14/12/01 11:15

平成26年第4回坂城町議会定例会招集あいさつ

 本日(12月1日)、平成26年第4回坂城町議会定例会が招集されました。

 以下、招集あいさつを掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成26年第4回坂城町議会定例会招集あいさつ

 

 本日ここに、平成26年 第4回 坂城町議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様全員のご出席をいただき開会できますことを心から御礼申し上げます。

 

さて、先月22日(土)の夜、長野県北部を震源とする震度6弱の地震が発生し、激しい揺れが白馬村、小谷村などを襲い、家屋の全壊が47棟、半壊及び一部損壊が約400棟に上り、負傷者も重傷者含め45人にのぼるなど大きな被害が起こりました。

 町では地震直後、職員が町内のパトロールにあたり、町施設及び福祉施設の点検を行うと共に、千曲坂城消防組合坂城消防署とも連携して町内の被害状況を確認いたしました。

また、翌朝、再度、道路及び各施設等を点検し、朝8時に各課長を招集する中で、点検状況の報告を受けております。

 幸いにして坂城町では、被害はありませんでしたが、今後しばらくは余震が続くと思いますので、引き続き、災害時における迅速な初動体制の確保に努めてまいります。

なお、被災された皆様には、心からお見舞いを申し上げますと共に1日も早く復旧され、元の生活に戻られることをお祈り申し上げます。

 

続きまして、福島県に葛尾村という人口1,500人ほどの村があります。以前、村上サミットにも参加いただいたことがある坂城町とは縁がある村であります。

先月9日(日)、10日(月)と、福島県の原発事故により全村避難が続く、この葛尾村の皆さんが大勢お住まいになっている仮設住宅と仮設役場を坂城ライオンズクラブ、坂城町民生児童委員の皆さんを始め役場職員も含め、ご賛同をいただいた総勢31名で訪問し、炊き出しやマッサージ、歯科治療、学校の草刈りなどボランティア活動を行って参りました。

 葛尾村の皆さんが一日も早く以前の生活に戻られることを祈りつつ、また、葛尾村の皆さんの一助になればとの思いで、ボランティア活動を行って参りました。

 

さて、国会では、先月21日に衆議院が解散され、明日2日に公示、14日(日)に投開票が実施されることになりました。

来年10月に予定されていた消費税率の8%から10%への引き上げの延期が大きく取り沙汰されておりますが、何より、今後の日本の財政再建や社会保障の充実といった問題、また、デフレ脱却に向けた経済対策、地方創生など山積する課題に対し、その将来像をどのように描くのか、そのための国民的な議論の契機となることを強く望むものであります。

 

 世界に目を向けますと、アメリカにおいても先月中間選挙が実施され、与党民主党が大幅に議席を減らし、野党共和党が上下両院で多数派となりました。

 民主党の敗北でオバマ政権の対日政策、特に環太平洋連携協定(TPP)をめぐる交渉にも影響が及ぶ可能性もあると考えます。

また、世界経済に与える影響についても、今後の動向を注視する必要があります。

 ユーロ圏では不振が続き、世界第2位の経済大国となった中国においても、この7月から9月までのGDP成長率が5年半ぶりの低水準にとどまるなど、世界経済において減速感が表れる中、アメリカでは、堅調な個人消費や企業の設備投資に支えられ、比較的安定した回復の足取りを続けておりました。

 中間選挙の結果、オバマ政権の運営が難しくなることにより経済政策が停滞するようなことがあれば、世界経済に大きな影響を及ぼし、日本国内の景気の下振れリスクにもなることが懸念されます。

 

 国内の動向につきましては、内閣府が先月発表いたしました7月から9月のGDPは、実質の年率換算で前期比1.6%減となり、2期連続のマイナス成長となりました。4月の消費税の引上げや夏場の天候不順により個人消費が想定より冷え込んだこと、また、企業の在庫調整の動きによりGDPが伸び悩んだものとみられております。 10月から12月期では持ち直すとの見方も多くありますが、世界経済が減速する中、不透明感も強まっております。

 

このような中、11月20日(木)、商工会主催で町内の主だった企業経営者の皆さんにご参加いただき、「地域経済懇話会」が開催されました。今年は、財務省 関東財務局 長野財務事務所の新井所長さんをお招きし、「最近の日本及び県内の経済情勢」というタイムリーなテーマでご講演をいただきました。私も町で進めている取り組みや実施計画における主要事業についてお話をさせていただきました。

企業の皆さんからは、新工場の建設や新しい生産ラインの設置などの設備投資の状況や海外での様子など、活発な経営活動を行っているお話をしていただき大変心強く感じたところであります。

また、人材確保や女性の働きやすい環境づくりなど町への要望もお寄せいただきました。今後、町の施策に反映させてまいりたいと考えます。

 

