16/08/29 05:20

平成28年度坂城町防災訓練

 昨日(8月28日)、坂城町立南条小学校グランドで平成28年度坂城町防災訓練が行われました。

 今回は南条地区の防災訓練です。

 前日までの大雨のため開催が出来るか気になりましたが、一転、快晴のもと、また、新設の南条小学校グランドの水捌けも完璧で素晴らしい状態で防災訓練が無事行われました。

           

       

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成28年度 総合防災訓練

 

防災訓練01

▲初期消火訓練

 

 8月28日(日)、南条小学校で、平成28年度坂城町総合防災訓練が実施されました。

 総合防災訓練は、南条、中之条、坂城、村上地区で順番に行っており、今年は、南条地区の皆さんを対象として実施し、自主防災会、消防団、関係団体など約600名の方が参加されました。訓練内容は、情報伝達訓練、警戒本部設置訓練、緊急速報メール情報配信訓練、避難誘導訓練、参加者による搬送・初期消火・水防・避難所運営訓練等、消防団による消火訓練、消防署による高所救出訓練など多岐にわたり、参加された皆さんは、いざという時のために真剣に取り組んでおられました。

負傷者搬送訓練

▲負傷者搬送訓練

            

水防訓練

▲水防訓練

              

避難所訓練

▲避難所運営訓練

                 

応急手当訓練

▲応急手当訓練

                 

炊き出し

▲炊き出し訓練

                 

消防団

▲消火訓練

                      

高所救出訓練

▲高所救出訓練

                        

参加者

▲参加された南条地区の皆さん

             

 最近は、台風などによる災害が全国で多く発生しています。恐ろしい災害は、いつ起こるかわかりません。皆さんのご家庭でも、災害時の行動を相談しておく、非常時の持ち出し品を用意しておくなど、災害に備えておきましょう。             

町の災害時避難場所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                       

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/27 21:04

2016 オール信州三田会

 本日(8月27日)、佐久市の佐久グランドホテルで、毎年恒例の慶應義塾卒業生の、「2016オール信州三田会」が開催されました。

 今年も清家篤塾長が参加され、記念講演をされました。

 テーマは「バランスのとれた総合大学に」 ということで、現在、慶應義塾の目指している大学教育のあり方などについて大変興味のある話をしていただきました。

                          

慶應義塾大学清家篤塾長

                   

 近年、大学教育における、リベラルアーツのあり方、実践的な実務教育のあり方などについて盛んに議論がなされています。 清家塾長から、以下のお話を伺いました。

 たまたま、今から80年前、ちょうどハーバード大学300周年に、当時のジェームス・コナント総長が記念講演を行い、その場に立ち会った、当時の慶應大学小泉信三塾長がその講演を聞いて大変感銘を受けたそうです。

 コナント総長は、大学にとって大切なのは、学問研究、教養教育、高度専門職教育、健全な学生生活、の4つの要素であると述べとそうです。そのポイントは、この4つの要素のうちどれも無視されてはならず、また一方で過度に支配的になってもいけない、と言っている点です。

 すなわち、大学は世の中に新たな叡智を与えるような高度な研究をしなければならない。しかし研究をするだけなら単なる研究所になってしまう。社会を高尚なものとするためには幅広い教養教育が不可欠である。しかし教養を授けるだけでは、ただ過去の学問を若者に伝える中等教育機関になってしまう。高度専門職の養成は大学の大切な機能である。しかしすぐに役立つ専門技能を授けるだけでは、大学は教育ではなく訓練を提供する場となり、学問の進歩は物質的豊かさを追求するための手段に成り下がってしまう。そして若者の人間的成長を促すのに健全な学生生活はきわめて大切だが、関心が学生生活だけに向けられるようでは、大学はカントリークラブになってしまうだろうとコナントは述べたそうです。

 このような大学像は福澤諭吉先生の求めるイメージと全く同じであり、福澤先生のバランス感覚と一致するものであるということです。

 本日の清家塾長の話は現在の大学教育において重要なポイント示唆しており、大きなバランス感覚の必要性について、私にとっても大きなヒントをいただきました。

                         

