20/12/01 12:53

坂城町 北日名の皆さんから新蕎麦をいただきました

  昨日(11月30日)、坂城町 北日名区長の北澤祥吉さんと副区長の潤賀国彦さんが来られ、午前中に打ったという新蕎麦をいただきました。

 

 北日名区では、坂城町の「地域づくり活動支援活動」の一環として、「地域コミュニケーション活性化、安全・安心まちづくり」などいろいろな活動をされていますが、その中に、遊休農地の荒廃化対策として3年前から蕎麦づくりをされています。

 

 蕎麦作りについては、いろいろな研究をされたそうですが、なかなか立派な蕎麦が育ちました。

 

 本来でしたら、蕎麦打ち大会、食事会などを実施するところですが、新型コロナの影響で出来上がった蕎麦を関係のある方に配布されたそうです。

 

 昨晩、早速いただきましたが、色艶もよく、しっかりと腰のある、良い味でした。

 どうもありがとうございました。

 

▼写真右から:北日名区長北澤祥吉さん、山村、副区長潤賀国彦さん

 

 坂城町長 山村ひろし 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/12/01 12:00

「国際ソロプチミスト千曲」の皆さんからご寄付をいただきました。

  先日(11月26日)、国際ソロプチミスト千曲の皆さんより、町内小中学校の図書振興のためご寄附をいただきました。

 国際ソロプチミスト千曲の皆さんが来庁され、高村茂子会長から目録をいただきました。

 毎年、毎年、貴重なご寄付をいただいております。

 坂城町の小学校、中学校の図書の購入にあてさせていただきます。

 ありがとうございました。

 

▼中央:目録をお渡しいただく高村茂子会長ほかの皆さま

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/12/01 11:00

令和2年第4回坂城町議会定例会招集あいさつ

 本日(12月1日)、令和2年第4回坂城町議会定例会が招集されました。

 以下、長文ですが、私の招集のあいさつを掲載させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・

 令和2年第4回坂城町議会定例会招集あいさつ   

本日ここに、令和2年 第4回 坂城町議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様全員のご出席をいただき開会できますことを心から感謝申し上げます。

さて、113日に行われたアメリカ大統領選挙は、バイデン前副大統領が当選を確実にし、次期政権の人事を発表しているなか、今だにトランプ氏は敗北を認めず、同陣営は選挙に不正があったとして訴訟を起こしています。国外のこととはいえ、経済、環境などに関して日本にも影響が及んでまいりますので、円滑な政権移行が望まれるところでございます。

 さて、1126日、びんぐし湯さん館では 来館者500万人を迎えました。平成14年以来のご利用を感謝いたします。

こうした中、1120日、当町にも縁のある矢口高雄氏が逝去されました。矢口氏は、鮎釣りに当町を訪れ、作品に町の風景を描かれるとともに、びんぐし湯さん館のロゴのデザインを提供いただきました。深く感謝を申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

さて、新型コロナウイルスにつきましては、昨年12月に中国武漢で初めて確認されてから1年が経過しようとしていますが、いまだ世界がその脅威に直面しています。特に11月は国内外で感染者の増加が顕著で、国内でも頻繁に1日当たりの感染者数が過去最高を更新し、経済対策として実施しているGoToキャンペーンも一部運用の見直しがされました。

県内においても、11月の感染者数は、緊急事態宣言のあった4月や第2波と言われた8月を大幅に上回っており、特に、飲食店でのクラスターが発生した長野市を中心に感染が急増した長野圏域について、県では独自に設定する6段階の感染警戒レベルを、118日にレベル1からレベル2に、12日にはレベル3に、さらに1114日の夜には「感染が拡大しつつあり、特に警戒が必要な状態」として、感染警戒レベルを4に引き上げ「新型コロナウイルス特別警報」を発令しました。

町としましても、これらの情報をいち早く町民の皆様にお伝えし、注意喚起をするため、特に、「特別警報」が発令された翌15日(日)の午前には、対策本部長であります私自ら防災行政無線を通じて呼びかけを行うとともに、すぐメールやホームページを通じて情報発信をしたところでございます。

県では「特別警報」の発令に伴い、飲食店への感染拡大予防ガイドラインの遵守と利用客に対してガイドラインを遵守していない接待を伴う飲食店の利用を控えるよう新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく要請やクラスター対策の取組強化などを行いつつ、県民に対しては「過度に活動自粛を行うのではなく、基本的な感染防止対策を徹底」するよう呼びかけています。

町としましても、こうした趣旨を踏まえ、より徹底した感染防止対策を講じる中で、直ちに公共施設の閉鎖や会議、イベント等の中止などは行わないこととしておりますが、今後も感染動向には細心の注意を払いつつ、状況に応じて適切な対応を図っていくことを対策本部会議の中で確認をしているところであります。

県内の新型コロナウイルス感染症については、会食の場の他に、職場や家庭でも感染拡大の原因となる事例が発生しており、若い世代の感染が中心だった夏場に比べ、幅広い世代への感染の広がりが見られます。

また、県外との往来に起因すると思われる事例も多くなっており、現在は長野圏域以外のすべての圏域でも感染警戒レベルが3に引き上げられ、「新型コロナウイルス警報」が発令されている状況です。新型コロナウイルスは、いつ、誰が感染してもおかしくありません。また、無症状の場合でも周りの人に感染させる可能性があります。

町民の皆様には、外出先の感染動向に十分ご注意いただくとともに、改めて、人との距離を確保し三密を回避することやマスクの着用、こまめな手洗いを徹底していただきますようお願いします。特に、空気が乾燥する冬場は、飛沫感染への注意が必要ですので、室内の換気や加湿を行っていただくよう、併せてお願いいたします。

さて、1024日(土)、高見澤正さんへの名誉町民称号 贈呈式を挙行いたしました。

高見澤さんは、皆様もご存じのとおり、坂城町で事業を起こし、「ジュール加熱殺菌システム」などの技術開発を進め、業界初の「発酵ジャム」を商品化させて、全国そして海外にも事業展開を拡大されるとともに、永年にわたり多額の私財を寄附され、産業、教育文化などの発展にもご貢献いただき、町の誇りでございます。

今後も、坂城町発展のため、ご指導とお力添えをお願いしたいと存じます。

続いて、経済情勢でありますが、世界中に広がる新型コロナウイルスによる不況から、これまで大きな落込みとなっておりましたが、日本総研などによりますと、アメリカでは、個人消費などの大幅増が経済をけん引して、7〜9月期の実質GDPは前期比年率プラス33.1%と急回復しましたが、新型コロナウイルス流行前の水準には至っていないところです。

ヨーロッパでは、ユーロ圏において79月期の実質GDPは前期比年率プラス61.1%と年前半の落込みからの反動で統計開始以来最大のプラス成長となりましたが、感染の再拡大から活動制限をする国が多く、今後の回復ペースは不透明です。

 また、中国においては、早期からの経済活動再開によって 79月期の実質GDP成長率が前年同期比プラス4.9%と2期連続でプラス、新型コロナウイルス流行前の水準となり、欧米に先駆けて回復が伺われるところでございます。

 次に国内の状況でありますが、内閣府による11月公表の79月期の実質GDPの成長率は前期比年率プラス21.4%と4期ぶりのプラスとなり、比較可能な1980年以降で最大の伸びとなったものの、依然として新型コロナ前の水準を下回った状態となっています。

長野県内の状況につきましては、日銀松本支店が11月に発表した「金融経済動向」では、公共投資、住宅投資、設備投資、個人消費の個別観測から「長野県経済は、一部に持ち直しの動きがみられるものの、厳しい状況が続いている」としております。

当町におきましては、10月に実施いたしました町内の主な製造業20社の79月期 経営状況調査の結果では、生産量は3ヶ月前の比較で プラスとした企業は7社、マイナス8社、変わらない4社、売上げについてもほぼ同様で、前回調査よりプラス回答が増えたものの厳しい状況が伺われます。

一方、雇用については、79月の実績が、総計でマイナス101人と、前回調査時からマイナスに転じ、来年4月の雇用予定は、1社が予定なし、2社が減員、2社が未定、その他企業は増員又は減員分の補充を予定しており、全体では24人増員予定ですが、雇用情勢も不安定となっています。

世界経済は回復の兆しが見えだしたところですが、新型コロナウイルスが再拡大する中で、今後の減速や町内企業への影響など懸念され、早期の新型コロナウィルス感染症の収束と経済の回復を願うところでございます。

