18/11/19 23:27

来年はどんな年

 来年をどう見るか。

 

 今年、平成30年は、、「戊戌」(ぼじゅつ)の年でした。

 私が昨年申し上げたように、「戊」「戌」とも「茂る」という意味があり、あまり茂り過ぎないように十分に「剪定」をすることが必要だと言われ、しっかりコントロールすることが大切な年だといわれていました。

 しかしながら、今年の様子を見ると、世界中で、「しっかりとコントロール」されるには程遠く、厳しい状況が続いた年でした。 皆さんは如何だったでしょうか。

       

 さて、来年、2019年(平成31年と新年号)の干支は  「己亥(つちのとい きがい」 です。

 自らの思いを筋道を通して着実に実行し、その中から、大爆発・大飛躍の可能性を期待できる年のようです。

 また、来年は平成31年が4ヶ月で終わり、新しい年号に入ります。

 大いにチャレンジしたいですね。

 

 白河静さんの字句の解説は以下の通りです。

 

「己」の字句について

「亥」の字句について

 

 

 2019年は、干支でいうと、「己亥(きがい つちのとい)」です。

 

 「己」は象形文字で由来は糸の巻き取りに用いた道具です。安岡正篤さんによれば「己」は「紀」で、「きまり」、「みちすじ」といった意味があり、己の字の形は糸を表していて糸がこんがらがると悪いかたまりになってしまう。筋道を通すことが大切であること。「己」の字をみると、横の線が3本あって、それがからまないように縦の線で分けている。

 従って、「己」の年はわがままにならず規律を守ることが大切であると言っています。

また、「亥」は「核」と同義で上部の「亠」は上を表し、下の「」は、男女が二人並んで、何事かをはらんでいる形と言うことです。つまり、この文字は、「何事かを生もうとしている」、「いろいろのエネルギー・問題をはらんでいる」ということのようです。「核」のように「起爆性を」はらんでいると言うことです。

 

 つまり、「己亥」でいうと、「きまり」、「すじみち」を守ることが大切で、そうしないと、とてつもない大爆発が起きる可能性があると言うことのようです。少し心配ですね。

 

 むしろ、自らの思いを筋道を通して着実に実行し、その中から、大爆発・大飛躍の可能性を期待したいと思います。 来年は平成が終わり新しい年号に入ります。大いにチャレンジしたいですね。

 

 なお、前回の己亥(60年前 1959年 昭和34年)にはこんな出来事がありました。 結構、いろいろな大きな出来事がありました。

              

 

・今上天皇皇后両陛下のご成婚(ミッチーブーム)  

・小澤征爾がブザンソン国際指揮者コンクールで優勝

・ミスユニバースで児島明子さんが第一位に

・キューバ革命              

・アラスカが米国の49番目の州に、ハワイが50番目の州に 

・伊勢湾台風で5,000人以上の死者 など

   

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/18 22:33

坂城町老人クラブ連合会成果発表会

 先日(11月16日)、坂城町文化センターで、「平成30年度坂城町老人クラブ連合会 活動発表会」(代表:中曽根会長)が開催されました。

 今回で36回目の開催と言うことです。

 午前、午後で全部で14のプログラムがありました。

 皆さん種々工夫され、楽しい活動発表会でした。 お疲れさまでした。

 

 

左:坂城町老人クラブ連合会 中曽根会長挨拶

          

 

左:込山区 オカリナの演奏、右:北日名区 歌(春の小川、北日名音頭他)

           

 

左:新地区 江刺追分、右:網掛区 歌(青い山脈、里の秋他)

              

 

左:上平区 歌と踊り、右:新地区 歌・踊り・手遊び

           

 

左:込山区 琵琶湖周航の歌など 、右:四ツ屋区 踊り(これから音頭)

           

 

左:金井区 舞踊、右:御所沢区 歌(案山子、紅葉他)

           

 

左:上平区 朗読劇(おむこさんの買い物)、右:立町区 歌(里の秋、紅葉他)

        

 

左:四ツ屋区 歌(ふたりの大坂、これから音頭)、右:役員全員 歌と踊り

 

