16/11/30 05:05

経営フォーラム/AREC・Fiiプラザ・リレー講演会

 昨日(11月29日)、坂城テクノセンターで、坂城経営フォーラムとAREC・Fii合同のセッションが開催されましt。

 以下、第3回坂城経営フォーラム/AREC・Fiiプラザ第184回リレー講演会の様子をお伝えします。

                      

講演する山村

 

 プレゼンの最後のページ

     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3回坂城経営フォーラム/AREC・Fiiプラザ第184回リレー講演会

 

第3回坂城経営フォーラム

 

 11月29日(火)、坂城テクノセンターで、「平成28年度第3回坂城経営フォーラム/AREC・Fiiプラザ第184回リレー講演会」が開催されました。

 これは、公益財団法人さかきテクノセンターと一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンターの共催によるもので、講師に、山村町長、横田悦二郎 氏(日本金型工業会顧問)、小宮山 直 氏(株式会社カヤマ取締役第ニ製造部部長・株式会社エスプリ代表取締役専務)、新井亮一 氏(長野県工業技術センター 精密・電子技術部門 加工部 主任研究員)、野田真吾 氏(株式会社日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター チーフコンサルタント)の5名をお招きし、順番にご講演をいただきました。

 

山村町長

山村町長

『坂城町の新たな取組みについて
〜「モノ」づくりから「コト」づくり 「コト」づくり with 「IoT」〜』

 山村町長は、坂城町の工業の特徴や現状、日本を取り巻く人口減少などの状況を説明され、IoT分野における坂城町の取組みとして、トータルメディアコミュニケーション整備事業、防災行政無線、あんしん電話、人感センサーによる見守りシステムのほか、テクノさかき工業団地のスマート工業団地化、町内企業の事例を紹介。最後には「左手に高度な金型技術。右手に最新鋭のIoT で勝負!」と、講演を締めくくられました。

横田悦二郎氏

横田悦二郎 氏
(日本金型工業会顧問)

『次世代の金型産業の姿
〜新たに求められる経営と技術・サービスとは〜』

 横田氏は、金型産業の現状や今後アジア地域における「モノづくり産業」地図が変わることを説明。氏によると、これからは「顧客を変えるのではなく、変化する顧客要望に対応すること」「今後大きな変化をしていく金型市場に合わせた金型製造(=次世代金型)」が大切であるとのことです。また、「今後は世界のモノづくりの中心がアジア地域になるのは確実。その先導役になるのは日本でなければならない。それが日本のモノづくりの生き残りの道である」と話されました。

 

小宮山直氏

小宮山 直 氏
(株式会社カヤマ取締役第ニ製造部部長・株式会社エスプリ代表取締役専務)

『ISO/TS16949による品質マネジメントシステムの紹介及び切削加工の自動化の現状とさらなる挑戦』

 「ISO/TS16949」とは、自動車産業の国際的な品質マネジメント規格です。小宮山氏には、自動車産業業界での信頼性及び信用を向上させるべく、(株)カヤマがその認証を取得した経緯と外観検査装置の開発についてお話いただきました。氏によると、認証を取得すると様々なメリットがありますが、反面その道のりは険しく、まず現状把握から始まり、計画の策定、様々な課題の解決を行ったほか、数多くの審査をクリアする必要があったとのことです。また、この認証取得や今年9月に開発した外観検査装置などにより、「管理力をコア技術として、切削加工・工具製作・タイでの海外生産を通じ、お客様へ100%以上の満足感を与える製品を提供し続けていきます」と話されました。

 

新井亮一氏

新井亮一 氏
(長野県工業技術センター 精密・電子技術部門 加工部 主任研究員)

『長野県工業技術総合センターの機械加工技術支援と研究事例』

 長野県工業技術センターには、材料技術部門、精密・電子技術部門、環境・情報技術部門、食品技術部門があり、県内中小企業の技術相談に応じているほか、依頼試験、施設の開放、研究開発などを行っています。新井氏は、自身が所属する精密・電子技術部門 加工部の様々な研究事例を紹介し、「同部門加工部では、加工に関する課題をはじめ、測定技術や化学分析、電子顕微鏡観察など様々な相談に応じ、支援することができる」と話されました。

 

野田真吾氏

野田真吾 氏
(株式会社日本能率協会コンサルティング 技術戦略センター チーフコンサルタント)

『スマートコミュニティ事業への参入について』

 スマートコミュニティとは、「再生可能エネルギーを含めたエネルギーを効率的に活用するシステム及び社会」です。全国の市町村においても、防災・減災、産業振興、雇用創出、まちのにぎわいといった地域課題解決に、地域に眠るエネルギーを活用しようという機運が高まっています。野田氏は、スマートコミュニティの実現に向けた意欲的な地域における知財流通可能性実証事業を紹介し、地域中小企業にもメリットがある地域課題解決モデルの構築を図るために、大手企業・中小企業が持つ知的財産を活用したスマートコミュニティ事業への参入の検討を呼びかけていました。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/28 22:16

瀬口清之さんの中国レポート

  キャノングローバル戦略研究所研究主幹の瀬口清之さんから最新の中国レポートが来ました。

 いつものことながら、実際に自分の足で中国各地の要人と会い新鮮な情報を提供していただいている瀬口さんには感服しています。 以下、ご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・

2016.11.25

日本企業の対中投資の風向きに変化の兆し

〜中国経済は引き続き安定を保持しながら緩やかな減速傾向〜

<北京・上海・広州出張報告(2016年10月20日〜11月4日)>

瀬口 清之(瀬口清之さん)

 

◇ 本年第3四半期の実質GDP成長率は前年比+6.7%と、前期(同+6.7%)並みだった。固定資産投資は伸び率の鈍化が続いているが、輸出は数量ベースで見ると下げ止まりの兆しが見られている。消費は引き続き堅調を維持し成長率を支えている。

◇ 先行きについては、輸出はマイナス要因とならないと見られているが、固定資産投資は緩やかな伸び率鈍化傾向が続く。消費は小型省エネ車向けの優遇政策が年内で終了することから、来年は反動減の影響が生じると予想されている。住宅関連消費も今後徐々にスローダウンしていくと見られている。以上のような各コンポーネントの見通しを前提に、来年は足許の減速傾向が続き、通年で6.5%前後と6.5%に達しない可能性も十分考えられるとの見方が一般的。

◇ 本年第1四半期に、北京、上海、深圳等の1級都市で不動産価格が急騰した後、蘇州、南京、合肥等の一部の2級都市でも急上昇した。これらの都市では外部からの流入人口が多く、不動産需要が増大しているため、不動産の在庫水準が低下して適正在庫水準を下回っていた。そこに金融緩和を背景とする流動性が流入したため、価格が急騰したと見られている。3月下旬および9〜10月にかけて主要都市において、2度にわたり購入規制を強化した。これにより、10月以降住宅販売の増勢が鈍化した。

◇ 国有企業改革の新たな方法として、党の指導の下で国有企業同士を合併させ、リストラを進めるという手法を導入し、さらに改革を推し進めようとしている。9月に発表された宝鋼集団と武漢鋼鉄集団の合併がその最初のモデルとして注目されている。

◇ このところ日本企業の対中投資姿勢にも以前に比べて若干ながら積極性が増しているように感じられる動きが見られ始めている。中国現地に駐在して多くの日本企業と接している日本の3メガバンクや政府関係機関の幹部が「日本企業の中国ビジネスの風向きが少し変わってきているように感じられる」と指摘した。

◇ 来年も日中関係が引き続き改善傾向を辿るようであれば、能力増強設備の拡大を決断せざるを得なくなるとの見方が増えてきている。

◇ 今年の日系大手3社(日産・トヨタ・ホンダ)合計の中国での販売台数は、足許の伸び率がこのまま続くと、389万台に達する見通しである。昨年の日本国内における3社の合計販売台数は277万台であることから、主要な日本車メーカーにとって中国市場はすでに日本市場を大きく上回る規模となっている。

 

(詳細レポートは以下をクリックしてください。) 

日本企業の対中投資の風向きに変化の兆し〜中国経済は引き続き安定を保持しながら緩やかな減速傾向〜<北京・上海・広州出張報告(2016年10月20日〜11月4日)>PDF:587.2 KB

・・・・・・・・・・・・・ 

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/26 22:53

ミャンマー・ベトナムビジネス視察ミッション完了

  本日(11月26)、11月22日からスタートしました、「ミャンマー・ベトナムビジネス環境視察ミッション」は本日無事に全員、羽田空港に到着しミッションは完了しました。

 4泊5日の短期間でミャンマーとベトナムを視察するという大変密度の濃い忙しい視察旅行でしたが、14名全員が無事に日本に戻ってきました。

 竹内製作所の竹内明雄社長には当ミッションの団長としてまとめ役を果たされ、大変お世話になりました。

 参加者全員が大きな成果を持ち帰られたものと存じます。

          

機中から大きな富士山が見えました。

          

羽田飛行場での解団式。

右から:(株)テクニカルイン長野鈴木社長、宮後工業(株)宮後睦雄社長、(株)竹内製作所竹内社長、産業振興課山崎課長、坂城町議会塚田正平議長

            

参加者全員がお世話になった近畿日本ツーリスト添乗員の多賀久絵さんと。

             

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/26 22:17

ミャンマー・ベトナムビジネス視察ミッションその−5

  昨日(11月25日)、視察ミッション最終日は、午前中ジェトロハノイで竹内直生ディレクターからベトナムの経済情勢について説明を受けました。(竹内さんは長野県御代田町のご出身だそうです。)

         

説明される竹内直生さん

         

 まとめとしては、近隣諸国と比較して豊富で低廉な労働力、安価な公共料金、安定した電力供給、さらには主要市場との経済連携協定(TFA、EPA)などが強みとなって、輸出指向型の生産拠点として大きな魅力を有しているとのことです。

 ミャンマーと違い、すでに日本からかなりの企業が進出しているが、製造業・非製造業ともに「小さく産んで大きく育てる」、「A4(慌てず、焦らず、当てにし過ぎず、諦めず)」の精神で、リスクを最小限の抑えつつ中長期的な視点を持って取り組むことが重要とのことでありました。    

 

          

ハノイ市内の朝の通勤風景。圧倒的にバイクです。

             

昼食は工業団地内にある日本食堂「ほたる食堂」で日本食のお弁当でした。

料金:一番上の「ほたる担々麺単品」の料金は、15万ドン(ベトナムの通貨は「ドン」)、日本円で約750円です。

       

 午後はベトナム日本電産サンキョーさんを訪問しました。

 サンキョーさんは諏訪でオルゴールなどを生産されておられましたが、日本電産の傘下に入り2005年からベトナムでプラスチック成形品を作られています。

         

ベトナム日本電産サンキョーさんの前で

           

 サンキョーさんの後、東京マイクロ・ベトナムさんを訪問しました。

 本社は佐久市にあります。

 ベトナムではマイクロモーターの開発・製造を行っています。 ユニークな製品としてはズームレンズに内蔵されているマイクロモーターなどです。

       

東京マイクロ・ベトナム工場前で

        

 東京マイクロ・ベトナムさんを訪問した後、ホー・チ・ミン廟を訪れました。

    

ホー・チ・ミン廟の前で記念撮影

         

  

衛兵の交代

             

ベトナムでの最後の晩餐。大変おいしいベトナム料理を堪能しました。

                    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/25 05:11

南条小学校金管バンド全国大会で銀賞受賞

  先週(11月19日)、大阪城ホールで開催された第35回全国全日本小学校バンドフェスティバルで2年連続の銀賞を受賞しました。 すごいですね。

  以下、大会の様子などご報告いただきました。(11月21日)

                  

   

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・

         

南条小金管バンド部 全国大会で2年連続銀賞に輝く!

 

全国大会01

全国大会02

▲全国大会の様子(写真提供:株式会社大阪フォトサービス)

 

 11月19日(土)に大阪城ホールで開催された第35回全日本小学校バンドフェスティバル(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)において、東海支部代表として出場した南条小学校金管バンド部が2年連続で銀賞を受賞しました。

 演奏曲は、同部史上最高難易度となる『Pops for Brass』。「聴いてくださる全ての方に感謝の気持ちとHAPPYを届ける」をモットーに、34名の部員全員が一丸となって練習に励み、大会に臨みましたが、目標としていた金賞には惜しくも一歩及びませんでした。

 部長の井出万葉さん(アルトホルン)と副部長の竹内唯人さん(トロンボーン)に大会の感想を聞くと、「本番では最初緊張して、少しミスが出てしまいましたが、後半は演奏を楽しんで練習の成果を発揮することができました。悔しい結果となりましたが、会場の皆さんに感謝とHAPPYを届けることはできたと思います」と話されました。

 今後6年生が演奏する機会は、北信地区管楽器交歓演奏会や来年のさよならコンサートなど残りわずかとなります。井出さんは「最後は今までで最高の演奏がしたい」と、竹内さんは「今度は地域の皆さんに感謝とHAPPYを届けたい」と意気込みを話されました。これまでの集大成を披露できるようがんばってください!

 

▼全国大会結果報告【左から、山村町長、竹内唯人さん(副部長)、井出万葉さん(部長)、石坂一彦先生(顧問)、南澤 博 校長先生】

          

・・・・・・・・・・・・・

       

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/25 01:54

ミャンマー・ベトナムビジネス視察ミッションそのー4

 本日(11月24日)はミャンマーの休日のため、市内見学となりました。

 午前中は、有名な「巨大寝釈迦佛」チャウッターチー・パゴダを見学しました。(涅槃佛と言われるものは佛陀が亡くなった像を意味し、この寝釈迦像は釈迦が休んでいる姿と言われています。)

         

この写真は佛陀のお足から見た写真。足の裏に佛教の世界観が書かれているそうです。

        