 講演のあと懇談会がありましたが、その場で参加者の皆さんに、昨年、坂城町で開催した、「信州村上シンポジウム」の紹介をし、その中で慶應義塾大学の西澤教授の発表内容、「信州と福澤氏」の内容を紹介し、福澤諭吉先生のルーツは坂城町である可能性があることも改めてお話ししておきました。

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/26 06:21

宮下晃広さんが日本スポーツマスターズ全国大会へ

 昨日(8月25日)、坂城町中之条にお住まいの宮下晃広さんが坂城町役場へ来られました。

 過日開催された、日本スポーツマスターズ2016サッカー競技で、所属されている、「セレソン長野」が北信大会で優勝され、9月24日から秋田県で開催される全国大会に出場されることになりました。

                            

左:宮下晃広さん

   

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          

宮下晃広さんが日本スポーツマスターズ2016サッカー競技で全国大会へ

 

宮下晃広さん 

▲左から、山村町長、宮下晃広さん

 

 宮下晃広さん(中之条)が、(公財)日本体育協会 秋田県及び(公財)秋田県体育協会主催による日本スポーツマスターズ2016サッカー競技において、9月24日から秋田県で開催される全国大会へ出場します。

 この大会は、スポーツ愛好者の中で競技志向の高いシニア世代(原則35歳以上)を対象としたスポーツの祭典であり、サッカーのほか、水泳、自転車、空手など全13競技が実施されます。

 宮下さんは、長野県の選抜チーム「セレソン長野」のセンターバックとして活躍されており、同チームは、県大会及び北信越大会を4連覇中です。昨年の全国大会は惜しくも決勝で敗れ準優勝となりました。全国大会への意気込みを聞くと、「長野県はサッカーで全国優勝をしたことがありません。だからこのチームを結成したときに目標を全国制覇することとしました。今年こそは、その目標を達成できるようがんばりたいです」と話されました。

 目標に向かってチーム一丸となってがんばってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/25 05:21

「玄古たばこ」調査

 「玄古たばこ」につきましては今までも何回か、ブログで取り上げました。

 昨日(8月24日)、日本たばこ、JTクリエイティブサービスで、たばこ史の研究をされておられる、山本拓哉さんが坂城町役場へ来られました。

             

右から二人目が山本拓哉さん

           

 目的は、坂城町町横尾にある玄古たばこに関する石碑の調査と、戸倉の「萱」に保管されている140年前の玄古たばこの葉の調査です。

 かつて、江戸期を通して、坂城町でも盛んに作られていた「玄古たばこ」は、江戸の初期に武蔵国児玉郡今井町(現埼玉県本庄市)の出身の往海玄古和尚が、諸国を遍歴した後に埴科郡に到来し、南条に庵をくみ薩摩から持ち寄った煙草の種を移植したことにより始まったといわれています。

                        

(玄古たばこについて、私の以前のブログをご覧ください。)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34523
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34549
http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=34553

             

往海玄古の石碑を見る山本さん

往海玄古の墓を調査する山本さん

往海玄古の墓の右におられるのは町横尾区長の小林善道さん、玄古の墓の屋根は小林さんが作られたものです。

戸倉の「萱」に保管されている、140年前の玄古葉。今でもたばこの香りを残していました。

              

 今回の調査で明らかになったのは、町横尾に残されている、往海玄古に関する石碑は江戸時代のもので、たばこに関する碑としては日本最古のものであろうということです。

 玄古たばこの地元の町横尾の皆さんが大切に保存されてこられた歴史的遺産です。これからも大切に保存していきたいと思います。

 また、今回の山本さんの調査結果は、JTの機関紙「たばこ史研究」に掲載される予定です。

                  

 坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/18 22:49

平成28年度長野地域活性化推進会議

 本日(8月18日)、長野地域(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、小川村、飯綱町)の活性化推進のための会議が行われました。

               

                

 長野地域の地方創生に向けた重点項目を取り上げ議論をしていきます。

 重点プロジェクトは以下の通りですが、今回、第7番目の「移住・交流の推進」が加わりました。

  

(重点プロジェクト)  

1.広域観光ルートの構築・活用を通じた誘客

2.農商工連携による産業振興

3.野生鳥獣害対策の推進

4.災害に対する備えの推進

5.小水力発電の事業化

6.里山の未利用資源の有効活用の推進

7.移住・交流の推進

       

 以上が重点プロジェクトですが、その他取組みを進めていくものとして以下の7項目があります。

      

(その他取組みを進めていくもの)  

8.地域の景観育成

9.新幹線延伸、並行在来線対策としての道路網整備

10.森林病害虫防除対策(松くい虫、ナラ枯れ被害等)の推進

11.地域活性化に向けた取組み

12.子供達の通学路の安全確保

13.地域公共交通の整備に向けた取組み

14.ユニバーサルデザインの普及促進

        

 これから、具体的に各プロジェクトに着手してまいります。

              

右から:加藤長野市長、三木須坂市長、山村

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/17 12:44

川島亜子さんのコンサート

 本日(8月17日)、坂城町出身で新進気鋭のサクソフォン奏者 川島亜子さんが、次回コンサートのご案内で坂城町役場へ来られました。 (主催:KSMUSIC、後援:坂城町、坂城町教育委員会、(株)ヒオキ楽器、川島亜子コンサート後援会)

           

                 

 川島さんは先日(6月25日)、鉄の展示館ホールで、熊本地震復興支援 チャリティーコンサートを開催していただきました。

                

(前回のコンサートの様子)

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=43180

             

 今回のコンサートは、9月25日(日)に千曲市の戸倉創造館で開催されます。

 川島さんのほかに、川崎龍さんのピアノ、冨田千春さんのチェロのトリオで演奏されるそうです。 楽しみですね。

           

 お問い合わせは、e-mail: acco0212v@gmail.com または Tel: 0268-82-6347へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/15 13:37

坂城町 平成28年度成人式

 本日(8月15日)、坂城町文化センターで、第61回成人式が開催されました。

 終戦記念日でもある本日、全員黙祷の後に開会されました。

                            

 今年は113名の新成人の参加がありました。

            

                                       

 以下、私の挨拶文を掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 平成28年8月15日 成人式

 

皆様こんにちは。坂城町長の山村です。

新成人の皆様、成人式おめでとうございます。

また、今日まで暖かい愛情を持ってお子さんを立派に育て上げられたご家族、保護者の皆様に心より、お祝いとお喜びを申し上げます。

かさねて、本日、ご多用のところ本式典においで頂いた、塚田議会議長殿をはじめ多くのご来賓の皆様に御礼申し上げます。

 

さて、坂城町では成人式を毎年、終戦記念日に開催しています。また、今年はオリンピック開催の時期とも重なりました。

以前は1月の成人の日に開催していたこともありますが、冬、雪の中での開催が難しい場合がありました。

一方、8月の開催ですと、お盆の時期で新成人の皆さんが帰省しやすい時期であることと、8月15日の終戦の日にあたり、あらためて命の大切さ、平和の大切さ、国のあり方などを考える良い機会になることで、本日の開催になりました。

今年の対象者数は147名ですが、そのうち約8割にあたる、113名の方に参加いただきました。         

 

皆さんは今日の成人式を迎えてどのような心境でしょうか。

成人式を迎えられた皆様の中にはすでに社会に出て働かれておられる方、学生の方、働きながら勉強をされておられる方がおられます。

また、坂城の中で家業を継がれておられる方、遠く坂城を出て活躍されておられる方々などいろいろな立場で本日おいでになっておられると思います。

久々に懐かしい方々との旧交を温められ、心躍る感傷に浸っておられる方々も多いかと思いますが、折角の節目でありますので、皆さんが成長されたこの20年間を、お世話になった方々への感謝の念をも抱きながら種々思いをはせていただきたいと思います。

また、今年は坂城町で開催される第61回目の成人式ですが、戦後71年目の年ともなりました。

今日は、成人を迎えられたこの機会に、これからの日本の平和の在り方についても考えていただくために、戦争にまつわるお話をいくつか申し上げたいと思います。

 まず、昨年、3月に坂城町中之条にある西念寺の若麻績実豊さんと奥様の節子さんがお見えになりました。            

 お二人はオーストラリア南東部カウラ市の日本人墓地に埋葬されている、叔父の坂城町(元中之条村)出身、元陸軍准尉若麻績通明さん(1918年45年)の墓を訪問されたそうです。

