15/10/30 03:45

AOKI会長の講演会

 一昨日(10月28日)、AOKIホールディングス代表取締役会長の青木擴憲さんの講演会が八十二銀行「八葉会」、戸倉上山田商工会合同で開催され参加させていただきました。(於:千曲市戸倉創造館)

                        

 青木会長とは今までにも何度か、共通の師である田口佳史先生の勉強会などでお会いする機会がありましたが、坂城町へ来てからこのような場でお話を伺うのは初めてでした。

 青木さんは現在77歳ですが、どう見ても60歳代のようにお見受けするほど若々しく、そのバイタリティに感心致します。

 若いころから大変なご苦労の末、現在のAOKIホールディングスを作られたことに心より敬意を表します。

 今回の講演会でも再三おっしゃられておられましたが、精神的なバックボーンは中国の四書五経をベースにした「徳」にあると思います。

 会社経営の基本的な理念も、「社会性」、「公益性」、「公共性」だそうです。

 今回の講演のテーマも「人間を磨き、格を高める経営」――100年スパンで考える生き方と経営―― でありました。           

 清々しいお話を伺うことができました。

                 

 

青木擴憲さん

                  

                      

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/30 02:30

福島県葛尾村訪問

 10月25日(日)から26日(月)、坂城町ライオンズクラブ(会長:作田光代さん)と坂城町の共催で昨年に引き続き福島県葛尾村へ支援活動を行ってまいりました。

 ご協力いただいたのは、医療法人聖清会、(社福)小諸福祉会やまびこ園、坂城町民生児童委員、坂城町男女共同みんなの会、坂城町更生保護女性会、坂城町商工会青年部・女性部、新田醸造(有)、デイリーフーズ(株)、(株)宮後工業など(敬称略)のほか、多くのボランティアの皆さん、総勢29名で訪問させていただきました。 (内、坂城町役場からも、私を含め6名参加。)

 今回のボランティアグループの班編成は以下のとおりです。

 「歯科診療班」、「簡単ストレッチ指導と傾聴班」、「マッサージ提供班」、「環境整備班」(草刈チーム)、「シェフ班」(豚汁、おしぼりうどん、五目ご飯の提供)、「友好親善班」(葛尾村役場への表敬訪問)

                 

 福島県双葉郡葛尾村 (村長:松本允秀さん、人口約1500人) は福島県東北部の村ですが、1500年代に坂城の「葛尾」から松本勘ヶ由助らが葛尾城を追われ福島の「葛尾村」に移り住んだと言われています。(諸説があります。)

 以来、500年にわたり、葛尾村の地に住まわれ現代にいたっております。

 特に、江戸期から明治にいたるまで、生糸業や製鉄業で栄華を極め、「葛尾大尽」と称されていたそうです。(村民の半数近くが「松本姓」です。)

                          

(以下、「葛尾大尽(葛尾村) / ふくしまの歴史と文化の回廊」)

 http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11055a/bunkakairou18.html

                      

 平成23年、私が坂城町長に就任したすぐ後に葛尾村松本村長さんにお電話し、坂城町としての支援策についてご相談した際には、葛尾村が原発事故の影響で全員退避となった状況下で、村民の居住地も把握できない厳しい状況とのことで、事態が落ち着いてからお願いしたいということでありました。

 しかし、それから4年半が経過した今でも全員退避の状態が続き、現在は、隣の三春町の仮設住宅に約半数の村民の方々が住まわれ、また、隣接地に仮設の村役場も2年前から使用可能になった状況。 また、来年4月には、全村退避が解除されるとのことですが、実際に全員が戻れるのはかなり先とのことでした。

                         

松本村長(中央)に坂城中学校の生徒から預かった、義援金とメッセージをお渡しする。(左は坂城ライオンズクラブ作田会長)

          

坂城中学校生徒全員で作った激励の「万羽鶴」

           

葛尾村役場をバックに記念撮影

            

村中に置かれた除染物(まだまだ大量に置かれています。)

             

葛尾大尽の旧宅

            

庭と池の跡

             

役場近くの法面の草刈

              

豚汁など食事を提供するためのテント張り

            

豚汁、おしぼりうどん、五目ご飯の提供(約200食)

              

集会所でのマッサージ、歯科医療、歌唱指導など

            

中沢医さんのマンドリン演奏

                

 25日(日)夜11時20分頃、坂城町役場を出発し、26日(月)朝7時過ぎに葛尾村に到着し、午後3時頃までの休む暇のないボランティア活動でしたが、全員、力いっぱいの支援を行ってきました。

 皆様方の熱い心に感謝いっぱいです。

 翌27日には、福島県知事の内堀雅雄さんからお礼の電話をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/29 05:58

南条小学校がまたもや快挙。全国大会へ。

 南条小学校金管バンド部(ハッピーブラス)が3年ぶりに全国大会に出場することになりました。

 以下、坂城町ニュースからご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                 

南条小学校金管バンド部が3年ぶりに全国大会へ!