黄金のシュエダゴン・パゴダの前で全員写真。自分の生まれた曜日の神様の前でお花とお線香を各自があげました。黄金のパゴダの周りを一周するので炎天下、約1時間かかりました。(皆さん熱心に修業をされていました。)

      

 昼食をとったレストランはかつて、アウン・サン将軍が事務所を置いていたという家で、アウン・サン将軍が使っていた事務所、机・椅子などがそのまま残されていました。

          

アウン・サン将軍ゆかりのレストラン前で。左から:(株)カヤマ小宮山専務、山村、力石化工(株)佐藤社長、(株)テクニカルイン長野鈴木社長

         

アウン・サン将軍の事務所で。書類箱、ポータブル・タイプライターなどそのまま残されています。

               

 午後はミャンマー最大のショッピングモールで買い物をしたのちにベトナムに向けて移動しました。

 明日はハノイで、ジェトロハノイ事務所、ベトナム日本電産サンキョー、東京マイクロベトナム工場などを訪問させていただく予定です。

                   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/24 00:08

ミヤンマー・ベトナムビジネス環境調査ーその3

  本日(11月23日)、非常に忙しいスケジュールでミャンマーの経営環境について研修を行いました。

 午前中はミャンマーから技術研修生を派遣している、「ケントク」を訪問しました。

 日本語教育、日本の文化、風習、職場での環境など教育して多くの技術研修生を日本に派遣しているそうです。

            

左から:KENTOKU(研徳)奥田二郎センター長、マウン・ウー社長

        

KENTKUでの日本語研修風景

            

 10時からフレックス・ジャパン(White Owl社)訪問

 現在、第二工場まで設立されシャツ等の縫製事業を行われています。

 第一工場だけでも400名以上の従業員が働いています。            

             

右:説明していただく矢島隆雄社長

              

               

工場の二階から見た風景

              

フレックス・ジャパン(White Owl)工場前で全員撮影

             

ジェトロ・ヤンゴン事務所の草苅貴海外投資アドバイザーからミャンマーの状況について説明いただきました。

            

日本とミャンマーの官民連携プロジェクト、MJTD(ティラワSEZ運営会社)について、丸紅から派遣されておられる佐藤観さんから詳細な説明を受けました。

約370ヘクタールにもわたる広大なティラワ経済特区開発プロジェクトのお話を伺い、坂城町での今後のビジネス展開について大いに参考になりました。

とにかく、広大な開発区域です。

 

http://marubeni-industrialpark.com/myanmar/

 

           

 

 視察ののち、会食をしたレストランでミャンマーの伝統舞踊、人形劇などを鑑賞しました。

             

             

フィリピンでもみられるバンブー・ダンス

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/23 00:30

ミャンマー・ベトナムビジネス視察ミッションーその2

 「ミャンマー・ベトナムビジネス環境視察ミッション」は無事にミャンマーに到着し、夕方ヤンゴンのレストランで初日の夕食会を開催しました。
 
今回のビジネスミッション代表の竹内明雄社長のごあいさつ
   
            
              
 今回のミッションの参加者は、(株)竹内製作所)竹内明雄社長、宮後工業(株)宮後睦雄社長、二見邦彦常務、(株)カヤマ小宮山直専務取締役、(株)栗林製作所吉満高広社長、力石化工(株)佐藤洋子社長、テクニカルイン長野鈴木和長社長、(株)ヤマザキアクティブ山忠承社長、八十二銀行坂城支店風間久直支店長、長野県信用組合坂城支店小林聖功支店長、長野銀行坂城支店古畑修支店長、坂城町議会塚田正平議長、坂城町役場産業振興課長山金一、近畿日本ツーリスト多賀久絵添乗員と山村の14名です。
        
 明日(23日)はヤンゴンのKENTOKUさん、フレックスジャパンさん、ジェトロヤンゴン他を訪問します。
                          
              
           
 アウン・サン・スー・チーさんの自宅前で。家の中の様子は見えませんが、今でもこの家に住んでいるとのことです。 上部の写真は建国の父と言われた父親のアウン・サン将軍。
                
                  
           
 
路上のマーケットの様子。すごいエネルギー、逞しさを感じますね。
                
             
 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/22 16:44

ミャンマー・ベトナムビジネス環境視察ミッション

  今週、22日から26日までミャンマー・ベトナムビジネス環境視察ミッションで出張をしております。

 以下の写真は成田空港での出発式の写真です。

 現在、皆さん無事にハノイ空港に到着しました。

 これから、ミヤンマーのヤンゴンに出発します。

 今後、時々、その様子を記載します。

      

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/21 22:06

南条小金管バンド部 全国大会で2年連続銀賞

 本日(11月21日)、南条小学校金管バンド 「ハッピーブラス」 の井出万葉さん(部長)と竹内唯人さん(副部長)が先日の全国大会の結果をご報告に来ていただきました。

         

 今年も頑張りました。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南条小金管バンド部 全国大会で2年連続銀賞に輝く!

