17/03/28 04:26

坂城町中小企業能力開発学院修了式

 先日(3月22日)、坂城町中小企業能力開発学院(学院長:山村)の平成28年度修了式が行われました。

 8コースで166の方が修了証を授与されました。 また、修了式には約60名の方が出席されました。

             

 コース名は、「新入社員研修会」、「新入社員フォローアップ研修」、「社会保険実践」、「初級簿記」、「経営戦略・経営計画策定」、「物流コスト・在庫管理の改善」、「モノのインターネット IoT]、「チーム力を上げるコミュニケーション」です。

 能力開発学院の認定コースは昭和55年から開始され、今年で37年目になり、総修了者は5,259名となります。

 今後とも坂城町各企業のニーズにマッチしたコース運営をしていきたいと思います。

  

   

修了式でのごあいさつ

 

 

  

懇親会で山運営委員長(商工会長)による乾杯

                 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/27 06:00

就労支援事業所 「みらい望(ぼう)」 オープン

 特定非営利活動法人「みんなの居場所 未来スペース」 さんが、このたび新たに就労支援事業所 「みらい望(ぼう)」を坂城町南条にオープンします。

 先日、内覧会にお邪魔しました。 場所は坂城町産業道路沿いで、食堂「やがわ」さんの北側です。

 坂城町にこのような施設を作っていただけることに感謝です。

 「みらい望」では、障がい福祉サービスとして、児童発達支援、放課後等デイサービス、自立訓練(生活訓練)と就労継続支援B型のサポートが行われます。

  

 

私の右が 未来スペース理事長の合津忠さんとスタッフの皆さん

           

 坂城町長 山村ひろし                             

 

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/27 05:32

坂城町合同企業説明会(渋谷)

 先日(3月24日)、渋谷のTOHOシネマズ渋谷渋東シネタワー13階フロアで、2018年卒向けの「坂城町合同企業説明会」を開催しました。

 私は午後4時頃伺いましたが、約20名の学生さんが熱心に各社のブースで説明を聞かれていました。

 坂城町役場のブースにも来ていただきました。

 今までにも池袋のサンシャイン・シティなどで行ってきましたが、このビルは渋谷の109の手前ということもあり学生にとっては来やすいところかもしれません。 良い結果が出ればよいですね。

  

 

 

 

                     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/27 05:18

ハローアルソン・フィリピンアクティビティー発表会

 昨日(3月26日)、坂城町上平公民館で 「ハローアルソン・フィリピンアクティビティー発表会2017」 が開催されました。

 坂城町では、昨年に続き3回目の「発表会」です。

  ハローアルソン・フィリピン医療を支える会は、(1)フィリピンの恵まれない人たちに無料で歯科治療を行う  (2)活動で使用する歯ブラシやタオル、石けんなどを集め届ける  (3)活動を通して、自分たちの生活を見直し本当の豊かさや優しさを考える  (4)次世代を担う中学生、高校生の参加により、真の国際平和と国際貢献を考えてもらう  を活動理念として、毎年フィリピンで歯科治療を行っています。

 今年のフィリピンでの活動には、歯科衛生士などの医療従事者のを含む、111名が参加し、このうち、高校生45名に加え、初めて中学生5名が参加しました。 総勢111名は過去最高の参加者です。

 また、フィリピンのマニラ周辺のスラム街で、日本からの歯ブラシやタオル、石けんなどの支援物資を配布し、貧困のためまともな治療を受けられない人たちに歯科治療を行いました。

 今年は、2月8日から11日までの4日間の活動でした。

 子どもたちは日本では当たり前のこと(歯の治療を受けること)が、フィリピンでは当たり前でないこと、命の大切さ、生きることの素晴らしさなど大変大きなショックと体験を通じて、一回りも、二回りも大きくなって帰国しました。

 今回の4名の発表は、いずれも大変素晴らしい、心を打つものばかりでした。

  

 

左:100名を超える参加をいただきました。

右:恒例のオープニング演奏(中央 木村信至先生)

   

 

宮入茂晴さんの発表(上田第一中学校二年生)

  

三輪桃子さんの発表(上田西高等学校二年生)

  

 

山浦華子さんの発表(新島学園高等学校二年生)

  

丸山茉耶さんの発表(関根学園高等学校)

  

木村先生と生徒たちで合唱(上を向いて歩こう)

   

林春二先生の会長あいさつ

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/26 07:19

さかきワインセミナー&試飲会

  昨日(3月25日)、いよいよ坂城町の試験圃場で育てたワイン用ブドウから作られたワインのお披露目と試飲会が開催されました。

 坂城町のワイン事業の小さなステップですが、大きな出発です。

 

 

 詳細は以下の坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・

 

さかきワインセミナー&試飲会

 

さかきワインセミナー01

▲シニアソムリエ 成澤篤人さん

 

 3月25日(土)、坂城テクノセンターで、さかきワインセミナー&試飲会が開催されました。

 町では、ワイナリー形成事業の一環として、サントリーワインインターナショナル(株)の協力のもと、担い手と農業支援センターなどと連携しながら、栽培品種の適正試験及び栽培技術の確立を目的とした、試験圃場でのワイン用ぶどうの栽培管理を町内2箇所で行っています。

