20/10/24 15:03

坂城町名誉町民称号贈呈式・令和2年度坂城町表彰式

  昨日(10月24日)、坂城町文化センターで坂城町名誉町民称号贈呈式・令和2年度坂城町表彰式が執り行われました。

 

 坂城町名誉町民にはデイリーフーズコーポレーション会長の盡澤正さんに称号が贈呈されました。

 

 以下、名誉町民称号贈呈の式辞です。

・・・・・・・・・・・・・ 

式 辞  

本日ここに盡澤正様の坂城町名誉町民推戴に伴う名誉町民称号贈呈式を挙行いたしましたところ、関係の皆様には、御臨席を賜り、厚く御礼を申し上げます。

このたび、令和2年第3回坂城町議会定例会において、議員全員の御賛同をいただき、盡澤正様に坂城町名誉町民の称号をお贈りすることになりました。

名誉町民は「本町の住民又は本町に縁の深い方で、学術、文化、産業、経済その他本町及び国家の繁栄進展に貢献し、その事績極めて顕著で、かつ、世の敬仰の的と仰がれる方」にお贈りいたすものであります。

御功績につきましては、御列席の皆様方には御高承のことと存じますが、盡澤様は、昭和10年2月6日、坂城町上平にお生まれになり、大学卒 業後食品加工メーカーに入社、そこで生産から経理、営業まで経験し、その後の経営の基礎と多くの人脈を築かれました。 

昭和45年7月、35歳の時に 生まれ育った坂城町上平にデイリーフーズ株式会社を設立され、それから現在までの約半世紀にわたり、果実加工品の製造販売の第一線において食の安全と美味しさを求め続け、業界を牽引されてきました。

大量生産・大量消費の時代であった創業当時、食の安全よりも商品の見栄えや長期保存が重視され、加工食品にも多くの食品添加物が当たり前のように使われていた時代においても、「安心」・「安全」・「健康」を第一とし、良質な原材料と徹底した品質管理にこだわられ、それにより経営的に苦しい時期もあったとお聞きをしております。

しかし、時代が健康志向へと移るにつれ、決してぶれることのなかったその信念が、次第に実を結び、こだわり続けてきた製品が、消費者の皆さんに今日まで選ばれ続けていることに対して、大変敬意を表するところであります。

さらに、食材自体を自己発熱させる「ジュール加熱殺菌システム」など独自の技術開発にも勤しみ、それらの技術を使った業界初となる「発酵ジャム」を商品化されました。

そして、今日でも食材を生かしたより付加価値の高い製品づくりを常に求め続けておられます。こうした探求心や類まれな経営センスとリーダーシップにより、上平の地でスタートさせた会社を、今や全国に拡大させ、海外にも多くの工場を置きグローバルに活躍されているところであります。

また、町内工場が現在、製造部門の主力として稼働する中で、町民をはじめ、近隣からも多くの住民を従業員として雇用され、地域の雇用の安定と労働力の確保に御貢献いただいていることは極めて顕著であり、町の誇りとして敬愛申し上げる次第でございます。

一方で、町政に対しましては、永年にわたり 多額の私財を御寄附いただいているところであります。

デイリーフーズコーポレーションの経営理念とされている「健康・創造・自助・奉仕」のうち、「奉仕」の心を坂城町に過分に賜る中で、まちづくりや産業、教育文化の振興など、当町の発展に寄与されていることに対しまして、大変感謝申し上げるところでございます。

結びに、今日までの御労苦、御活躍に心から敬意を申し上げるとともに、今後も町発展のために御指導お力添えをお願い申し上げ、贈呈式の式辞とさせていただきます。 

 

令和二年十月二十四日  

坂城町長 山村 弘

 ・・・・・・・・・・・・

 以下、坂城町名誉町民称号贈呈式・令和2年度坂城町表彰式の様子は以下の坂城町ニュースのサイトよりご覧ください。

http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1603506561491/index.html

 

▼写真1枚目左から2人目が盡澤正さん、2枚目は功労者等表彰された皆さん

 

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]