 このお墓に埋葬されておられるのは元陸軍准尉の若麻績通明さんで、昭和19年にニューギニアで戦死したと伝えられておりましたが、実は捕虜となった後、オーストラリアに移送され、死後、カウラの日本人墓地に埋葬されていたことが分かりました。                

 一昨年、明治学院大特命教授の山田真美さんがカウラの墓地のリストに若麻績通明さんの名前を発見し、知人の若麻績姓の男性に連絡したことなどから、通明さんであることが判明しました。

カウラ市のビル・ウェスト市長とも会われ、分骨などのお願いをされたそうです。

 若麻績さんによりますとこの日本人墓地は大変大切に管理されており、戦没者以外でも、戦時中強制キャンプに収容された人々(抑留民間人)も含めてオーストラリア各地で亡くなった方々、500人がこの墓地に収容され埋葬されているとのことです。

 昭和30年ころに、この事実が日本政府に伝えられたのですが、遺族への連絡等は一切なかったそうです。          

 一方、カウラ市は大変親日的で桜の植樹なども積極的に行っていただいているようです。

 戦時中、海外で無くなった方々のお墓をこのように丁重に維持管理していただいていることに心から感謝したいと思います。

 その後、多くのご関係者の大変なご努力により、オーストラリア・カウラ市の日本人墓地から分骨されたご遺骨が昨年秋に、坂城町中之条西念寺さんに納骨されました。在日オーストラリア大使、ブルース・ミラーさんも参列される中、納骨法要が行われました。

日本、オーストラリア両国の本当に多くの方々の熱意、善意、努力が重なり合い実現しました。

 このような素晴らしい物語を一過性のものにしないように、オーストラリア政府、カウラ市との間で何らかの形で交流事業を進められればと思っております。

 まだまだ戦後は終わっていないのだなと思いました。 また、本件についての日本政府のいままでの対応についてはいささか残念ですが、オーストラリア、カウラ市の大変、心温まるお話を伺い胸を打たれました。

もう一つ戦争にかかわるお話を申し上げます。

以前、私が友人から入手した、出征時に寄せ書きされた日章旗があったのですが、その出征された持ち主、この方は中国戦線でなくなられたのですが、この竹前重信さん宅に約70年ぶりにこの日章旗をお渡ししました。          

 この日章旗は竹前重信さんが昭和14年に陸軍に志願兵として入営する際にに親戚や近隣の方々、友人などから武運長久を願って寄せ書きがされたものです。

 しかしながら、昭和17年8月8日、中国河北省で敵に包囲され銃撃を受け戦死されました。

 その際に身につけられていた日章旗でした。しかしながら、この日章旗は行方不明になったままでした。 一方、竹前重信さんが戦死された当時の戦況、様子などの記録は後刻送られており、そのときの状況がよく分かりました。果敢に戦ったけれども、多勢に無勢であったそうです。          

 この日章旗の持ち主を見つけるのに、約半年間かかりましたが、多くの方のご尽力により、ようやくご親族にお渡しすることができました。私にとっても感無量でありました、戦後、70年たっての帰還となったわけであります。

 

さて、私は、毎年、成人式に際して、「命」の大切さについてお話をしています。

皆様方は、ご両親から頂いた「命」の大切さについてどう考えておられるでしょうか。

昨今、毎日のように悲惨なニュース、それも今までは考えられなかったような、命の尊厳さ尊さを無視する、信じられないような事件が発生しています。

 

皆さん、私は「命」は大自然からお借りした大切な「宝物」だと思っています。

皆さんの命は皆さんのご両親が突然作り出したものではありません。皆さんのご両親、ご両親のご両親、どんどん遡れば地球誕生から約46億年、宇宙の起源から考えれば約130億年前から営々と皆様のDNAが脈々と続いてきているわけであります。

大自然からお借りした「命」を立派に、立派に磨き上げ再び大自然にお返ししなくてはならないのです。

仮に、皆さんが友人からゲーム機あるいは、ポケモンGOのためにスマートフォンを借りたとします、これを傷つけたり、べたべたに汚して返したら皆さんの友人は何と思うでしょう。

反対に、借りた時以上に見事に磨き上げピカピカにして返したら皆さんの友人は何と喜ぶことでしょう。皆さんの「命」もこのようにピカピカにして命を全うし、大自然にお返ししなくてはならないのです。