 本日は、昨年収穫したぶどうを醸造し、初の商品化となった「坂城プレミアムワイン」(販売元:坂城町振興公社)のお披露目にあわせて、坂城町出身のシニアソムリエで、NAGANO WINE 応援団運営委員会代表の成澤篤人さん(長野市「オステリア・ガット」ほかオーナー)を講師にお迎えしワインセミナーを開催。「テイスティングの基礎知識」を演題に、赤白各2種類のワインと料理(オステリア・ガット提供)を用意し、参加した50名が、ワインの色・香り・味わいと、料理との相性などについて学びました。

▼ワインセミナー

さかきワインセミナー02  さかきワインセミナー」03

ワインセミナー  さかきワインセミナー05

 

 坂城プレミアムワインの試飲会では、このワインの醸造をしていただいたサントリーワインインターナショナル(株)のワインアドバイザー大山弘平さんによるワインの説明があり、成澤篤人さんにも「若木ゆえのフレッシュさの中にも深みがあり、将来性を期待できるワイン」と講評をいただきました。

 また、成澤篤人さんは、現在町内にてワイナリー設立を進めている坂城葡萄酒醸造株式会社の代表取締役でもあり、同会社の取締役で町の試験圃場の担い手でもある北村智洋さんとともに、今後のワイナリー設立に向けた計画についても説明されました。

▼試飲会

大山さん  坂城ワイン

試飲会  北村さん

 

 試飲会後には、明日(3月26日)発売予定の「坂城プレミアムワイン」の先行販売を行い、大勢の皆さんが買い求められていました。

坂城プレミアムワイン  先行販売

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/25 20:31

保育園卒園式

 坂城幼稚園、坂城町立小学校、中学校、坂城高校の卒業式が終わり、3月24日に坂城町立保育園各園の卒園式が行われました。

 私は南条保育園にお邪魔しましたが、立派な園児の皆さんの成長ぶりに大きな感動をいただきました。

  

 

 すばらしいですね。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・ 

 町内保育園卒園式

 

南保卒園式01

南保卒園式02  南保卒園式03

南保卒園式04  南保卒園式05

 

 3月24日(金)、町内の保育園で卒園式が行われました。(写真は南条保育園)

 今年、町内の保育園・幼稚園を卒園するのは103名(内訳 南条保育園:36名、坂城保育園:27名、村上保育園:17名、坂城幼稚園:23名)です。

 南条保育園では、保護者の皆さんが見守るなか、卒園児たちが、運動会やコマまわし、びんぐし湯さん館に行ったことなど、保育園で楽しかった思い出を一人ひとり発表。園長先生から握手とともに保育証書を授与され、観覧席で待つお母さんお父さんに手渡しました。受け取った保護者の皆さんは、子どもたちが生まれてからの約6年間の日々を思い出し、大きく成長した我が子の姿に感動しておられました。

 卒園児の皆さん、保護者の皆さん、ご卒園おめでとうございます。

 

南保卒園式06

南保卒園式07  南保卒園式08

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/25 05:35

平成29年度坂城町消防団任命式

  3月23日(木)、役場講堂で、平成29年度坂城町消防団任命式が行われ、新しい分団長、副分団長、班長、新入団員の皆さんが、川島団長から任命を受けました。

 

消防団任命式01  

▲左から、大塚惇さん(新分団長会長)、川島消防団長

 

 各分団とも新体制のもと、住民の安心・安全な生活を守るため活動していきます。

 なお、坂城町消防団では、随時団員を募集しています。興味のある方は、住民環境課生活安全係 TEL0268-82-3111(内線124)までご連絡ください。

 

 

 

 

 詳細は以下のサイトをご覧ください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1490169267343/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/23 05:33

びんぐしの里公園 屋外ステージの愛称募集中

 現在、びんぐしの里公園に野外ステージを建設中です。

 これにより、千数百名規模の催しが開催できる素晴らしい広場が出来ます。

 5月7日予定の「子どもフェスティバル」や8月19日開催予定の「薪能」など多少の雨でも安心して開催できるようになります。

 そこで、この野外ステージにふさわしい愛称を募集します。

 皆さまの素晴らしいネイミングを期待しています。

 以下の要領でお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

びんぐしの里公園 

屋外ステージの愛称を募集します

 

屋外ステージイメージ図

▲屋外ステージの完成イメージ図

屋外ステージ工事中02  屋外ステージ工事中01

▲工事中の様子

                      

 びんぐしの里公園の屋外ステージに新たに屋根を設置し、リニューアルします。

 このステージの、皆さんに愛され親しみの持てる愛称を募集します。

 

応募方法

次の事項を応募用紙に記入し、郵送、FAXまたはEメールで応募してください。

  • 愛称名
  • 愛称の意味、考えた理由
  • 氏名(ふりがな)
  • 年齢
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話
  • 学校名・学年(学生の場合)

募集期間

  • 平成29年4月21日(金)まで(必着)

結果発表

  • 広報さかき、町ホームページなどで発表

賞品

  • 採用となった方1名様にねずこんグッズを進呈いたします。ただし、同じ愛称を応募いただいた場合は、抽選といたします。 

その他

  • 採用された愛称名に関する諸権利は、坂城町に帰属するものとします。
  • 1人何点でも応募できますが、1通につき1点までとします。
  • 応募に伴う個人情報は、この事業以外では利用いたしません。ただし、受賞者については受賞作品とともに、氏名、住所(地区名まで)学校名・学年(学生の場合)を報道や町広報紙、町ホームページなどで公表させていただきます。 