 

南条小金管バンド部全国大会へ

▲早川潔先生(ブラスアーティスト)、吉澤洋樹さん(部長)、山村町長、三井寧子さん(副部長)、石坂一彦先生(顧問)、南澤博校長先生

 

 南条小学校の金管バンド部「南条ハッピーブラス」が、10月25日(日)に岐阜県で開催された第19回東海小学校バンドフェスティバルに出場し、見事金賞を受賞。3年ぶりに全国大会への代表の座を勝ち取りました。

 東海大会には、各県大会を勝ち抜いた25校が出揃い、各校が全国大会を目指して精一杯の演奏をするなか、南条小金管バンド部もこの日のために練習してきた曲目『SALUTE TO THE COUNT』を全力で披露。金賞を受賞したのは7校ですが、そのなかでもより優秀な演奏をしたと評価され、全国大会への代表3校の一つに選ばれました。

 部長の吉澤洋樹さんは、「大会審査員の先生からいただいたアドバイスや、自分たちが納得いかなかったところを直して、今度こそ世界の誰もやったことのないような演奏をして、全国大会でも金賞をとりたいです」と話していました。

 全国大会は、11月21日(土)に大阪城ホールで開催されます。全国大会で最高の演奏ができるようがんばってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/25 07:30

上田地域産業展2015

 10月23日、24日、上田城跡公園体育館で、「上田地域産業展2015」が開催されました。(運営委員長:盆祁一郎 上田商工会議所会頭)

 当展示会は、上田市、東御市、坂城町、長和町、立科町、青木村、小諸市、佐久市の市町村を代表する企業の展示会です。

 今年は、111社の企業が出展をしました。

 坂城町からは(株)ヤマザキアクティブさんが出展されました。

             

左から:山崎忠承さん、山村、塚田町議会議長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/24 23:52

平成27年度坂城町表彰式

 本日(10月24日)、文化祭に先立ち、平成27年度坂城町表彰式が行われました。

 以下、坂城町ニュースをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成27年度坂城町表彰式

 10月24日(土)、文化センター大会議室で、平成27年度坂城町表彰式が開催され、「坂城町表彰」と「坂城WAZAパワーアップ事業表彰」が行われました。

 町表彰、WAZAパワーアップ事業表彰とも、表彰者の皆さんの功労・功績内容については、

こちらをクリックしてご覧ください。

 

坂城町表彰

功労表彰(敬称略)

  • 宮嶌祐夫
  • 盆掘\
  • 池田 弘

功績表彰(敬称略)

  • 窪田英子
  • 吉田貞利
  • 塚田順造
  • 柳沢知治

表彰式01

▲【前列左から】池田弘さん、盆契,気鵝宮嶌祐夫さん、山村町長、窪田英子さん、吉田貞利さん、柳沢知治さん 【後列左から】宮下副町長、宮教育長

 

坂城WAZAパワーアップ事業表彰

 町に培われてきた高度な技能・技術の継承と修得、子どもたちへの「ものづくり教育」支援、新技術・新産業の創出や発明に対する支援などを行う「坂城WAZAパワーアップ事業(平成22年度開始)」の一環として、ものづくり分野における、優秀な技能者及び新技術の創出などをされた方々を表彰するものです。

卓越技能者表彰(敬称略)

  • 有限会社メイト 小宮山傳 

優秀技能者表彰(敬称略)

  • 日精樹脂工業株式会社 両角 進
  • 日精樹脂工業株式会社 日置 綾

表彰式02

▲【前列左から】小宮山傳さん、山村町長、両角進さん、日置綾さん 【後列左から】宮下副町長、宮教育長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/24 23:46

第44回坂城町文化祭開催

 本日(10月24日)、第44回坂城町文化祭が開催されました。

文化祭開会式で挨拶

           

「女(ひと)男(ひと)かがやき川柳」表彰式で挨拶

             

 詳細は、以下のニュースをご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 

第44回坂城町文化祭

したしむ・つくる・ふれあう・ささえる

 

▼文化センター体育館

文化祭01

文化祭02 文化祭03

文化祭04 文化祭05

▼文化の館 裏千家(淡流会)

文化祭08 文化祭09

▼老人福祉センター(夢の湯)

文化祭07 文化祭11

 ▼図書館、格致学校

文化祭13 文化祭12

 

 10月24日(土)、文化センター、文化の館、老人福祉センター(夢の湯)を会場に、第44回坂城町文化祭が始まりました。

  文化祭は「したしむ・つくる・ふれあう・ささえる」をテーマに、明日25日(日)までの2日間、書道、盆栽、生け花、絵画、レカンフラワー、写真、陶芸、俳句、短歌など様々な分野の芸術作品が一堂に展示されています。

  また、今年はさかきふれあい大学 教養講座として、坂城町出身で東京農業大学名誉教授の中西載慶先生を講師にお招きし、「日本の食卓は学びの宝庫 〜身近な食物は魅力くいっぱい〜」を演題に、身近な食べ物にまつわる歴史、文化、科学などを楽しく話していただきました。

▼中西載慶先生

中西先生 中西先生講演会 

展示催し物のご案内

  • 夢の湯
    レカンフラワー、絵画、手芸・工芸作品、絵手紙、服飾作品、折り紙  など
  • 文化センター体育館
    書道、盆栽、生け花、絵画、ちぎり絵、写真、俳句、短歌、川柳、陶芸、木彫  など
  • 文化センター2階
    第33回消費生活展、ゴミ減量化推進展示、俳句の里コンクール作品、千曲坂城消防本部展示、保健センター展示、行政相談 など
  • 文化の館
    茶道  24日:裏千家(淡流会)、25日:表千家(堀内社中)
  • 町立図書館
    図書館まつり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/23 05:56

「信濃村上氏フォーラム」 の開催

 11月8日(日)、坂城町文化センターで 「信濃村上氏フォーラム」 を開催します。

 1094年に京より流された村上氏の氏祖、源盛清以来500年間村上を統治した 「信濃村上氏」 についてはまだまだ研究の余地が大きく、秘められたロマンの大きさは数限りなくあります。

                        

(源盛清の紹介。山村のブログより)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=30211

                      

 今回は、10年前に開催された 「村上シンポジウム」 以来、新たになった事柄などを検証し、次世代へ継承するための夢のあるシンポジウムです。

 多くの方々のご参加をお願いいたします。

 以下の、案内をご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

信濃村上氏フォーラム 

こちらをクリックするとチラシをダウンロードできます

                                  

 平成17年に開催された「信濃村上氏フォーラム」から10年が経過しました。その後の研究をもとに、信濃村上氏など坂城町に関する事柄を学び、次世代への歴史・文化の継承を願い、フォーラムを開催します。今回、県内研究者、村上氏と関係が深いとされる瀬戸内海の村上水軍(来島村上氏)、福島県葛尾村、慶應義塾福澤研究センターなどから発表者をお招きします。

 

日時

  • 11月8日(日) 午後1時〜5時

会場

  • 文化センター大会議室

受講料

  • 無料

主催

  • 坂城町
  • 坂城町教育委員会  

共催

  • 信州大学地域戦略センター  

 

第1部 講演会

「江戸時代の村上義清像」 

  • 講師  宮澤崇士さん(長野市立博物館)

「発祥から鎌倉期までの村上氏」

  • 講師  花岡康隆さん(伊那弥生ケ丘高等学校)

「信州と福沢氏 〜これまでの研究成果を踏まえて〜」

  • 講師  西澤直子さん(慶応義塾福沢研究センター)

人形劇 「葛尾大尽物語」

  • 猪狩省造さん(福島県葛尾村教育委員会教育長)
  • 「元気なかつらおプロジェクト」の皆さん

 

第2部 フォーラム

テーマ

  • 「ふるさとの村上氏をめぐって」

コーディネーター

  • 笹本正治さん(信州大学人文学部教授・信州大学地域戦略センター長)

パネラー

  • 久留島通則さん(村上水軍…来島村上家18代当主)
  • 宮澤崇士さん
  • 花岡康隆さん
  • 平林博子さん(坂城町子育て支援センター)

     

このページに関するお問い合わせ

 

教育文化課 生涯学習係
電話番号:82-2069
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/21 23:22

科野青年会議所との合同会議

 本日(10月21日)、坂城テクノセンターで、科野(しなの)青年会議所(理事長:小林忠士さん)の10月例会が、坂城町商工会青年部、坂城町ニューリーダー研究会合同で開催されました。

            

                              

 科野青年会議所の本拠地は千曲市、坂城町なのですが坂城町の会員はごく少数で、坂城町商工会青年部やニューリーダー研究会との交流はほとんどありませんでした。

 そこで、今回は私のミニ講演を入れ、夜7時から、約2時間活発に意見交換、ディスカッションを行いました。

 テーマは 「地域に生きる 地域を変える」 です。

 約30名の方々にお集まりいただきましたが、熱のこもった会合となりました。

 今後ともこの若き経営者の皆さん方の活発な交流を期待したいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/20 21:49

企業内人権同和教育推進員研修講座

 本日(10月20日)、平成27年度企業内人権同和教育推進員研修講座が開催されました。(主催:坂城町企業人権同和教育推進協議会、会長:山村)

 坂城町では、日本国憲法によって保障された基本的人権を尊重し、あらゆる差別をなくす意欲と実践力をもった人間形成を目指して、学校・社会・企業等が連携して 「人権尊重のまちづくり」 を進めています。

 本講座は、人権が尊重され差別のない明るい職場づくりを進めていただくために、企業内人権同和教育推進員を育成するための研修講座です。

                       

 

                  

第1回目の講師は、篠ノ井公共職業安定所 小泉幸男統括職業指導官です。

                 

 今日は、約30名の人事、総務関係の方々にご参加いただきました。(中には企業の社長さんもおられました。)

 これから、3回にわたり、企業内での人権に関わる研修を受けていただきます。

 今日は、「公正な採用選考」、次回以降は「企業における新たな人権問題」(11月18日)、「様々な人権課題について」(12月3日)が予定されています。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/20 21:39

葛尾村の復興を願い一万羽の折り鶴

 本日(10月20日)、坂城中学校の栗田凌さん(大峰祭実行委員長)、佐藤朱夏さん(大峰祭副実行委員長)、が福島県葛尾村へ贈る「一万羽の折り鶴アート」を持ってきていただきました。

 この「一万羽鶴」は、来週、月曜日に葛尾村へ訪問させていただく際に持参いたします。

 

 

以下、坂城町ニュースよりご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                           

葛尾村の復興を願い、坂城中学校が一万羽の折り鶴で全校制作 

坂城中全校製作

▲左から、山村町長、佐藤朱夏さん(大峰祭副実行委員長)、栗田凌さん(大峰祭実行委員長)、平林先生

 