今から71年前、戦時中では成人するということは即、戦場に行くということでありました。敵と戦うということでありました。見も知らぬ人間の命を奪う戦いをせざるを得ないということでもありました。今日、この際にもう一度皆様方各々で皆さんの「命」の大切さについて考えていただきたいと思います。

また、先日、天皇陛下からご自身のこと、象徴天皇としてのあり方など、率直にお言葉を述べられました。私たちも、今、一度、日本の国のあり方について、世界の平和について考えたいと思います。

 

その観点からも、本日は、折角の機会ですので、是非、皆様で成人式のお祝いをするとともに、ディスカッションをしていただければと思います。

             

以上で平成28年度成人式のお祝いのご挨拶とさせていただきます。

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 平成28年8月15日 坂城町長 山村弘

                  

・・・・・・・・・・・

以下、坂城町ニュースより               

第61回坂城町成人式           

式典

▲記念式典

あいさつ  坂城町の歌

▲成人のことば(二見昂輝さん)
 8月15日(月)、文化センターで、第61回坂城町成人式が開催されました。坂城町の成人式は、1月の「成人の日」ではなく、毎年8月15 日に開催するのが通例となっています。町の今年の成人者は、平成7年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた147名で、本日はそのうち113名が出席し、久しぶりの再会を喜び合う姿が見られました。
  厳粛な雰囲気のなか行われた記念式典では、坂城町の歌を全員で合唱し、成人者を代表して二見昂輝さんがあいさつを述べられたほか、山村町長から記念品が贈られました。
 その後に行われた、新成人からなる成人式実行委員の皆さんによる「成人祭」では、中学時代の恩師の皆さんからお祝いの言葉をいただいたり、レクリエーションが行われ、とても盛り上がっていました。
  新成人の皆さん、成人おめでとうございます!                 
▼成人祭

成人祭01  成人祭02

成人祭03  成人祭04  

クラスごとの記念撮影

1組

1組

2組

2組

3組

3組

4組

4組

・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/15 05:23

お盆の行事

 先週から、坂城町の各地でいろいろなお盆の行事が行われています。

 土曜日(13日)には、この一年でお亡くなりになった方々の新盆のお参りで私もお邪魔させていただきました。

 坂城町で新盆を迎えられた皆さま全員をお邪魔するのは難しいので、毎年、95歳以上でお亡くなりになったお宅を訪問させていただいております。

 それでも、今年は、約30軒のお宅を訪問させていただきました。

 それぞれのお宅でいろいろ準備をされておられ恐縮でした。

            

 また、昨日は、上平区育成会の盆踊りが開催され参加しました。

 老若男女大勢の皆さんが久しぶりに顔を合わせ踊りに興じておられました。

              

 

  

各地で行われる、伝統行事を大切にしなくてはなりませんね。

                         

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/13 09:38

坂城町の高校生が軟式野球全国大会へ

 昨日(8月12日)、坂城町出身で上田西高校軟式野球部の滝澤 樹さん(2年生)と澤美桜さん(3年生・マネージャー)が坂城町役場へ来られました。

         

                                   

 お二人は、野球部員、マネージャーとして、8月24日から兵庫県で開催される全国大会に出場されます。

 素晴らしいですね。

 お二人の健闘をお祈りします。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

滝澤 樹さんと澤美桜さんが全国高校軟式野球大会へ

 

上田西

▲澤美桜さん、山村町長、滝澤 樹さん

 

 坂城町出身で上田西高校軟式野球部の滝澤 樹さん(2年生)と澤美桜さん(3年生・マネージャー)が、8月24日から兵庫県で開催される第61回全国高等学校軟式野球選手権大会に出場します。

 同部は、昨年の全国大会でベスト4まで進出しており、今年も長野県大会、北信越大会を勝ち抜き、3年連続5回目の出場を決めました。全国大会は、全国の各地区大会を勝ち抜いてきた16校によるトーナメント戦で行われます。

 全国大会への意気込みを聞くと、滝澤さんは「全国で多くのことを学び、試合では声を出して盛り上げていきたい」と、澤さんは「昨年ベスト4まで行ったので、今年は全国制覇できるように選手たちを支えたい」と話されました。

 二人ともベストを尽くせるよう頑張ってください!