 

全員合唱と踊り(幸せなら手を叩こう他)

        

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/18 11:39

若者コン in 坂城町2018 ―秋の陣―

 昨日(11月17日)、坂城テクノセンターで、「若者コン in 坂城町2018 ―秋の陣―」 ・・Sax quartet concert & ワイワイパーティー・・ が開催されました。 (主催:テクノハート坂城協同組合 理事長:宮後睦雄さん)

 自治体や公的団体のいわゆる、「婚活」 は種々行われていますが、テクノハート協同組合のような民間団体が、企業の枠を超え交流の場を作っていることは大変素晴らしいことだと思います。

 今回も各企業の従業員の皆さんが大勢応募していただき、長野市、千曲市、坂城町、上田市など各地から約80名もの若者が大集合しました。

           

 

  

 パーティーは、各々自己紹介の後、4人のサキソフォン奏者によるコンサートからはじまりました。

 奏者は、川島亜子さん(坂城町出身:ソプラノ・サックス)、高橋龍之介さん(アルト・サックス)、竹田歌穂さん(バリトン・サックス)、中嶋紗也さん(テナー・サックス)の皆さん。

じゃんけん大会で勝者には坂城町のワインなどプレゼントを行いました。

ポーランドからワーキングホリデーで来られている皆さんも参加。

 

 この中からいくつものカップルが出来ることを願います。   

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/18 10:25

女と男ふれあいさかき2018

 昨日(11月17日)、坂城町文化センターで、「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2018」が開催されました。 (坂城町女性団体連絡会と坂城男女共同みんなの会が実行委員となり開催。)

 この会は今年で31回目ということですが、今回は 「防災」 をテーマにとりあげました。

 講師として、坂城消防署の山城篤さん、「歌うママ防災士」 として全国で講演活動をされている、柳原志保さんを迎え大変実践的なお話をしていただきました。 

             

右、講演中の柳原志保さんと熱心に聴講される皆さん

 

右、最後に「坂城町の歌」を全員合唱

 

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

女と男ふれあいさかき2018

 

女と男ふれあいさかき01

▲第2部:記念講演 講師の柳原志保さん

 

 男女共同参画社会の実現のための啓発・推進を目的に、坂城町女性団体連絡会と坂城男女共同みんなの会が実行委員となり、11月17日(土)、文化センターで「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2018」を開催しました。

 第1部では、坂城消防署の山城警防係長を講師にお迎えし、「各種災害に備えましょう」と題し、防災に関するアドバイスをご紹介いただきました。いつどこで起きるかわからない各種災害(地震や豪雨、竜巻等)について、発生した直後の行動や避難する時の注意点、また、各地で実際に起きた事例等をあげながら、生命を守るためには防災知識を高めることが重要である、と述べられました。

 第2部では、防災士の柳原志保さんによる記念講演が行われ、「ママ目線!誰でも今すぐできる防災術〜もしもに備えるいつも〜」という演題で、自身の経験談や普段からできる災害への備えについてお話しいただきました。
 柳原さんは、東日本大震災と熊本地震で被災され、避難所生活も経験されました。その経験から、普段から災害に備えておくことの大切さや一人ひとりに合った備えが必要であることを痛感され、防災士の資格も取得し、堅いイメージのある防災について、たとえ小さなことや簡単なことでも備えに繋がること、女性や母親ならではの防災術など、防災意識向上のための取り組みを数多くされています。
 本日の講演会の中でも、災害が起きた場合に、支援がすぐにやってこない実情や公助には限界があることから、「助けてもらう」ではなく「自分自身でいつも災害に備えておく」という考え方に変えていかなければならないと強く述べられました。また、新聞紙で作るスリッパや氏名・住所・服用している薬などを記載したパーソナルカードなど、柳原さんが実践している防災術について、とてもわかりやすくご講演いただきました。

 

▼第1部:坂城消防署 山城警防係長による防災アドバイス

女と男ふれあいさかき02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/15 13:41

平成30年度坂城町戦没者追悼式

 本日(11月15日)、坂城町文化センターで、平成30年度坂城町戦没者追悼式が執り行われました。

 先の大戦において犠牲となられた多くの町内の方々をしのび、御冥福をお祈りいたしました。

 約60名のご遺族のほか多くのご来賓の皆さまにご出席いただきました。

 