応募及び問い合わせ先

  • 〒389-0692 長野県埴科郡坂城町大字坂城10050
  • 坂城町役場 建設課 都市・公園係
  • TEL 0268-82-3111(内線178)
  • FAX 0268-82-3054
  • メールアドレス
  •  kensetu@town.sakaki.nagano.jp

 

※ファイルは、PDFファイル形式を使用しています。PDFファイルを閲覧するためには「Adobe Reader」などが必要です。「Adobe Reader」が無い場合はダウンロードし、インストールを行ってください。(無償)

「AdobeReader」のダウンロードはこちらからお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/23 05:20

薔薇人の会が千曲川の河川協力団体に指定

  昨日(3月22日)、「薔薇人(ばらーど)の会(会長:塚田晃久さん)」が、千曲川河川事務所の河川協力団体として指定され、その伝達式がおこなわれました。

 長野県下では、長野市(1団体)、上田市(2団体)に続き、4団体目の指定です。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月22日(水)薔薇人の会が

千曲川の河川協力団体に指定されました

薔薇人の会が河川協力団体に指定

▲左から、山村町長、塚田晃久薔薇人の会会長、堤 達也千曲川河川事務所長

 

 3月22日(水)、ボランティア団体「薔薇人の会(会長:塚田晃久さん)」が、千曲川河川事務所の河川協力団体として指定されました。

 河川協力団体制度とは、地域の実情に応じた多岐にわたる河川管理の充実を図るため、自発的に河川の維持、河川環境の保全等に関する活動を行うNPOなどの民間団体を、河川管理者と連携して活動する団体として法律上位置づけ、支援するものです。

 本日は、国土交通省千曲川河川事務所の堤 達也所長が来庁され、塚田晃久会長が指定証を授与されました。

 これにより、薔薇人の会は、さかき千曲川バラ公園周辺の景観形成や河川美化などの活動を継続し、さらに、豊かな自然を守り、後世に伝えるため、河川敷内の樹木の適切な処理や河川敷の利活用など、地域団体として協力できることを実施していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/21 05:13

平成28年度坂城町高校生タイ国研修開始

 一昨日(3月20日)、今年度の坂城町高校生タイ国研修がスタートしました。

 今年の参加者は8名で、坂城高校生1名、長野高専生2名、上田高校生2名、上田東高校生1名、上田西高校生2名です。

 

画像に含まれている可能性があるもの:12人、、スマイル、立ってる(複数の人)

3月20日(月)、午前5:54のしなの鉄道で出発。坂城駅にて。

                    

 今年は、3月24日までの3泊5日の研修で、この間、タイに進出している坂城町の企業の活動を見学したり、日本国大使館、市内見学など忙しいスケジュールですが素晴らしい体験を積んでくれることと思います。

 なお、今年訪問する坂城町の企業は、21日にアルプスツールさん、カヤマさん、22日に高松製作所さんの3社を訪問します。

 以下、Facebook で報告をしていただくことになっていますのでご覧ください。

 

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1489709021635/index.html

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/17 15:00

平成29年第1回議会定例会 閉会あいさつ

 本日(3月17日)、平成29年第1回議会定例会が閉会しました。以下、閉会のあいさつを掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・

平成29年第1回議会定例会 閉会あいさつ

 

平成29年第1回坂城町議会定例会の閉会にあたり、一言あいさつを申し上げます。

 2月28日に開会されました本定例会は、本日までの18日間の長きにわたりご審議をいただきました。提案いたしました長野広域連合規約の改正、条例の一部改正、町道の廃止及び認定、平成29年度の一般会計・特別会計予算、さらに、追加議案でお願いいたしました28年度一般会計及び特別会計の補正予算など、全ての議案に対して原案どおりご決定を賜り、ありがとうございました。

 

さて、去る3月5日に発生した長野県消防防災航空隊ヘリコプター墜落は県民に大きな衝撃を与える事故となりました。

改めてこの事故により亡くなられた9名の方のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にお悔やみ申し上るものであります。

長野県消防防災航空隊は、救急・救助活動、林野火災の消火、地震、台風及び水害等による被害状況の情報収集、物資輸送など広範囲にわたって活動しており、隊員は県内各消防本部から派遣され救助活動等にあたっております。

今回の事故の原因究明と再発防止に向けた取組を徹底する中で、県民の安心・安全のためにも一日も早い再開を望むものであります。

 

 11日には、東日本大震災の発生から6年を迎えました。土曜日のため役場は閉庁でありましたが、震災が起きた午後2時46分には、役場のサイレンを鳴らすとともに半旗を掲げ、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたしました。

 当町と交流のある福島県葛尾村では昨年6月12日、帰還困難区域を除き避難指示が解除され、復興に向けた第一歩を踏み出しましたが、現在も、多くの方が避難生活を続けられております。

葛尾村を含め、被災された方々が一日も早く普通の生活に戻られることを切に望むところであります。

 

