が選ばれました。 この意義は大変大きいと思います。

 このような思いを持って本日の「福祉ふれあいのつどい」に参加しました。

 今後とも、坂城町社会福祉協議会の皆さんとともに坂城町の福祉行政推進に全力をあげて取り組んでまいります。

                       

挨拶する山村

           

 以下、坂城町ホームページより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第27回福祉ふれあいのつどい

福祉ふれあいのつどい

  10月11日(土)、老人福祉センター夢の湯で、「第27回福祉ふれあいのつどい」が開催されました。

  このイベントは多くのコーナーを楽しみながら、あらゆる年代の人たちとの交流を通じて、町の福祉やボランティア活動を知ってもらうために毎年開催されています。今年も、チャリティーバザーや各種販売、福祉体験、キッズコーナーなどのほか、もちつき大会などのミニイベントも実施され、大勢の方が来場されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/10 18:02

坂城町国道バイパス、県道整備促進期成同盟会総会

 本日(10月10日)、平成26年度 坂城町国道バイパス、県道整備促進期成同盟会総会が開催されました。(会長:山村弘)

                   

開会にあたり挨拶する山村

                

 本期成同盟会は坂城更埴バイパスならびに県道の建設・整備についての促進を国土交通省、長野県に対して促す期成同盟会です。

 なかなか時間のかかる活動ですが、根気強く関係各方面への働きかけを行う必要があります。

 国道18号坂城更埴バイパスの坂城町区間(3.8Km)についてはあと、6、7年後には完成となります。(東京オリンピックの年にはかなりの部分が完成しているのでは。) 今年度はいよいよ、地元の皆様の合意を得て、用地買収に向けて進みだす段階となりました。 

 本日の総会では、平成25年度の活動報告と、平成26年度の活動方針について確認をしていただき、引き続いて国土交通省関東整備局長野国道事務所の森調査課長から国土交通省の取組ならびに最近の状況について講義をしていただきました。

           

国土交通省の取組について説明される森課長

              

                       

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/08 20:26

平成26年度「チャレンジSAKAKI」表彰

 坂城町では、平成23年度から、職員の提案による、今後の町づくりや住民サービスの向上へ向けた意見を募り、それらを検討・精査して、実現できるものから順次取り組む「チャレンジSAKAKI」を進めてまいりました。

 自らが考え、組織を超えたチーム編成でじっくりと取り組んだいずれも素晴らしいテーマです。

                      

               

 今回、表彰されたチームは以下の通りです。

            

 1.坂城駅へのエレベーター設置チーム

   (坂城駅へのエレベーター設置ならびに駅周辺のバリアフリー化の推進 代表:宮下雅敏)

 

 2.紙類の分別簡略化チーム

   (わかりやすくゴミの減量化推進 代表:池上浩)

          

 3.坂城町の若者・子育て世代支援プログラム推進チーム

   (坂城町への移住推進、子育て支援など、坂城町の総合的施策をわかりやすく説明 代表:山崎直子)

 

 4.役場庁舎への木質ペレットボイラー設置チーム

    (スマート・タウン坂城プロジェクトの一環、長野県では初めて役場庁舎に木質ペレットボイラーを設置 代表:竹内祐一)

        

 5.小学校への英語指導講師の配置チーム

  (坂城町独自の小学校での英語教育推進 代表:堀内弘達)

      

 各チームには表彰状と副賞の目録が贈呈されました。(賞品はこれから発売される今年の坂城町巨峰ヌーボーワインです!)

                 

 以下は新たな 「チャレンジSAKAKI 4」 のチャートです。

 これからも、まだまだチャレンジが続きます。

                      

    

  チャレンジSAKAKIH26                    

             

 チャレンジSAKAKIについては、以下をクリックして下さい。

     チャレンジSAKAKI

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/06 12:22

坂城町 町民運動会は残念ながら中止に

 昨日(10月5日)、第54回町民運動会及び第36回交通安全町民大会は、台風18号の接近に伴う降雨により開会式のみが行われ、競技は残念ながら中止となりましたが、「町民運動会レクリエーション・軽スポーツ交流」は、文化センター体育館で予定通り開催されました。

 また、各分館では各々各地でスポーツ大会を開催されたようです。

町民運動会 入場と整列

 以下、坂城町ニュースより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

レクリエーション・軽スポーツ交流

軽スポーツ

▲レクリエーション・軽スポーツ交流

  10月5日(日)に開催が予定されていた、第54回町民運動会及び第36回交通安全町民大会は、台風18号の接近に伴う降雨により開会式のみが行われ、競技は残念ながら中止となりましたが、「町民運動会レクリエーション・軽スポーツ交流」は、文化センター体育館で予定通り開催されました。

  これは、障がい者と町民がレクリエーションや軽スポーツを通じて交流することで、障がい者への理解を深めるとともに、障がい者の積極的な社会参加を促し、地域で生き生きと暮らせる共生のまちづくりを目指すために、昨年から実施されています。今年は、健康運動指導士でエアロビインストラクターの山千枝さんと長野県障がい者福祉センター「サンアップル」の矢萌斗さんの指導のもと、リズム体操、ポケネット、ボッチャ、風船バレーなどを行い、子どもから大人まで大勢の方が参加され、気持ちのよい汗をかいていらっしゃいました。