 坂城中学校では、10月2日(金)、3日(土)に開催された大峰祭で、町と親交があり、5月に開催された子どもフェスティバルにも参加していただいた福島県葛尾村へ贈る「一万羽の折り鶴アート」を全校制作しました。

 この作品をデザインしたのは、大峰祭副実行委員長の佐藤朱夏さんです。今年の大峰祭のテーマ『REVOLUTION 〜力とともに空前絶後の革命を』をイメージし、真ん中に突き上げた「こぶし」は物事を成し遂げたことを、「輝く星」は一人ひとりの力が集まると大きな力になることを、「3色のリストバンド」は一人ひとりの個性を表現しているとのことです。全校生徒が、葛尾村の一日も早い復興への願いを込めて、一人約30羽ずつ折り、糸に通して一つの絵を作り上げました。

 なお、この作品は、10月26日(月)に計画されている、坂城ライオンズクラブ主催による葛尾村での復興支援ボランティアの際に、山村町長から同村へ贈呈されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/20 08:00

長野県に対する道路建設の要望活動

 昨日(10月19日)、長野県庁にて、上田地区近隣の道路建設に関する県への要望活動を行いました。(7つの期成同盟会合同で。)

 坂城町は、「県道上室賀坂城停車場線改良促進期成同盟会」としての要望活動を行いました。

                    

 

右:逆光で見えにくいですが、中央に奥村建設部長、その右に母袋上田市長、私は左側

                

長野県議会、西沢正隆議長(左から二人目)、小島康晴副議長(左側)への要望活動

 

 坂城町関連では、上室賀坂城停車場線の上五明地区の歩道設置工事が終了し、国道18号から県道長野上田線までの歩道工事が完了し、大きく進捗いたしました。 

 また、今年度、上五明地区150m間については、県、上五明区、坂城町によるアダプトシステムの協定を結び、マリンゴールドなどを植えていただき管理をしていただいております。

                       

(上五明区のアダプトサインについて)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=40244

                

 今回要望した事項は、このアダプトサインのある南側、農業用水の上部について、仮設の歩道としての整備ができないか、また、上平地区の県道部分についての歩道未設置個所についての安全対策などについて強く要望を行いました。

 坂城町地区についての道路整備は徐々にではありますが、ここ数年、皆様のご協力も得て比較的順調に推移しておりますが、さらに推進するよう努力してまいります。             

                 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/19 18:36

南条小学校金管バンド部が東海大会に出場

 本日(10月19日)、南条小学校金管バンドの、吉澤洋樹さん(部長)、三井寧子さん(副部長)、石坂一彦先生(顧問)がおいでになり、先の長野県小学校バンドフェスティバルのステージ部門で金賞を獲得し、今週末の東海大会に出場されるとのご報告をいただきました。

 いつものことながら、すごいですね。

 詳細は以下の坂城町ニュースをご覧下さい。

 

 

******************************
 

 南条小学校金管バンド部が東海小学校バンドフェスティバルへ出場します

南条小金管バンド部

▲左から、山村町長、吉澤洋樹さん(部長)、三井寧子さん(副部長)、石坂一彦先生(顧問)

 

 南条小学校の金管バンド部「南条ハッピーブラス」が、8月1日(土)、2日(日)にキッセイ文化ホールで開催された第27回長野県小学校バンドフェスティバルのステージ部門で金賞を獲得し、10月25日(日)に岐阜県で開催される第19回東海小学校バンドフェスティバルに出場します。

 大会で演奏する曲目は、『SALUTE TO THE COUNT』。テンポがゆっくりで美しく演奏するところや楽しく演奏するところなどいろんなメロディーがあり、演奏していてとても楽しい曲とのことです。同部は、新校舎の音楽堂やウッドデッキの中庭などでこの曲の練習に励んでいます。

 部長の吉澤洋樹さんは、「聴いてくださる方に感謝とハッピーを届けて、世界の誰もやったことのないような演奏をして、全国大会に出場できるようにがんばりたいです」と大会へ向けての意気込みを語られました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/18 16:07

「いのしし鍋」の振る舞い(びんぐし湯さん館)

  本日(10月18日)、びんぐし湯さん館で、坂城町猟友会(町田会長)の皆様のご協力をいただき、いのしし鍋のお振舞いをいたしました。(限定200食)

 坂城町で獲れたいのししを坂城町の猟師の皆さんに大鍋で料理していただきました。 猟師自慢の味をご堪能いただいたと思います。

 素晴らしい味でした。

                

大勢の方々に堪能していただきました。

                 

坂城町猟友会の皆さんと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/18 15:50

少年剣道大会

 本日(10月18日)、早朝から坂城中学校で、第15回更埴地区少年剣道坂城大会ならびに第47回坂城町剣道大会が開催されました。(主催:坂城町剣道連盟、坂城町剣道スポーツ少年団)

 今回、更埴地区から30チーム、150名の選手が参加しました。

 皆、眼をキラキラと輝かせ、規律正しく頑張っていました。

 多くの関係者、サポーターに感謝致します。

                    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/18 15:19

第20回東京坂城会

 昨日(10月17日)、東京市ケ谷で第20回東京坂城会が開催されました。(会長:中沢隆三さん、名誉会長:鈴木敏文さん)