 

南条小金管バンド部全国大会銀賞

▲左から、山村町長、竹内唯人さん(副部長)、井出万葉さん(部長)、石坂一彦先生(顧問)、南澤 博 校長先生

 

 11月19日(土)に大阪城ホールで開催された第35回全日本小学校バンドフェスティバル(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)において、東海支部代表として出場した南条小学校金管バンド部が2年連続で銀賞を受賞しました。

 演奏曲は、同部史上最高難易度となる『Pops for Brass』。「聴いてくださる全ての方に感謝の気持ちとHAPPYを届ける」をモットーに、34名の部員全員が一丸となって練習に励み、大会に臨みましたが、目標としていた金賞には惜しくも一歩及びませんでした。

 部長の井出万葉さん(アルトホルン)と副部長の竹内唯人さん(トロンボーン)に大会の感想を聞くと、「本番では最初緊張して、少しミスが出てしまいましたが、後半は演奏を楽しんで練習の成果を発揮することができました。悔しい結果となりましたが、会場の皆さんに感謝とHAPPYを届けることはできたと思います」と話されました。

 今後6年生が演奏する機会は、北信地区管楽器交歓演奏会や来年のさよならコンサートなど残りわずかとなります。井出さんは「最後は今までで最高の演奏がしたい」と、竹内さんは「今度は地域の皆さんに感謝とHAPPYを届けたい」と意気込みを話されました。これまでの集大成を披露できるようがんばってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/20 05:16

熱音響機関開発その後

  以前にも熱音響機関についてご紹介しましたが、先日(11月15日)、経営革新塾セミナーが坂城テクノセンターで開催され、開発チームリーダーから熱音響機関開発の最近の状況についてお話を伺いました。(経営革新塾:ケー・エム・ケーの川島隆教社長がリーダー)

 熱音響機関とは駆動部分を持たず熱と音響(音波)を使い、熱を移動し、発電などを行う夢の機関です。

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=42239

 

 今回、川島リーダーにより発表された内容は、いよいよ、熱から音波を発生し、発電に至るまでの試作です。

 今後、どのようにこのプロジェクトを発展させるか大変興味を持ってみています。

      

熱音響機関開発状況について説明する川島リーダー

       

画面下部で「熱い部分」と「冷たい部分」を作り、温度差による音波を発生し、パイプを通して上部の部分で音波(音)をキャッチし発電を行う。

        

画面中央、LEDが輝く。

             

 坂城町の若手経営者の今後の活躍にエールを送ります。

        

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/19 21:05

女と男ふれあいさかき2016

  本日(11月19日)、平成28年度「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2016」が坂城町文化センターで開催されました。

 坂城町に在住の常盤松子さんと北村智香さんのパネルディスカッション(コーディネーターは大久保美智子さん)で始まり、特別講師に元NHKアナウンサーの村松真貴子さんをお招きし、大変素晴らしいプログラムでした。

 坂城町の男女共同参画の動きが一歩一歩着実に進んでいるなと感じました。

 

開会式でのあいさつ

    

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・

 

女と男ふれあいさかき2016

 

女と男ふれあいさかき01

▲村松真貴子さん

記念講演02  記念講演03

▲第2部:記念講演

 

 男女共同参画社会(※1)の実現のための啓発、推進を目的に、坂城町女性団体連絡会と坂城男女共同みんなの会が実行委員となり、11月19日(土)、文化センターで、「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2016」が開催されました。

 第1部の活動発表では、大久保美智子実行委員長がコーディネーターを務め、パネリストに常盤松子さん(紅谷)と北村智香さん(キタムラ ヴィンヤード)をお迎えし、「坂城町に生活して」をテーマにパネルディスカッションが行われました。

 常盤さんは坂城町で生まれ育ち現在は菓子舗を、北村さんは結婚を機に3年前に移住されてぶどう作りを、それぞれ家族で営んでいます。二人の環境は違いますが、町に対して抱く印象は似ている点が多く、特に「坂城町の良いところ」については、二人とも「人の良さや地域のつながりが深い」ところを挙げられました。生活や仕事をしている上で地域の方に声を掛けられたり教えてもらうことが多く、それが住みやすさにつながっているとのことです。

 

 第2部では、元NHKキャスターで食生活・教育ジャーナリスト、エッセイストの村松真貴子さんを講師にお迎えし、「はじめの一歩 男女共同参画をめざして」を演題にご講演をいただきました。

 村松さんによると、男女共同参画社会を目指すためには、女性も男性も一人ひとりが輝き、自分らしく生き、心と心を通わせることが大切で、そのための「はじめの一歩」は、「明るくあたたかい人間関係を築くこと」とのことです。そして、そのような人間関係を築くためには「笑顔であいさつして、情報を伝え、相手の心を動かす(つかむ)ことが、よりよいコミュニケーションづくりにつながる」と話され、明るいあいさつや上手な自己紹介のコツなどを様々なエピソードを交えて教えていただきました。

 また、最後にはエッセイを朗読していただき、「生きることは自分の居場所をつくること。その居場所の中で生きがいを見つけること」と講演を締めくくられました。

 

 また、町では男女共同参画社会を推進するため、パートナーシップさかき21  第2次坂城町男女共同参画計画を策定しています。

 

※1 女性と男性が、互いにその人権を尊重し、喜びも責任も分かち合いつつ、性別にとらわれることなく、男女が対等な社会の一員として、個性に応じた様々な生き方や働き方ができ、誰もが生き生きと暮らせる社会。

・・・・・・・・・・・・・・   

  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/19 08:54

宮後睦雄さんが黄綬褒章を受章

 昨日(11月18日)、今秋の褒章で黄綬褒章を受章された宮後工業株式会社社長の宮後睦雄さんが坂城町役場へお出でになりました。

    

左:天皇陛下とお会いになった様子などを話される宮後睦雄さん

                

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮後工業株式会社 宮後睦雄さんが黄綬褒章を受章

 

宮後睦雄さん黄綬褒章を受章

▲左から、山村町長、宮後睦雄さん

 

 宮後工業(株)代表取締役社長の宮後睦雄さんが、2016年秋の褒章で黄綬褒章を受章されました。

 宮後さんは、宮後工業(株)を精密な金属加工技術分野の先端企業に育て上げ、国内売上高は20億円超、従業員数は250人。顧客ニーズに応えるべく中国・タイに事業を展開しています。
 さらにテクノハート坂城協同組合理事長及び(公財)さかきテクノセンター理事、長野県中小企業団体中央会理事を務め、リーダーとして地域産業の振興発展にも大きな功績を残しておられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/16 22:09

全国町村長大会

  本日(11月16日)、NHKホールで平成28年度全国町村長大会が開催されました。

 全国から約900名の町村長が参加して国に対する決議事項、重点要望事項などを決議しました。

 重点要望事項としては以下の10項目を決議しました。

    

一.東日本大震災及び平成28年熊本地震からの復興の加速化をはかるとともに、全国的な防災・減災対策を強力に推進すること。

一.一億総活躍社会の実現に向け、地方創生を推進すること。

一.地方分権改革を推進すること。

一.道州制は導入しないこと。

一.「まち・ひと・しごと創生事業費」を拡充するとともに、歳出特別枠を堅持し、地方交付税等の一般財源を確保すること。

一.ゴルフ場利用税を堅持するとともに、全国森林環境税を早期に導入すること。

一.農林漁業の振興による農山漁村の再生・活性化をはかること。

一.田園回帰の時代を拓き、都市と農山漁村の共生社会を実現すること。

一.農林漁業者が将来に希望をもてるよう、TPP対策に万全を期すこと。

一.領土・外交問題に毅然とした姿勢で臨むこと。

       

 また、特別決議として、「参議院の合区の早期解消に関する特別決議」も決しました。

     

 なお、本日の大会に来賓として、安倍総理大臣、衆参両議員議長、高市総務大臣、二階自由民主党幹事長等が来られました。

       

藤原全国町村町会長

          

安倍総理大臣

        

高市総務大臣

           

二階自由民主党幹事長

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/16 05:05

平成28年度坂城町戦没者追悼式

 昨日(11月15日)、坂城町文化センターで、平成28年度坂城町戦没者追悼式が開かれました。

 先の大戦において犠牲となられた多くの町内の方々をしのび、御冥福をお祈りいたしました。

 約70名のご遺族のほか多くのご来賓の皆さまにご出席いただきました。

           

式辞を拝読

          

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    

平成28年度坂城町戦没者追悼式

 

戦没者追悼式01

戦没者追悼式02  戦没者追悼式03

▲追悼のことば及び献花

 

 11月15日(火)、文化センターで、先の大戦において犠牲となった多くの町内の方々をしのび、御冥福をお祈りする平成28年度坂城町戦没者追悼式が開かれ、ご遺族など約70名が出席されました。

 戦争を体験された世代が少なくなるなか、今を生きる私たちが当たり前のように平和と繁栄を享受できるのは、先人の大きな犠牲のうえにあることを肝に銘じ、戦争による苦しみや悲しみを後世に語り継いでいくことが大切です。戦後一貫して平和国家の道を歩んできたわが国が、世界の恒久平和実現のためにも、平和への機運を一層高め、国内外に平和の大切さをアピールしなければなりません。 