また、町の企業支援といたしましては、坂城テクノセンター開館20周年を記念し、10月3日、4日の両日にかけて開催されました、「さかきものづくり展」や「東京ビックサイト」で毎年6月に行われる「機械要素技術展」などへの出展支援等を行うなかで、坂城町の企業の優れた技術と製品を全国に発信していく機会を、企業の皆さんや関係団体と相談しながら、今後も設けてまいりたいと考えております。

 

続いて、26年度の事業の進捗状況について述べさせていただきます。

 

 最初に、11月14日(金)、坂城町第5次長期総合計画に係る実施計画の策定懇話会を開催いたしました。

 今回策定の平成27年度から29年度にかけての実施計画は、前期5か年の総括と後期計画へ引き継ぐ節目の計画となる中で、議会をはじめ企業、教育、福祉など、各分野を代表される皆さんからお寄せいただいた、貴重なご意見を反映しながら、来年3月をめどに計画策定を進めてまいります。

 

 11月15日(土)、坂城町振興公社が「2014年巨峰ロゼワイン」を発売いたしました。坂城町産の巨峰による定番商品に加え、今年度から新たに360mlのデミボトルも商品化いたしました。

 気軽にワインをお楽しみいただき、ご贈答などにもご利用いただければと思います。

 

 11月29日(土)、町民一人ひとりが共に認め合い支え合う、「人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会」を開催いたしました。

 本年度は人権週間にちなんで、「全国中学生人権作文コンテスト上田大会」の優秀作品に選考された、坂城中学校の生徒による朗読発表と、網膜の病気により視覚障害を乗り越えて活躍されている声楽家、田中玲子さんをお招きし「目が見えない、これが私の個性です」と題しての講演とライブコンサートを開催する中で、人権共生のまちづくりに向けての思いを新たにいたしました。

 

本年4月の消費税率の引上げに伴い、所得の低い方や子育て世帯の方への負担軽減のために支給される、臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特別給付金につきましては、10月15日までを申請期間として事業実施をいたしました。

しかし、未申請の方が多くいることから12月26日まで期間の延長をいたしましたので、申請をされていない方はお早めに提出をいただきたいと思います。

 

町では、一層の婚活支援を推進するため、今年度ヤングヒューマンネットワーク事業への補助金を増額いたしました。

11月8日(土)には、町社会福祉協議会による単独実施となる婚活イベントとしては、初めてのカクテルパーティーを開催いたしました。

男性12名、女性14名が参加し、2組のカップルが誕生いたしました。今後、お付き合いが深まることを期待するとともに、町といたしましても、引き続き、婚活支援に取り組んでまいりたいと考えております。

 

国民健康保険の特定検診につきましては、受診率の向上に努めております。

その一つの方策として、今年度、新たに開始いたしました「40歳スタート健診」につきましては、全ての対象者を訪問し周知を図ってまいりました。

また、11月から各区を訪問し「健康づくり講座」を開催しております。

生活習慣病の予防や食事の大切さについて、また、健康診断の重要性をお知らせする中で、住民の皆さんの健康増進のため、啓発活動に努めてまいりたいと考えております。

 

町商工会商業部会では、9月27日、10月18日、11月15日と3回にわたり、「坂城駅前ふーど市」を実施いたしました。

特に、第3回目となります11月15日(土)の「ふーど市」には、過去最大の21店舗が出店し、徐々に規模も大きくなってきております。このイベントが契機となり、町の商業が活性化していくことを期待しております。

 

10月29日(水)、テクノセンターで、「第3回坂城経営フォーラム」が開催されました。

 今回は、独立行政法人 経済産業研究所 所長の藤田昌久さんを講師にお迎えし、「全員参加で輝く坂城の未来を創ろう」を演題に講演をいただきました。

 その中で特に、「全員参加による地域の活性化」を提唱され、企業だけでなく、農業、商業分野、また、高齢者も含めた全員で活性化を図り、また、住んでいる人が地域を愛し、わくわくして楽しい地域づくりが重要とも話されました。

 

坂城町のマスコットキャラクターとしてPRに頑張っている“ねずこん”ですが、今年はグランプリには参加せず、“ねずこん”を使ったグッズや“ねずこん”を活用したアイディアを応募していただく「ねずこんアイディアコンテスト」略して「ねずコン」を開催いたしました。

おかげさまで、町内、県内外から「今すぐほしい、かわいい」グッズから「もしもあったら・・・」の夢企画まで、合わせて535件ものアイディアが寄せられました。たくさんのアイディアを応募してくださった方々に深く感謝するところであります。

535件のアイディアにつきましては、厳正な審査を行い、最優秀賞、優秀賞、そして特別賞を決定し、11月15日(土)に開催された、「第6回ねずみ大根まつり」の開会式において表彰をさせていただきました。

