ご利用規約  |   インフォバレートップページ
インフォバレーブログサービス・検索
  ブログトップ > ご利用規約


■Infovalley blogサービス利用規約
第1条(利用規約)
  1. 本利用規約は、Infovalleyインターネットサービス契約約款(以下「インターネットサービス契約約款」といいます 。)の一部を構成するものとし、次条所定のお客様(以下「お客様」といいます。)がInfovalleyの提供するウェブログ(ブログ)及びホームページ(以下、ホームページといいます。)公開サービスを利用する際の一切について適用されるものとします。
  2. InfovalleyがInfovalley上で提供するサービスのご案内コーナー等で規定するサービスの利用上の決まりも、 名目の如何に拘わらず本利用規約の一部を構成するものとし、お客様はこれを承認します。
第2条(お客様)
  1. お客様とは、Infovalleyにサービスの利用を申し込み、Infovalleyがこれを承認した者。
  2. 第1項のお客様は、サービスの利用を申し込む時点で本利用規約の内容を承諾しているものとみなします。
第3条(申込の承認)
Infovalleyは、別途定める方法にてサービスの利用申込を受け付け、必要な審査・手続きを経た後にサービスの 利用を承認します。
第4条(申込の不承認及び承認の取り消し)
  1. Infovalleyは、前条の審査の結果、利用申し込みをした会員が次のいずれかの事項に該当することが判明した 場合は、当該会員のサービスの利用を承認しないことがあります。
    (1)利用を申し込んだ際の申告事項に、虚偽の記載、誤記又は記入漏れがあったこと。
    (2)利用を申し込んだ時点で、インターネットサービス契約約款の違反等により会員資格又はInfovalleyのサービスの利用の一時停止処分中であること。
    (3)過去にインターネットサービス契約約款の違反等により会員資格又はInfovalleyのサービスの利用の一時停止処分を受けたことがあること。
    (4)利用を申し込んだ時点で、Infovalleyの利用料金の支払いを怠っていること又は過去に怠ったことがあること。
    (5)他者のIDを用いた利用の申し込みであると推測するに足る相当の事由があること。
    (6)その他Infovalleyがサービスの利用を承認することを不適当と判断したこと。
  2. Infovalleyは、利用申込を承認した後であっても、承認したお客様が前項のいずれかの事項に該当することが判明した場合は、当該承認を取り消すことができるものとします。
第5条(終了)
  1. お客様がサービスの利用を終了する場合、Infovalley所定の方法でInfovalleyに届け出るものとします。
  2. お客様がInfovalleyを退会した場合、退会と同時にサービスの利用も終了するものとします。
  3. Infovalleyは、オンライン上に事前に告知した上で、サービスの全部又は一部を中止することがあります。
  4. Infovalleyは、前項の手続きを経ることにより、サービスの全部又は一部の中止に関しお客様及び第三者から免責されるものとします。
第6条(自己責任の原則)
  1. お客様は、サービスの利用に際してInfovalleyより付与されたホームページ登録用ナンバー(以下「アカウント」といいます。)によりサービスを通じて為された一切の行為(自己のホームページ上の情報の正確性、適法性及び有 用性を含みます。)及び当該行為に関する他のお客様又は第三者からの問い合わせ、要望、クレーム又は請求(以下「問い合わせ等」といいます。)について、当該行為を自己が為したか否かを問わず、一切の責任を負うものとします。
  2. お客様は、自己のホームページ上に他者が情報を登録するための機能を設置した場合、又は更新、変更のための機能の利用を他者に委ねた場合、当該機能を利用して他者が自己のホームページ上に登録した情報について免責されないものとします。
  3. お客様がサービスの利用に際して他のお客様、第三者又はInfovalleyに対して損害を与えたときは、当該損害がお客様の責に帰さない事由により生じたことが明らかである場合を除いて、お客様は自己の責任と費用をもって当該損害を賠償するものとします。但し、当該損害がお客様の責に帰さない事由により生じたことが明らかである場合であっても、お客様と他のお客様又は第三者との間で生じた紛争に関して、Infovalleyは関知しないものとします。
  4. Infovalleyは、お客様がサービスの利用を通じて得た情報について、正確性、合法性及びお客様が意図する利用目的への適合性、有用性等に関し、いかなる保証責任も負いません。
  5. Infovalleyは、お客様がサービス用の設備(以下「設備」といいます。)に蓄積した情報が消失(第8条第2項に基づくInfovalleyによる削除、お客様自身による削除は含みません。)し、または他者により改ざんされた場合は、技術的に可能な範囲で情報の復旧に努めるものとし、その復旧への努力を以って、消失または改ざんに伴うお客様または他者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
  6. サービスの提供に係わるInfovalleyの責任は、お客様が支障なく利用できるよう、善良なる管理者の注意をもってサービスを運営することに限られるものとします。Infovalleyは、サービスの利用により発生したお客様の損害(逸失利益及び他のお客様又は第三者からお客様に対して為されたクレーム、損害賠償請求等に基づく損害を含みます。)および本サービスを利用できなかったことにより発生したお客様または他者の損害に対し、故意または重大な過失があるときを除き、いかなる責任も負わないものとし、損害賠償義務を一切負わないものとします。
