15/02/26 17:31

瀬口清之さんの中国レポート

 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の瀬口清之さんから最新の中国レポートです。

 いつもながら、中国各地を自分の足で歩き、客観的な観点から報告を頂いております。

 以下、ご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
各位

 今回は126日から26日まで、北京と上海に出張しましたのでその時に得られた情報を基に出張報告をお送りします。
 最近は春節(旧正月)休みを利用して日本に来ている中国人旅行客が大量の高額商品を買っている模様が連日、テレビ等で報道されています。2年前まで全く想像できなかったことが、生々しい現実として日本の国内で起きているのを日本人は目の当たりにしています。中国の国内経済の変化もこれと似たような速さで変化していますので中国によく行く日本人はそんなに驚いていないと思います。
 一方、中国の経済は減速しているというメディア報道に引きずられてあたかも中国経済のインパクトが小さくなっていくようなイメージを根強く持っている多くの日本人にとって、この中国人旅行客急増の報道はたまたま今回だけ生じたことのように感じられていることと思います。
 しかし、実際には中国のGDP2009年に日本に追いついた後、2014年には日本の2倍以上の大きさになっています。また日本企業の製品・サービスの潜在的購買層である一人当たりGDP1万ドル以上の都市に住む人口は2010年の1億人から   2015年には4億人近くになっています。この人数が潜在的な日本旅行の需要とリンクしています。
 つまり日本にとっての中国経済の規模は現在も急拡大が続いているというのが正しい認識です。
 今年は円安の影響で、徐々に対中輸出が伸びる可能性があるほか、昨年急減した対中直接投資も前年比プラスに転じるはずです。企業経営においても、政策運営においても、「中国経済減速」という言葉に惑わされず、客観的に中国経済が日本経済に与える影響を見極めていくことが必要です。
 出張報告をご一読頂き、ご意見、アドバイス等ございましたらご連絡頂ければ幸いです。


キヤノングローバル戦略研究所
瀬口 清之拝

                     

(以下、瀬口さんの中国レポート詳細)

http://www.canon-igs.org/column/150223_seguchi.pdf

                        

       

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/23 23:55

国道18号バイパス、県道建設促進要望活動

本日(2月23日)、坂城町国道バイパス、県道整備促進期成同盟会(会長:山村弘)の活動として、国土交通省ならびに長野県選出の国会議員の先生方に早期建設推進、建設予算獲得についての要望活動を行いました。

 参加された方々は、私の他、柳澤澄議会議長、塚田忠議員、塩野入猛議員、さらに地元区長の金子敏夫網掛区長、竹内次雄上五明区長、田島重章上平区長、青木知之建設課長ほかです。

 国道18号坂城バイパスは用地測量、用地買収へと進んで参ります。 そこで、今回初めて、地元区を代表して、網掛区長さん、上平区長さん、上五明区長さんにも要望活動に参加していただき地元としての各種要望を述べていただきました。

 国会開会中のため、面談のできなかった太田国土交通大臣ならびにすべての長野県選出国会議員の先生方に要望書を提出してまいりました。          

 また、木内均衆院議員には大変ご多用のところ、要望活動にもご同席いただいた他、昼食時もご一緒頂き、皆さんと種々お話を伺うことができました。 感謝申し上げます。

            

           

木内均衆院議員への要望活動

左から:塚田議員、竹内上五明区長、山村、木内均衆院議員、柳澤議長、金子網掛区長、塩野入議員、田島上平区長

               

          

国土交通省 徳山日出男技監(中央)への要望活動

             

           

国土交通省 黒田憲司道路局次長(中央)への要望活動

                    

             

要望活動終了後、国土交通省前にて

左は、長野県東京事務所課長丸山幸一さんと木内代議士秘書鈴木一弘さん

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/22 06:50

カジュアルワインセミナー

 昨日(2月21日)、坂城町びんぐし湯さん館内のレストランで坂城町出身のシニア・ソムリエ 成澤篤人さんによる「カジュアルワインセミナー」が開催されました。

 坂城町でワイン事業を初めて3年。 ワインに関心を持っていただく方々も増えてきました。 ようやく、このようなセミナーも開けるようになってきました。

           