さて、平成29年度は、「坂城町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の重点プロジェクトであるトータルメディアコミュニケーション「つながる あんしん 坂城町」構想事業の、同報系防災行政無線の整備が始まります。

親局の整備、屋外スピーカー、消防署との連携などの工事を実施するとともに、戸別受信機の全戸への無償貸与も順次進め、1日も早い整備に向け取り組んでまいります。

 

 次に、坂城町の基幹産業である工業振興に向け、新たな工業用地の確保に向けた工業団地の基本計画の作成、クラウドファンディングを活用しての創業や商品開発を支援する「クラウドファンディング活用支援」、テックショップ東京を活用した「コトづくり支援事業」などの新規事業とともに3年ぶりの「さかきものづくり展」への補助、本日追加の補正予算で提出した、坂城テクノセンターに、「坂城しごと創生イノベーションセンター」機能を付加するための改修工事を実施し、産業の創出を図ってまいります。

農業振興では、苗木及び資材の購入経費の一部を補助する「ワインぶどう産地化補助」、特産品の開発・商品化を支援する「さかきブランドづくり事業補助」、新規就農者に対し交付する「青年就農給付金」、家賃及び農機具等の購入を助成する「新規就農者支援補助」、農家の皆さんが共同して取り組む農道や水路等の維持・向上を図る「多面的機能支払交付金事業」等に加え、新たに町単独の荒廃農地対策事業である「荒廃農地再生利用補助事業」、一年を通した安定的な野菜等の生産を支援する「農業用ビニールハウス資材購入補助事業」を実施するとともに、特産品の生産振興、新規就農者の確保等に努めてまいります。

出産・子育て支援としましては、0歳児の受け入れの拡大、第3子以降の保育料の無料化、町内のすべての5歳児を対象とした発達・子育て・就学支援を行う「すくすくランド」、年長児対象の発育フォローアップ事業、子育て支援センターでの臨床心理士、家庭児童相談員の配置による相談体制の拡充、子ども福祉医療の対象者を18歳到達の年度末までの拡大、さかき福祉医療費サポート資金貸付事業など数々の施策の展開に加え、新たに不妊・不育症治療費の助成制度の拡充・創設などを実施してまいります。

また、現在小中学校に配置しているALTに加え、英語教育コーディネーターの配置と中学校への個別学習支援システムの導入、南条児童館建設事業などを進めてまいります。

保健・福祉分野では、地域包括支援センターを役場庁舎に移転し、介護や高齢者支援の相談窓口のワンストップ化を図るとともに、訪問理美容サービス、成年後見支援センターの開設、40歳スタートアップ健診、重度身体障がい者訪問入浴サービス制度の新設などを実施してまいりましたが、29年度からは「節目健診」として、50歳の方も自己負担1,000円で特定健診を受診、新規に開所する障がい者支援事業所への財政支援、さらに、ご高齢の方や障がいのある方に対して水道メーターを活用した高齢者の見守りシステムなど実証実験を実施してまいります。

町民の皆さんが安心して坂城町で暮らすことができ、坂城町に住んで良かったと一人でも多くの方に実感してもらえるよう、私の目標として、「ものづくりと子育て・福祉のまち日本一」を目指し、メリハリのある町政運営を行ってまいりたいと考えております。

 

さて、昨年に引き続き2回目となる高校生タイ国研修事業を、来週20日から24日までの5日間の日程で実施し、8名の高校生がタイへ出発いたします。(坂城高校生1名及び町内在住高校生7名)

タイの工業団地に進出している、アルプスツール、カヤマ、高松製作所の町内企業3社及び在タイ日本国大使館の見学のほか、タイの歴史・文化に直接触れる異文化体験を行います。

この研修を通じて、将来、坂城町を支える若者が国際理解や国際感覚を養うとともに、将来展望を考える有意義な研修になればと期待しております。

 

この23日(木)には、消防団任命式を開催いたします。

新たに分団幹部に任命された方や、崇高の志を持って入団する新入団員の皆さんに辞令が交付されます。

「自分たちの地域は、自分たちで守る」という消防精神のもと、更なるご活躍を期待するところであります。

 

 待望の「坂城プレミアムワイン2016」が商品化され、今月26日から びんぐし湯さん館で販売することとなりました。

この「さかきワイン」の周知とワイン文化の浸透を図るため、発売日の前日、25日(土)に坂城テクノセンターにおいて「さかきワインセミナー&試飲会」を開催いたします。

ワインセミナーでは、当町出身で日本ソムリエ協会シニアソムリエの成澤篤人さんを講師に、テイスティングの基礎知識とワインの楽しみ方について教えていただきます。また、試飲会では、出来上がった「さかきワイン」を試飲いただくとともに、このワインを醸造されたサントリーワイン インターナショナル?から試験圃場で栽培されたワイン用ぶどうの分析結果と出来上がったワインの評価について説明をいただきます。

町内初となるワイナリーも具体化してまいりました。ワイン用ぶどうの産地化も含め、今後の町内ワイン産業の発展に期待するところでございます。

 

4月4日は、各保育園の入園式、6日には小中学校、7日には坂城高校の入学式、坂城幼稚園の入園式が行われます。

坂城町の未来を担う子供たちの晴れの姿をご覧いただくとともに、祝福をしていただければと思います。

 

4月6日(木)から15日(土)までの10日間、「春の全国交通安全運動」が実施されます。また、4月21日(金)から30日(日)までの10日間、「春の地域安全運動」が実施されます。新年度を迎え、暖かい季節になり、何かと外出する機会が多くなります。皆様には、交通事故や犯罪に遭わぬよう、また、巻き込まれることの無いよう、より一層ご注意されますよう、お願いいたします。

 

4月16日(日)には、「第18回千曲川クリーンキャンペーン」が行われます。町の原風景である千曲川の自然環境を守るため、大勢の皆様にご参加いただきますよう、お願いいたします。

 

4月26日(水)には、森林資源の育成を図り、林業の発展、さらには治山・治水への基盤づくりを目的に坂城町植樹祭を、小網山において開催いたします。

当日は、ヒノキ200本の枝打ち作業と、500本の植樹を予定しており、議員の皆様をはじめ、大勢の皆さんのご参加をお願いいたします。

 

 春は、三寒四温と申しますが、今年は、その通りに寒い日と暖かい日が交互に訪れております。1日も早い本格的な春の日差しが待ち遠しく感じられます。

議員の皆様におかれましても、健康にご留意され、新年度を迎えていただきたくお願い申し上げ、閉会のあいさつとさせていただきます。

・・・・・・・・

  

坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/16 16:30

坂城町 各小学校卒業式

 本日(3月16日)、坂城町立の3小学校で卒業式が行われました。

 各校の卒業者数は、南条小学校62名、坂城小学校48名、村上小学校38名です。

 今回、私は南条小学校の卒業式に参加しました。

  

 

   以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

町内小学校卒業式

 

南条小学校卒業式01

 

 3月16日(木)、町内の各小学校で卒業式が行われました。(写真は南条小学校)

 今年、町内の小学校を卒業するのは、148名(南条小:62名、坂城小:48名、村上小:38名)です。

 卒業生たちは真新しい中学校の制服を着て規律正しく入場。卒業証書授与では、校長先生から名前を呼ばれると元気よく返事をし、その姿は実に凛々しいものでした。そして、在校生から言葉や歌を贈られ、自分たちもお別れの言葉や歌を披露するときには、6年間の思い出が蘇り、目に涙を浮かべる児童も少なくありませんでした。

 中学校では、さらに充実した日々を送り、心身ともに大きく成長する3年間を送れるよう頑張ってください。

 

南条小卒業式02  南条小卒業式03

南条小卒業式04  南条小卒業式05

南条小卒業式06  南条小卒業式07

南条小卒業式08  南条小卒業式09

南条小卒業式10  南条小卒業式12

 

   また、今年度で町内小中学校を転退職される先生方が来庁されました。坂城の子どもたちのために熱心に教育をしてくださり、ありがとうございました。みなさんの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

転退任01  転退任02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/15 21:00

坂城中学校卒業式

  本日(3月15日)、坂城町立坂城中学校で卒業式が行われました。

 堀口潔校長先生から124名の卒業生(男性60名、女性64名)の一人一人に卒業証書が手渡されました。

 これからの大いなる飛躍に期待します、

 なお、この卒業式にあわせ、PTAの皆さんから素晴らしい、サプライズ・プレゼントがありました。

 それは、生徒に内緒で前日に書かれた ”黒板アート” です。

 武蔵野美術大学と東北芸術工科大学の学生さんにより作成されました。

 朝、それを発見した生徒たちはビックリと大きな感激を味わいました。

 また、各黒板のイメージは担任の先生の個性に合わせて作られたとのことです。

 如何でしょうか、ご覧ください。

  

   

 

   

     

 以下、卒業式の様子を写真でご覧ください。

  

 坂城中学校卒業式

 

卒業証書授与    

 

   

 祝辞

 

坂中卒業式02  坂中卒業式03

坂中卒業式04  坂中卒業式05

・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/13 05:08

長野県倫理法人会20周年記念式典

 昨日(3月12日)、長野市のホテル国際21で一般社団法人倫理研究会長野県倫理法人会(会長:中村八惠子さん)の設立20周年記念式典が行われ、400人近い方が参加しました。

  

長野県倫理法人会中村八惠子会長

                         

 式典の基本テーマは : 「未来へつなぐコンチェルト」 です。

 倫理法人会とは、一般社団法人倫理研究所の法人会員によって組織された会で、「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を」 をスローガンに活動している団体です。

                

 各々、週一回、朝6時からの 「経営者モーニングセミナー」 を開催し、また、各職場でも朝礼を実践しています。

 当更埴地域では千曲倫理法人会(会長:亘直彦さん)で、毎週木曜日朝6時に稲荷山温泉の杏泉閣でモーニングセミナーを開催しています。 私もメンバーの一人です。

                     

 今回の長野県倫理法人会設立20周年式典では、表彰式の後、特別記念講演が行われ、体験報告では小諸市倫理法人会の吉祥美玲恵さんの報告と長野県倫理法人会第14期後継者倫理塾の皆さんによる殺陣の披露がありました。

  

    

 特別記念講演は、一般社団法人倫理研究所丸山敏秋理事長による講演 「いかに乗り切るか ―大変動のさなかにあって―」 と題し大変興味深いお話を伺いました。

  

 主な内容は、

 

1.「3.11」から6年が過ぎて

 A.「鬼門」 が開いたのか

 B.変革を強いられる日本

2.大変動期を乗り切る心得

 (1)覚悟する ― 腹を決める

 (2)「捨てる実践」 に取り組む

 (3)「希望」 を高く掲げる  

などです。

 ユーモアを交えた、しかしながら深刻な問題を大変わかりやすくお話いただきました。

 

講演される:丸山敏秋理事長

    

講演会後の祝賀会で

左から:山村、丸山理事長、甕(もたい)池田町長、中條秀樹さん、荒井英和さん

       

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/11 11:27

坂城町文化協会 第24回美術展

  今日(3月11日)、明後日の両日、坂城町文化センター体育館で坂城町文化協会主催による、第24回美術展が開催されています。

 今回も昨年同様190点近い作品が展示されています。

 いずれも、素晴らしい力作ばかりです。 是非、早めにお出でください。

  

 

  

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・

 

第24回美術展

 

美術展01

 

 3月11日(土)から12日(日)まで、文化センター体育館で、坂城町文化協会主催による「第24回美術展」が開催されています。

 今年は、絵画、書道、華道、写真、木彫、盆栽、小中学生の書初め作品、坂城高校美術クラブの作品のほか、新たに千曲市文化芸術協会の皆さんの作品も展示されています。

 芸術を愛する皆さんの力作を、ぜひ会場でご覧ください。

 

美術展02  美術展03

美術展04  美術展05

美術展06  美術展07

・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/06 05:53

相互確証破壊

 キャノングローバル戦略研究所の研究主幹 瀬口清之さんが日米中の経済問題について、「相互確証破壊」 という言葉を使って論説されています。

 大変興味深い論文ですので以下、ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トランプ政権下で米中は経済戦争に突入するか

−経済的な相互確証破壊が確立している両国より問題は日本−

 

(キャノングローバル戦略研究所 研究主幹 瀬口清之)

               

相互確証破壊

 安全保障の専門用語に相互確証破壊という言葉がある。2つの国がともに大量の核兵器を保有している場合、片方の国が相手国を核兵器によって先制攻撃すれば、相手国も核兵器による報復攻撃を行う。

 最初の攻撃で相手国の核兵器を全滅させることができない限り相手国からの核兵器による報復攻撃を受けて、先制攻撃を仕かけた国も壊滅的な打撃を被る。

 したがって、大量の核兵器保有国同士は、一方が核兵器で先制攻撃すると最終的には双方が壊滅的な打撃を受ける関係にあることを双方がともに確証する。これが相互確証破壊と呼ばれる概念である。

 相互確証破壊の関係が成立している国同士の間では理論上は直接的な軍事衝突が発生しない。これが核抑止力と呼ばれる核兵器配備の重要な目的の1つである。



米中両国経済は相互確証破壊の関係が成立

 

 米中両国の経済関係を見ると、この相互確証破壊と似たような関係が成立しているように見える。

 もし米国が中国に対して、中国からの輸入品に対する関税の大幅な引き上げ、あるいは、為替操作国と認定したうえでの制裁措置発動といった経済戦争を仕かければ、中国も米国に対して報復する。

 米国企業の自動車、パソコンなどの不買運動、米国系スーパー・百貨店に対する焼き討ち・投石、米国系コンサルティング企業・会計企業・弁護士事務所などに対する中国政府関係機関・国有企業の入札参加リストからの排除などが考えられる。

 いずれも尖閣問題発生直後に日本企業が直面した問題である。

 日本企業の場合、尖閣問題発生後のこうした不買運動などによる被害は大半の企業にとって2〜3か月、長くても数か月でほぼ沈静化した。

 加えて、各地方政府は地域の雇用と税収の支えとして貢献の大きかった日本企業を必死に引き留めたこともあって、尖閣問題で日本企業が大量に撤退を迫られることはなかった。

 しかし、万一米中経済戦争が深刻化し、上述のような報復措置が長期化・エスカレートすれば、米国企業は中国市場からの撤退、あるいは大幅な事業縮小を余儀なくされる可能性が高まる。これは米国経済にとって巨大な打撃となる。

 中国が米国に対して厳しい報復措置を採れば、トランプ政権は中国に対してさらに厳しい経済制裁や貿易戦争を仕かけてくると考えられる。その結果、両国の経済はともに深刻なダメージを受け、成長率が低下し、失業が増大する。

 この程度の最悪シナリオは誰でも簡単に想像できるはずだ。経済版相互確証破壊の関係が成立していると言って差し支えないだろう。



日米貿易摩擦当時の日米経済関係と現在の米中経済関係の違い

 

 具体的な経済指標(国際通貨基金=IMF世界経済見通し2016年10月)を見ると、米国のGDP(国内総生産)に対し、中国のGDPのウェイトは2016年が61%、2020年には75%に達する。

 1980年代から90年代にかけての日米貿易摩擦の真っ只中にあった1990年の日本のGDPは米国の52%(ちなみに2016年は25%)。中国はすでにそれを大幅に上回っており、急速に米国に接近している。

 2016年、米国の中国からの輸入金額は米国GDPの2.1%に相当し、対中貿易赤字幅は同じく1.4%。1990年当時の日本は、米国の対日輸入が米国GDP比1.5%、対日赤字幅は0.6%だった。この貿易不均衡のインパクトを比べても現在の中国は1990年の日本を大きく上回っている。

