22/09/14 23:03

キエフ・バレエ 「白鳥の湖」とウクライナ募金

  本日(9月14日)、来日中の「キエフ・クラシックバレエ」による公演、「白鳥の湖」を長野市芸術館で鑑賞しました。

 ロシアによるウクライナ侵攻から半年たっても平和は訪れていません。

 ロシアによる侵攻が続く中、キエフ(キーウ)のメインの劇場も破壊されるなか、ウクライナ国内や避難先の周辺国から集結した出演者・スタッフ計32名が日本各地で全36回の日本ツアーを行っています。(来年も公演が予定されています。)

 

 長野では、昨日(9月13日)は佐久市で、本日は長野市での公演が行われました。(9月15日は佐野市、9月16日は常陸太田市など連日の公演を続けています。)

 戦火を逃れ毎日のように公演を続けておられるバレエ団の皆さんの心情を思うと涙が出てきます。

 「白鳥の湖」の脚本には、悲劇で終わるものと、ハッピーエンドで終わるものといくつかありますが、昨日のは王子が悪魔を退治し、二人が結ばれるというハッピーエンドの物語でした。

 素晴らしい公演でした。

 

 今回のツアーには、日本人プリンシパルの長澤美絵さんも参加されています。

 昨日の公演ではプリンシパルとして登場されていましたが、本日は、登場されませんでした。

 しかしながら、ピエロ役で登場した北口雅人さんが素晴らしい演技をされていました。

 

 また、一階ロビーでは、南長野ロータリーのメンバーの皆さんが、「ウクライナ支援 飯田の水引バッジ」の販売(募金)を行っていました。

 以下の写真は、中嶋製作所会長の中嶋君忠さんと。

 坂城町でも坂城国際交流協会、坂城ライオンズクラブなどの団体が支援活動を行っています。

 ウクライナの復興にはこれから数十年かかるかも知れません。

 いろいろな形での、息の長い支援活動が必要です。

 皆さまのサポートをお願いいたします。

 

 

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]