講師の成澤敦人さん(右側)

            

 詳細については坂城町ニュースより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シニアソムリエ成澤篤人さんによるカジュアルワインセミナー

カジュアルワインセミナー01

▲成澤篤人さん

  2月21日(土)、びんぐし湯さん館内のレストランで、「カジュアルワインセミナー  〜ワインを知れば世界が広がる〜」が開催されました。

  このセミナーは、町民の皆さんにワインを身近に感じてもらい、ワインの消費拡大とともに地域素材を活かした料理の提案を含めてワインの裾野を拡げ、さかきワイナリー形成事業の推進及び地域の機運を醸成するために行われました。

  講師は、坂城町出身のシニアソムリエで、NAGANO WINE 応援団運営委員会代表の成澤篤人さん(長野市「オステリア・ガット」ほかオーナー)です。今回は、オステリア・ガットが提供する坂城の素材を活かしたコース料理と坂城の巨峰ワインや東御市など近隣地域のワインを用意。成澤さんは、ワインの基本的な知識や信州ワインバレー構想を説明し、その味わいと料理との相性を教えてくださいました。

  参加された30名の皆さんは、美味しいワインと料理に舌鼓を打ちながら、和やかな雰囲気の中で、ワインについて学習されていました。

  なお、今回の開催にあたり、コンフィチュール・ミミ・ジェラテリアにデザートを、明日の農業を考える会、坂城キタムラヴィンヤード、小山牛肉店、さかき地場産直売所「あいさい」に食材を提供していただきました。ありがとうございました。

カジュアルワインセミナー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/22 05:59

ICT教室 「プログラミング体験セミナー」

 昨日(2月21日)、坂城中学校で、小中学校生を対象とした 「坂城町ICT講座 プログラミング体験セミナー」 が開催されました。

 坂城町では、通常の学級以外に、英語、ICT(情報通信技術)の勉強に力を入れています。

 昨日は、約20名の生徒が参加して、スクラッチというソフトを使ったプログラミング学習を行いました。

 テーマはコンピュータを「使う人」から「作る人」です。

 生徒たちは自分の好きなキャラクターを選びゲームソフトなどを楽しく作成していました。

 

           

開校式で挨拶する山村、左は講師の新林先生

              

              

 坂城町長 山村ひろし          

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/22 05:10

第10回古雛祭り

 昨日から第10回古雛祭りが開催されています。(2月21日から4月5日まで)

 会場は坂城町鉄の展示館と坂木宿ふるさと歴史館を中心に、いくつかの会場で関連展示が行われています。

            

こちらをクリックでチラシ(オモテ面)(PDF)を表示

         

            

 今年の古雛展は第10回目の節目の展示会です。

 坂城町に代々残されている古雛をお預かりし、大切に展示させていただいています。

 是非、お立ち寄りください。

           

左から:坂城古雛まつり実行委員会の蒲原さん、遠山さん

               

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/20 12:04

長野地域活性化推進会議

 昨日(2月19日)、長野県合同庁舎で 「長野地域活性化推進会議」 が開催されました。

 テーマは:「長野地域における総合戦略策定にあたっての広域的な課題について」です。

 この会議には、阿部知事をはじめ、長野地域の自治体首長(長野市長、須坂市長、千曲市長、坂城町長、小布施町長、高山村長、信濃町長、小川村長、飯綱町長)などが集まり、長野地区における総合戦略策定について議論をしました。(進行:島田伸之長野地方事務所長) 

                

中央のテーブル:左から、原山企画振興部長、阿部知事、島田長野地方事務所長

                

 政府からは 「まち・ひと・しごと創生法」 の関連で各自治体に対しては積極的な提案が求められている状況です。

 各首長さんからは、「少子化対策」、「人口の社会増対策」、「人口減少下におけるまちづくり」などを中心テーマとして活発な議論が行われました。

 坂城町からは、「若者・子育て世代支援プログラムの推進」、「不妊治療費助成」、「子どもへの福祉医療費の給付について」、「第6次産業化としてのワイナリー形成事業」、「スマートタウン構想」、「新しいコミュニケーションシステムの構築」、「男女共同参画社会の推進」などの取り組みについてお話をした他、教育問題、無線ランの整備などについて意見具申、問題提起をいたしました。

 現在、各自治体では平成27年度予算が審議中で、坂城町も3月2日から町議会が開催されます。 平成26年度補正予算、27年度当初予算などが審議されます。

 政府、県、町が一体となった新たな提案が実現できるよう頑張りたいと思っています。 

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/16 22:28

「ハローアルソン」に参加された臼井さつきさん

 本日(2月16日)、フィリピンで歯科医療ボランティア活動に参加された臼井さつきさんがその報告に坂城町役場に来ていただきました。

 「ハローアルソン」の活動については以前、私のブログでもご紹介しました。

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=35617

               

 坂城ライオンズクラブでは永年に亘り、このボランティア活動を支援しておりますが、今回参加されたのは、坂城ライオンズクラブで積極に活動をされておられる、葛尾食品社長の臼井勝男さんの孫にあたる長野南高校3年生の臼井さつきさんです。

              

左から:山村、臼井さつきさん、臼井勝男さん

                  

 フィリピンでは、日本ではなかなか経験できない、つらく、悲しい、しかしながら、素晴らしい経験をされたことと思います。

 以下、坂城町ニュースからご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

臼井さつきさんがフィリピンで歯科医療ボランティア活動に参加

臼井さつきさん

▲左から、山村町長、臼井さつきさん

  町出身で長野南高校3年生の臼井さつきさんが、2月6日〜10日まで、「フィリピン医療を考える会 ハローアルソン」のボランティア活動に参加されました。

  ハローアルソンとは、「恵まれない子供達に笑顔を」を合言葉に、フィリピンで歯科医療を通じて心の通った文化交流をし、生活レベルの向上や国境を越えた温かい医療活動を目指している団体です。現地での活動は今年で14回目となり、今回は、全国から歯科医師、歯科衛生士などの医療従事者のほか、高校生ボランティアを含む約90名(県内の高校生は9名)の皆さんが参加されました。

  臼井さんは坂城町で初めてこの活動に参加。フィリピンのマニラ周辺のスラム街で、歯科医療の補助や日本からの歯ブラシ、タオルなどの支援物資の搬送を行いました。子どもからお年寄りまで大勢の方の治療に接し、「治療後に言われるお礼や笑顔がとてもうれしかったです。また、フィリピンの人たちが、家族や友達ととても仲が良い様子を見て、身近な人の大切さと、日本で当たり前のようにある生活に感謝しなければいけないことを学びました」と話されました。

  また、今回の活動の報告をする「フィリピンアクティビティー発表の集い」が、3月29日(日)【開場:午後0時30分  開演:午後1時】に坂城テクノセンターで開催されます。臼井さんほか高校生の生の声をお聞きください(賛助金1,000円が必要)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/16 21:06

杜こなて著 『「君が代」日本文化史から読み解く』

 「杜こなて」は、御夫婦で作曲家の吉田耕一さん+長与恵子さんの共用の名前ですが、このたび、『「君が代」日本文化史から読み解く』 という大変興味ある、チャレンジングな本を出版されました。(平凡社新書)

          

           

 杜こなて(♂)(吉田耕一)さんは、慶応義塾大学経済学部を卒業し、CBSソニーレコードのディレクターを経て音楽評論家、作曲家活動をされていますが、私と慶応の同年で、同じクラブ(MRK:三田レコード鑑賞会というちょっと変わったクラブ)の代表をしていました。 当時から、ユニークな論評を数多く書いていましたが、最近では、 「チャップリンと音楽狂時代」 など素晴らしい作品を書いています。

 その彼が、思いもよらず、「君が代」に挑戦したのでどんな本なのかと興味深く拝見しましたが、なかなか奥深く、幅広く研究していて今までになかった「君が代論」になっています。