 この会も歴史を重ね、今回で20回です。

 今回は、会員39名、坂城町からは私を含め5名が参加し、盛大に開催されました。

 総会としての活動報告のほか、「信濃の国」、「坂城町の歌」、「ねずこんの歌」なども歌いました。

 また、特別講演として、坂城町村上出身の平林久先生(JAXA名誉教授)から、「不思議な宇宙と私たち」というテーマで大変興味あるお話を伺いました。

 東京坂城会の皆さんはその道、その道で皆さん大活躍をされています。

            

「不思議な宇宙と私たち」の講義をされる平林久名誉教授

全員で集合写真

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/16 12:00

ベビーカーのプレゼント

 今年度もコンビ(株)の松浦康雄名誉会長から、ベビーカー10台を坂城町にご寄贈いただきました。

 本日(10月16日)、第1期分として、4名の方にお渡しいたしました。

 第2期分(6台)の応募の受け付けを行いますので以下の坂城町ニュースをご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベビーカーを当選者にプレゼント!

 

ベビーカー

 

  10月16日(金)、保健センターで、コンビ(株)の松浦康雄名誉会長から町にご寄贈いただいたベビーカーの第1期贈呈式が行われました。

  当選されたのは、二木紀美子さん、中島友美さん、西沢理恵さん、竹内美雪さんの4名で、山村町長から1台ずつプレゼントされました。元気な赤ちゃんを産んで、初めての子育てに役立ててください。当選おめでとうございます!

第2期募集について

  町内に住所を有し、平成27年10月から28年3月までの間に第1子の妊娠届出をされた方を対象に、第2期の募集をします。該当される方には、応募方法についてのご案内を保健センターから送付します。今回はベビーカーを6台用意していますので、ふるってご応募ください。

 

このページに関するお問い合わせ

保健センター
電話番号:82-3111

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/16 05:39

坂城町特命大使の小松美羽さんの作品(狛犬)が大英博物館の所蔵品に

 坂城町出身で今や、世界的な芸術家として飛び立たれた、小松美羽さんの作品(狛犬)が大英博物館の所蔵品となりました。 凄いですね。

             

今年5月にイギリスで開催された「チェルシーフラワーショー」に出品した小松さんの作品 「守り神の狛犬」、 ガーデンデザイナーの石原和幸氏とともに見事、金賞を受賞

             

大英博物館に展示された 「守り神の狛犬」 (高橋紀成さん提供)

                

 以下、FNNのニュースから。                           

 

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00305795.html

                                    

 また、小松さんのブログを見ていたら、先月はインドのバンガロルあたりで一人旅をされていたようです。

     

(小松さんのブログ 「千年先のMIWA CODE」 から)          

http://ameblo.jp/komakoma-blog/

 

  

左は漁師さんと、右は神社のお猿さん(像)と

               

 ダイナミックに活動されている小松美羽さんに心より声援をお送りします。

                     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/15 12:15

瀬口清之さんの米国レポート

 キャノングローバル戦略研究所研究主幹の瀬口清之さんから最新の米国レポートが来ました。

 中国の習近平主席が米国訪問中のホットな状況について書かれています。

 以下、ご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

習近平主席訪米に対する米国側の受け止め方と米中関係の課題<米国出張報告(2015921日〜101日)> 

 922日から28日まで、習近平主席が米国を公式訪問した。4月下旬の安倍総理の訪米が米国側から大成功だったと高く評価されたが、今回の習近平主席の訪米に対する米国側の見方は対照的とも言える低調な評価だった。

 経済界との交流では一定の成果を収めたが、両国政府が共同で声明を発表できたのは唯一気候変動に関する合意だけで、サイバー攻撃、南シナ海問題など、その他の重要テーマについては実質的に中身のある合意はなかったと見られている。

 本年56月以降、米国内で中国を批判する声がますます強まってきていた中での訪米だったため、米国の有識者・専門家は、こうした結果になることを予め想定していたことから、ほぼ予想通りの結果だったと受け止めている。

 今回の訪米が最近の米中関係悪化の方向を改善するような成果を生まなかったことは明らかである。現在の大統領選挙キャンペーンにおける厳しい中国批判のトーンを考慮すれば、米中関係を改善することの難しさが改めて認識されたと言えよう。

 米国の対中外交姿勢にはサイクルがあり、次期政権が発足すれば、現在のような厳しい対中批判はトーンダウンし、より現実的な融和路線に移行するとの見方が多い。

 最近になって、中国によるサイバー攻撃の対象が米国政府機関のみならず、米国の民間企業にまで拡大され、重要な機密情報が流出したことから、経済界が中国に対する反感を強めた。これにより米国経済界が米中間の緩衝材として機能しなくなったことが、最近の米中関係悪化の主因であると指摘されている。

 米中両国とも相手国の経済を過小評価し、双方が互いに相手国に対して強気の姿勢で臨んでいる。これも現在の米中関係悪化の一因となっている。こうした米中間のミスマッチが生まれる構造的な問題は両国間の円滑な意思疎通を図る仲介役の不足にあると見られている。

 米中両国とも世界のグレートパワー(超大国)ではあるが、以前の米国のような圧倒的に強い一極覇権国家になることができない以上、他国に対して協調的な融和姿勢を示す必要が生じつつあるように見える。ここに米国中心の一極覇権国家体制から多極化へと向かう中での新たな世界秩序形成の姿が現れ始めていると考えられる。