・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/10 10:09

国道18号バイパス建設促進要望活動

 昨日(8月9日)、新国道上田篠ノ井間建設促進期成同盟会の要望活動として、長野県建設部ならびに国土交通省関東整備局長野国道事務所宛の要望活動を行いました。

 坂城町からは、私と塚田町議会議長にご出席いただきました。

 この要望活動は始めてから40年以上経過しておりますが、坂城町区間3.8Kmについて早期の完成とあわせ、坂城インター先線の早期完成についてのお願いもいたしました。

 18号バイパスは昨年度から用地買収に入っております。 地元の皆さまのご協力を得て早期に進めたいと思っております。 計画では、完成まであと4、5年の時期になっております。

 また、坂城インター先線については、現在国道18号線でとまっておりますが、しなの鉄道を跨ぎ、工業団地を経由して千曲川を渡り、新設の18号バイパスと接続される予定の道路です。 現在、地元の皆様方への説明会を開催している状況です。

 この両方の道路が完成するれば坂城町での交通渋滞の解消、生産活動の活発化、救急搬送などの迅速化など大きな効果が期待できます。 また、地方創生、国土強靭化の核ともなるものです。  今後も引き続き精力的に活動を続けてまいります。

             

長野県庁での要望活動

上列右から:山村、岡田千曲市長、長野県建設部長奥村康博氏

              

国土交通省関東地方整備局長野国道事務所での要望活動

左:吉見精太郎所長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/07 04:39

第39回坂城どんどん

 昨日(8月6日)、町民まつり 「第39回坂城どんどん」 が開催されました。

 今年のタイトルは、リオ・オリンピック開会日と同日ということもあり、 「Rio de 五輪! 坂城でどんどん!!」 でした。

 大変な暑さの中でしたが、夕立にも会わず無事終了しました。

 今年も本ステージでは多くの参加者による多彩なプログラムが行われ、坂城町特命大使で重要無形文化財総合指定保持者の松木先生他による能楽や雨来生(うらき)涼さんのライブショーなどを堪能できました。

 また、夜のおどり流しでは、昨年よりも1連多い、48連、1500名以上の皆さんによる熱気あふれる踊りが披露されました。

           

 

左:開会式、右:おどり流しパフォーマンスの部発表(優勝:チーム坂中3学年)

         

 成績発表時には大変な盛り上がりでした。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

町民まつり 第39回坂城どんどん

 

odori 

          

多くの皆様のご来場 誠にありがとうございました!

  

 8月6日(土)、坂城駅前、横町、立町通りで、町民まつり第39回坂城どんどんが開催されました。今年も暑い1日となりましたが、子どもたちを中心としたダンスや太鼓などの恒例のステージ発表のほか、坂城町出身のシンガーソングライター雨来生 涼さんのライブで大いに盛り上がり、こども広場やにぎわいビアガーデンには大勢の方が訪れていました。

▼ステージ発表

dondon01  dondon02

dondon03  dondon04

dondon05  dondon06

▼こども広場など

dondon07  dondon08

dondon09  dondon10

dondon11  dondon12

dondon13  dondon14

▼雨来生 涼ライブ

dondon15  dondon16

 

 夜の部は、千曲川坂城陣太鼓・坂城小・村上小による勇壮な太鼓演奏と坂城神輿会による神輿の練り歩きの後、48の参加連による「おどり流し」がスタート。「正調の部」と「パフォーマンスの部」にエントリーした各連が、息を合わせた踊りを披露しました。 

▼陣太鼓・神輿の練り歩き、おどり流し

dondon17  dondon18

dondon19  dondon20

odori01  odori02

odori03  odori04

odori05  odori04

odori07  odori08

odori09  odori10

odori11  odori12

 

おどり流し表彰  正調の部

  • 優  勝    横町区連「壮」
  • 準優勝    南条小学校6年2組
  • 第3位    横町区連「美」

おどり流し表彰  パフォーマンスの部

  • 優  勝    チーム坂中3学年
  • 準優勝    はじける元気とあつい友情(坂城小6年1組)
  • 第3位    世界一先生大好き☆(坂城小6年2組)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/06 07:00