左:式辞の朗読  右:献花奉納

 

 

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

平成30年度坂城町戦没者追悼式

 

戦没者追悼式01

 

 11月15日(木)、文化センターで、先の大戦において犠牲となった多くの町内の方々をしのび、御冥福をお祈りする平成30年度坂城町戦没者追悼式が開かれ、ご遺族など約60名が出席されました。

 戦争を体験された世代が少なくなるなか、今を生きる私たちが当たり前のように平和と繁栄を享受できるのは、先人の大きな犠牲のうえにあることを肝に銘じ、戦争による苦しみや悲しみを後世に語り継いでいくことが大切です。
 町では、昭和60年9月27日に非核平和の町宣言をしました。町としても、不戦と平和への誓いを新たにし、町民の皆さんとともに安心して暮らせる坂城町を目指してまいります。

 

▼慰霊の朗詠(左)と舞踊(右)

戦没者追悼式04 戦没者追悼式05

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/13 14:01

南条小学校建設工事における会計検査について(再掲)

 先週(11月9日)、会計検査院が平成29年度決算検査報告を公表し、文部科学省所管の事業では、北海道及び9府県9市町において交付金過大の指摘があり、平成26・27年度に実施した、南条小学校の建設工事もこの対象となりました。 

 会計検査院、長野県教育委員会、文部科学省とも長期にわたり議論を続けてまいりましたが、このたび、やむなく、約2億5千3百万円の交付金の返還を行うこととなりました。
 新聞報道等により、住民の皆様にはご心配をおかけいたしましたが、町としましては、今後も子どもたちの教育環境の整備のための適切な事業の推進に努めてまいります。

 なお、皆さまとご一緒に造り上げ完成した、素晴らしい新校舎の耐震上の問題は一切ございませんのでその点につきましてはご懸念無用です。  今回の指摘は国から交付される補助金の算定額についての件であります。

 以下、坂城町教育委員会のメッセージをご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

南条小学校建設工事における会計検査について

 

 11月9日、会計検査院が平成29年度決算検査報告を公表し、文部科学省所管の事業では、北海道及び9府県9市町において交付金過大の指摘があり、平成26・27年度に実施した、南条小学校の建設工事もこの対象となりました。
 この検査においては、校舎の不適格改築事業における耐震力不足建物の条件に関する指摘がなされ、このような事態が生じていたのは、「事業主体(町)において交付金の交付額の算定について、耐震力不足建物の条件とされる3つの指標の理解が十分でなかったこと。県においては、町から提出された実績報告書等に対する審査が十分でなかったことなどによると認められる。」との検査結果が公表されました。
 また、文部科学省に対しての検査報告では、「資格面積の算定が適切に行われているかを確認するためのチェックシートや、資格面積の算定方法について、わかりやすく整理したマニュアル等が作成されていない状況となっていた。また、交付申請書の審査時に文部科学省において、資格面積の確認を適切に実施していないことなどによると認められる。」と指摘し、是正改善処置を求める結果となりました。
 これらの指摘を受け、町では、これまで県や国そして会計検査院等との協議を幾度となく重ねてまいりましたが、やむなく、約2億5千3百万円の交付金の返還を行うこととなりました。
 新聞報道等により、住民の皆様にはご心配をおかけいたしましたが、町としましては、今後も子どもたちの教育環境の整備のための適切な事業の推進に努めてまいります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

18/11/13 09:33

長野県知事から感謝状

 昨日(11月12日)、長野県阿部守一知事から、「県民税の賦課徴収について優秀な成績をおさめた」として、感謝状をいただきました。

 これは、ひとえに坂城町民の皆様のご尽力・ご協力がなければ実現し得ないものですが、坂城町職員の地道な努力の賜物としても大変うれしく思っております。

 平成29年度の坂城町個人市町村税の現年の徴収率は、99.6%です。 また、滞納繰越額も大変低く、18.9%です。

 今年は北信地区では他に、小川村にも感謝状が贈呈されています。

 

長野県知事からの感謝状を職員を代表して池上浩収納対策推進幹に伝達しました。

           

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/12 13:54

平成30年度 坂城町PTA連合会研究集会

 先週(11月10日)、平成30年度 「坂城町PTA連合会 研究集会」 が坂城町立南条小学校で開催されました。

 坂城町のPTAの皆さんならびに先生方のご尽力には心より感謝申し上げます。

 今回の研究集会には約100名以上の方が参加されています。

 今回の研究集会のテーマは;

 「子育て、家庭が原点 ― 大事にしよう小さな 「気づき」 (乳幼児期から) ―」 です。

 

 信州大学教育学部長 永松裕希教授 (坂城町四ツ屋ご在住) の講演に続き、8つの分散会に分かれ種々のテーマに基づきディスカッションをしていただきました。

              

 ・「子どものほめ方、しかり方、しつけ」(第1分散会、第2分散会、第3分散会)

 ・「反抗期や思春期の対応」(第4分散会、第5分散会)

 ・「おともだちとの関係」(第6分散会)

 ・「進路・進学や家庭学習」(第7分散会、第8分散会)

 

 信州大学永松教授の講演のテーマは、「子どもたちの今日的な課題と支援」 です。

 幅広いテーマについて、大変わかりやすくお話をしていただきました。

 配布された資料の主な項目は次の通りです。      

            

1.個人差とは

  目標に到達するための順序や到達の仕方がここの児童によりことなる。 全てが一律ではない。

 

2.学習スタイル

  学習スタイルには、(1)表象スタイル、(2)認知スタイル、(3)記憶スタイル、(4)思考スタイル、(5)注意、(6)反応スタイル などいろいろ異なる。

 

3.認知スタイル

  認知スタイルにも、「場独立か場依存」、「分析か非分析」、「熟慮か衝動」、「継次処理か同時処理」 などいろいろなパターンがある。

 

4.知的発達に遅れはないものの学習面や行動面で著しい困難を示す児童・生徒の割合(H24 文科省) 

                    

  ・聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するに著しい困難を示す・・・・・4.5%

  ・不注意または多動性―衝動性の問題を著しく示す・・・・・3.1%

  ・対人関係やこだわり等の問題を著しく示す・・・・・1.1%

  ・学習面か行動面で著しい困難を示す・・・・・6.5%

  *以上の合計で15.2%の児童に困難性が認められる。

     

5.読みのスキルと読書量

         

6.高機能広汎性発達障害の分類

  ・高機能自閉症

  ・アスペルガー症候群

  ・高機能の非定型自閉症

         

7.自閉症スペクトラムの理解の必要性 ― 学習や発達の特徴 ―

  ・心の理論

  ・刺激の過剰選択性

  ・ゲシュタルト的言語学習スタイル

  ・視覚的思考

  ・情報処理の方法

  ・感覚の統合

 など非常に専門的なお話を分かりやすく解説していただきました。 

            

 

「15.2%の児童に困難性が認められる」というのは衝撃的ですね。

 

「分散会」

以下は分散会のルール

 

 

 以下、分散会の様子です。 皆さん、大変熱心に議論をされ、意見のとりまとめを行われていました。

 

  

 

  

  

  

 

 

 11月10日(土)午前中の3時間半、大変お疲れさまでした。

               

 なお、今回のPTA連合会研究集会は南条小学校で開催されました。 

 当日の朝刊各紙で、「南条小学校建設工事における会計検査」 について報道がなされましたので、私から皆さんに説明をいたしました。

 内容につきましては、以前にも当ブログでご説明しましたので、以下をご覧ください。

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=47846

                  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/12 13:08

南条小学校金管バンド「ありがとうコンサート」

 先週(11月10日)、坂城町文化センター体育館で、南条小学校金管バンド 「ハッピーブラス」 のありがとうコンサートが開催されました。

 「ハッピーブラス」 は先日(10月14日)、岐阜メモリアルセンターで開催された、第22回東海小学校バンドフェスティバルでは、関係の皆さんの大いなる応援で、7年連続の金賞を受賞することができました。

 しかしながら、わずかの1点差で4年連続となる 「全日本小学校バンドフェスティバル」 への出場はかないませんでした。 

 そこで、感謝の気持ちを皆さまに表すために、「ありがとうコンサート」 を開催することになったとのことです。

 来年に向けて、また、頑張ってもらいたいですね。

 今回の 「ありがとうコンサート」では、東海小学校バンドフェスティバルでの演奏曲、台風のため中止となった、「西日本バンドフェスティバル in 高知」 で演奏予定だった曲など力いっぱい演奏していただきました。

 

  

 

 

これからも素晴らしい演奏をお願いいたします。

 

以下の写真は、もう一つの全国大会 「日本管楽合奏コンテスト」 (11月3日)、に選ばれ、東京都文京区のシビックホールでの演奏後の集合写真。 逆光なのと公式カメラマンが2階から撮っているために全員が上を見ています。

 

 南条金管バンド、ハッピーブラスの皆さんは東奔西走あちこちのコンサートに出場され大忙しでした。

         

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/12 12:00

ブラインドサッカー 中日本リーグ2018最終戦

 先週(11月10日)、坂城町 「スパーク坂城」 の会場で、ブラインドサッカー中日本リーグ最終戦が行われ、「山梨キッカーズ」が優勝しました。

 ブラインドサッカー中日本リーグは、「山梨キッカーズ」、「F.C.長野RAINBOW」、「Mix Sense 名古屋」の3チームで争われています。

 坂城町に拠点を置く 「F.C.長野RAINBOW」 は2位となりました。 Mix Sense 名古屋は3位。

 関係者も入れ、約60名の方が参加しました。

 なお、試合会場の設営など坂城ライオンズクラブの皆さんのご協力を得ました。

 

左:「Mix Sense 名古屋」の選手、右:「F.C.長野RAINBOW」の選手 (写真は中日本リーグホームページより)

大変激しいぶつかり合いです。

 

試合後の表彰セレモニー、「山梨キッカーズ」の選手へ (写真は中日本リーグホームページより)

 

優勝証書とトロフィー、副賞に坂城の巨峰ワインをプレゼント (写真は中日本リーグホームページより)

          

「F.C.長野RAINBOW」の皆さんと記念撮影

私の後方右側のマスクの選手が中澤医さん(坂城に拠点を置く、「長野RAINBOW」の中心プレーヤーです。)

           

参加者全員で記念撮影

  

 ブラインドサッカーの運営はなかなか大変です。 今後とも皆さま方のご支援・サポートをお願いいたします。

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/12 11:05

第10回ねずみ大根祭り

 先週(11月10日)、恒例となりました、「第10回ねずみだいこん祭」が、国道18号沿いの地場産直売所 「あいさい」 をメイン会場として開催されました。

 あわせて、坂城インター先線の道路沿いの畑で、収穫大会も開催されました。

 素晴らしい秋空のもと大勢の皆さんに参加していただきました。

 また、「あいさい」会場では、「おしぼり大根」が振舞われたり、今年新たにオープンした、坂城葡萄酒醸造(株)の出店で、新製品の巨峰ワインが披露され試飲会も開催されました。 そのほか、味ロッジ(株)、(株)坂城町振興公社の出店や、信州大学ファブラボの学生さんがテックショップで作成されたグッズの販売、「きのこ収穫体験」、焼き芋、焼き栗の販売などいろいろなお店があり皆さん大変喜ばれておられました。

 

メイン会場 「あいさい」 の風景

        

 

「第10回ねずみ大根祭り」開会式の様子

左の写真右、「ねずみ大根祭」 田中実行委員長

右の写真、田中実行委員長の発声で乾杯!

 

  

写真右:坂城葡萄酒醸造(株)代表の成澤さんと。 手にしているのは新発売の 「巨峰ワイン」 (1,300円)

          

ねずみ大根協議会の皆さんと   

      

 

 

写真左:青木村から来られた、三宮璃子さんと

写真右:坂城町中之条の柳澤ことみ さんと

            

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

18/11/12 08:10

南条小学校建設工事における会計検査について

 先週(11月9日)、会計検査院が平成29年度決算検査報告を公表し、文部科学省所管の事業では、北海道及び9府県9市町において交付金過大の指摘があり、平成26・27年度に実施した、南条小学校の建設工事もこの対象となりました。 

 会計検査院、長野県教育委員会、文部科学省とも長期にわたり議論を続けてまいりましたが、このたび、やむなく、約2億5千3百万円の交付金の返還を行うこととなりました。
 新聞報道等により、住民の皆様にはご心配をおかけいたしましたが、町としましては、今後も子どもたちの教育環境の整備のための適切な事業の推進に努めてまいります。

 なお、皆さまとご一緒に造り上げ完成した、素晴らしい新校舎の耐震上の問題は一切ございませんのでその点につきましてはご懸念無用です。  今回の指摘は国から交付される補助金の算定額についての件であります。

 以下、坂城町教育委員会のメッセージをご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

南条小学校建設工事における会計検査について

 

 11月9日、会計検査院が平成29年度決算検査報告を公表し、文部科学省所管の事業では、北海道及び9府県9市町において交付金過大の指摘があり、平成26・27年度に実施した、南条小学校の建設工事もこの対象となりました。
 この検査においては、校舎の不適格改築事業における耐震力不足建物の条件に関する指摘がなされ、このような事態が生じていたのは、「事業主体(町)において交付金の交付額の算定について、耐震力不足建物の条件とされる3つの指標の理解が十分でなかったこと。県においては、町から提出された実績報告書等に対する審査が十分でなかったことなどによると認められる。」との検査結果が公表されました。
 また、文部科学省に対しての検査報告では、「資格面積の算定が適切に行われているかを確認するためのチェックシートや、資格面積の算定方法について、わかりやすく整理したマニュアル等が作成されていない状況となっていた。また、交付申請書の審査時に文部科学省において、資格面積の確認を適切に実施していないことなどによると認められる。」と指摘し、是正改善処置を求める結果となりました。
 これらの指摘を受け、町では、これまで県や国そして会計検査院等との協議を幾度となく重ねてまいりましたが、やむなく、約2億5千3百万円の交付金の返還を行うこととなりました。
 新聞報道等により、住民の皆様にはご心配をおかけいたしましたが、町としましては、今後も子どもたちの教育環境の整備のための適切な事業の推進に努めてまいります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/08 15:29

千曲坂城消防組合議会行政視察

 最近は年末に向けて各種団体の行政視察など多く続いています。

 先日(11月1日、2日)は千曲坂城消防組合議会(議長:倉島さやか氏)の行政視察旅行があり私も参加しました。

 今回のメインの視察先は、名古屋大学、「減災館」 と、「尾三消防本部」です。

 「減災館」は2010年に東海、東南海、南海地震の3連動地震発生時における対策、被害軽減、減災社会の構築のための戦略について研究する団体として発足した 「減災連携研究センター」の本部があり、社会連携部門と研究連携部門の2部門を核とし、マスコミやNPOと協力することで、減災社会の実現を目標としています。 当「減災館」はその目的達成のために2014年に完成し、一般市民に開放されています。

 

減災館外観(ホームページより)

 

 「減災館」は9つのコーナーに分かれ、3Dのビジュアルコーナーがあったり、家庭防災コーナー、防災・減災の基礎学習コーナーのほか、「ギャラリートーク」コーナーもあり、毎日、専門の教員が防災・減災についての講義を行っています。

 私たちがお話を伺ったのは、名古屋大学の荒木裕子減災連携研究センター特任准教授で、テーマは 「水害に対する地域の備えと避難行動・・・・・・総社市下原地区の事例より・・・・・」でした。

 今年7月に発生した西日本の水害とアルミ工場の爆発に関するもので、生々しい事例発表で大変参考になるものでした。

 

 

講演される荒木裕子准教授 

 

