22/01/31 04:52

「千曲川の恵みを取り戻す会」設立総会

 昨日(1月30日)、「千曲川の恵みを取り戻す会」の設立総会が開催されました。

 千曲川にかつてのような賑わいを取り戻そうと、3年ほど前から、研究会、講演会、準備会などを開催してきましたが、このたび、ようやく正式な会として発足いたしました。

 また、新型コロナウィルスの関係で、上田市、千曲市、東御市、坂城町の各々の会場に分かれ分散オンラインで実施しました。

 

 主な役員としては、

 会長:土屋上田市長、副会長:小川千曲市長、花岡東御市長、山村坂城町長

 運営委員:千曲流域学会の藤森靖夫(委員長)ほか、各委員に、上小漁業協同組合、更埴漁業協同組合、上田市、千曲市、東御市、坂城町の各担当管理職、長野大学淡水生物学研究所箱山所長など

 監事・調整役:宮下省二上田市議会議員、中村眞一千曲市議会議員、塩野入猛坂城町議会議員など

 また、事務局としては事務局長に上小漁業協同組合坪田事務長ほか、更埴漁協、各市町の担当職員が就任しました。

 

 会の目的としては、

 〈「アユ釣りのメッカ復活」を目指し、アユやウグイなどの在来種が住みやすく、住民に愛される千曲川の環境づくりに取り組むことにより、水産業や観光産業の振興とともに、地域活性化につなげることを目的とする。〉

 

 また、この目的を達成するために、次の活動を行うこととしました。

1.啓発(学習会)、情報発信に関すること

2.調査研究に関すること

3.在来種の駆除に関すること

4.環境整備に関すること

5.その他、会の目的を達成するために必要なこと

 

 令和元年の東日本台風の影響でコクチバスなど外来種の個体数が大幅に減少したと言われています。

 まさに、今が「千曲川の恵みを取り戻す」最大のチャンスだと思います。

 本会の活動にご理解をいただき、積極的に推進をしたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

 以下、設立総会の様子です。

 

 総会の議事のほかに、斎藤充千曲川河川事務所長さんの来賓祝辞、また、議事終了後、信州大学中村浩志名誉教授、平林公男信州大学副学長、箱山洋長野大学淡水生物学研究所長から各々ご講演をいただきました。

 

 坂城町長 山村ひろし 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/26 18:45

坂城町民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症について、変異株による感染の急拡大が全国的に広がる中、長野県においても新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の対象となることが国により決定され、1月27日から2月20日までの間において適用されることになりました。

 

 これに伴い、長野県独自の感染警戒レベルが全圏域で最高レベルの6に引き上げられます。

 1月26日も県全体で537人、町においても10人の感染者が発生するなど、感染が拡大していることから、町といたしましても県と連携して感染拡大防止対策に取り組んでまいります。

 

 町の公共施設については、既に大半が貸し出しを停止しておりますが、今後は、勤労者総合福祉センターの各種教室の自粛や事業の停止、びんぐし湯さん館の食堂の営業時間や図書館の貸し出し時間の短縮なども加えて行います。

 

 また、子どもさんのおられるご家庭につきましては、小中学校における分散学習、保育園・児童館における利用自粛などのご協力をお願いすることとしております。

 

 町民の皆様には、混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出・移動や、県外との不要不急の往来を控えていただくようご協力をお願いします。

 

 また、人との距離の確保、マスクの正しい着用、手洗い・手指消毒などの基本的な感染防止対策を徹底してください。

 

 体調に異変を感じた場合は、外出をせず、速やかに医療機関に相談してください。

 

 また、ワクチン接種につきましては、65歳以上の高齢者の皆様に、文化センター体育館での集団接種の日時のご案内を接種に必要な接種券付予診票等と併せて送付いたしましたので、通知が届きましたらご確認いただき、ご案内の日時での接種にご協力をお願いいたします。

 

 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があります。感染された方やご家族などの関係者、医療従事者等への不当な差別や偏見が生じないよう併せてご理解とご協力をお願いいたします。

 

 令和4年1月26

 坂城町新型コロナウイルス感染症対策本部

 本部長(坂城町長) 山 村  弘

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/26 14:00

大関御嶽海誕生!