 何よりも、我々は日常的に歌っている 「国家:君が代」 について多くを知りません。

 「君が代」は古今和歌集の詠み人知らずの短歌として紹介され、皇室の永続性の象徴としてとらえられることが一般的のようです。

 しかしながら、今回の杜こなてさんの本では、日本人が「君が代」をどのように扱い、どのように「愛し」、どのように、「日常的」に歌い続けてきたかについて論じています。

 古今和歌集以来、どのように歌い継がれてきたか、庶民のなかで、宴席や、祝い事、謡い、浄瑠璃、長唄、歌舞伎、などなどあらゆる場面で歌われてきたようです。

 従って、日本の近世までは 「君が代」 は決して「大君」や「天皇」のみを直接的に表現するのではなく、祝い唄の全国的なポピュラーソングであったというのです。

             

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(平凡社解説から)

古くから謡い、唄われつづけ、明治になって新しい旋律が付け加えられた「君が代」を、日本文化の伝統のなかに位置づけつつ、社会や政治との関わりとともに考察する。「君が代」を不幸な固定観点から開放し、新しい視点のもとに見直す画期的な試み。平安を寿ぐ歌であった「君が代」を文化史の流れに位置づける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                    

 大変、興味ある本です。 是非、ご一読をおすすめします。           

                     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/16 12:07

第28回分館対抗球技大会

 昨日(2月15日)、坂城町文化センター体育館で、第28回分館対抗球技大会が開催されました。(スマイルボウリング)

 朝からの大雪、昨年の二の舞となって大会が中止になるのではないかと心配しましたが、坂城町の人々は元気そのものです。

 8時30分の開会式には、27区全部から73チーム、550名が参加されました。

 年齢も10歳から88歳までの皆さんが参加です。 (85歳以上で参加された方10名に特別表彰も行われました。)

              

 この今回で28回目を迎える、球技大会、以前はソフトバレー他のスポーツも開催されたようですが、現在では老若男女が楽しめるスマイルボウリングでの開催となりました。 

                

(スマイルボウリングとは)

http://business4.plala.or.jp/kiryu-ta/newsports/sumairu-bouring.html

                          

 550名の皆さんは雪の降る中、午前中、チームごと全力を出され頑張りました。

             

挨拶する山村

         

熱気あふれる会場の様子

               

 坂城町ではこのように町民全員参加で行われる催しがたくさんあります。

 素晴らしいことですね。

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/15 11:11

輝く女性応援座談会

 昨日(2月14日)、坂城町の主催で 「輝く女性応援座談会」 が開催されました。

 これは、先日開催されました、「輝く女性パワーアッププログラム」(http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=38777) に続く、第二弾ですが、今回は長野大学環境ツーリズム学部の古田睦美教授をお迎えし、ワークショップという形で実施いたしました。

                   

挨拶する山村

                 

 坂城町には 「輝く女性」 は多勢おられます。 しかしながら、もっともっといろいろな場面で登場していただく 「場」 が少ないように思われます。

 今回のワークショップでは貴重なご意見が多く出されました。 参考にさせていただきたいと思っています。

 詳しくは、以下の坂城町ニュースをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「輝く女性」応援座談会

輝く女性応援座談会

  2月14日(土)、文化センターで、輝く女性パワーアッププロジェクト「輝く女性応援座談会  〜考えよう、夢・仕事・いきがい〜」が長野県地域発元気づくり支援金を活用して開催されました。

  町では、男女共同参画社会の実現に向けて、今年度は「輝く女性パワーアッププロジェクト」と銘打って取り組んでいます。今回は、座長に長野大学環境ツーリズム学部の古田睦美教授をお迎えし、町が昨年秋に町内の中高生と20代〜40代の女性を対象に実施した「将来の夢、就職、結婚、子育て、働く女性の支援など」についてのアンケート結果をもとにワークショップ方式で座談会を行いました。

  参加された皆さんは、中高生の男女の夢や仕事、結婚についての意識の違いや、家事・育児への夫の協力、子育て支援策などについて話し合いました。特に現在子育て中のママさんたちからは、子どもの医療費や小児医療、雑貨などの製作・販売スペースなどについて貴重なご意見をいただきました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/11 13:05