 日本の安保関連法の成立に対して、米国有識者・専門家はこれを高く評価し、今がオバマ政権発足以来、日米関係が最高にいい状態にあるとしている。しかし、安保関連法に対する多くの日本国民による反対運動が展開されたことから、日本政府が米国との防衛協力強化のための具体的施策の実施に動き出す際に、多くの日本国民が反発する可能性が高まったのではないかと不安視する見方もある。

            

 以下、詳細レポート

http://www.canon-igs.org/column/151014_seguchi.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/15 09:00

校歌制定100周年(村上小学校)

 昨日(10月14日)、ちょっと珍しい式典が催されました。

                        

 坂城町立村上小学校の校歌が制定され今年で100年目を迎えました。

 1915年(大正4年)、第一次世界大戦の始まった翌年に制定されたこの校歌は村上地区の文化、歴史、気候風土を盛り込んだ大変すばらしい校歌です。

 大正、昭和、平成と歌い継がれてきました。

 作詞は「信濃の国」などを作られた浅井洌氏で作曲は青木友忠氏(旧姓草川)です。

 青木友忠氏は草川3兄弟として有名な音楽家の一人で、東京音楽大学の教師になりましたが若くして亡くなったためにあまり多くの作品は残っておりません。 その意味では、村上小学校校歌として歌い継がれてきたことも意義深いものがあると思っております。

 以下、坂城町ニュースからご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村上小学校 校歌制定100周年記念式典

 

記念式典

記念式典 記念式典

▲左から、塩野入清美さん、深澤雅美さん ▲校歌メドレー(全校合唱)

 

 大正4年(1915)に制定された村上小学校の校歌が、今年でちょうど100年目を迎えたことを記念し、本日(10月14日)、同校で記念式典が開催されました。

 同校の校歌の作詞者は、県歌「信濃の国」の作詞でも知られる浅井洌氏、作曲者は青木友忠氏です。村上の地の風土・豊かな自然・長い歴史と文化をたたえ、ここに学ぶ子どもたちを励まし、時代を超えて歌い継がれています。

 式典では、ヴァイオリニストの塩野入清美さん(同校卒業生)とピアニストの深澤雅美さんによる記念演奏会と、児童による校歌メドレーなどの発表があり、100年の歴史を紡ぐ校歌が、児童たちの清らかな歌声で体育館に響き渡りました。

 

 同校では、昨年から記念事業実行委員会を組織し、この式典の他に、記念誌の発刊・編集、校歌DVDの作成、校歌メドレー編曲、教育環境整備などの事業を実施。これらの事業には、(株)竹内製作所様、デイリーフーズ(株)様からのご寄付も充てられたとのことです。

 

▼体育館ステージに新しい緞帳を整備 ▼校歌碑を改修

記念式典 記念式典

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/12 17:16

若麻績通明さんの納骨法要

 若麻績通明さんについて、以前、掲載させていただきました。

                     

 (以前のブログから)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=39229        

             

 今回、多くのご関係者の大変なご努力により、オーストラリア・カウラ市の日本人墓地から分骨されたご遺骨が本日(10月12日)、坂城町中之条西念寺さんに納骨されました。

 1945年7月30日、オーストラリアで亡くなられてから70年後の本日、やっとご自宅の西念寺の家族の墓地に収められました。

 いきさつについては、本日の産経新聞にたいへん詳しく、正確な記事が書かれています。

 以下、ご覧下さい。

                

(本日の産経新聞の記事)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00000066-san-soci

            

若麻績通明さんの法要時の写真

            

関係者全員での記念撮影。中央、若麻績ご住職の左側が在日オーストラリア大使、ブルース・ミラーさん。(完璧な日本語を話されます。その左に山村。)

           

 今回の納骨法要が行われるまでには、日本、オーストラリア両国の本当に多くの方々の熱意、善意、努力が重なり合い実現しました。

 このような素晴らしい物語を一過性のものにしないように、オーストラリア政府、カウラ市との間で何らかの形で交流事業を進められればと思っております。

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/12 08:26

張承志氏の近著「中国と日本」

 「モンゴル大草原遊牧誌」や「紅衛兵の時代」など日本でも高名の中国を代表する作家、張承志氏の近著「中国と日本」(批判の刃を己に)が日本で発売されました。(2015年9月)

 ・張承志氏について、ウィキペディアから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E6%89%BF%E5%BF%97

           

                   

 以前から、同氏の著作の監訳・編訳をされている梅村担氏(中央大学教授)が、私の高校の同級生ということもあり、また、今回も監訳をされたということもあり早速拝読しました。

 相変わらず鋭い切り口で中国人の立場から最近の日本を細かく分析し、明治以来の日本の代表的な人物約30名をとりあげ論評しています。

 勿論、日本人として異論ありと多く感じるところもありますが、同様に中国の問題についても鋭い調子でコメントをしています。 それは副題にもあるように 「批判の刃を己に」 と言うとおりです。

 よくこのような著作を中国で出版(2009年)することが出来たなという感もあります。

 この著作を通して新たに日本と中国の近代・現代の関係を考え直す良い機会になると思います。

 また、著者と長年家族ぐるみで交流のあった、岡林信康氏との関係も大変興味ありました。

 この著書のおかげで、岡林信彦氏の 「御歌囃子参上!!岡林信康エンヤトットミュージック 」 もあらためて聴く機会ができましたし、魯迅との関係で引用されていた、太宰治の 「惜別」 も読みなおす機会を得ました。