続いて、9月定例会以降の事業の状況並びに補正予算に計上いたしました、主な内容について述べさせていただきます。

令和3年度から10年間のまちづくり全体の基本構想を定める 「坂城町第6次長期総合計画」及び「国土利用計画第4次坂城町計画」、並びに来年度から5年間を見据えた「第2期坂城町まち・ひと・しごと創生総合戦略」、「坂城町人口ビジョン」につきまして、1026日に「総合計画審議会」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略策定懇話会」を開催し、西沢議長、滝沢総務産業常任委員長にもご参画いただく中で、それぞれの計画の素々案についてご審議をいただきました。

 現在、委員の皆様からいただいた意見等を調整し素案の策定作業を進めており、この素案を今月7日から、年明け14日まで、町ホームページに掲載すると共に、役場企画政策課や文化センターなどに閲覧場所を設けて、広く町民の皆様からご意見をお寄せいただきたいと考えております。

また、1215日(火)には、文化センターにて、午後3時と、夕方630分から、各計画を説明する「坂城町第6次長期総合計画等説明会」の開催を予定しております。町民の皆さんのご意見をお聞きする中で、案をまとめ、審議会の答申をいただき、年度末の策定に向け作業を進めてまいります。

令和3年度から10か年の公共施設の施設整備計画となる「坂城町公共施設個別施設計画」につきましては、先般、有識者の皆様による策定委員会に、計画原案となる素々案をご説明し、ご審議をいただくなど策定作業を進めております。

今後は、策定委員会の意見等を踏まえて、素案づくりを行い、12月中に町ホームページを通じて、住民の皆様からの意見公募を行う予定でございます。

 持続可能なまちづくりにむけ、策定委員や町民の皆様からご意見をお聞きしながら、今年度中の計画策定に取り組んでまいります。

町内企業の需要に応える新工業団地造成事業につきましては、テクノさかき工業団地の西側に約3.6haの拡張を予定し、農地法に基づく農業振興地域からの除外につきまして、1029日付で長野県知事から同意をいただきました。

今年度内での用地取得に向けて交渉を進めるとともに、造成工事に必要となる開発行為の許可申請に向けて、上下水道や農業用水、区画道路・調整池などについて協議を進め、合わせて、基幹道路となるA09号線道路整備事業の用地買収など、引き続き団地造成の推進を図ってまいります。

さて、新型コロナウイルス感染拡大を受ける中、町でも新たな試みとして、インターネットやケーブルテレビを活用し情報配信に取り組んでいます。

102日、3日に開催いたしました「2020 さかきオンラインものづくり展」では、企業・大学などの説明をオンラインにて行い、ビジネスチャンスや大学研究シーズの提供の場として、各企業等の技術や製品などを紹介し、企業・大学のPRと合わせマッチングの機会といたしました。

また、「パネルディスカッション」は、会場に集まらなくとも、web会議システムや動画投稿サイト、ケーブルテレビにより視聴できる環境を整え、コロナ禍の中でも元気に頑張る坂城町をお伝えすることができたものと考えております。

1024()、文化センターでさかきふれあい大学講演会を開催し、信州山の達人にも選定された中嶋豊さんと鳥類生態学の権威で、ニホンライチョウ研究の第一人者でもある町特命大使の中村浩志さんに「山と私たちの生活」をテーマにお話しいただきました。

参加者は、新型コロナウイルス感染症対策として事前申込制といたしましたが、講演会の様子をケーブルテレビと町の公式動画投稿チャンネルにて再配信し、当日参加できなかった方にも後日聴講できるよう対応したところでございます。

1031日、111日の2日間、第27回全国山城サミット上田・坂城大会が開催されました。

初日の山城ガイドツアーでは、葛尾城跡コースに約50人、和合城跡コースに約20人が、登山をして現地の城跡を見学し、2日目のオンライン講演会では、それぞれの城跡の保存状態の良さや山城としての魅力がケーブルビジョンとインターネットで紹介され、コロナ感染の状況下ではありましたが、全国に向けて発信することができました。

さて、12回目となる「ねずみ大根収穫・直売市」が、さかき地場産直売所「あいさい」と坂城インター線沿いの ねずみ大根ほ場の2会場で1114日(土)に開催され、長野圏域の新型コロナウイルス感染警報レベルが引き上げられたことから、「3密」にならないよう来場者への働き掛けや一部開始時刻を早めるなど、対策を強化しての実施となりました。

当日は天候にも恵まれ、直売所ではねずみ大根をはじめとする農産物・加工品の販売のほか、今年産の巨峰ワインやテイクアウト用ランチの限定販売など、500名ほどのお客様で賑わい、また、ねずみ大根収穫会場では、約300名にご来場いただき、例年以上にねずみ大根が収穫され盛況でありました。