「ともいきらいふ 月影」の夕涼み会

  昨日(8月5日)、上平にある 障がい者支援施設、「ともいきらいふ月影」(大野寮長)で恒例の夕涼み会が開催されました。

 今年は近隣のボランティアの皆さんも加え180名の方々で盛大に楽しく素晴らしい夕方を過ごしました。

 先日、相模原で悲しい凄惨な事件が起きましたが、上平で開設以来15年目を迎える月影寮では地元の皆様、施設利用者、施設管理者の方々と強いきずなで結ばれ素晴らしい運営がされております。

 昨日も2時間にわたり心暖かいプログラムを皆さんと過ごしました。

             

             

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/05 14:53

柳澤 久さんが旭日單光章を受章

 柳澤久さんが高齢者叙勲(旭日単光章)を受章されその伝達式を行いました。

   

左:柳澤ひさしさん

            

 柳澤久さんは、今年、88歳になられました。 長年にわたる坂城町議会でのご活躍のほか、坂城町書道協会会長としても活躍されました。

 最近では、今年3月に竣工した南条小学校の門札も揮毫していただきました。

 長年にわたる、坂城町へのご貢献に感謝いたします。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柳澤 久さんが高齢者叙勲(旭日單光章)を受章

 

 柳澤久さん

 ▲左から、山村町長、柳澤 久さん

 

 元坂城町議会議員の柳澤 久さんが、高齢者叙勲(旭日単光章)を受章され、8月5日(金)に山村町長から伝達を受けられました。

 柳澤さんは、昭和50年から平成3年まで4期16年にわたり町議会議員として在職し、特に平成元年からの2年間は議会議長として円滑な議会運営に尽力するとともに、町の将来を展望した施策の推進に多大な貢献をされました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/03 16:18

和平(わだいら)国際交流村で英語キャンプ

 今日(8月3日)、明日と坂城町和平国際交流村で英会話キャンプが開催されています。

 今年は応募者が多く、33名の子どもたちが集合しました。

 坂城町ではいろいろなプログラムで子どもたちの英語教育に力を入れています。 今回の英語合宿もその一貫です。

 子どもたちが物怖じせず、ALTの外国人教員と積極的に応対している姿を見ると大変頼もしく感じます。

                  

 

開会式の挨拶 もちろん英語で。 皆、分かったかな。

                    

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小中学生が和平国際交流村で英会話キャンプに挑戦!

 

和平国際交流村01

 

 8月3日(水)・4日(木)の2日間、和平キャンプ場で、和平国際交流村が催されています。

 この事業は、小学校において外国語活動が必修化となり、これからの国際社会を生きる児童が、外国の方々との交流体験を通して、外国の文化や言葉を理解しながら、外国への興味や関心を持つことをねらいとし、外国語活動の一層の推進を図ることを目的に毎年行われています。

 今年は、町内の小中学生33名が参加し、村上小学校のドナ先生、小学校ALTのヨハン先生、中学校ALTのピーター先生ほか3名のネイティブスピーカーと一緒にキャンプ場で宿泊し、英語を使ったアクティビティや料理をして過ごしています。子どもたちは、間違いを気にせずに知っている英語をどんどん口にし、ネイティブスピーカーや初めて会った友だちとの英会話や、さまざまなアクティビティを楽しんでいました。

 

和平国際交流村02  和平国際交流村03

和平国際交流村04  和平国際交流村05

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/02 05:16

南条小学校児童会から熊本地震被災地へ義援金

 昨日(8月1日)、南条小学校児童会長の菱田桔平さんと、南澤校長先生が来られ、菱田児童会長の発案で集められた、熊本地震被災者の皆さんへの義援金をお預かりしました。

        

左から:宮崎教育長、南澤校長、菱田桔平さん、山村

 

 金額は約8万2千円です。 南条小学校の皆さんからの、熊本地震の被災者の皆さんへの熱い思いを受け取りました。

 日本赤十字社を通して被災地へお送りさせていただきます。

            

 なお、菱田桔平さん、南澤校長先生とも、一昨日(7月31日)深夜、国際交流事業を終えて上海から戻られたばかりです。 お疲れさまでした。

中国との教育事業帰国あいさつの会

昨日の帰国報告会の様子。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1470028081150/index.html