 さらに日本と中国の決定的な違いは中国の国内市場の開放度の高さである。日本の国内市場は高度成長期から現在に至るまで極めて閉鎖的で、外国企業による対日直接投資の受け入れに対しては一貫して消極的である。

 これとは対照的に、中国は市場開放による積極的な外資導入を梃に急速な経済発展を実現してきた。2016年の中国の対内直接投資は中国のGDPの1.1%。これに対して1990年の日本の対内直接投資は日本のGDPのわずか0.06%だった。

 このため、日本で成功した米国系企業は日本IBM、コカコーラ、マクドナルドなど数えるほどしかない。これに対して、昨年の米国企業の中国国内での自動車販売台数はGM、フォードを中心に296万台に達した(ちなみに日本企業は379万台)。

 米国を代表するスーパーマーケットのウォルマートは2016年末現在、中国国内の189市に439店舗を開設している。このほか、アップル(スマホ、PC)、キャタピラー(建設機械)、コーニング(ガラス)、ファイザー(製薬)、P&G(洗剤、化粧品等)など、米国を代表する巨大企業が中国市場で巨額の利益を稼いでいる。

 1990年代の日本であれば不買運動を仕かけられても米国としては痛くもなかったが、現在の中国で、もし米国製品の不買運動が始まれば、米国企業の損失の大きさは計り知れず、米国経済そのものへの影響も深刻である。

 しかも、日本は安全保障面で米国に依存しているため、日米関係に対する特別の配慮が働く。それに対して、中国は米国から完全に独立しているため、日本に対するような脅しは通用しない。

 米国の強硬策に対しては強硬策で報復する可能性が高い。トランプ政権はこの点も十分考慮すべきである。

 以上のような米中経済関係を考慮すれば、両国政府が冷静に判断する限り、経済戦争を仕掛けることは双方にとってあまりにリスクが大きすぎることを認識し、互いにそうした事態を回避するはずである。

 もしこの2大国がそうした冷静な判断を無視して経済戦争に突入すれば、世界経済はリーマンショック以上の衝撃を受け、欧州の財政金融危機や新興国の通貨危機が再燃し、世界大恐慌に陥る可能性も十分ある。

 そうならないことを期待するとともに、その両国と緊密な関係にある日本として、そうした事態を回避するよう両国間の相互理解と冷静な判断を促進する役割を担うべきである。

 もっとも米中間には経済戦略対話(S&ED)が毎年開催され、両国政府主要機関のトップレベルでの交流が続けられてきているほか、王岐山政治局常務委員とポールソン元財務長官に代表される人脈など、これまでは日中両国間以上に太いパイプがあった。

 トランプ政権と習近平政権がこれをうまく活用すれば相互理解は十分図れるはずである。



日本の経済戦略のあり方を考える

 

 振り返って日本の立場を考えてみると、日本は世界第3位の経済大国であり、米中両国とはとくに緊密な経済関係を保持している。2016年の日本の国別輸出ウェイトを見ると、米国向けは20.1%、中国向けは17.5%と両国が極めて重要な貿易相手国であることは言うまでもない。

 これらの両国に対して日本は国内市場(GDP)の規模そのものが小さく(米国の4分の1、中国の3分の1)、しかも閉鎖的であるため、米中両国と日本の間には経済面で相互確証破壊の関係が成立していない。このままでは将来の不測の事態に伴う経済戦争リスクへの対応能力面で不安が残る。

 国内市場が小さい日本が米中両国に対して相互確証破壊の関係に似た交渉力を持つためには、相手国の国内市場において日本企業の雇用、税収、技術開発面での貢献を高める必要がある。

 日本企業を排除すれば米中両国ともに経済が深刻な打撃を受けるという関係を構築することを目指す。つまり経済面でのウィンウィン関係の強化である。

 おそらく日中間では現時点ですでにそれに近い関係が成立している。尖閣問題が発生した直後に各地方政府は、日本企業が撤退しないよう、地元の日本企業をきちんと保護する姿勢を打ち出した。

 日中双方のメディアはこうした事実を報道しないため一般には認知されていないが、こうした中国政府の対応が日中経済関係の安定保持に大きな役割を果たしている。

 日中関係においてさらにこの関係を強化するには日本企業の対中投資を拡大し続けることが重要である。それによって、日本は核兵器に頼らなくても中国との間でウィンウィン関係の強化によって相互確証破壊に似た関係を成立させることが可能である。

 これは長期的な日中関係の安定確保に大きく貢献する。

 日米両国は日米安全保障条約に基づく強固な同盟国であるが、安全保障面では日本が米国に従属しているため、日本の交渉力は弱い。

 せめて経済面だけでも、日本企業が米国経済にとってなくてはならない重要な存在として、米国民から高い評価を得られるよう、ウィンウィン関係のさらなる強化に向けて努力を継続することが必要である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/06 05:33