今週125日(土)、午後130分から、一人一人がともに認め、支え合う人権意識を養うとともに、福祉の理解を深めるため、「人権を尊重し豊かな福祉の心を育む町民集会」を文化センターにおいて開催いたします。

南条小学校児童による人権作文の発表の他、シンガーソングライターの「う〜み」さんをお招きし、「じんけんコンサート〜あなたに会えてよかった」と題して歌を交えてお話をいただきます。

今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前申込み制の先着70名とし、隣保館で申込みを受け付けておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

さて、信州さかきふるさと寄附金につきましては、11月末現在、 8,414件・155,820千円で、前年同月比 金額でプラス25.2%と、果樹類を中心に大変多くの寄附のお申込みをいただいております。

今年度のふるさと寄附金につきましては、9月以降の急激な寄附申込みの伸びに対する経費の支払いにつきまして、10月下旬に専決による補正予算で対応いたしましたが、その後の状況を踏まえ、年度末までには寄附額が180,000千円ほどと見込み、今議会に関連の補正予算をお願いするものであります。

 さて、国道18号バイパスの整備促進として、107日に県庁で開催された「新国道上田篠ノ井間 建設促進期成同盟会」において、関東地方整備局に対し、上田篠ノ井バイパスの早期完成に向けた建設促進等を要望してまいりました。地域住民のみなさんの思いを繋ぐ国道バイパスですので、坂城町区間の建設について関係機関と連携し、促進してまいりたいと考えております 

 また、千曲川の治水整備につきましては、1028日に安曇野市で開催された「長野県治水事業 整備促進意見交換会」において、北陸地方整備局に対し、完全堤防化に向けた築堤工事の実施等を要望いたしました。引き続き、千曲川の強靭化が図られ、地域が安心・安全に生活できるよう、要望活動を進めてまいります。

次に、長野広域連合B焼却施設でありますが、現在、工場棟の躯体やプラント設備工事のほか、管理棟などの基礎工事を行い、令和44月の本格稼働に向けて着々と整備が進められています。

葛尾組合焼却施設の稼働は来年9月末にて終了し、翌10月からは、当町や千曲市から排出される可燃ごみが新施設で試験運転により焼却される予定であります。引き続き、長野広域連合及び千曲市などとも連携を図り、新施設へのスムーズな移行と運営に努めるとともに、葛尾焼却施設跡地の利活用についても検討してまいりたいと考えております。

続きまして、補正予算についてでございます。

新型コロナウイルスの影響が長引く中、不安を抱えて出産し、新生児を育てるご家庭の経済的負担軽減と子どもの健やかな成長を応援するため、国の特別定額給付金の対象とならなかった令和2428日から令和341日までの出生児に、「新生児応援臨時特別給付金」を給付することとし、今補正予算に関連経費を計上いたしました。

しなの鉄道の経営状況は、新型コロナウイルス感染症拡大により 上半期の利用者は、前年と比べ大きく減少し、非常に厳しい状況であるとお聞きしております。

このような状況下、地域の安全な鉄道輸送の確保とコロナ禍での事業継続を図るため、県及び沿線市町に支援の要請がなされ、今年度しなの鉄道が実施する6両の車両設備検査に係る負担金を補正予算に計上いたしました。

冬の到来を迎え、降雪時の主要な道路の安全確保を図るための除雪、融雪剤散布に係る費用を、補正予算に計上いたしました。委託業者と連携を図り、迅速な除雪作業等の実施に努めてまいります。

最後に、新型コロナウイルス感染症の拡大と収束の見通しが立たない状況から、3月下旬に実施を予定していました町主催の高校生タイ国研修事業、教育委員会主催の中学生アメリカ研修事業につきましては、大変残念ではありますが昨年度に引き続き、今年度も実施しないことといたしました。事態が収束し安全が確認できれば、来年度実施してまいりたいと考えております。

以上、令和2年度の主な事業の進捗状況並びに主な12月補正予算の内容について申し上げました。

今議会に審議をお願いする案件は、条例の制定が1件、一部改正2件、公の施設の指定管理が1件、一般会計・特別会計の補正予算5件 計9件でございます。

よろしくご審議を賜り、ご決定いただきますようお願い申しあげまして、招集のあいさつとさせていただきます。

・・・・・・・・・ 

坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]