道祖神祭り(上平)

 本日(2月11日)、坂城町 「上平の伝統文化を継承する会」(滝澤巖会長)の主催で「道祖神祭り」が行われました。

          

上平区民会館前に勢ぞろいした18匹の馬

            

 お爺ちゃん、お婆ちゃんに助けてもらい、「まゆ玉づくり」、「わら馬づくり」、を行った後、いよいよ、「馬ひき」 と 「道祖神祭り」 です。 (上平には10か所の道祖神があり、毎年、順繰りに回ります。今年は島地区温泉スタンド前の道祖神です。)

            

 

 

道祖神前で 右から:滝澤巌会長、山村                                    

 

 天気は快晴でしたが、大変寒い中、元気な子供たちが、18頭の馬をひき、道祖神前で神事を行い、持ち寄りのおはぎ、お菓子、ジュースなどをいただき和やかに行われました。

 大勢の子どもたちが参加し、このような伝統文化を継承していただけることは大変素晴らしいことであり、敬意を表します。

                     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/11 05:07

「さかきまちすぐメール」運用協定

 昨日(2月10日)、坂城町、千曲警察署、千曲坂城消防本部との間で、「さかきまちすぐメール」の運用に関する協定が締結されました。

                     

左から:千曲警察署 金子正直署長、山村、千曲坂城消防本部 久保廣康次長

                          

 これで、また一つ坂城町、安心安全の仕組みが増えました。

 詳しくは以下の坂城町ニュースをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警察・消防とすぐメール運用協定を締結

すぐメール

▲左から、千曲警察署 金子正直署長、山村町長、千曲坂城消防本部 久保廣康次長

  2月10日(火)、町と千曲警察署、千曲坂城消防本部との間で、「さかきまちすぐメール」の運用に関する協定が締結されました。

  町では、昨年12月から、町内における防災・災害に関する情報や、地域の安心・安全のための情報、町からのお知らせ情報などをメールで受け取れる、登録型情報メール配信システム「さかきまちすぐメール」の運用を開始しました。

  これまでは町が全ての情報を発信していましたが、この協定により、これからは犯罪に関する情報や火災情報などは、直接千曲警察署や千曲坂城消防本部から配信していただき、より迅速かつ正確な情報提供ができるようになりました。今後も、警察、消防と協力して安心・安全なまちづくりに努めてまいります。

  町民の皆さんも「さかきまちすぐメール」への登録をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/07 23:26

南条小学校金管バンド 東日本大会に出場

 本日(2月7日)、坂城町立南条小学校金管バンドハッピーブラスが 「2015全国小学校管楽器合奏フェスティバル 東日本大会」 (東京 渋谷公会堂)に出場しましたので、その応援にかけつけました。

 本大会には東日本地区から選抜された、10都県、20校のブラスバンドがその腕を競い合いました。(出場順:東京都、神奈川県、群馬県、埼玉県、静岡県、新潟県、長野県、栃木県、千葉県、茨城県)

 ハッピーブラスは、昨年10月に三重県松阪市で開催された 「第18回東海小学校バンドフェスティバル」(主催:東海吹奏楽連盟・朝日新聞社)で見事金賞を受賞し、本日の東日本大会出場となったものです。

  なお、長野県からは、坂城町立南条小学校と松本市立寿小学校の2校が出場しました。

 

       

 私は南条小学校ハッピーブラスの出場した午前の部のみ鑑賞しましたが、全体として非常にレベルの高い演奏が続く中でも一際素晴らしい演奏を、楽しい振りもつけて生き生きと演奏をしていただきました。

 曲目は得意曲目の 「聖者の行進」 でした。

 

南条小金管バンド部01

2月2日に東日本大会に選ばれたことを報告にきていただいた際の写真。

▲左から、児玉孝義校長、竹内萌夏さん、山村、青木志帆さん、石坂一彦先生

                

