19/09/02 12:58

令和元年第3回坂城町議会定例会招集あいさつ(3)

96日には、第26回「テクノさかき工業団地まつり」が、開催されます。

工業団地内企業の従業員の皆さんの親睦などを目的に行われてきたお祭りも、地域の小さなお子さんからお年寄りまで、「地元のお祭り」として大変喜ばれております。

「南条小学校 金管バンド部」の演奏や歌謡コンサート、工業団地以外の企業の皆さんにも、ご協賛いただいております花火大会などを予定しているとのことですので、多くの皆さんに、お越しいただき、お祭りを楽しんでいただければと思っております。

916日の敬老の日を迎えるにあたり、町では、長寿のお祝いと敬老の意を表し、97日(土)・8日(日)の二日間にわたり、米寿・白寿の方々、並びに100歳以上の皆様を対象とした敬老訪問を行います。

今年度は、91日現在、88歳の米寿の方が 107名、99歳の白寿の方が 7 名、100歳以上の方が 11 名で、合計 125 名の方が対象となり、最高齢は大正3年生まれの104歳の方でございます。

収穫の秋を象徴するイベントとして、さかき地場産直売所において「ぶどう祭り」、「きのこ祭り」の開催を予定しております。

「ぶどう祭り」は、915日(日)に、町を代表する巨峰やナガノパープル、シャインマスカットなどを、921日(土)の「きのこ祭り」では、「お〜い原木会」によるマイタケをはじめとする原木きのこの販売、きのこ汁の振る舞いなどを予定しており、町内外に広く町の農産品をアピールしてまいりたいと思います。

びんぐし湯さん館につきましては、6月議会定例会にて利用料改定の条例改正を議決いただきましたが、その後、運営する?坂城町振興公社にて検討がなされ、臨時取締役会を開催し、10月からの改定料金が決定されました。ご利用いただくお客さまのご負担などを考える中で、条例の上限額まで引き上げることとはせず、その半分程度の引上げに留めることとなりました。

町では、町民の皆様に、町内全戸に配布する「町民優待券」を利用していただくことで、10月以降も一定回数については引上げ前と同じ料金でご利用いただけるよう関連の補正予算を計上いたしました。

今後もサービスの向上に努め、皆さまに更にご満足いただける温泉施設「びんぐし湯さん館」を目指してまいります。

信州さかきふるさと寄附金につきまして、今年度は6月の制度改正の影響か、昨年度と比較するとやや低調なスタートでありましたが、町特産の果物の季節が近づくにつれ申込みも増えており、8月末現在で、1,022件 25,792千円という状況となっており、金額ベースで、昨年同時期を若干上回っております。

町では、新たに10月から寄附をお申込みいただくポータルサイトを2つ増やし、計3つとすることで更に多くの皆さまに町の特産品を発信し、寄附していただける体制を整えてまいりたいと考えております。

また、これまでの実績から、当初予算に対し、寄附金が増額の見通しとなりましたことから、必要経費を補正予算に計上いたしました。

10月1日から 3歳から5歳までの幼稚園、保育所などを利用する子どもたちの保育利用料が無償化されます。

この制度開始に伴いまして、必要となる施設への給付費、運営経費等について補正予算を計上し、また子ども・子育て支援法等の改正により、条例の一部改正について、今議会に議案上程させていただいたところでございます。

10月から引き上げられる消費税率等の影響を緩和するとともに、地域における消費の喚起や下支えを行うために「プレミアム付商品券」を発行いたします。

商品券の購入対象は、住民税が非課税の方及び平成2842日から本年930日までに生まれた子どもがいる世帯主で、購入対象者お一人につき、2万円で25千円分の商品券を購入することができます。

対象の方々に、手続の周知を図り、10月より販売を開始する予定としております。

なお、商品券の使用期間は令和2331日としていますので、有効にご活用いただきたいと思います。次に工業用団地確保に向けた、新工業団地の造成事業につきましては、テクノさかき工業団地の西側部分を約4ha拡張の予定で、農地法に基づく農業振興地域からの除外に係る協議を、継続的に、県農政部及び長野地域振興局と行っております。