  本日(1月26日)、大相撲春場所(3月13日初日)の番付編成会議と臨時理事会が開かれ、東関脇御嶽海(29)=木曽郡上松町出身=の大関昇進が正式に決まりました。

 1795(寛政7)年の雷電=旧大石村・現東御市滋野乙出身=以来227年ぶりに信州出身の大関が誕生。

 

 新型コロナ禍の暗いニュースばかりの中で、長野県民として本当にうれしいニュースです。

 

 以下は、平成29年(2017年)当時の関脇御嶽海さんに、坂城町鉄の展示館で開催中の「大相撲と日本刀」展にあわせ、一日館長として就任していただき、握手会、トークショウ、さらには、同日に開催されていた、坂城町町民運動会に飛び入りで出場していただいた際の様子です。

 

 町民運動会では、出羽海部屋チームとしてリレーに出場していただきましたが、すごいスピードで走り抜けられ観客は大喜びでした。

 このイベントから約5年が経ちました。ようやく大関へと進まれ、あとは横綱です。

 全員で応援します。 頑張って下さい。

 

 大関昇進の伝達を受けられ、口上を述べられる御嶽海関(「信濃毎日新聞号外」より)他

 

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/21 05:25

坂城町 GIGAスクール公開授業と各校の実践発表、講演会

  昨日(1月20日)、坂城町の南条小学校でGIGAスクール公開授業と小学校、中学校の各先生方によるGIGAスクール実践発表会が行われました。

 また、昨年よりご指導いただいている、信州大学佐藤和紀先生による講演も行われました。

 

 メイン会場は南条小学校で行われ、私も学校へ行く予定にしておりましたが、新型コロナの影響から、リモートでその様子を拝見しました。

 

 南条小学校で行われた公開授業は、2年生、4年生、5年生を対象にして行われました。

 2年生の授業は「生活」の授業で、テーマは「大きくなった ぼく・わたし」で2年生になった「自分のせい長を見つけよう」というものでした。

 全員がchromebookパソコンを使いこなし、事前に作ったスライドを使って自分の成長を伝えあうというものでした。

 そのなかで、昨年の担任の先生とリモートでつなげて自分たちの成長ぶりを見てもらうというプログラムもあり、大変素晴らしいものでした。

 

 そのほか、4年生では、「道徳」の授業で、「スーパーモンスターカード」アンケートによる結果をジャム・ボードを使って班の友達と考えを共有しディスかションを行っていました。

 

 5年生は、「算数」の授業で「割合のグラフ〜円グラフを使って〜」というテーマで自分で集めた資料(データ)を、スプレッドシートに入力、グラフを作成し、完成したグラフを比較して、適したグラフを選ぶ、というものでこちらも子供たちが自由自在にパソコンを使いこなしている姿に感銘を受けました。

 

 坂城町では学校教職員、子供たちが一緒になってGIGAスクールに向けた取組を行っています。

 新型コロナ禍のなか、皆さん大変ですが、これを逆にチャンスとしてとらえ、「学校を止めない」、「授業を止めない」、「勉強を止めない」ことにチャレンジしています。 素晴らしいことです。

 以下、その様子をご覧ください。写真はいずれも私のパソコンの画面から。

 

▼坂城町校長会会長 酒井賢一坂城中学校長、2枚目は、信州大学佐藤和紀先生

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

22/01/09 09:02

坂城町 ライフ・ステージ・エコー新春演奏会

  昨日(1月8日)、坂城町テクノセンターで、ライフ・ステージエコー2022コンサートが開催されました。(代表:児玉正信さん)

 昨年は新型コロナウィルスの関係で中止となりましたので、2年ぶりの開催です。

 今回、新型コロナに配慮して約100人の人数限定での開催となりました。

 

 本日の演奏は、久しぶりのフルバンドジャズ、大都(タイト)ジャズオーケストラ(リーダー:小倉大都さん)の演奏です。 

 

 大都ジャズオーケストラは、小倉大都氏が自身の出身校である昭和音楽大学のOBを中心に結成し、王道のスウィングジャズから、コンテンポラリー・ジャズ、オリジナル曲まで幅広いレパートリーを持つオーケストラです。 

 現在は、当初のメンバーに加え、首都圏を中心に活躍する若手俊英ミュージシャンを起用し、都内を拠点としてライブ活動を積極的に行っています。

 

 本日の演奏曲目は:

 第1部:聖者の行進、In the MoodMoonlight SerenadeCuteCorner Pocket、Caravan

 

 第2部:It Dont Mean a ThingSo What を題材としたアドリブの共演、信濃の国のJAZZ版、ラスソディー・イン・ブルー(復刻版 ガーシュウィン初演時の楽譜で。長野県では初演奏)

 また、アンコールには、Sing Sing Sing という豊富なプログラムでした。 ありがとうございました。

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/07 05:18

坂城町スポーツ推進委員の小林浩幸さんが全国表彰

  坂城町スポーツ推進委員の小林浩幸さんが、1118日(木)、公益社団法人 全国スポーツ推進委員連合より「令和3年度 30年勤続スポーツ推進委員表彰」を受賞されました。

 小林さんは、平成2年から現在まで31年間にわたってスポーツ推進委員として町スポーツ行事の企画や運営に携わっていただき、また、その間には町スポーツ推進委員会の会長や副会長もお務めいただくなど、町のスポーツ振興に多大な貢献をしていただいています。

(左から)山村、小林浩幸さん、宮副町長、清水教育長

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/05 14:40

川西医院 訪問看護ステーション開設

 昨年、新型コロナワクチンの職域接種で大変お世話になった、川西医院さんの「訪問看護ステーション」は昨日からオープンしましたが、それに続いて、本日(1月5日)、「運動特化型デイサービス」もスタートしました。 

 

 最新鋭の機器も多く導入され、ヨガもメニューに入れられました。
 

 短い時間でしたが、私もいろいろ使わせていただきました。

 

 場所は、坂城町中之条の中條神社の前です。

 ご関心のある方は、是非、お立ち寄りください。

 

 

 坂城町長 山村ひろし 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/04 18:25

令和4年坂城町 新年賀詞交歓会

  本日(1月4日)、坂城テクノセンターで、公益財団法人さかきテクノセンター(理事長:依田穂積さん)とテクノハート坂城協同組合(副理事長:佐藤洋子さん)主催による「2022年新春賀詞交歓会」が開催されました。

 

 この賀詞交歓会は、町内外から企業・大学・各種団体の代表者・関係者の皆さんが一堂に会して新年を祝い、新年の挨拶を交わすもので、毎年1月4日に開かれています。

 

 昨年は新型コロナ感染症の影響により中止となりましたが、今年は、コロナ対策として規模を縮小し、町内の企業および関係機関の皆さんの参加で、開催時間の短縮、会食中のソーシャルディスタンスの確保、定期的な換気を行うなどして開催されました。

 

 さかきテクノセンター、テクノハート坂城協同組合のスタッフの皆さんはじめ、関係の方の大変なご尽力で開催することができました。 ありがとうございます。

 

 まだまだ、地域活動や地域経済に新型コロナの影響が出ていますが、町では今年、新工業団地の造成が完了し分譲を開始、地域公共交通としてタクシー車両を利用したデマンド交通の実証実験の開始など、多くの事業が動き出します。

 

 また、厳しい中でも常に新しい方策を模索して活躍されている町内企業や各種団体の皆さんとともに連携してこのコロナ禍を乗り切っていきたいと考えています。

 

 新春賀詞交歓会まことにおめでとうございます。

 

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/01 00:00

令和四年 壬寅 年頭のごあいさつ

  

         戸倉の鍋太金物店さんご提供の「金の虎」

 