 町では、昭和60年9月27日に非核平和の町宣言をしました。町としても、不戦と平和への誓いを新たにし、町民の皆さんとともに安心して暮らせる坂城町を目指してまいります。

 

▼慰霊の朗詠(左)と舞(右)

戦没者追悼式04  戦没者追悼式05

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/14 04:32

復旦大学 胡令遠先生、沈浩先生来訪

 昨日(11月13日)、復旦大学日本研究センター所長の胡令遠教授と沈浩教授が坂城町役場にお出でになりました。

 お二人は長年にわたり、復旦大学日本研究センターでご活躍され、坂城町と上海の橋渡しをしていただいております。

 今回は、私も一昨日出席しましたが、長野大学の創立50周年式典にご参加のため訪日された機会に坂城町に寄られたものです。

 また、役場へ来られる前に南条小学校にも寄られ、金管バンド「ハッピーブラス」の練習風景もご覧になったとのことです。

 坂城町役場へお寄りいただいた後、びんぐし湯さん館でお風呂も楽しんでいただきました。

          

坂城町役場にて、左から:宮崎教育長、山村、胡令遠先生、沈浩先生、南条小学校南澤校長(南澤校長は今年の小学生の交流事業で団長として上海に行かれました。)

     

我が家にも寄っていただきました。

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/13 21:13

169系電車撮影会

  本日(11月13日)、素晴らしい秋日和のなか、坂城駅前多目的広場の169系電車の前で、初めての「169系電車撮影会」が開催されました。

 坂城町内外から多くの169ファンの皆様がおいでになりいろいろなイベントを楽しんでいただきました。

       

                                        

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・

169系電車撮影会 初開催!

 

撮影会01

撮影会02  撮影会03

 

 11月13日(日)、坂城駅前多目的広場にある169系電車で、町と169系電車ファンクラブによる撮影会が初めて開催されました。

 本日は、青空が広がる絶好の撮影日和となり、電車を撮影しようと、朝から多くの鉄道ファンの皆さんが集まりました。電車の正面部分や全体など、それぞれが好きなアングルでシャッターを切り、ヘッドマークを交換して電車の表情を変えながら何枚もカメラにおさめていました。

 

撮影会04  撮影会05

撮影会06  撮影会07

撮影会08  撮影会09

撮影会10  撮影会12

 

 また、ファンクラブの皆さんに自慢のコレクションを持ち寄っていただき、車内で行先表示板やNゲージ、制服、オレンジカード、切符、写真などの貴重なものを展示したほか、電車関係の映像も上映。外のテントでは、鉄道グッズやお弁当を販売し、鉄道ファンだけでなく、子どもからお年寄りまで多くの方が楽しんでいました。

 

ファンクラブ01  ファンクラブ02

ファンクラブ03  ファンクラブ04

ファンクラブ05  ファンクラブ06

ファンクラブ07  ファンクラブ08

・・・・・・・・・・・・・

     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/13 04:44

国道18号バイパス建設促進要望活動

 先日(11月10日)、「新国道上田篠ノ井間建設促進期成同盟会」(長野市、千曲市、坂城町、上田市)ならびに「国道18号上田バイパス第二期工区建設促進期成同盟会」(上田市、東御市)合同で国土交通省、財務省、関連国会議員、関連省庁宛の要望活動を行ってまいりました。

 3年前から、18号バイパスに関わる、二つの期成同盟会合同で要望活動を行っておりますが、今回も、各自治体の首長、議長、各自地区の代表者など約50名のメンバーで、埼玉にある国土交通省関東整備局、国土交通省道路局、国土交通大臣、財務大臣、自民党幹事長に対し各々要望を行いました。

 朝9時過ぎから、午後4時まで国会内を歩きましたが、折りしも衆院議員ではTPP問題での議決がされる中、大変あわただしい要望活動でもありました。

 国道18号バイパス建設の要望活動は40数年以上継続しておりますが、今後とも粘り強い活動が必要です。

 坂城町地区(3.8キロ)については、現在、地元説明、用地買収の段階に入っており、皆様方とスクラムを組んで強力に推進してまいりたいと思っております。

             

 

左:国土交通省関東整備局への要望活動、右:木内均衆院議員への要望活動。木内先生には今回の要望活動の全体の調整をしていただきました。

       

 

肥立ち:二階自由民主党幹事長への要望活動、右:石川道路局長への要望活動

         

 

左:国土交通省三木政務官への要望活動、右:井出庸生衆議院議員への要望活動

                