 演奏を聴いたあと、渋谷のヒカリエにある、鎧塚さんのスウィーツの店 (ヨロイズカファーム・トウキョウ) をのぞいてみました。

 鎧塚さんは長野など日本各地の食材を使ったスウィーツを開発されていますが、坂城町、味ロッジ(株)が食材を提供しているスウィーツも並んでいました。

長野県産のりんご、トマトなどを使ったスウィーツ

右下は 「ねずみ大根」 の葉っぱを練りこんだスウィーツ

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/06 07:00

新春経済講演会、今回は立川談慶さん

 昨日(2月5日)、恒例の坂城町 新春経済講演会(主催:公益財団 さかきテクノセンター)に、旧丸子町出身の落語家 立川談慶さんにご登場願いました。

 立川談慶師匠は私の大学の後輩で(19年後輩!)、今までも、あちこちで講座、独演会などを聞きに行っておりましたが、今年でもう50歳になる脂の乗り切った噺家となりました。

 そこで、昨年12月に、坂城町の経営者等を対象にした「新春経済講演会」での講演をお願いしましたが、「大丈夫、私は何でも出来ます!」 ということでしたので、本講演の講師をお願いし、快諾をいただいておりました。 どんなお話をしていただくか大変楽しみにしておりました。

 今回のテーマは 「無茶ぶり肯定論」 と一風変わったテーマでしたが、なかなか示唆に富んだ話をしていただきました。

 詳しくは坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新春経済講演会  立川談慶師匠

新春経済講演会

▲写真上、立川談慶師匠

  2月5日(木)、坂城テクノセンターで、公益財団法人さかきテクノセンター主催による新春経済講演会が開催されました。

  講師には、上田市丸子の出身で、落語家 立川流真打ちの立川談慶師匠をお迎えし、「無茶ぶり肯定論 〜大事なことはすべて立川談志(師匠)から教わった〜」を演題にご講演をいただきました。

  談慶師匠は慶応義塾大学を卒業し、3年間サラリーマン生活を送った後、立川談志に入門。厳しい修行時代には談志師匠から数々の無茶ぶりを受けました。しかしその「無茶ぶり」は談志師匠が常に弟子を試しているからこそであり、その「無茶ぶり」以上のことをして応えると談志師匠に認めてもらえたそうです。これは一般社会にも通じ、仕事でも相手の無茶ぶりに応えることで主導権を握れるようになると話されました。

  また、談志師匠は、落語を「人間の業の肯定」と定義したそうです。「業」とは人間の弱い部分であり、落語には人間の失敗や矛盾がよく出てきます。談慶師匠によると「矛盾は笑いの原点」とのことで、社会生活で必要なコミュニケーション能力を磨くには、そうした人間の「矛盾」で笑いをとったり、相手との「共通言語」を探すこと、「会話の継続力」、会話にアクセントをつける「常識転覆力」が必要とのことです。そしてこれらは全て落語に出てくるもので、落語は全てに通じるものがあると話されました。

  会場には談慶師匠の講演を聴こうと大勢の方が集まり、その軽妙なトークで笑いに包まれていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/04 09:19

農産物等地域ブランド事業開発商品試食会

 昨日(2月3日)、新たな坂城町ブランド商品開発のための事業、「平成26年度農産物等地域ブランド化事業」 に採択された商品の発表と試食会が行われました。

 今回、発表いただいたのは、紅谷和洋菓子舗さんと味ロッジ(株)さんです。

 各々、工夫された新商品(試作品)を発表していただきましたが、いずれも素晴らしい味でした。

 早期に商品化されることを期待いたします。

                              

 以下、坂城町ニュースからご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

農産物等地域ブランド化事業 試食会

農産物等地域ブランド化試食会

  2月3日(火)、坂城町役場で、平成26年度農産物等地域ブランド化事業 開発商品試食会が行われました。

  この事業は、 坂城町の農産物などを活用して、町を広く内外にPRできる商品の開発、又はその販売の取組みを支援し、さかきブランドの創出を図るために行っているものです。26年度は、紅谷和洋菓子舗様と味ロッジ(株)様の商品開発が採択され、紅谷洋菓子舗様は町産の果物を使用したワインケーキを、味ロッジ(株)様は、町産の果物や野菜を使用したジャム・惣菜・パウンドケーキを試作されました。