  7. Infovalleyは、お客様がサービスを通じて利用、提供する情報に関して、お客様と他のお客様又は第三者の間で生じた、著作権・商標権等の知的財産権、名誉・信用・プライバシー等の人格的権利又は契約上の権利の侵害等の紛争について一切関知しないものとし、お客様は自己の費用と責任で当該紛争を解決するものとします。
第7条(利用上の制約-1)
  1. Infovalleyは、ホームページへのアクセス数の増大(データ転送量の増大)により設備にかかる負荷が増大し、 円滑なサービスの提供に支障を来すと判断した場合、当該ホームページを開設したお客様の承諾を得ることなく、当該ホームページを一時的に閲覧できない状態に置いた後、再度閲覧できる状態に復活させることがあります。
  2. 前項に基づき一時的に他者が閲覧できない状態に置いたホームページを閲覧できる状態に復活させた場合であっても、このことをもってInfovalleyが当該ホームページが次条第1項各号に該当しないと判断したとはみなされません。
第8条(利用上の制約-2)
  1. お客様はサービスを通じて次の行為を行なわないものとします。Infovalleyは、次の行為に該当するか否かに関し調査が必要と判断した場合はお客様に対し調査の協力を求めることができ、お客様はこれに協力するものとします。
    (1)Infovalleyもしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害に結びつく行為。
    (2)他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為。
    (3)他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
    (4)詐欺等の犯罪に結びつく行為。
    (5)わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信もしくは表示する行為、またはこれらを収録した媒体を販売する行為、またはその送信、表示、販売を想起させる広告を表示または送信する行為。
    (6)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
    (7)サービスによりアクセス可能なInfovalleyまたは他者の情報を改ざん、消去する行為
    (8)他者になりすましてサービスを利用する行為。
    (9)有害なコンピュータプログラム等を他者が受信可能な状態におく行為。
    (10)選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為。
    (11)他者の設備またはサービス用設備(Infovalleyがサービスを提供するために用意する通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為。
    (12)本人の同意を得ることなく、又は詐欺的な手段により他者の個人情報を収集する行為。
    (13)メールアドレスの販売に関する広告を掲載する行為。
    (14)法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続が義務づけられている場合に、当該手続を履行せず、その他当該法令に違反する行為。
    (15)外部のWebサイトからのリンクあるいはホームページへのトラフィックを誘導する行為(内容に関連性のない記事へのトラックバック等)
    (16)上記各号の他、法令、この利用規約もしくは公序良俗に違反(暴力、残虐等)する行為、サービスの運営を妨害する行為、Infovalleyの信用を毀損し、もしくはInfovalleyの財産を侵害する行為、または他者もしくはInfovalleyに不利益を与える行為。
    (17)上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含みます。)が見られるデータ等へ当該行為を助長する可能性のあるリンクあるいはトラックバックを設定する行為。
  2. Infovalleyは、お客様が本利用規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、お客様によるサービスの利用に関し他者からInfovalleyにクレーム・請求等が為され、かつInfovalleyが必要と認めた場合、またはその他の理由で不適当とInfovalleyが判断した場合は、当該お客様に対し、次のいずれかまたはこれらを組み合わせて講ずることがあります。
    (1)本利用規約に違反する行為またはそのおそれのある行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求します。
    (2)他者のクレーム・請求等の内容もしくはそれが掲載されているサイトのネットワーク上の位置情報その他内容を知る方法を適切な方法でネットワーク上に表示し、もしくは他者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議(裁判外紛争解決手続きを含みます。)を行うことを要求します。
    (3)お客様が発信または表示する情報を削除することを要求します。
    (4)お客様が発信または表示する情報の全部もしくは一部を削除し、または他者が閲覧できない状態に置きます。
    (5)アカウントの使用を一時停止とし、又はサービスの利用資格を終了させます。
  3. 前項の措置は第6条に定めるお客様の自己責任の原則を否定するものではありません。なお、Infovalleyは、他者からホームページに関しInfovalleyに対しクレーム、請求等が為され、かつInfovalleyが必要と認めた場合及びその他Infovalleyが必要と認めた場合に限り、当該ホームページを閲覧することがあります。
第9条(アカウント、パスワード及びURL)