また、新工業団地の整備に伴う、A09号線を含めた道路整備は、概略設計を基に、県公安委員会及び千曲警察署と、交差点の意見聴取に係る協議を行い、この協議結果に基づき、来年度から補助事業への着手ができるよう、県建設部及び千曲建設事務所に事業要望を進めてまいります。 

国道18号バイパスでございますが、長野国道事務所では、月見、上五明地区の地権者の皆さんに説明会を開催し、用地買収面積、補償物件の確認をいただき、8月には具体的な補償内容等をお示しして、今月から用地取得に向けた交渉を進めていくとのことであります。

 先般722日に県及び長野国道事務所に、西沢議長さんとともに新国道上田篠ノ井間建設促進期成同盟会の要望活動を行ってまいりました。一日も早く完成できますよう、今後も積極的に要望活動に取り組んでまいりたいと考えております。

また、827日、国土交通省と財務省に、中部横断自動車道の未整備区間 八千穂から長坂までの約40kmの建設促進要望活動を、私が副会長を務める東信州次世代産業振興協議会と県中部横断自動車道建設促進期成同盟会の合同で行いました。

当町の大手企業各社は、静岡県の清水港を輸出入の拠点としており、この路線が全線開通すると大幅に輸送時間の短縮とコストの低減が図られ、産業と経済の振興・発展につながります。早期の事業認可、工事着手を望むところでございます。 

次に補正予算についてでございますが、子どもたちのインフルエンザ罹患予防と子育て支援の一環として、インフルエンザ予防接種の助成制度を新たに創設し、関連経費を本補正予算に計上いたしました。

比較的抵抗力が弱い中学生以下の子どもさんは、学校等での集団生活による蔓延の危険性も高いことに鑑み、任意で受けたインフルエンザ予防接種に係る費用の一部について助成してまいります。

また、全国では、高齢者によるペダルの踏み間違いが原因とされる交通事故が相次いでおりますが、高齢運転者の交通事故防止及び事故時の被害軽減の緊急対策として、自動車急発進防止装置取付費の補助に係る経費を予算計上いたしました。

満70歳以上の自動車運転免許証を保有している方に対し、現在乗っている自家用車に後付けする、急発進防止装置にかかる経費の一部を助成するものでございます。

以上、平成30年度の決算状況と令和元年度の事業の進捗状況並びに9月補正予算の主な内容について申し上げました。

最後に、今議会には、竹内明雄氏の名誉町民推挙に係る議案を上程しております。

竹内氏は、坂城町で事業を起こし、世界初のミニショベルやクローラーローダーなどの小型建機を生み出し、世界的なブランドにまで成長させるとともに、当町の工業振興やまちづくりにも多大にご尽力をいただいております。 

また、私財を拠出し、「TAKEUCHI 育英奨学会」を設立し、人材育成や学術研究の振興と発展にも寄与するなど、名誉町民にふさわしい方でございます。 

このほか専決報告が2件、人事案件が2件、契約の締結が2件、一般会計・特別会計の平成30年度決算の認定6件、条例の一部改正が3件、補正予算5件 計21件でございます。

 

 

 

 

よろしくご審議を賜り、ご決定いただきますようお願い申しあげまして、招集のあいさつとさせていただきます。

 

・・・・・・・・

 

坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/09/02 12:52

令和元年第3回坂城町議会定例会招集あいさつ(2)

 今年の夏は梅雨明け以降大変暑い日が続きました。

 熱中症の防止と社会全体としての節電・省エネルギーを図るため、7月下旬から町内6か所の施設を「涼しさをみんなで分け合う」クールシェアスポットとして開放しました。

また、坂城駅前に静態保存しております169系電車につきましても、夏休み期間中の毎週水曜日と木曜日、計6日間クールシェアスポットとして開放し、子どもたちを中心に300人を超える方々にご利用いただきました。訪れた皆さんには、涼しい車内で読書や勉強など思い思いの時間を過ごしていただきました。

さて、当町出身で先ごろ信毎賞を受賞された信州大学名誉教授の中村浩志さんを坂城町特命大使に委嘱いたしました。

中村さんは鳥類生態学の権威としてカッコウの托卵(たくらん)についての研究で世界的な評価を受けているほか、絶滅が危ぶまれるライチョウなど希少な野生生物の生態研究や保護活動にも尽力されております。また、町においても教育委員長を務められ、ふれあい大学の「森の学校」をはじめ、「千曲川水辺の教室」など継続的にお力添えをいただき、子どもたちの自然教育活動に貢献をいただきました。

多方面でご活躍の中村さんに特命大使として、今後、町の魅力を広くPRしていただければと思っております。

8月2日から5日までの4日間、町国際交流協会が主体となり、ポーランドワルシャワ日本語学校学生のサマースクール受入れが行われました。本事業は 6回目となりますが、今年は、6名の学生がホームステイやさかきどんどんの参加、鉄の展示館や宮入鍛錬道場の見学などにより、坂城町そして日本をより理解し、知る機会になったものと考えております。

ポーランドは、約100年前の1918年、「シベリアにいたポーランド孤児を日本が救った」という日本ではあまり知られていない近現代史がございます。

当時、シベリアには第一次世界大戦の戦場となったポーランドから1520万人もの人々が逃れていましたが、終戦後、祖国へ戻ろうにもロシア内戦で帰還が困難になりました。せめて子供たちだけでも祖国へ戻したいと救済を欧米各国に求めるも、かなわず、日本にその要請がなされました。日本軍と日本政府は、その申入れを受け、ただちに救済活動をはじめ、延べ8回、765人の子供たちが救われています。

こうした歴史からもポーランドは、大変な親日国で、特に今年は、日本との国交樹立100周年を記念し、本国では数多くの催しが行われており、当町に対しても、ワルシャワ日本語学校に関係のある同国の自治体から交流のお誘いがあったところです。

今後もサマースクールやワーキングホリデイの受入れなどの交流などを通じてより良い関係を継続するとともに、交流の発展性についても調査してまいりたいと考えているところでございます。

昨年は台風のため中止を余儀なくされましたが、第42回坂城どんどんが83日に開催され、ステージでは、子どもジャズダンス、坂城小学校太鼓演奏、坂城高校生徒会ソーラン節などのほか、当町出身のサクソフォン奏者「川島 亜子」さんと坂城中学校吹奏楽部サックスパートの皆さんによる、同校吹奏楽部 先輩後輩のセッションもありました。

夜の踊り流しでは、35連、約1,300人の皆さんが、真夏の暑さに負けない熱量で、各連一丸となって踊られており、2年ぶりに盛大に開催できたことを大変嬉しく思います。

815日開催の第64回成人式は、出席率約80%と非常に高く107名の新成人の参加がありました。新成人代表からは、これまで支えてくれた方々への感謝とともに、今後の人生を後悔しないためにも前向きな気持ちで、多くの言葉を受け入れながら頑張りたいなどの想いの発表があり、頼もしく思えたところです。

今後はそれぞれの目標に向かい、大いに活躍することを期待したいと思います。

昨年9月に岐阜県で発生が確認された「豚コレラ」は、県内で、野生イノシシを介した感染が急激に拡大しており、緊急に防疫体制の強化を図るため、養豚農場への侵入防止柵などの設置に係る助成を専決処分により対応させていただきました。

今後も、県や関係機関と連携を図り、防疫体制の確立を図ってまいります。

831(土曜日)から114(月曜日)まで、鉄の展示館では「拵・刀装具の美 盪外貲靴寮こΑ廚搬蠅靴董国の選定保存技術保持者に認定された刀装製作修理師の高山一之氏が監修・製作をした珠玉22点を展示する特別展を開催しています。

展示会期間中には、「刀のお手入れ体験」や高山一之氏の高弟である「鞘師 森隆浩氏のギャラリートーク」などを予定しておりますので、多くの皆様にご来館いただきたいと存じます。 

 

・・・・・・・・

 

以下、令和元年第3回坂城町議会定例会招集あいさつ(3)へ

http://blog.valley.ne.jp/home/yamamura/?itemid=49160

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/09/02 12:49

令和元年第3回坂城町議会定例会招集あいさつ(1)

 本日(9月2日)、令和元年第3回坂城町議会定例会が招集されました。

 以下、招集の挨拶を掲載させていただきます。

(長文ですみません。3回に分かれていますので宜しくお願いいたします。)

 

・・・・・・・・・・・・

 

本日ここに、令和元年 第3回 坂城町議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様全員のご出席をいただき開会できますことを心から感謝申し上げます。

さて、日本を取り巻く情勢ですが、米中の貿易摩擦の長期化により景気減速の兆しが感じられ、また、北朝鮮による飛翔体の数度にわたる発射や日本・韓国間の貿易手続きの厳格化の応酬、韓国からの軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄通告など、厳しさと懸念が増しています。

 7月に行われた第25回参議院議員通常選挙では、与党が71議席を獲得し、引き続き政権を担うわけですが、外交対応とともに、少子高齢化・人口減少への対応、そして、地方への支援をお願いするところでございます。

続いて、経済情勢でありますが、主要国などの経済状況について、日本総研などによりますと、アメリカの景気は、良好な雇用・所得環境を背景に個人消費が加速する一方、輸出や設備投資が減速し、46月の実質GDPは前期比年率プラス2.1%と伸びが やや鈍化しています。

ヨーロッパでは、ユーロ圏の46月の実質GDPは前期比年率プラス0.8%と大きく減速し、製造業の低迷が長期化して、景気回復が足踏み状態となっています。

 また、中国においては、米国の関税引上げにより外需が低迷するなど 4〜6月期の実質GDP成長率が前年同期比プラス6.2%へ減速していますが、政府の景気対策により、失速回避がなされるか、引き続き注視していく必要があると考えております。

 次に国内の状況でありますが、内閣府による7月の「月例経済報告」では、「景気は、輸出を中心に弱さが続いているものの、緩やかに回復している。」とし、先行きについては、「当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあり、緩やかな回復が続くことが期待される。」とする一方、「通商問題の動向が世界経済に与える影響に一層注意するとともに、中国経済の先行き、海外経済の動向と政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。」としております。

長野県内の状況につきましては、日銀松本支店が7月に発表した「金融経済動向」では、公共投資、住宅投資、設備投資、個人消費の個別観測から「長野県経済は、生産の一部に弱めの動きがみられるものの、緩やかに拡大している。」としております。

当町におきましては、7月に実施いたしました町内の主な製造業20社の経営状況調査の結果では、生産量・売上げとも、3ヶ月前の比較で 変わらないとした企業が約半数を占め、ほぼ横ばいの状態で、やや弱い景況感が伺えるところです。

一方、雇用については、4月〜6月の実績が、総計でプラス87人と、前回調査の44人から増加し、来年4月の雇用予定は、1社を除き増員又は減員分の補充を予定しており、全体では39人の増員予定で、引き続き堅調な雇用情勢が続いていると思われます。

世界経済が先行き不透明でありますが、当町の企業や経済が持続的に成長していくことを願うところでございます。

 

さて、平成30年度の決算状況について申し上げます。

 まず、歳入につきまして、

町民税は、平成29年度と比較いたしますと、個人分はプラス2.1%で約15,000千円の増、法人分は企業の業績が好調なことなどによりプラス45.2%、約196,000千円の大幅な増となっております。

固定資産税については、評価替えなどにより約25,000千円の減となりましたが、町税全体では、前年度対比プラス7.2%、約191,000千円の増収であります。

また、地方交付税につきましては、基準財政需要額が前年度より増額算定され交付額が増額となり、前年度対比プラス3.1%、約33,000千円の増額となっております。

財政力指数につきましては、3カ年の平均値が前年度より0.001ポイントの増の0.710で、県内における順位については昨年と同じく、77市町村中6番目、町村の中では軽井沢町、南相木村に次いで第3位となっております。