  また、運動会は中止となりましたが、分館によっては、小学校の体育館でビーチボールバレー大会が行われました。こちらでも、皆さん張り切って運動をされ、懇親会と合わせて地区内の親睦を深めておられました。

▼横町区・立町区(坂城小学校体育館)

bビーチボールバレー 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/04 16:20

「さかき ものづくり展」開催

 10月3日、4日と 「さかき ものづくり展」 が開催されました。

 坂城町での工業展は9年ぶりの開催となりましたが、両日とも大勢の来場者があり大盛況でした。

 坂城町内企業30社の出展がありましたが、それぞれ最新の製品発表があり工業の町坂城の勢いを存分に見せていただきました。

左から:テクノセンター栗林理事長、山村

         

若林健太参議院議員も駆けつけてくれました。

左:栗林理事長、ねずこんと 右:西澤電機計器製作所社長と

        

 以下、「さかき ものづくり展」 の様子を坂城町ニュースよりご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さかき ものづくり展

ものづくり展01

  10月3日(金)、4日(土)の2日間、坂城テクノセンターの開館20周年を契機に、坂城町工業の更なる発展と技術の継承を目指して、町のものづくり技術を町内外に発信する「さかき ものづくり展」(主催:公益財団法人さかきテクノセンター)が、坂城テクノセンターをメイン会場に開催されています。

  会場では、伝統の技と新しいビジョンで世界にはばたく、町内のものづくり企業精鋭30社が、各ブースごとにその技術や製品を展示するほか、3Dプリンタの造形実演やアザラシ型メンタルコミットロボットのデモンストレーションなどが行われ、企業関係者はもとより、一般の方、見学に来た町内小学生など、大勢の来場者が訪れていました。

ものづくり展02

  3日(金)は、「中小企業の連携による地域活性化支援に向けて」と題して、さかき技術交流研究会前代表幹事(神田木型製作所代表)の神田吉友さん、(公財)さかきテクノセンターアドバイザーの植木芳茂さん、(株)ヤマザキアクティブ代表取締役社長の山崎忠承さん、(株)西澤電機計器製作所代表取締役社長の西澤孝枝さんに、企業連携、産学官連携による開発事例の紹介をしていただきました。

▼「中小企業の連携による地域活性化支援に向けて」

ものづくり展03

  また、坂城勤労者総合福祉センターでは、「ものづくり産業講演会」が開催され、日野自動車(株)取締役・専務役員(元トヨタ自動車(株)常務役員・上五明出身)の鈴木賢二さんを講師にお迎えし、『今後の日本企業に求められるもの  〜自動車産業に従事して思うこと〜』を演題にご講演をいただきました。

  鈴木さんは、自動車産業の特性、日本の自動車メーカーが成長した背景、現在の自動車市場を取り巻く環境から、今の自動車産業には、開発・市場適合の効率化、コスト差・品質差への対応、高度な次世代技術の開発などが必要だと話されました。そして、今後の日本企業に求められるものは、少子高齢化社会への対応、得意分野の見極めと投資、人材育成とのことで、なにより「カネよりは人と技術を残すことが大事」だと、会場に集まった企業関係者の皆さんにエールをおくられました。

▼鈴木賢二さん

ものづくり展04 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[3 ]   トラックバック[0] 

14/10/01 21:23

長野大学生による坂城町パンフレット

 テクノハート坂城協同組合(理事長:宮後睦雄)と長野大学が連携し、今年の4月から製作を進めてきた 「坂城町工業案内パンフレット」 が完成し長野大学の学生さんから、本日(10月1日)受領致しました。

 今週、3日、4日と開催される 「さかき ものづくり展」 に早速、利用させていただきます。

                   

 なかなか元気のある、素晴らしいデザインで感激しました。

 以下、その様子を坂城町ニュースからご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂城町工業案内パンフレットができました

工業案内パンフレット01

▲左から、滝沢 啓さん、前川智志さん、郭 庚熙さん、長野大学企業情報学部 兎 在勇教授、山村町長、高橋真央さん、土田ひかりさん

  テクノハート坂城協同組合(理事長:宮後睦雄)と長野大学が連携し、今年の4月から製作を進めてきた「坂城町工業案内パンフレット」が完成し、10月1日(水)、学生から山村町長へ手渡されました。

  同大学は、坂城町との実践モデル都市に関する協定に基づく連携協定校であり、このパンフレット製作にあたっては、同大学社会福祉学部の中村英三教授と企業情報学部の兎 在勇教授とその学生たちにご協力をいただきました。

  パンフレットには、町の工業の概要、支援機関案内のほか、学生たちによるものづくり企業案内などが掲載されています。学生たちは、実際に町内企業を取材して、坂城の持つ技術力の高さ、会社の雰囲気などを知り、また、経営者の皆さんの熱い思いに触れ、「坂城町の可能性を再発見」されたそうです。

  このパンフレットは、10月3日(金)、4日(土)に坂城テクノセンターで開催される「さかきものづくり展」で配布され、町外でも坂城町の工業PRに幅広く活用する予定です。(後日、町ホームページにも掲載します)


▼パンフレットのパネル

工業案内パンフレット02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]