 事例で紹介された例は、水害により被害を受けたアルミニウム工場にいよいよ浸水がはじまり、結果として大爆発にいたったが、工場側が認識していた危険性が住民側に全く伝わっていなかったことにより、死者こそ出なかったが土手を超えた遠方にまでアルミの火の玉が飛び、全焼家屋、けが人が出た。 工場側従業員は全員避難をしたが、住民にはその情報が伝わっていなかった。 

 

左手のアルミ工場で爆発が発生し、土手を超えて右側にアルミの火の玉が飛び、火災、人的被害が発生。(荒木准教授の資料より)

               

 このようなケース(自然災害が引き金となって化学的な惨事をおこす際の課題)について、以下のように述べられています。

          

(荒木准教授の課題の内容)

      

Natech(Natural Hazard Triggering Technological Disasters)の課題

(自然災害が引き金となって化学的な惨事をおこす際の課題)

 

 

・早期の警戒情報提供

 

―発生元からの情報提供

 

  ・少なくとも住民側には伝わっていない

 

―立地自治体・周辺自治体との連携

 

・地区内浸水と同時発災の可能性

 

―火災消火困難・延焼拡大

―情報伝達および移動困難

―上階避難・避難行動中での被災

 

・避難場所・避難方法の検討

 

―状況・タイミングに応じた避難先の事前計画

―移動方法の確保

 

 

以上についてどのように準備・対応するかが大きな課題。

           

           

 

 

「減災館」前での全員撮影 

 

 

 「尾三消防本部」(愛知県愛知郡東郷町)

 

 尾三消防組合は、平成30年4月1日から、これまでの構成市町である日進市、みよし市、及び愛知郡東郷町に、豊明市(豊明消防本部)と長久手市(長久手消防本部)が加わり、管轄面積129.9キロ平米、管轄人口約32万人、1事務局、1本部、1特別消防隊、5消防署、3出張所、職員334人体制の広域消防として運用を開始。

 長野県での消防広域化については種々議論のあるところです。 今回の視察なども参考にしていきたいと思います。

 今回、尾三消防本部の皆さんから広域消防についてのお話を伺った後に、レスキュー部隊の皆さんによる訓練を披露していただきました。

 

かなりの傾斜地に人が取り残されている状況。

 

 

レスキュー部隊の俊敏な行動で無事に救出することができました。

 

特殊作業用に建機も常設しているとのことでした。

          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/08 11:26

葛尾組合議会視察研修

 11月6、7日にわたり、葛尾組合議会の視察研修があり私も参加しました。 (葛尾組合:千曲市と坂城町で構成される一部事務組合で、ごみの焼却、不燃ごみ・資源ごみの処理、亡くなられた方の火葬、霊園の管理を業務としています。 組合長:山村、議長:和田英幸千曲市議会議員)

 今回の視察場所のメイン箇所は、「稲城・府中メモリアルパーク」 と 「杉並清掃工場」 です。 このほかにも、短時間、豊洲市場、造幣さいたま博物館などを訪問しました。

            

 「府中・メモリアルパーク」 は、東京稲城市の遊園地 「よみうりランド」 のすぐ近くにあり、稲城市と府中市の合同市営霊園として平成27年に新規開園。従来型の普通墓地に加えて、欧米の墓地を連想させる墓石付の芝墓地、納骨堂に納めた後に共同埋葬する合葬式墓地、樹木の下に埋葬する樹林式墓地、また、法事や葬式のできるホールを備えた公営の霊園です。

 葛尾霊園は現在、普通墓地のみですが、今後の霊園のあり方を考えるうえで大変参考になりました。

 

 

左写真:説明される、内田宏康事務局長(左)、長崎健主査(右)

右写真:芝墓地の様子 芝墓地では2,955区画収容。 なお、普通墓地は353区画。

 

 

写真左:合葬墓手前の式台、写真右:合装墓の様子

合葬式墓地は全部で5,036体収容

 

樹林式墓地の様子 この程度のスペースで1,500体を収容

 

樹林式墓地の前で全員撮影

             

  

 11月7日は、東京都杉並区にある、杉並清掃工場を訪問しました。

          