 なお、この本の帯に書かれているメッセージをご紹介すると、

 「中国人作家が発掘する日本精神のゆくえと人道のかたち」

 「私たちは、ナショナリズムを超えて人として手を結びあうことができないのか。」となっています。

               

 戦後、70年の今年、このような著作が中国の代表的な作家により紹介されたことの意義もあると思います。 是非、ご一読を進めます。

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/12 07:58

第28回福祉ふれあいのつどい

 今週末もいろいろな行事が行われています。

 10月10日(土)には、坂城町老人福祉センター夢の湯で 「第28回福祉ふれあいのつどい」 が開催されました。(主催:福祉ふれあいのつどい実行委員会、坂城町社会福祉協議会)

                  

            

村上小学校鼓笛隊の皆さん

               

 村上小学校鼓笛隊の皆さんの演奏に続き、坂城幼稚園の皆さんによる踊りの発表、「モアナハワイアン」のハワイアン演奏などの他、盛りだくさんの販売コーナー、チャリティーバザー、福祉体験コーナーなど大盛況のうちに開催されました。

 今回も多くのボランティアの皆さんのご協力に感謝です。

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/05 22:48

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」開会式・内覧会

 本日(10月5日)、明日からの展覧会を前に、「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の開会式ならびに内覧会が行われました。

 本展覧会の開催に向けてご協力いただいている多くの関係者の皆さん、約100名が出席され開会式、テープカットなどが行われました。

             

 

左から:ご挨拶される宮入小左衛門行平刀匠と山村

              

エヴァの仲間たちと

                     

 以下、坂城町ニュースからご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

内覧会

  内覧会

内覧会  内覧会

▲内覧会の様子

 

 明日、10月6日(火)から11月23日(月・祝)まで、鉄の展示館で開催される「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に先立ち、本日(10月5日)、その開会式と内覧会が開かれました。

 開会式では、坂城小学校4年生による合奏や、テープカット、本展を盛り上げてくださるサポーター「チームエヴァ」の皆さんを紹介。内覧会では、児童たちが興奮した様子で作品に見入っており、グッズを販売する「エヴァストア」もプレオープンしました。

 

 本展は、ヱヴァンゲリヲンの世界観や登場キャラクターにインスピレーションを受けた全国のおよそ70人の職方たちが、作品に登場する槍や刀剣を再現したほか、オリジナルの一振り、企画書・設定資料、新劇場版複製原画、フィギュア(初号機2m、レイ・アスカ等身大)なども展示されています。

 また、期間中は、古式日本刀鍛錬の見学、オリジナルプレートへの銘切り、音声ガイド貸出し(ミサト役の声優 三石琴乃さんの声)、しなの鉄道や商工会・観光協会との連携企画、サポーター「チームエヴァ」のおもてなしなど、イベントが盛り沢山です。(詳しくは、鉄の展示館ホームページ

 現代最高峰の刀匠たちが挑む新たな次元を、ぜひご覧ください。

 

▼開会式とエヴァストアプレオープンの様子

開会式  開会式

開会式  エヴァストア

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/05 12:05

坂城千曲シニアが信越連盟秋季大会で初の準優勝!

 本日(10月5日)、坂城千曲リトルシニア(硬式野球チーム)が信越連盟秋季大会で初の準優勝をしたというご報告をいただきました。

 2020年の東京オリンピックでは野球が種目に復活しました。

 オリンピック目指して頑張ってください。

以下、坂城町ニュースより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

坂城千曲リトルシニア

 

 坂城千曲リトルシニア[監督:近藤正道さん(坂城町)]が、長野県下31チーム及び新潟県下14チームが参加した信越連盟秋季大会において、8月の東北信ブロック予選を勝ち抜き、9月に新潟県高田公園球場で行われた本大会で見事決勝まで進み、初の準優勝を遂げました。キャプテンの北村竜也さん(屋代中学校3年生)は、「厳しい練習を乗り越えて、チーム一丸となって戦って準優勝することができてよかったです」と話していました。

 同チームは、坂城町の中学生8名と千曲市の中学生7名が在籍しており、年末年始に台湾に遠征する長野県東北信ブロックチームの代表選手に、高松 慶さん(坂城中学校3年生)と宮原 築さん(屋代中学校3年生)が選ばれるなど、めざましい活躍をしています。

 


 坂城千曲リトルシニアでは、選手を大募集しています。硬式野球に興味がある方、高校まで硬式野球を続けて甲子園を目指したい方は、一緒に楽しく野球をしませんか。練習体験や見学にいつでもお越しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/05 05:05

町民運動会・交通安全町民大会

 昨日(10月4日)、第55回坂城町町民運動会ならびに第37回交通安全町民大会が坂城町文化センターグラウンドで開催されました。

 約1600名の町民の皆さんが参加され盛大に開催されました。

          

町民運動会選手宣誓

            

同時に体育館で開催されたレクリエーション・軽スポーツ交流ブース(障がいの有無・種別、年齢に関わらず参加できるスポーツ大会。) での挨拶。

町民運動会として3年前から実施されています。

             

 詳細については、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

                        
第55回町民運動会 

リレー 二人三脚

上:走ってガッテン! 下:二人三脚食いしん坊リレー

玉入れ 急がず安全に

上:ねらってポン!  下:急がず安全に!

