18/11/18 22:33

坂城町老人クラブ連合会成果発表会

 先日(11月16日)、坂城町文化センターで、「平成30年度坂城町老人クラブ連合会 活動発表会」(代表:中曽根会長)が開催されました。

 今回で36回目の開催と言うことです。

 午前、午後で全部で14のプログラムがありました。

 皆さん種々工夫され、楽しい活動発表会でした。 お疲れさまでした。

 

 

左:坂城町老人クラブ連合会 中曽根会長挨拶

          

 

左:込山区 オカリナの演奏、右:北日名区 歌(春の小川、北日名音頭他)

           

 

左:新地区 江刺追分、右:網掛区 歌(青い山脈、里の秋他)

              

 

左:上平区 歌と踊り、右:新地区 歌・踊り・手遊び

           

 

左:込山区 琵琶湖周航の歌など 、右:四ツ屋区 踊り(これから音頭)

           

 

左:金井区 舞踊、右:御所沢区 歌(案山子、紅葉他)

           

 

左:上平区 朗読劇(おむこさんの買い物)、右:立町区 歌(里の秋、紅葉他)

        

 

左:四ツ屋区 歌(ふたりの大坂、これから音頭)、右:役員全員 歌と踊り

 

 

全員合唱と踊り(幸せなら手を叩こう他)

        

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/18 11:39

若者コン in 坂城町2018 ―秋の陣―

 昨日(11月17日)、坂城テクノセンターで、「若者コン in 坂城町2018 ―秋の陣―」 ・・Sax quartet concert & ワイワイパーティー・・ が開催されました。 (主催:テクノハート坂城協同組合 理事長:宮後睦雄さん)

 自治体や公的団体のいわゆる、「婚活」 は種々行われていますが、テクノハート協同組合のような民間団体が、企業の枠を超え交流の場を作っていることは大変素晴らしいことだと思います。

 今回も各企業の従業員の皆さんが大勢応募していただき、長野市、千曲市、坂城町、上田市など各地から約80名もの若者が大集合しました。

           

 

  

 パーティーは、各々自己紹介の後、4人のサキソフォン奏者によるコンサートからはじまりました。

 奏者は、川島亜子さん(坂城町出身:ソプラノ・サックス)、高橋龍之介さん(アルト・サックス)、竹田歌穂さん(バリトン・サックス)、中嶋紗也さん(テナー・サックス)の皆さん。

じゃんけん大会で勝者には坂城町のワインなどプレゼントを行いました。

ポーランドからワーキングホリデーで来られている皆さんも参加。

 

 この中からいくつものカップルが出来ることを願います。   

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/11/18 10:25

女と男ふれあいさかき2018

 昨日(11月17日)、坂城町文化センターで、「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2018」が開催されました。 (坂城町女性団体連絡会と坂城男女共同みんなの会が実行委員となり開催。)

 この会は今年で31回目ということですが、今回は 「防災」 をテーマにとりあげました。

 講師として、坂城消防署の山城篤さん、「歌うママ防災士」 として全国で講演活動をされている、柳原志保さんを迎え大変実践的なお話をしていただきました。 

             

右、講演中の柳原志保さんと熱心に聴講される皆さん

 

右、最後に「坂城町の歌」を全員合唱

 

 以下、坂城町ニュースよりご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

女と男ふれあいさかき2018

 

女と男ふれあいさかき01

▲第2部:記念講演 講師の柳原志保さん

 

 男女共同参画社会の実現のための啓発・推進を目的に、坂城町女性団体連絡会と坂城男女共同みんなの会が実行委員となり、11月17日(土)、文化センターで「女(ひと)と男(ひと)ふれあいさかき2018」を開催しました。

 第1部では、坂城消防署の山城警防係長を講師にお迎えし、「各種災害に備えましょう」と題し、防災に関するアドバイスをご紹介いただきました。いつどこで起きるかわからない各種災害(地震や豪雨、竜巻等)について、発生した直後の行動や避難する時の注意点、また、各地で実際に起きた事例等をあげながら、生命を守るためには防災知識を高めることが重要である、と述べられました。

 第2部では、防災士の柳原志保さんによる記念講演が行われ、「ママ目線!誰でも今すぐできる防災術〜もしもに備えるいつも〜」という演題で、自身の経験談や普段からできる災害への備えについてお話しいただきました。
 柳原さんは、東日本大震災と熊本地震で被災され、避難所生活も経験されました。その経験から、普段から災害に備えておくことの大切さや一人ひとりに合った備えが必要であることを痛感され、防災士の資格も取得し、堅いイメージのある防災について、たとえ小さなことや簡単なことでも備えに繋がること、女性や母親ならではの防災術など、防災意識向上のための取り組みを数多くされています。
 本日の講演会の中でも、災害が起きた場合に、支援がすぐにやってこない実情や公助には限界があることから、「助けてもらう」ではなく「自分自身でいつも災害に備えておく」という考え方に変えていかなければならないと強く述べられました。また、新聞紙で作るスリッパや氏名・住所・服用している薬などを記載したパーソナルカードなど、柳原さんが実践している防災術について、とてもわかりやすくご講演いただきました。

 

▼第1部:坂城消防署 山城警防係長による防災アドバイス

女と男ふれあいさかき02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]