19/11/30 21:32

坂城町出身小説家 酒本歩 さんを囲んで

坂城町出身の小説家・酒本歩さんをお招きして、「幻の彼女」にちなみ、図書館長とのトークショウが行われました。

 

酒本歩さん(本名:和田剛浩さん)は昭和36年に坂城町に生まれ、大学卒業後はサラリーマンとして30年間務、それから執筆活動を開始されました。

 

平成30年に、著書である『幻の彼女』が「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」を受賞するなど、現在注目されている小説家の一人です。

 

『幻の彼女』執筆の経過や2作目についてなど、様々なテーマについて酒本さんからいろいろこの小説の裏話をお聞きしました。

滅多に聞くことのできない、ネタバレの話を伺いました。 ここで記すことはできない内容ですので恐縮です。

 

来年3月ころには新しい小説が出版されるようです。 大変楽しみです。

 

トークショウ終了後、坂城町での同級生の皆さんなどと一緒に坂城駅前のワイナリーで懇親会を行いました。

 

 

 

坂城町長 山村ひろし

 

カテゴリ[ 1.坂城町全般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません