14/02/05 08:55

瀬口清之さんの中国レポート

 キャノングローバル戦略研究所研究主幹の瀬口清之さんから最新の中国レポートが来ました。

 日中の政治情勢は過去にないほど険悪な状況になっていますが、今のところ中国政府は比較的冷静な態度をとっており、「政経分離」の方針も堅持しているようです。

 以下のサイトで詳細のレポートをご覧下さい。

 また、下段に瀬口さんの興味あるメッセージも掲載しました。 併せてご覧ください。

http://www.canon-igs.org/column/140204_seguchi.pdf


各位

今回は1月13日から25日まで上海、広州、北京に出張しました。
出張報告の中には書き込めませんでしたが、是非お伝えしたかったのが、最近の中国人の日本旅行ブームです。
尖閣問題後、中国の旅行会社による日本ツアーの組成が制限されていたため、昨年6月までは中国人の団体旅行客の日本旅行が止まっていました。昨年7月以降解禁になり、9月以降は前年とは様変わりの訪日客数となっています。この1月末から2月上旬の春節(旧正月)休みを利用して日本に遊びに来る中国人は各航空会社の旅客輸送能力の限界に達し、北海道や東京に来る直行便の航空チケットは入手困難となりました。
上海での一番人気は北海道で、上海在住の中国人の間では「北海道に遊びに行かない理由がわからない」などと言う冗談が冗談に聞こえないほどの人気沸騰ぶりです。上海―札幌往復のチケットはエコノミーでも2万元(35万円相当)に達しました。それでも航空券が手に入ればいい方とのこと。

北海道人気の理由を尋ねると、次のような魅力が列挙されました。
1.スキーができる
2.雪景色を楽しめる
3.温泉が素晴らしい
4.料理がおいしい
5.サービスがいい
6.お土産が豊富である
7.円安でなんでも割安になっている

これだけの理由を立て続けに列挙して、「こんなに素晴らしいのに行かない理由がないでしょう?」と締めくくる。日本人なら誰が聞いても嬉しくなる話です。

日中関係は相変わらず最悪の状況が続いていますが、日中経済交流・観光旅行は政治・外交とは関係なく活発な状況が続いています。こうした交流を通じて、日本人と中国人が直接接触して理解し合うようになれば両国で広く信じられている相互に対する誤解も徐々に修正されていくと思います。
日中間の航空網をさらに充実させ、中国人に対するビザ発給手続きも簡素化して日中両国民がいつでも便利に、国内を往来するかのような手軽さで行き来できるようになれば、両国民間の心の交流と相互理解がさらに促進されるはずです。
遅くとも東京オリンピックまでには航空網のインフラ整備やビザ発給手続きの簡素化が十分進んでいくことを大いに期待したいと思います。そこからまた新たなビジネスチャンス、経済交流も生まれるはずです。

今回は安倍首相の靖国参拝の影響も重要なテーマでしたが、昨年の中国経済の総括、日本企業の対中投資姿勢の積極化などお伝えしたいテーマが多く、これまでで最も長い出張報告になってしまいました。

お時間のある時にご一読頂き、ご意見、アドバイス等頂ければ幸いに存じます。

キヤノングローバル戦略研究所
瀬口清之拝
               

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]