 

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

南条小児童会が熊本地震被災地へ義援金

 

南条小熊本地震義援金

▲左から、山村町長、菱田桔平さん(児童会長)、南澤校長

 

 南条小学校児童会では、4月に起きた熊本地震の被災地へ義援金を贈るため、児童や先生、保護者のみなさんに声をかけ、義援金を集めました。

 これは、児童会長の菱田桔平さんが熊本地震の被害の様子をニュースで見て、自分たちにも何かできることはないかと友だちと話し合って決めたこととのことです。参観日に保護者の皆さんに呼びかけるなどの活動を行い、81,783円が集まりました。

 この義援金は、町から日本赤十字社を通して被災地へ贈られます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/02 05:00

ポーランド サマースクール歓迎交流会

 今年もポーランドのワルシャワ日本語学校からサマースクールとして来町されている坂本龍太郎教頭ほか10名の生徒さんが坂城町へ来られました。(昨年は5名の参加者でした。)

             

 

昨日(8月1日)、午前中、坂城町役場に来られた学生と坂城町国際交流協会の皆さん

           

昨日(8月1日)、夕方、鉄の展示館ホールで開催された歓迎会

             

 以下は坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ポーランド サマースクール歓迎交流会

 

ポーランドサマースクール歓迎交流会01

 

 8月1日(月)、中心市街地コミュニティセンターで、ポーランドにあるワルシャワ日本語学校からサマースクールとして来町されている坂本龍太郎教頭と学生10名の歓迎交流会(主催:坂城町国際交流協会)が開催されました。

 同校がサマースクールとして来町されるのは今年で3回目です。皆さんは、昨日から町内の家庭でホームステイをされており、8月7日(日)までの一週間、町内の企業、宮入鍛刀道場、鉄の展示館、寺などを見学するほか、和平国際交流村や坂城どんどんにも参加していただく予定です。

 本日の歓迎交流会では、学生さんたちから、ポーランドの文化について、名所や妖怪、ショパン、クマの兵士、漫画などを例にあげて説明していただき、ホストファミリーや参加された皆さんと交流を深めていらっしゃいました。

 

▼坂本龍太郎教頭

坂本龍太郎さん  自己紹介

歓迎交流会04  歓迎交流会05

歓迎交流会06  歓迎交流会07

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/02 04:47

長野県消防ポンプ操法・ラッパ吹奏大会

 先日(7月31日)、小海町で第58回長野県消防ポンプ操法大会・第25回長野県消防ラッパ吹奏大会が開催されました。

 坂城町からは第1部ポンプ車操法の部で第2分団が、第2部小型ポンプ操法では千曲市第1分団、ラッパ吹奏の部では千曲市ラッパ分団が出場しました。

 各々、上位入賞は出来ませんでしたが日頃の成果を十分に発揮して頑張りました。

           

 

大会終了後坂城町消防団第2分団の皆さんと

         

 以下は、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂城町消防団第2分団 県消防ポンプ操法大会出場

 

県ポンプ操法大会結果01

 

 7月31日(日)、南佐久郡小海町総合グラウンドで、第58回長野県消防ポンプ操法大会・第25回長野県消防ラッパ吹奏大会が開催され、7月3日(日)の埴科大会で優勝した坂城町の第2分団(金井)が第1部ポンプ車操法の部に出場しました。

  ポンプ車操法の部は、指揮者の号令のもと、4人の番員(選手)が息を合わせて消防ポンプ車からホースを矢継ぎ早に連結し、動作の確実さや放水で標的を落とすまでの時間などを競います。県内の各地区大会を勝ち抜いた強豪チームが出場する中、第2分団は規律正しく、素早い操法を披露し11位と健闘しました。第2分団長の三井佑輔さんは、「悔しい結果となりましたが、この経験を生かし、来年につなげたい」と話されました。

 

県ポンプ操法大会結果02  県ポンプ操法大会結果03

県ポンプ操法大会結果04  県ポンプ操法大会結果05

 

 消防団は、このような操法大会の他にも、日夜地域の安全安心のため活動しており、団員を随時募集していますので、興味のある方は、住民環境課生活安全係(TEL82−3111(内線124) 有線88−1024)にご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]