  試食した皆さんからの様々な意見を取り入れ、より良い商品を作り、さかきブランドが世に広く定着していくことが期待されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/04 07:07

あちこちで豆まき

 昨日(2月3日)は節分、あちこちで豆まきが行われました。

 坂城神社でも、春季節分祭追儺の儀、豆まきが行われました。

               

 

坂城神社での節分祭

               

 

坂城町役場ロビー、私の執務室にも鬼が登場、ねずこんが豆まきで退治。

               

びんぐし湯さん館でも豆まき。

大勢のお客さんのご要望に応え、鬼まで一緒に豆まき。

豆だけでなく 「贈湯券」 もプレゼントされました。

                      

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/02 12:04

坂城町学芸員が語る坂城町の歴史

 昨日(2月1日)、いろいろな催しがありましたが、「坂城町学芸員が語る坂城町の歴史」もなかなかのものでした。

 坂城町には、助川朋廣、宮下修、時信武史の3名の学芸員がおり、各々その専門分野で活動しています。

 なかなか、一緒の場で発表を行う機会がありませんでしたが、今回、この3名の学芸員に、現在、一番関心を持っている内容について発表をしてもらいました。

 坂城町の規模で3人もの学芸員が活躍しているのも坂城町の特色です。

 内容については以下の坂城町ニュースをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学芸員が語る坂城町の歴史

学芸員歴史セミナー

  2月1日(日)、文化センターで、さかきふれあい大学教養講座「学芸員が語る坂城町の歴史  〜郷土の歴史を学ぶ〜」が開催され、助川朋廣さん(教育委員会学芸員)、宮下修さん(鉄の展示館学芸員)、時信武史さん(文化財センター学芸員)の3名が日頃の研究成果を発表しました。

  助川学芸員は、「これだけは押さえよう坂城町の歴史」と題して、古代から近代まで、青木下遺跡や村上義清、坂木宿、、格致学校、宮入行平刀匠など、町の歴史上重要なポイントを網羅的に解説されました。

  宮下学芸員は、「坂木五千石と長谷川代官  〜高田開府四百年を迎えて〜」をテーマに、「坂木五千石」といわれる現在の坂城町から千曲市にかけた所領の歴史と、坂木陣屋代官であった「長谷川安左衛門」について、禄高からその人物像と歴史的背景にせまり、当時の幕府がいかに坂木五千石を重視し続けたかを説明されました。

  「坂城町の土木遺産」について発表した時信学芸員は、江戸時代から昭和初期の土木遺産の特徴や、千曲川の堤防、谷川などの堰堤、旧信越線の鉄道、町の代表的景観となっている昭和橋、用水の水門橋など、町に残る土木遺産を写真とともに紹介されました。

  会場には先人たちの紡いできた郷土の歴史を学ぼうと大勢の方が訪れ、学芸員たちの話を熱心に聞き入っていました。

▼左から、助川学芸員、宮下学芸員、時信学芸員

学芸員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/02 07:00

中條神社節分祭

 昨日(2月1日)、中之条の中條神社で恒例の春季節分祭、豆まきが行われました。

 この節分祭、豆まきは中條神社の氏子の皆さんが、最近復活され、今年で6回目を迎えました。

 片岡宮司の神事に引き続き、大勢の子どもたちの参加のもと、私も参加し、大変にぎやかに豆まきが執り行われました。

                   

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/02 06:21

第13回びんぐしの里ソフトバレーボール大会

 昨日(2月1日)、第13回びんぐしの里ソフトバレーボール大会(第11回体協祭)が坂城中学校で開催されました。(主催:坂城町ソフトバレーボール連盟)

 この大会には、坂城町の他、長野市、千曲市、上田市、東御市、長和町から計31チームが参加しました。(内、坂城町からは4チーム)

 朝早く、寒いなか熱戦が繰り広げられました。(坂城チームも準優勝、3位など健闘しました。)

 優勝、準優勝等には、坂城巨峰ワインが送られました。(びんぐし湯さん館の割引券も)

後ろ向きは健闘する 坂城の「チームねずこん」

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]