19/05/08 08:10

森仁志さん展示会 「森仁志の世界」

 先日(5月6日)、坂城町四ツ屋の森工房で開催された、「森仁志の世界」に伺いました。

 リトグラフ版画の世界的な芸術家として高い評価を受けているいる森仁志さんは、かつて、三栖右嗣、岡本太郎、池田満寿夫、東山魁夷、アンドレ・ブラジリエ、ジャン・ピエール・カシニュール、アンドレ・ブラジリエなど著名な画家と世界最大のリトグラフを用いた作品を多く手がけ、その後、フランス、ブルターニュのカルナック巨石群を題材とした絵画作品を多く描かれました。

 その多くの作品が残されている森工房アトリエで展覧会が開催されました。
    
 森さんが亡くなられて6年が過ぎましたが、カルナックの世界はますますその存在価値を増しているように思います。
 3年前に出版された、「CARNAC 森仁志の世界」の巻頭言に美術評論家の林紀一郎さんが末尾に書かれているように、
   
 「・・森仁志が冥界へ旅立ったのは、いやブルターニュ半島のカルナックへと旅立ったのは2014年6月。そして1973年に巨石群と初めて出会って以来、この旧知の友と34年ぶりの再会を果たすのである。再開の喜びをどんな言葉で語り合っていることだろう。推し量る他ない。カルナックの画家のことを・・・。」
 
 いろいろな思いをいたしました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:室内

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

 

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

▲2016年、森仁志さんの三回忌に出版された 「CARNAC 森仁志の世界」 

 

 

 以下は、森仁志さんが平成23年末に上野の森美術館で開催した展覧会の様子です。

 このころはまだお元気でいろいろとお話をさせていただきました。

 

(平成23年12月23日) 

 

森仁志さんの個展「森仁志のあゆみ展」

 坂城町在住のリトグラフ作家で画家の森仁志さんが「上野の森美術館」で個展を開かれておられます。

 昨日(12月22日)、坂城町議会宮島議長さん、新田醸造の新田社長さん、葛尾食品臼井社長さんと伺いました。
 
 この展示会は「上野の森美術館」全館貸切で、年末年始開催されております。
 森さんの今までの代表作品のほとんどと、最近の油絵(大作)が一同に拝見できます。 
 大変すばらしい展覧会です、是非、ご覧下さい。
 
 
「森仁志のあゆみ展」
2011年12月21日(水)〜28日(水)
2012年 1月 2日(月)〜5日(木)
時間 AM 10:00--PM5:00  
休館日 12月29日(木)〜1月1日(日)
入場料 一般500円 学生無料
 
 
           
 
     前列左から、森さん、山村、宮島議長
     後列左から、奥様の林栄子さん、臼井さん、新田さん
          
 
    
 坂城町長 山村ひろし

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません