17/02/14 21:18

小林浩幸さんが文部科学大臣賞を受賞

 坂城町スポーツ推進員会小林浩幸副会長が スポーツ推進委員功労者として文部科学大臣表彰を受賞されました。本日、その伝達式を行いました。

      

左:小林浩幸さん

         

 小林さんは平成2年から25年にわたり活動されました。ありがとうございました。

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・

小林浩幸さんがスポーツ推進で文部科学大臣表彰を受賞

 

小林浩幸さん文部科学大臣表彰

▲左から、山村町長、小林浩幸さん

 

 町スポーツ推進委員会の小林浩幸副会長が、スポーツ推進委員功労者として文部科学大臣表彰を受賞され、本日(2月14日)、山村町長から伝達されました。

 小林さんは、平成2年から27年間にわたって、町のスポーツ推進委員を務められており、スポーツの推進・振興のために積極的に活動され、多くの関係種目のインストラクター資格の取得に取り組んでおられます。特に近年においては、高齢化社会が進む中で、運動と健康に注目し、シナプソロジー(※)により幅広い年代層を対象とした事業や、婚活とスポーツを組み合わせた「スポ婚」と称する事業を企画運営するなど、社会における新しいスポーツの位置づけの指導者としても、活動を推し進めておられます。

 これら地域スポーツの普及振興に尽力された多大な功績が認められ、今回の表彰の運びとなりました。この度の表彰について、小林さんは「とてもいい仲間に恵まれたおかげでここまで続けてくることができました。これからも町民の皆さんが健康でいられるよう陰ながら応援し、競技スポーツだけでなく、子どもからお年寄りまで多くの方ができるような幅広い分野のスポーツも普及していければと思います」と話されました。 

 

※「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きで脳に適度な刺激を与え、活性化を図りること。

・・・・・・・・・・・

    

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/14 11:49

トランプ大統領の孫娘が竹内製作所の建機を操作

 昨日(2月13日)、坂城町最大手の建機メーカー、(株)竹内製作所の竹内明雄社長からお聞きした話ですが、トランプ大統領の信頼が大変厚い娘のイバンカさんのインスタグラムに、娘のアラベラさんが(株)竹内製作所の建機(掘削機)を操作している様子がアップされていました。 (トランプゴルフ場で)

 イバンカさんがインスタグラムにアップしたのは半年くらい前ですが、「アラベラがミニ建機(掘削機)の初めてのレッスンを受けている。私の子どもの頃の素晴らしい思い出がよみがえってくる。彼女が新しいことを学ぶことを見るのは何と素晴らしいことだ!」と書いています。

        

           

 以下、インスタグラムのサイト

 「TAKEUCHI」のロゴが若干見にくいですが、アームの上部に書かれています。

https://www.instagram.com/p/BI0ucqqg4aO/

          

 (株)竹内製作所のサイトは以下

http://www.takeuchi-mfg.co.jp/

 

              

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/14 05:11

千曲川ワインバレーに恋するワイン会

 昨日(2月13日)、戸倉上山田の園山荘で、千曲川ワインバレー特区連絡協議会の主催で 「千曲川ワインバレーに恋するワイン会 in 千曲」 が開催されました。

 約120名の方が参加され、大盛況でした。

            

 特別講演として、シャトー・メルシャン製造部長の安蔵光弘さんが 「千曲川ワインバレーの可能性とこれからの戦略 ―海外の産地に学び、未来に活かす―」 というテーマでお話をされました。 

 (安蔵(あんぞう)さんというお名前はあまり多い名前ではないので、以前、私が富士通で勤務していたときの数年先輩に安蔵営業部長さんがおられたのでもしやしてと思い、ご関係を聞いたら、「従兄弟です。」とのことでした。これにはいささかびっくり。)

               

 講演では、

           

1.現在の日本のワイン市場

2.”日本ワイン”について

3.ワイン産地の要素

4.海外のワイン産地について

5.土地のワインと土地の食材

6.千曲川ワインバレーの可能性

など、幅広く分かりやすくお話をしていただきました。

                

 坂城町でのワイン作りはいよいよスタートラインに立ったところですが、今回のお話を伺い大変元気づけられました。

 試験圃場で植えつけてきたワイン葡萄(白系:リースリング、シャルドネ、ソービヌヨン・ブラン、赤系:カベル・ソービニヨン、メルロー、など)が成育し、この3月には坂城プレミアム・ワインとして、赤・白 発売予定です。

 また、昨日も試飲いただきましたが、坂城の巨峰で作った 「坂城巨峰スパークリングワイン」 も大変好評でした。

 さらに、坂城町在住の成澤さん、北村さんなど若手の皆さんがいよいよ坂城町初のワイナリー創業に向けて動き出し、近々法人化をされるそうです。 応援したいですね。

          

 

左:講演される安蔵光弘さん

          

 

左:ワインの解説をされた、シニア・ソムリエ(小宮山酒店)の岩下順子さん

右:しなの鉄道「ろくもん」客室乗務員の皆さんと

             

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]