  1. お客様は、自己のアカウント、これに対応するパスワード及びURL(以下、併せて「アカウント等」といいます。)の使用及び管理について、一切の責任を負うものとします。
  2. Infovalleyは、お客様のアカウント等が他の会員又は第三者に使用されたことにより当該お客様が被った損害について、当該お客様の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負わないものとします。
  3. 当該アカウント等により為されたサービスの利用は、当該お客様により為されたものとみなし、当該お客様は利用料その他一切の債務を負担するものとします。
  4. お客様は、自己のアカウントを第三者に使用させたり、譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為を行わないものとします。
第10条(利用目的)
  1. お客様はサービスを通じて営業活動を行なうことができるものとしますが、営業活動を行なう場合であっても、お客様はサービスを通じて次の行為を行なわないものとします。
    (1)犯罪に関係する行為。
    (2)他者の営業活動を妨害する行為。
    (3)「特定商取引に関する法律」による通信販売、連鎖販売取引、特定継続的役務提供及び業務提供誘引販売取引の規制に違反し、もしくは違反に相当する行為(通信販売においては、販売の対象が同法に定める指定商品・指定権利・指定役務に該当しない場合であっても規制対象とみなします。)。
    (4)無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
    (5)個人情報の収集を目的とする行為。
    (6)Infovalleyの商号、商標又はロゴマーク等を用いて、当該お客様とInfovalleyの間の提携関係の存在又はInfovalleyによる当該お客様に対する代理権の付与を誤認させる行為。
    (7)その他営業活動の取り締まり、規制に係る各種法令、規則又は行政指導等に違反する行為。
  2. お客様は、第1項に基づくサービスの利用により知り得た他のお客様又は第三者に係る住所、氏名及び電話番号等の個人情報をサービスの利用目的以外の目的のために使用しないとともに、他に開示又は漏洩しないものとします。
  3. お客様は、第1項に基づくサービスの利用により他のお客様又は第三者との間で紛争が生じた場合は、前二項の定めを遵守したか否かにかかわらず、自己の費用と責任で当該紛争を解決するものとします。お客様は、当該紛争が生じたことによりInfovalleyが損害を被った場合は、Infovalleyが被った損害を賠償するものとします。 4.お客様はサービスを利用して営業活動を行う場合は、自己が開設したホームページのトップページ上に自己の氏名及び電話番号(通話可能で真正なものに限ります。)を明示するものとします。
第11条(Infovalleyによる利用)
お客様が作成したホームページに係わる著作権は、原則としてお客様に帰属しますが、お客様は、Infovalleyが次 の各号の範囲内でホームページの利用を行うことを承認します。
(1)サービスの広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内で、ブログ上のテキスト、画像等の情報(メタデータ(RDF Site Summary形式等)で配信された情報を含み、以下「情報」といいます。)を、Infovalleyが管理・運営するWebサイトに掲載すること。
(2)他のお客様が希望した場合、当該他のお客様が管理・運営するブログ上に情報を掲載できるようにするための機能を提供すること。

第12条(利用料金)
  1. サービスに係る料金については、Infovalleyの除名処分、ID又はアカウントの停止その他理由のいかんを問わず返還しないものとします。
  2. 前項の他、サービスの利用に係る料金の算定、決済等に関する事項については、インターネットサービス契約約款第8章(料金等)の定めを適用するものとします。
第13条(利用の終了等)
  1. 第10条第2項第5号の場合の他、Infovalleyはお客様が次のいずれかに該当する場合には、当該お客様のサービスの利用を終了させ、又は一時停止することができるものとします。
    (1)Infovalleyの除名処分を受けたとき又はIDの使用が一時停止となったとき。
    (2)第6条第8項又は第10条第3項に定める紛争が生じたとき。
    (3)設備に登録したデータの転送量の増大により、円滑なサービスの提供に支障を来すとInfovalleyが判断したとき。
    (4)上記各号の他Infovalleyが必要と判断したとき。
  2. 前項に基づきInfovalleyがサービスの利用を終了させ、又は一時停止した後に、第10条第4項に定める紛争がお客様の責に帰さない事由により生じたことが判明した場合でも、Infovalleyは終了又は一時停止により発生したお客様のいかなる損害(逸失 利益及び他の会員又は第三者からお客様に対して為されたクレーム、損害賠償請 求等に基づく損害を含みます。)に対しても、一切責任を負わないものとします。
第14条(情報の消去)
お客様によるサービスの利用が終了した場合、Infovalleyは当該お客様が設備に登録した情報を消去することができるものとします。
第15条(インターネットサービス契約約款との関係)
  1. サービスの利用に関し本利用規約に定められていない事項については、インターネットサービス契約約款を適用するものとします。
  2. 本利用規約の定めとインターネットサービス契約約款の定めが抵触する場合は、本利用規約の定めが優先して適用されるものとします。
付則 この利用規約は、2006年11月1日から制定実施します。
Copyright 1996-2017 Fujitsu Systems East Limited.