17/03/01 11:13

「たばこ史研究」

 (公益)たばこ総合研究センターから、「たばこ史研究」No.139が発行されました。

 今回の研究論文の中に、昨年、坂城町の「玄古たばこ」の調査をされた、山本拓哉さんの論文が掲載されています。

                  

(昨年坂城町に調査に来られた様子は以下のブログをご覧ください。

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=43522

 

 山本さんは、坂城町の調査の後に、生坂村を訪れ、「生坂たばこ」についても調査されたそうです。

 表紙には、千曲市戸倉の「坂井銘醸」さんで保管されている、「玄古たばこ」の写真と

 目次として、

 ・阿部徳吉郎110回忌にあたって

 ・長野特集(1) 「生坂たばこ」と中央大学初代総長「加藤正治(犀水)」を生んだ在方荷主に関する考察

 ・長野特集(2) 坂城町に残る玄古和尚の墓と碑

などが特集されています。

   

              

      

 本ブログで詳細を記述することはできませんが、ご興味のある方は、(公益)たばこ総合研究センター(〒105−0001 港区虎ノ門3-2-2 虎ノ門30森ビル Tel:03-3436-3771)へお問い合わせください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 4.坂城の100人]   コメント[0 ]   トラックバック[0]