埼玉県や長野市、上田市の受賞者の方も坂城にお越しいただき、また、受賞された方のご家族もお越しになるなど、たいへん賑やかな表彰式になりました。

今後は、皆さまのアイディアがひとつでも多く、新しいグッズや企画として実現できるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 

 なお、「ねずみ大根まつり」につきましては、若干寒い日となりましたが、メイン会場である「さかき地場産直売所」では「あいさい」特製の手打ちうどんを使った「おしぼりうどん」のお振る舞いや「ねずみ大根早おしぼりレース」などのイベントを行い、ねずみ大根の収穫体験には230名の方に参加していただくなど、盛大に開催することができました。

今後も引き続き、坂城町の伝統野菜である「ねずみ大根」のPRを推進してまいりたいと考えております。

 

国道バイパスにつきましては、本年度、土地所有者の皆さんなどに対し説明会を開催し、11月下旬から境界立会いを実施しているところであります。

11月18日(火)には、新国道上田篠ノ井間建設促進期成同盟会(坂城町・千曲市・長野市)と上田バイパス第二期工区建設促進期成同盟会(上田市・東御市)が合同で、関係部門並びに太田昭宏国土交通大臣、宮下一郎財務副大臣に面会し、早期完成の要望活動を行ったところであります。

町独自でも、引き続き、要望活動を行うなど、一日も早い完成に向け努力してまいりたいと考えております。

 

町道の除雪につきましては、本年2月の大雪を教訓として、循環バス路線や町内の主要施設へのアクセス道路を優先し、迅速に除雪を行うため、昨年度と比較して大幅に増額をした補正予算を今議会に計上いたしました。

また、今年度から、豪雪時に備えて、県と連携し、県が保有する大型除雪機械の導入を柱とした県道と町道の相互除雪を実施し、初動体制の強化を図り効率的な除雪を行ってまいります。

しかしながら、身近な生活道路につきましては、住民の皆さんのご協力による除雪対応が必要となります。地域の生活道路が、安全に通行できますよう町民の皆さんのご協力をお願いいたします。

 

12月19日()、登録型配信メール「坂城町すぐメール」の運用を開始いたします。

 災害発生や避難指示などの防災情報、警察・消防署からの安心安全情報、町からの行政情報など、事前の登録が必要ではありますが、お持ちの携帯やスマートフォンで受け取ることができます。広報

12月号に登録方法の手順を掲載いたしましたので、大勢の皆さんに登録いただきますようお願いいたします。

 

 10月28日()、役場庁舎内の防災訓練の一環として、町内のAEDを設置している他の公共施設の職員も含めて、AED講習会を実施いたしました。

 AEDにつきましては、役場庁舎のほか、各保育園、文化センター、びんぐし湯さん館など各施設に設置しており、安心して施設をご利用いただけるよう周知すると共に、今後も職員の研修に努めてまいりたいと考えております。

 

 10月31日(金)、(株)都筑製作所さんからポータブル発電機を5台寄贈いただきました。この発電機は、カセットボンベ2本で約2時間半の運転が可能であり、操作も簡単で、持ち運びにも優れております。今後、各種イベントに役立ててまいりたいと考えております。

 また、坂城防災センター、南条資機材庫、村上備蓄庫にも1台ずつ配備いたしました。緊急災害時の備えとしても大きな期待を寄せるところであります。

 

10月25日(土)、26日(日)、第43回坂城町文化祭が文化センターをはじめ4会場で開催され、数多くの作品が出品され盛況でした。

また、25日の午後には、文化祭記念クラシックコンサートを開催いたしました。会場を訪れた約200人の皆さんは、素晴らしい演奏を堪能されました。

 

11月1日(土)、さかきふれあい大学教養講座として、聖心女子大学教授で、国際コミュニオン学会名誉会長の鈴木秀子さんによる「幸せに生きるための秘訣」と題した講演会を文化センターで開催いたしました。

鈴木さんからは東日本大震災などの被災地を訪れた際の経験などから、人間の優しさなどのお話があり、日常の生活を見直す貴重な機会となったのではないかと感じたところであります。

 

 11月16日(日)、映画「じんじん」の上映会が文化センターで行われました。総務省で後援するこの映画については、「町青少年を育む町民会議」が母体となり、多くの関係団体に実行委員としてご参画いただき、午前、午後の2回の上映に約400人にご来場いただきました。北海道を舞台に、絵本が繋いだ親子の絆を描いた作品を熱心に鑑賞し、その温かさに会場全体が包まれたところであります。 

 

 以上、26年度の主な事業の進捗状況について申し上げました。

 

 今議会に審議をお願いする案件は、専決報告が2件、条例の新設が5件、条例の一部改正が2件、指定管理者の指定が1件、一般会計及び下水道事業特別会計、介護保険特別会計の補正予算の計13件でございます。よろしくご審議を賜り、ご決定賜りますようお願い申しあげまして招集のあいさつといたします。

・・・・・・・・・・・・・

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]