杉尾秀哉参議院議員への要請活動

         

 あと、お会いできなかった各議員の方々には秘書経由要望書をお渡ししました。

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/12 19:28

ねずみだいこん祭り

 本日(11月12日)、久しぶりの快晴にめぐまれ、大勢のお客様においでいただき、平成28年度「ねずみ大根祭り」が開催されました。

 東京など遠方からのお客様も来られ賑やかに収穫をしていただきました。

                             

青空のもと、開会式にて。

左は「ねずみ大根振興協議会」小林会長

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・

   

ねずみ大根まつり

 

ねずみ大根まつり01

ねずみ大根まつり02  ねずみ大根まつり03

▲ねずみ大根収穫体験

 

 坂城町の特産「ねずみ大根」の収穫時期を迎え、11月12日(土)、澄み渡る秋晴れのもと、ねずみ大根まつりが開催されました。

 大変多くのお客様が来場された、メイン会場のさかき地場産直売所「あいさい」では、特製手打ちおしぼりうどんの振る舞いに舌鼓を打ったり、ねずみ大根などの農産物・加工品を買い求めたりする姿が多く見られ、子どもたちはねずこんのお絵描きコーナーや記念撮影コーナーを楽しんでいました。

 また、別会場では、恒例のねずみ大根収穫体験を開催。早朝から多くのねずみ大根ファンの皆さんが集まり、大根を袋いっぱいに詰めて、楽しみながら収穫していただけた様子でした。

 なお、今年も(株)坂城町振興公社が、坂城産の巨峰で醸造した巨峰ロゼワインの発売を祭りに合わせて開始し、「あいさい」では、フルーティーでスッキリとした味わいのワインの試飲・販売が行われました。

 

▼さかき地場産直売所「あいさい」(メイン会場)

 

 

あいさい02  あいさい03

おしぼりうどん01  おしぼりうどん02

▲「あいさい」特製手打ちおしぼりうどんの振る舞い

ねずこん01  ねずこん02

▲(左)ねずこんと記念撮影会・(右)お絵描きコーナー

お楽しみ抽選会  巨峰ロゼワイン

▲(左)お楽しみ抽選会・(右)巨峰ロゼワインの販売

・・・・・・・・・・・・・

  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/11 05:57

南条小学校金管バンド「ありがとうコンサート」

 先週(11月5日)、坂城町文化センター体育館で、南条小学校金管バンド「ハッピーブラス」のありがとうコンサートが開催されました。

 「ハッピーブラス」は先日(10月16日)に長野市のビッグハットで開催された第20回東海小学校バンドフェスティバルで、見事金賞を受賞し、2年連続6回目となる全国大会(11月19日(土)に大阪城ホールで開催)へ出場することになりました。

 今回は、全国大会出場の報告会をかね、「ありがとうコンサート」開催してくれました。

 素晴らしいですね。

 以下、いくつかの写真でその様子をご覧ください。

 11月19日(土)大阪城ホールでの活躍をお祈りします。 「大坂秋の陣」出陣です。

           

 

指揮者は顧問の石坂一彦先生

           

 

        

 南条金管バンド「ハッピーブラス」は現在34名ですが、そのうち17名(半分)が4年生です。

 短い期間でよくこんな素晴らしい演奏が出来るなと感心しています。

 全国大会で演奏する曲は、「Pops for Brass」(「ポップス・フォー・ブラス」 英国のゴフ・リチャーズの作曲)という曲で大変チャレンジングな曲です。

      

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/11/07 18:39

平成28年度坂城町PTA連合会研究集会

 先日(11月5日)、坂城町の坂城幼稚園、小学校、中学校のPTAの皆さんの研究集会が開催されました。

         

 

開会あいさつ 左:笠井PTA連合会会長、右:山村

              

 坂城町の素晴らしいところは、町民運動会にしろ、文化祭にしろ、防災訓練にしろ坂城町の方々全員が参加され心を一つにして開催されることです。

 今回の 「坂城町PTA連合会研究集会」 でも坂城町の坂城幼稚園、小学校、中学校全部の先生方、PTAの皆さんが一堂に会して子どもの育成について研究討議されました。

 今回のテーマは 「子育て、家庭が原点―坂城の子どもたちの健やかな育成を願って―」 です。

 また、特別講演として、稲荷山養護学校の教育相談専任 万年康男先生から、「ひとりひとりにあった 子どもへの接し方 ―みんなちがって みんないい―」というテーマで、実践的なきめの細かいお話をしていただきました。

 万年先生の全体講演会の後に、8つの分散会に分かれ各々テーマごとに熱心に議論をされていました。 素晴らしいですね。

            

講演される 万年康男先生

            

熱心にディスカッションされる参加者の皆さん

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]