国庫支出金につきましては、道路改良、橋梁修繕事業などの増により、約6,000千円の増額となりました。

また、寄附金では、ふるさと寄附金として多くの皆さんからご寄附をいただき、前年度対比81.8%、約38,000千円の増額、財産収入につきましては、普通財産売払収入の減により約53,000千円の減、町債につきましては、緊急防災・減災事業債の減額などにより、前年度対比約220,000千円の大幅な減額となっております。

以上、歳入全体の決算額は、前年度対比マイナス0.8%となる7005,106千円であります。

 一方、歳出につきましては、建設事業として「坂城町まち・ひと・しごと創生総合戦略」における重点施策であるトータルメディアコミュニケーション施設整備事業のほか、町道A01号線道路改良事業及び橋梁修繕事業、役場庁舎のエレベーター更新事業など実施いたしましたが、2年間の継続事業として実施した同報系防災行政無線整備事業の減などにより、普通建設事業費全体では、前年度対比マイナス40.6%、約492,000千円の減額となる約720,000千円であります。

また、義務的経費につきましては、扶助費において、障がい者の介護・訓練等給付事業等が増加となったことから、前年度対比プラス3.2%、人件費につきましてはプラス0.7%、公債費については地方債の償還額の減少等に伴いマイナス2.6%という状況であります。

その他経費につきましては、補助費等では、長野広域連合のごみ処理施設建設事業に伴う負担金の増や南条小学校建設に係る国庫補助金返還などにより、約218,000千円の増額でありました。

以上、歳出全体の決算額は、前年度対比マイナス2.5%となる6821,661千円の決算となっております。

 なお、平成30年度決算を受けての財政健全化法による財政指標につきましては、実質赤字比率、連結実質赤字比率ともに、一般会計及び全ての特別会計において黒字であります。

また、起債発行時の制限の基準となります実質公債費比率については3ヶ年平均で前年と同率の8.8%となっております。

公債費等の将来負担の重さを表す将来負担比率につきましては、一般会計や下水道事業などの地方債の残高が減少したことなどにより、前年度対比4.3ポイント減でマイナス0.2%となっております。

いずれの指標につきましても早期健全化基準及び財政再生基準に比べ健全な状況で推移をしており、引き続き、将来にわたる負担の軽減、健全な財政運営に努めてまいります。

続いて、6月定例会以降の事業の状況並びに9月補正に計上いたしました、主な内容について述べさせていただきます。

6月27日から30日まで、中国との教育交流事業として、上海市嘉定区実験小学校などの児童10名が当町を訪れました。

期間中、町内小中学校を訪問し、特技発表・給食体験・部活動見学などを行い、当町の児童生徒からは中国での生活や学習などに関する質問を積極的に行うなど交流を深めました。貴重な外国との交流経験をいかし、これからもグローバルな感覚を育んでいただきたいと思います。

また、夏休み期間中の異文化交流事業として、7月29日は文化センター、30日・31日は和平キャンプ場を会場に、外国人講師と運営ボランティアとして坂城高校生にも参加いただくなかで、「English Day in 坂城」を開催しました。当日は、小学2年生から中学1年生の計63人が参加し、日頃学校で取り組んでいる外国語学習を生かし、積極的に英会話をしながら、さまざまな活動に取り組みました。英語漬けの時間を過ごしたことで、外国の文化や言葉を通じてコミュニケーション能力の向上を図ることができたものと感じております。

728日(日)、飯田運動公園で開催されました第61回長野県消防ポンプ操法大会に、埴科大会で優勝した第2分団がポンプ車の部に、第10分団が小型ポンプの部に出場いたしました。

2つの分団が揃って県大会へ出場したのは、平成11年以来20年ぶりの快挙であり、両分団とも入賞こそなりませんでしたが、選手たちは規律正しいきびきびした動きで、日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮してくれました。

 

・・・・・・・・・

 

以下、令和元年第3回坂城町議会定例会招集あいさつ(2)へ

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]