むかで 綱引き

上:足並みそろえて!   下:綱引き

フリーキック 大玉送り

上:耳を澄ましてフリーキック!  下:大玉送り

 

 10月4日(日)、文化センターグラウンドで、第55回町民運動会及び第37回交通安全町民大会が開催されました。

 運動会は、町内の全分館が赤、白、青、黄チームに別れ、チーム別及び分館別に競技が行われます。今年も、恒例の二人三脚食いしん坊リレー、ねらってポン!(玉入れ)、交通安全推進競技「急がず安全に!」、足並みそろえて!(むかで競争)、綱引き、走ってガッテン!(リレー)、大玉送りなどの競技が行われ、力を合わせて競技に取組む姿や、同じ分館の選手を声を揃えて応援する姿が見られました。

 また、障がいのある人もない人も一緒に参加して楽しめる「レクリエーション・軽スポーツ交流ブース」を体育館で行い、専門のインストラクターの指導のもと、ポケネット、カローリング、風船バレーなどを楽しみました。グラウンドでも、ブラインドサッカーを体験する競技「耳を澄ましてフリーキック!」を行い、アイマスクを着用してボールを蹴る難しさを体験されていました。

 

ポケネット カローリング

上:ポケネット      下:カローリング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/02 12:40

「ランドセル俳人の五・七・五」(小林凛さん)

 先日(9月27日)開催された 「十六夜フェスティバル」 (十六夜観月句会)の際に、俳人の朝吹英和さんから紹介された本があります。

 それは、現在、中学2年生の小林凛君が小学校6年生の時に出版された句集です。(昨年、中学1年生になって、2冊目の「冬の薔薇立ち向かうこと恐れずに」も出版されています。)

                  

いずれも、ブックマン社から

 

 凛君は生まれた時の体重が944グラムで生存も危ぶまれた子どもでした。

 そんなことからでしょうか、小学校に入学した直後からひどいいじめに会い、不登校にならざるを得なかったのですが、そこで出会ったのが俳句でした。

 お母さん、お婆ちゃんの手助けを得て、素晴らしい句をたくさん創るようになり、今ではいじめにも堂々と立ち向かうようになったとのことです。

 どれをとってもすべて素晴らしいのですが、「ランドセル俳人の五・七・五」からいくつかをご紹介します。

              

 ・いじめられ行きたし行けぬ春の雨

 ・ブーメラン返らず蝶となりにけり

 ・生まれしを幸かと聞かれ春の宵

 ・春の虫踏むなせっかく生きてきた

 ・紅葉で神が染たる天地かな

          

 「冬の薔薇立ち向かうこと恐れずに」 からいくつか。(このタイトル自体凄い句ですね。)

                

 ・薄(すすき)の穂不登校時はこの道を

 ・遠慮がちつくつくぼうし秋を呼ぶ

 ・もろこしの髭白ければ祖父思う

 ・笑みに似てはじけたる栗ありにけり

 ・ベレー帽かぶり団栗(どんぐり)芸術家

          

 ご紹介しただけでも凛君の素晴らしい感性を感じていただけると思います。

 俳句のお好きな方だけでなく、教育関係者、保護者の皆さんなど幅広い方の必読書だと思います。

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/02 05:31

若者・子育て世代支援パンフレット・ポスター第2弾

 坂城町では「チャレンジSAKAKIの一環として女性職員が中心となり「坂城町の若者・子育て世代支援プログラム推進グループ」を組織し、昨年に引き続き第2弾として作成を進めてきた、「若者・子育て世代を支援」するポスターとパンフレットが完成しました。

プロジェクトチームの皆さんと制作発表

左から:鳴海聡子さん、坂本幸さん、山村、山崎直子さん(代表)、竹内優子さん

                      

 キャッチコピーは『かしこく暮らそう!スマートタウンさかき 〜信州さかき あなたとわたし やさしさに包まれて〜』
 交通の利便性、全国屈指の晴れの多い土地柄や各種サポートなどを、生活や子育てにかしこく生かして暮らせる町だと知ってもらいたいという思いが込められています。
 パンフレットは、ねずこんが会話しながら町のさまざまなサポートを案内しており、より楽しく見ていただけると思います。
 また、ポスターにパンフレットホルダーもつけ、ポスターを見て興味を持った方が、そのままパンフレットを手にしていただけます!

 このポスターとパンフレットは、町内の企業や店舗・施設、掲示と配布をお願いし、そのほかさまざまな場面で活用してい予定です。
 皆さんも町で見かけたら、ぜひパンフレットをご覧になってください。 

 

 パンフレットの詳細は以下をクリック願います。

 

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1443692637758/index.html

    

     

     坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/10/01 07:00

南条小学校の新旧校舎

 南条小学校の新校舎が完成し、旧校舎の解体工事が始まっています。

 以下の写真は、旧校舎解体工事前の新旧校舎が併存している様子をドローンで撮影していただきました。

 貴重な写真ですね。

                          

写真中央に新校舎。右の産業道路沿いにあるのが旧校舎、解体工事後はここが新グラウンドになります。(完成は来年3月)

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]