平成28年度千曲川流域枯草焼却活動

 昨日(3月5日)、坂城町消防団による、平成28年度千曲川流域枯草焼却活動が行われました。

 この活動は河川流域での予防消防の役割の他、千曲川周辺の景観改善にも大いに期待されるものです。

 午前8時半より全ての分団が参加し、地区別に役割分担をし午前中にはほぼ焼却活動は終了しました。

 今日は天候も良く、風もあまりない日ではありましたが、場所によっては早めに放水作業を行い、注意深く焼却活動を行いました。

 私も川島消防団長と各地区を視察しましたが、各分団は他の分団とも連携し焼却活動を行っておられました。

        

 

左:大望橋付近、右:ばら公園の反対側付近

       

 

左:坂城大橋付近での作業 右:川島消防団長と

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/06 04:21

第45回坂城町謡曲大会

 昨日(3月5日)、坂城町文化センターで第45回坂城町謡曲大会が開催されました。(今年の当番は「嘉謡会」)

 坂城町の内外から11団体が参加され、15の演目を謡われました。

 坂城謡曲大会の素晴らしさは、観世、宝生などの流派を超えて皆さんが一同に会して発表会を行われておられることです。 これも45回もの長きに亘って続けられておられる秘訣かもしれません。

   

               

 また、同会場で、今年8月19日に予定されている、「第三回 坂城びんぐしの里 薪能」 のパンフレット、チラシが披露されました。

 演者は、今回も、狂言では、野村萬斎さん(附子)、能では、松木千俊さん(吉野天人)など豪華な舞台が再現されます。

 また、今回も宮入小左衛門行平刀匠による奉納鍛錬が行われます。

 今年は新装なる、びんぐし公園野外ステージで開催されます。

   

開催日時は:8月19日(土) 開場 2時半、開演4時半

前売券 3,000円 当日券 4,000円

お問い合わせ 坂城町文化センター 電話:0268-82-2060

                

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/04 08:14

AREC設立15周年記念講演会・祝賀会

  昨日(3月3日)、上田東急REIホテルで、一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター(AREC)設立15周年記念講演会・祝賀会が約250名の参加者のもと盛大に開催されました。

 記念講演者は私の師であり、東洋思想の第一人者、(株)イメージプラン代表田口佳史先生です。

         

 

来賓祝辞をされる信州大学濱田州博学長

左は:AREC白井汪芳理事長

            

田口佳史

                       

右:講演される田口佳史先生

        

 約半年前にARECの岡田専務理事からご相談があり、田口先生に今回の講演のお願いをしておりましたが、今回、ようやく実現しました。

              

 約一時間半のご講演でした。

 内容について、ここで詳細に記述することは困難ですが、講演のレジメを以下ご紹介します。

        

演題:「大転換期を乗り越える新たな視点と経営」 ― 儒家の老荘思想から次代のリーダーの要諦を学ぶ ー」

  

1.いま我々は大転換期の真っ只中にいる

 ・文明の大転換

 ・日本企業の独自性が問われる

 

2.日本とは何か

 ・日本の地理的特性の1

 ・日本の地理的特性の2

     

3.東洋思想とは何か

 ・東洋思想の主張

 ・見えないものを見る

  有と無

  プロフェッショナルとは

  21世紀経営のキーワード

  「見えないものを見る」とは

 ・全ては自分の内にある

  道元の説くところ、利休の説くところ

  鈴木正三、石田梅岩

  修行として業務を行う

 ・徳とは何か

   

4.21世紀の経営

 ・根源の重視

 ・生命論的企業観

             

 田口先生のお話はいつも「目から鱗」のお話が多いのですが今回も大勢の企業経営者、教育者の皆さん等に大きな感動を与えていただきました。

 ご講演の最後にお話のあった、松下幸之助さんとのお話をご紹介します。

 田口先生がまだ若いころに、経営の神様と言われていた松下幸之助さんをインタビューした際に、経営の秘訣はとの問いに、「運を持つことや」と言われたそうです。 しかし運で経営がよくなるとはなかなか納得できず、しつこく質問をしていたら、「運を持つには、徳を磨かなあかん」と言われたそうです。

 「徳」とは「他者のために、自らの最善を尽くす」ことです。そうして、感謝の関係を築くことだそうです。 このお話もなかなか蘊蓄のあるお話ですね。

 

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/01 11:13

「たばこ史研究」

 (公益)たばこ総合研究センターから、「たばこ史研究」No.139が発行されました。

 今回の研究論文の中に、昨年、坂城町の「玄古たばこ」の調査をされた、山本拓哉さんの論文が掲載されています。

                  

(昨年坂城町に調査に来られた様子は以下のブログをご覧ください。

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=43522

 

 山本さんは、坂城町の調査の後に、生坂村を訪れ、「生坂たばこ」についても調査されたそうです。

 表紙には、千曲市戸倉の「坂井銘醸」さんで保管されている、「玄古たばこ」の写真と

 目次として、

 ・阿部徳吉郎110回忌にあたって

 ・長野特集(1) 「生坂たばこ」と中央大学初代総長「加藤正治(犀水)」を生んだ在方荷主に関する考察

 ・長野特集(2) 坂城町に残る玄古和尚の墓と碑

などが特集されています。

   

              

      

 本ブログで詳細を記述することはできませんが、ご興味のある方は、(公益)たばこ総合研究センター(〒105−0001 港区虎ノ門3-2-2 虎ノ門30森ビル Tel:03-3436-3771)へお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[0 ]   トラックバック[0]