17/03/04 08:14

AREC設立15周年記念講演会・祝賀会

  昨日(3月3日)、上田東急REIホテルで、一般財団法人浅間リサーチエクステンションセンター(AREC)設立15周年記念講演会・祝賀会が約250名の参加者のもと盛大に開催されました。

 記念講演者は私の師であり、東洋思想の第一人者、(株)イメージプラン代表田口佳史先生です。

         

 

来賓祝辞をされる信州大学濱田州博学長

左は:AREC白井汪芳理事長

            

田口佳史

                       

右:講演される田口佳史先生

        

 約半年前にARECの岡田専務理事からご相談があり、田口先生に今回の講演のお願いをしておりましたが、今回、ようやく実現しました。

              

 約一時間半のご講演でした。

 内容について、ここで詳細に記述することは困難ですが、講演のレジメを以下ご紹介します。

        

演題:「大転換期を乗り越える新たな視点と経営」 ― 儒家の老荘思想から次代のリーダーの要諦を学ぶ ー」

  

1.いま我々は大転換期の真っ只中にいる

 ・文明の大転換

 ・日本企業の独自性が問われる

 

2.日本とは何か

 ・日本の地理的特性の1

 ・日本の地理的特性の2

     

3.東洋思想とは何か

 ・東洋思想の主張

 ・見えないものを見る

  有と無

  プロフェッショナルとは

  21世紀経営のキーワード

  「見えないものを見る」とは

 ・全ては自分の内にある

  道元の説くところ、利休の説くところ

  鈴木正三、石田梅岩

  修行として業務を行う

 ・徳とは何か

   

4.21世紀の経営

 ・根源の重視

 ・生命論的企業観

             

 田口先生のお話はいつも「目から鱗」のお話が多いのですが今回も大勢の企業経営者、教育者の皆さん等に大きな感動を与えていただきました。

 ご講演の最後にお話のあった、松下幸之助さんとのお話をご紹介します。

 田口先生がまだ若いころに、経営の神様と言われていた松下幸之助さんをインタビューした際に、経営の秘訣はとの問いに、「運を持つことや」と言われたそうです。 しかし運で経営がよくなるとはなかなか納得できず、しつこく質問をしていたら、「運を持つには、徳を磨かなあかん」と言われたそうです。

 「徳」とは「他者のために、自らの最善を尽くす」ことです。そうして、感謝の関係を築くことだそうです。 このお話もなかなか蘊蓄のあるお話ですね。

 

               

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]