 「杉並清掃センター」 は、京王井の頭線 「高井戸駅」 から徒歩5分、余熱を供給している高井戸市民センターと静かなマンション群に囲まれた場所にあり、2代目の杉並清掃工場として平成29年10月に創業を開始。

 焼却炉は2基あり、処理能力は一日最大600トン。

            

  施設の建て替えにあたり、地域の方々と一部事務組合が共に検討して初代工場建設時からの歴史を展示した 「東京ごみ戦争歴史みらい館」 の併設は日本で唯一、また、お年寄りが集い、小学生が遊ぶ、余熱利用のあし湯や、外周のウォーキングロードなどが設置された住民と一体となった素晴らしい施設です。

 現在、千曲市に坂城町の可燃ごみも収容する、長野広域のBごみ処理施設を建設中ですが、杉並清掃センターのような住民一体型の施設の存在は大変貴重であり、大いに参考になりました。

 

杉並清掃センターの全景(ホームページより)

 

 

左:プラットホームへの搬入 トラックは環八通りの特別地下道から搬入するため清掃工場の周りではトラックの姿が見えないようになっています。

右:ごみバンカーとクレーン

 

 

左:クレーン操作室(通常は無人で運用されている)

右:ボイラー、発電機

 

 

左:焼却炉の中 (ガラス越しに見ることができます。)

右:焼却炉の中を体験できるコーナー

 

ごみの分別などを体験するゲームコーナー 子どもたちに大変人気があるそうです。

 

160メートルの煙突の下で全員の記念撮影 右から二人目のサングラスの方が、北風進工場長

 

北風工場長は以前、杉並区の教育委員会におられたことがあり、私が杉並師範館の塾長だったころ大変お世話になりました。

  

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/08 05:00

国道18号バイパス建設推進要望活動

 昨日(11月8日)、毎年恒例の事業となっておりますが、今年も道路建設促進の要望活動を行ってまいりました。

 

 今回も前年同様、「新国道上田篠ノ井間建設促進期成同盟会(会長:岡田千曲市長、副会長:山村坂城町長)」と「国道18号上田バイパス第二期工区建設促進期成同盟会(会長:土屋上田市長、副会長:花岡東御市長)」合同でバス2台を連ね50名近い皆さんで財務省、国土交通省に伺いました。

 

 私は午前中、葛尾組合の行政視察で杉並清掃工場の視察に行ったために、午前中の国土交通省関東地方整備局には伺いませんで、午後の財務省、国土交通省への参加となりました。

 

 財務省、国土交通省での要望の感触として、例年に無く手ごたえを感じたように思います。

           

 丁度、昨日の夕方、第一次補正予算(総額9,356億円)が成立したこともあり、次の第二次補正では景気対策も含め道路関連でも是非取り組みたいと言う話が出ました。 

 昨年も要望活動に伺った後、坂城町区間に4億円の補正予算を付けていただきました。 今後の動向に注目したいと思います。

 

左から:花岡東御市長、岡田千曲市長、和田信貴国土交通省総括審議官、土屋上田市長、山村、太田昌孝衆議院議員

           

和田信貴国土交通省総括審議官に対する要望

 

 

写真右の田尻直人国土交通省大臣官房審議官(道路局担当)に対する要望

 

写真中央の榊真一国土交通省道路局次長に対する要望

          

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/05 16:53

第8分団に新しい積載車整備

 本日(11月5日)、坂城町消防団第8分団に新しい積載車(デッキバンタイプ)が整備され、新車両の入魂式が行われました。

 坂城町消防団長、第8分団長など関係者が参加し厳かに執り行われました。

 

 

ご挨拶と車両のお清め

 

 以下、坂城町ニュースもお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第8分団に新しい積載車(デッキバンタイプ)が整備されました

 

新積載車01

新積載車02

 

 この度、町消防団第8分団に新しい軽四輪駆動積載車が整備され、本日(11月5日)、入魂式が行われました。
新積載車は、後部座席に屋根があるデッキバンタイプで、町消防団には初めて導入されるタイプの車両になります。乗員の安全性が向上するほか、悪天候時の移動の疲労を軽減することができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]