 明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられましたこととお慶び申し上げます。 

 今年の干支は、壬寅(みずのえ とら・じんいん)、そして五黄の寅(ごおうのとら)でもあります。「壬」は、いろいろな問題を持たねばならないということを表し、「寅」は、志を同じくするものが助け合うことを表します。また「五黄の寅」とは、中国発祥の占いの一つ、九星気学において最も強い力を持つ「五黄土星」と、十二支のなかで困難を克服してゆく強い行動力を持つ「寅」の年が重なった、36年に一度の、まさに最強の年であり、コロナ禍のなか、課題をしっかりと把握し、問題解決に向け一致団結し、新たな時代を築いていくという気概が求められています。 

 さて、令和2年から引き続くコロナ禍において、当町においても感染症対策の最優先事項として進めてまいりましたワクチン接種につきましては、集団接種と個別接種、また町内企業の皆様の職域接種もあわせて実施され、比較的早期に、多くの方への接種を進めることができました。 

 今後行うこととされている3回目のワクチン接種につきましても、円滑に実施できるよう、現在準備を進めているほか、今後も、国や県と連携し、新型コロナウイルス感染症に影響を受けた町民の皆様の暮らしや地域経済に対し、きめ細やかな支援に取り組んでまいります。  

 昨年を振り返りますと、令和3年は、当町のまちづくりの指針となる「第6次長期総合計画」をはじめ、「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」「公共施設個別施設計画」など様々な重要計画がスタートする年でありました。 

 なかでも、町の最上位計画である第6次長期総合計画におきましては、10年後の町の将来像を「輝く未来を奏でるまち」と定めるなかで、令和12年度までの10年間と、その先の輝く未来につなげていくための、新たな坂城町を始動させたところであります。 

 この新たな流れから引き続く本年の大きな動きとしましては、町の基幹産業である工業のさらなる発展のために進めてまいりました新工業団地整備(テクノさかき工業団地の拡張)につきまして、本年に造成を完了し、分譲を開始するよう準備を進めているところであります。 

 この新工業団地整備と県道坂城インター線の延伸にあわせた町基幹道路の整備といたしまして、町道A09号線の整備を進めていくほか、南条地区の産業道路の拡幅や、今後村上地区で進められていく国道18号バイパス整備の進捗にあわせた町道整備など、将来を見据えた町民生活と企業活動の基盤となる町道の整備を進めてまいります。  

 また、新たな地域公共交通としてのタクシー車両を利用したデマンド交通導入の実証実験を令和4年度から開始いたします。現在ご利用いただいております町の循環バスとあわせて運用し、より利便性の高い交通網の整備を進めてまいります。 

 次に、生涯学習とスポーツ活動の拠点の整備といたしまして、坂城町体育館の耐震化を含めた大規模改修に本年着工するほか、文化センターにつきましても、令和5年度に改修を行えるよう、本年には設計に着手をする予定であります。 

 びんぐし湯さん館につきましては、本年、開館から20周年を迎えるなかで、老朽化した機械設備等の改修のほか、さらに多くの方から愛される施設としていくための、リニューアル工事を予定しているところであります。 

 そのほか、コロナ禍においても注目を集めるDX(デジタル変革)の取組みといたしまして、住民票や税関係の証明書のコンビニ交付サービスの導入や、電子申請の拡充など行政手続き関連のDXのほか、水門の電動・リモート化や、ICTを活用したスマート農業の研究、小・中学校に整備された1人1台端末を活用したICT教育(GIGAスクール構想)の推進など、様々な分野でのDXを進めてまいります。 

 新型コロナウイルス感染症の今後については、まだ不透明な状況ではありますが、これに屈することなく、ウィズコロナ・アフターコロナの社会にあってなお、将来に渡って持続可能な、誰一人取り残さない社会の実現を目指し、SDGsそして「輝く未来を奏でるまち」の達成に向け、皆様とともに前進してまいります。 

 町民の皆様におかれましも、本年が良き年になりますようお祈りし、新年のごあいさつとさせていただきます。

 

 

 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]